2015.08.12 Wednesday

八咫烏シリーズ『烏に単は似合わない』 阿部 智里

表紙絵と、奇妙なタイトルに惹かれて読んだ「烏に単は似合わない」、面白いです。八咫烏が支配する土地、「山内」を統べる金烏、その世継ぎの御子へ入内をめざす四家の姫が、宮中で遭遇する事件を軸に、不思議な八咫烏の世界が描かれます。

烏に単は似合わない? 八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)

中古価格
¥1から
(2018/6/28 23:33時点)




「烏に単は似合わない」あらすじ


八咫烏の世界「山内」を統べる金烏、その世継ぎの若宮へ入内を果たすべく、貴族の頂点である東西南北を司る四家からそれぞれの姫が登殿する。

東家の二の姫・あせびは病気の姉の変わりに登殿することになった。西家の真赭の薄、南家の浜木綿、北家の白珠、各家の姫たちそれぞれが競い合い、若宮の心を射止めようとする。

実はあせびは幼いころ、一度若宮に会ったことがあり、それ以来、若宮への思いを募らせていた。

しかし、やがて宮中でさまざまな事件が起こり、やがてそれは四人の姫たちを巻き込んでいく…。

斬新な八咫烏シリーズの世界観


モチーフとしては「十二国記」「後宮小説」「源氏物語」などの設定に共通点がみられるものの、八咫烏が支配する世界というのがなかなか斬新で、読んでいくにつれ、徐々に八咫烏の世界の謎が解かれるのが面白いですね。

八咫烏の世界は、日本の平安時代に似ており、東西南北を司る四家を頂点にした「宮烏」と呼ばれる貴族は、人の姿をとり、烏の形になることはなく、一方庶民の「山烏」は烏の形へたびたび変化する。(烏の形をとらない=別の移動手段をもつことが、ステータスらしい)

異世界恋愛ファンタジーかと思ったら、叙述トリックミステリだった


幼いころ、心を通わせた少年少女が時を経て再会したとき、何が起こるのか。当然、読者は古典の「筒井筒」のような純愛をイメージします。

それが、「普通」で、「通説」だったから。それに物語の構成が春夏秋冬、再びの春となっていて、これだけみたら、どうしたって純愛を期待してしまうのだけど、読んでいくうち、「?」「!」といった展開に。

おもえばこの否定形のタイトル「烏に単は似合わない」にも、物語の本質が隠されているような気がします。

このラストの展開は見事でしたが、私はちょっと後味の悪さを感じてしまったかな。でも、まともな展開じゃなかったからこそ面白いのですが。

作者の阿部智里さん、この本を書かれた時は20代前半だったそうで、いやはや、異色の、そしてものすごい作家が誕生しました。それは、今後の展開を読んでいくとわかるのですが…。

烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ (文春文庫)
文藝春秋 (2015-06-19)売り上げランキング: 3,597


『烏に単は似合わない』このたび漫画化され、期間限定でイラストとコミックつきの特別版が電子書籍で発売されています。

烏に単は似合わない 期間限定 描き下ろしイラスト+コミック0話収録特別版 (文春文庫)





いよいよ八咫烏シリーズ外伝『烏百花 蛍の章』発売。これまでの短編に加えて書き下ろしも。

烏百花 蛍の章 八咫烏外伝

新品価格
¥1,512から
(2018/5/2 01:00時点)




八咫烏シリーズ


『烏に単衣は似合わない』
『烏は主を選ばない』
『黄金の烏』
『空棺の烏』
『玉依姫』
『弥栄の烏』
外伝『すみのさくら』
外伝『しのぶひと』
外伝『ふゆきにおもう』
外伝『まつばちりて』
外伝『あきのあやぎぬ』
レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947199
 本書は著者のデビュー作にして、2012年の松本清張賞受賞作。その後、年に1作のペースで続編が出て、先日、5作目となる「玉依姫」が出版された。今や「八咫烏シリーズ」という、出版界やファンタジー、ミステリーファンが注目するシリーズとなっている。シリーズ
  • 本読みな暮らし
  • 2016/08/04 1:06 PM
「烏に単は似合わない」の続編。いや「続編」という言い方は正確ではなくて、本書は前作と全く同じ時間に起きた別の出来事を描いた物語。著者はインタビューで、当初は前作と本書がひとつの物語だったことを明かしている。だから「続編」よりは「下巻」、いや「裏編」と
  • 本読みな暮らし
  • 2016/08/27 6:23 PM
「烏に単は似合わない」「烏は主を選ばない」に続く、八咫烏シリーズの第3弾。本書で物語が大きく動き出した感じだ。これまでの2巻は、それはそれで面白かったが、シリーズが描く物語としては序章、まだ何も始まってなかったことが分かる。八咫烏が、私たちと同じ人間
  • 本読みな暮らし
  • 2016/09/07 9:07 PM
 「烏に単は似合わない」「烏は主を選ばない」「黄金の烏」に続く、八咫烏シリーズの第4弾。出版界やファンタジー、ミステリーファンが注目するシリーズとなっている。八咫烏が、私たちと同じ人間の形になって暮らしている、という世界。平安京にも似たその宮廷を中心
  • 本読みな暮らし
  • 2017/07/30 4:56 PM
このシリーズの舞台は、八咫烏が、私たちと同じ人間の形になって暮らし、雅やかな感じが平安京を連想させる世界だった。「だった」と過去形なのは、本書は違うからだ。本書の舞台はなんと1995年の日本だ。主人公は東京に住む女子高校生の志帆だ。八咫烏からも平安京
  • 本読みな暮らし
  • 2017/09/22 9:44 PM
八咫烏シリーズの第6弾。これにて第一部の完結。 このシリーズの舞台は、八咫烏が、私たちと同じ人間の形になって暮らす「山内」と呼ばれる世界。ところが、前作の「玉依姫」はいきなり1995年の日本が舞台となった。そして今回は再び「山内」に物語が戻ってきた。
  • 本読みな暮らし
  • 2017/12/22 5:46 PM
八咫烏シリーズの外伝。このシリーズは、八咫烏が、私たちと同じ人間の形になって暮らしている、という世界で、平安京にも似たその宮廷が舞台。本書には6編の短編を収録。6編を簡単に紹介する。「しのぶひと」は、若宮妃付きの真赭の薄と、その弟の明留、若宮の護衛の
  • 本読みな暮らし
  • 2018/08/07 2:11 PM

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

オススメ

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM