大人の、恋愛ファンタジー[映画] 娚(おとこ)の一生

2016.03.09 Wednesday

0
    ようやく映画「娚の一生」見れました。この映画、原作も大好きで、海江田教授を豊川悦司さんが演じるというので、ずっと楽しみにしてたのです。

    「娚(おとこ)の一生」あらすじ


    妻子ある男性との恋に敗れ、故郷に戻ったつぐみは、祖母の葬儀のあと、離れの部屋に居ついた謎の中年男性、海江田と出会う。海江田は祖母が講師をしていた大学の生徒で、生前、祖母から鍵を託されたという。

    奇妙な同居生活が始まると、海江田は、時に強引に、時に優しく、傷ついたつぐみを癒していく。最初は、海江田を拒んでいたつぐみも、徐々に海江田に惹かれていき…。

    娚の一生 DVD通常版
    娚の一生 DVD通常版
    posted with amazlet at 16.03.07
    ポニーキャニオン (2015-07-15)売り上げランキング: 12,326


    大人の、恋愛ファンタジー


    拾ったイケメン男子と同居する有川浩さんの「植物図鑑」が若い女性の恋愛ファンタジーだとしたら、「娚の一生」は、居ついたイケメン中年と同居する、大人の恋愛ファンタジーですね。

    恋愛に素直になれないアラサー女性・つぐみを、51歳の大学教授、海江田が、心も体も(!)溶きほぐしていく姿が、時に可愛らしく、時にエロく描かれています。

    豊川悦司さんが演じる海江田がとにかくカッコイイ。白シャツ、メガネ、タバコ、下駄、関西弁…!大人女子の好きなもの、全部つめ込まれたキャラクターに、見ながら何度、膝を叩いたことか。

    つぐみちゃんを乗せて自転車二人乗り、「お腹すいたわ~」と甘える姿、土砂降りの中、つぐみのネックレスを探して、強引に引き寄せてつけてあげるところ…。

    大人の余裕と、時に見せる子供っぽさ、そのギャップがまた、たまらんのです。



    配役も良い


    こじらせアラサー女子・つぐみには榮倉奈々さん。図書館戦争の郁ちゃんとは真逆のキャラクターですが、当初、つぐみ役には若すぎるかな?と思ったけれど、映画が始まってすぐ、彼女の姿が現れると、画面にぴったりとはまっていて、ああ、つぐみだなと。

    今まで見ない、エロティックな雰囲気があって、豊川悦司さんの海江田とすごくしっくりくる。づぐみの親友役の安藤サクラさんや、近所のおばちゃん、木野花さん、そして、つぐみの元カレの向井理さんも、今までのイケメン役にはない、卑怯な感じよかった。欲を言えば、もっと嫌な男になって欲しかったかな。


    娚の一生 コミック 全4巻 完結セット (フラワーコミックス)
    西 炯子 小学館 売り上げランキング: 2,497


    「娚の一生」原作感想


    「娚の一生 1」→
    「娚の一生 2」→
    「娚の一生 3」→
    「娚の一生4 結婚」→

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    □作品オフィシャルサイト 「娚の一生」□監督 廣木隆一□脚本 斉藤ひろし□原作 西 炯子□キャスト 榮倉奈々、豊川悦司、向井 理、安藤サクラ、前野朋哉、        落合モトキ、根岸季衣、濱田マリ、徳井 優、木野 花■鑑賞日 2月15日(日)■劇場
    • 京の昼寝〜♪
    • 2016/03/26 8:34 AM
    この記事のトラックバックURL