2015.06.21 Sunday

日本の茶道、中国の茶芸 [映画] 闘茶 Tea Fight

日本、台湾合作の茶映画「闘茶~Tea Fight」鑑賞。映画の冒頭、物語の鍵となる故事がアニメーションで描かれるのですが、水墨画を貴重としたアニメがすごくかっこいい。

闘茶~Tea Fight~ 通常版 [DVD]
キングレコード (2009-05-13)売り上げランキング: 62,750


「闘茶」あらすじ


はるか昔。日本の茶人・八木宗右衛門の行動が元で、雄黒金茶と雌黒金茶の一族が争い、雌黒金茶は失われ、八木家の末裔は茶に深くかかわると不幸が起こる「黒金茶の呪い」がかけられた。

時は移り、現代。八木家の末裔で茶屋の娘・美紀子は、母の死をきっかけに茶を断った父親を立ち直らせるため、お茶の勉強を始める。やがて「黒金茶の呪い」の源が黒金茶にあり、さらに、失われた雌黒金茶が家に伝わっていたと知り、美紀子はメル友のパオを頼って単身・台湾へ。

しかしそれは闇の茶商ヤンが、パオを使って美紀子をおびき寄せたのだった。

一方、謎の美女・ルーファは、美紀子を追って来た父親に近づく。彼女はヤンとも因縁があるらしく…。


極められた茶の技


「闘茶」とは、香りや、色、味などを総合的に競うもので、日本では、茶道の台頭で廃れた文化なのだとか。お茶に特化した物語っていうのが面白かったです。

中国茶と日本茶、双方の茶文化を「闘茶」という、一種のバトルで表現しているのですが、その中に親子の絆があったりとか、茶の運命に翻弄される恋人たちの物語がからんできます。クライマックス、中国茶と茶道、それぞれの作法が美しく、まるで舞を待っているかのようで美しい。

極限まで磨かれた技というは、もはや、芸術の粋なのかもしれない。

日本と台湾、双方の役者さんが演じているのですが、日本側は戸田恵梨香、香川照之という豪華キャスト。台湾側もヴィック・チョウさん、チャン・チュンニンさんは美男美女。その中でほんこんさんがいい味を出しています。

やっぱり台湾の、日本文化への理解度はすごい。日本の茶文化や茶道について、日本人が見ても違和感のない映像になっています。多分、他の国ではこうはいかないでしょうね。



レビューポータル「MONO-PORTAL」
JUGEMテーマ:華流


Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947183

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM