八咫烏シリーズ2『烏は主を選ばない』 阿部 智里

2015.09.30 Wednesday

0
    2作目にして、人の姿をとる八咫烏(やたがらす)の世界が広がり、これは「精霊の守り人」「十二国記」と同く、名ファンタジーシリーズになりそうな予感がします。また、「烏は主を選ばない」は、ファンタジーの形を借りたミステリでもあるので、謎解きの面白さもあるのです。

    烏は主を選ばない あらすじ


    八咫烏がくらす世界「山内」の中の北領、その地方豪族のぼんくら次男、雪哉は、ある事件がきっかけとなり、日嗣の御子の側仕えとして宮中へ出仕するハメになる。

    雪哉がつかえることになった若宮・奈月彦は、その美しい容姿とは裏腹に、とてつもなくマイペースで、破天荒。たったひとりの側仕えとして、無茶振りをこなすほか、若宮の妓楼通いにつきあったり、博打のかたに下働きをさせられることに。雪哉は父親と約束した1年の条件で、嫌がりながらも、若宮の近習をつとめることになる。

    若宮は、兄君・長束を差し置いて金烏(この世界での最高権力者)に指名されていたため、常に暗殺の危機を抱えていた。誰が味方で、誰が敵か。若宮の暗殺事件をめぐって宮中の権力が交錯する。




    若宮暗殺を巡る、宮廷ミステリ


    前回の「烏に単は似合わない」では、この若宮のお后候補として、4人の姫君が登殿し、若宮を待ち焦がれる間に様々な事件が起こるのですが、若宮はラストまで姿を表しません。

    じゃあ、何をしていたかというと、その理由がこの『烏は主を選ばない』で語られます。なにせ、信頼できる味方が護衛の「山内衆」澄尾と雪哉しかいないという状態なので、敵を炙りだしたり、暗殺を阻止したりと忙しかったんですね。

    姫たちのもとに通わなかったのも、姫たちに下手に期待を持たせたくなかったのと、暗殺の危険性があるからだったんですね。じゃあちゃんと説明しろよ、と思うのですが、どうもこの若宮、「言葉が圧倒的に少ない」(雪哉談)らしいのです。おそらく賢すぎて、相手も言わなくてもわかるだろ、わからない奴はいいや、と思っているフシがあります。

    まあ、そんな手のかかる若宮ですが、雪哉も怒りながらも徐々に仲良くなっていくんですね。時々、若宮が投げてよこす「金柑の砂糖漬け」の描写が、若宮の、雪哉に対する信頼を表現しています。

    前作「烏に単は似合わない」感想→

    烏に単は似合わない? 八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/6/30 23:47時点)




    コミカライズされた第一作『烏に単は似合わない』に続き、『烏は主を選ばない』も漫画化。全シリーズ漫画化されるのが楽しみ。

    烏に単は似合わない(1) (コミックDAYSコミックス)

    新品価格
    ¥660から
    (2020/9/2 17:21時点)




    八咫烏シリーズ


    『烏に単衣は似合わない』
    『烏は主を選ばない』
    『黄金の烏』
    『空棺の烏』
    『玉依姫』
    『弥栄の烏』
    外伝『すみのさくら』
    外伝『しのぶひと』
    外伝『ふゆきにおもう』
    外伝『まつばちりて』
    外伝『あきのあやぎぬ』
    外伝『ふゆのことら』
    外伝『なつのゆうばえ』
    外伝『はるのとこやみ』
    外伝『ちはやのだんまり』
    外伝集『烏百花 蛍の章 八咫烏外伝』
    コミカライズ『烏に単は似合わない』

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    JUGEMテーマ:オススメの本
    コメント
    コメントする