八咫烏シリーズ『黄金の烏』 阿部 智里

2016.04.19 Tuesday

0
    八咫烏シリーズ『黄金の烏』読了。面白くて一気読み。相変わらず阿部智里さんの書く世界観は独特で面白い。

    『黄金の烏』あらすじ


    人の姿をとれる八咫烏の住まう世界「山内」、その世界を統べる特別な烏を「金烏」という。

    「金烏は、あらゆる烏の父であり、母でもある。」山内が危機に瀕したときに生まれ出るとされ、現在では、若君の奈月彦が金烏であると言われている。

    地方豪族の次男坊・雪哉は以前、日嗣の皇子である若君に仕えていたが、現在は故郷の垂氷にもどっていた。ある日、「仙人蓋」と言われる危険な薬物を使用し、暴れていた者と遭遇する。

    雪哉はお忍びで垂氷へ来ていた若君と共に、薬の調査を開始するが、調べの途中で立ち寄った辺境の村で、全ての村人が「猿」に喰われるという異常事態に遭遇する。

    生き残ったのはたった一人、行李に入れられ、難を逃れた小梅という少女だけだった。

    やがて、人喰い猿を山内へ引き込んだものがいることがわかり、そしてそれは、小梅が鍵をにぎっているらしいのだが…



    八咫烏の住む世界について


    今回は、「山内」の世界の謎、外の世界との関わり、そして、真の金烏とは何か?と言う謎が少し明かされます。
    山内は、言わば大きな結界であり、そこからの出入りは(とくに、入ることが)容易ではありません。

    今までの敵は、宮中内の同じ烏同士でしたが、今回は新たな敵「猿」が登場します。また八咫烏の世界と何らかの関わりがある「人間」の存在も。今まで、独立した異世界だと思っていた「山内」が実はいろいろな世界とつながり、影響を与えているらしいことがわかってきます。

    でも今回、雪哉は、金烏である若君が、世界を救う力を持つことに懐疑的でしたが、今回、若君の力を目の当たりにしたことで、若君のマイペースな行動の裏にある思いに、触れることになります。

    それが、どんな結果を若君や雪哉にもたらすのでしょう。これからの展開が楽しみです。


    八咫烏シリーズ外伝『烏百花 蛍の章』は、『すみのさくら』から『まつばちりて』までの4編に描き下ろしの2編が加わった外伝集。


    八咫烏シリーズ


    『烏に単衣は似合わない』
    『烏は主を選ばない』
    『黄金の烏』
    『空棺の烏』
    『玉依姫』
    『弥栄の烏』
    外伝『すみのさくら』
    外伝『しのぶひと』
    外伝『ふゆきにおもう』
    外伝『まつばちりて』
    外伝『あきのあやぎぬ』
    外伝『ふゆのことら』
    外伝『なつのゆうばえ』
    外伝『はるのとこやみ』
    外伝『ちはやのだんまり』
    外伝集『烏百花 蛍の章 八咫烏外伝』
    コミカライズ『烏に単は似合わない』
    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    JUGEMテーマ:オススメの本


    コメント
    コメントする