江戸情緒。[映画] 百日紅〜Miss HOKUSAI〜

2015.05.14 Thursday

0
    江戸文化研究家、漫画家の故・杉浦日向子さんの名作「百日紅」がアニメになって映像化。クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲を撮った原恵一監督と、プロダクションIGがタッグを組み、今までにない江戸情緒たっぷりのアニメに仕上がってました。

    副題の「〜Miss HOKUSAI〜」という、ややダサの名付けは、海外の配給を見越してのことでしょう。確かに北斎は海外でも人気だし、そこに「〜Miss HOKUSAI〜」とあれば興味を惹かれますもの。

    百日紅あらすじ


    絵を描くこと以外、衣食住に無頓着な絵師・北斎と、その娘で弟子のお栄。そこへ、居候の善次郎(渓斎英泉)、歌川国直らが加わり、彼らの日々の生業と、四季折々の、江戸の暮らしが描かれていく。

    百日紅~Miss HOKUSAI~ [DVD]

    中古価格
    ¥3,412から
    (2020/6/17 22:50時点)




    原作のエピソードを、江戸の四季でつなげる


    原作漫画「百日紅」は、一話完結のエピソードが綴られる形式ですが、この「百日紅」は、原作のエピソードからいくつかを抽出して、そこに、四季を交えて描きだしています。

    短編が集合体のようでいて、長編への筋書きが、きちんと流れていく。そして、いつの間にか、お栄たちの世界に引き込まれ、観客も江戸の街の風情を味わうように馴染んでいくのです。

    原作ファンの私からしても、納得の映像化。松重豊さんの、渋みのある北斎と、いきいきとした、杏さんのお栄。最初はちょっと違和感があったものの、物語が進むうち、どんどんお栄と杏さんの声が馴染んでいって、お栄が馴染んでくるんですわ。おそらく、杏さん自身が、江戸独特の言葉の意味や、言い回しをちゃんとご存知だからこそ、あのお栄が出せたんだろうな。

    あえて苦言をいうなら、お栄一家の話に重きをおきすぎな気も。お猶のことも、原作では日常の一部として描かれている気がするので、あんなに盛り上げなくてもよかったかな。あと、善次郎と国直の出番が少なかったのが残念。

    音が際立つ


    絵師の映画なのに、音がすばらしい映画でした。(もちろん、絵もすばらしいのですが)その音の多彩さに、しびれます。それは、お栄の妹・お猶が、目が見えないというハンデがあることにも関連しているのかもしれません。橋の上で聞く、物売りの声、下駄の音、畳をはう、衣擦れの音。音の消えた、雪の世界…。

    BGMも凝っていて、オープニングとエンディングはロックでバーン!とインパクトを与え、北斎がお栄の描いた地獄絵の「始末」をするときには重厚なバイオリン、三味線やピアノなども使われ、要所要所を支えている感じがいいんだ。




    絵で見、耳で味わう。そんな二種類の楽しみができる映画です。
    百日紅~Miss HOKUSAI~ [Blu-ray]
    バンダイビジュアル (2015-11-26)売り上げランキング: 1,831



    百日紅 (上) (ちくま文庫)
    杉浦 日向子 筑摩書房 売り上げランキング: 86


    百日紅 (下) (ちくま文庫)
    杉浦 日向子 筑摩書房 売り上げランキング: 98


    お栄の雅号は葛飾応為。由来はは北斎が「おーい」といつも娘を呼んだことから、と言われています。

    眩(くらら)~北斎の娘~ [Blu-ray]

    中古価格
    ¥4,148から
    (2020/6/17 22:51時点)




    JUGEMテーマ:アニメなんでも


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする