2016.07.17 Sunday

無性に翻訳本が読みたくなる。『翻訳百景』 越前 敏弥

BSの『久米書店』で紹介されていて、気になっていた一冊。私はこれまで、あまり海外の本を読んでなかったのですが『翻訳百景』を読んだら、無性に翻訳本が読みたくなりました。
『翻訳百景』は、小説の翻訳を手がける文芸翻訳家である越前さんが、実際に翻訳を手がけた洋書の翻訳裏話を実例を踏まえつつ書かれています。

翻訳、というと、難しくと思われるかもしれませんが、越前さんの文章がとてもおもしろく、洋書の楽しさ、翻訳業の楽しさ(苦しさ)にぐいぐいと引きこまれていきました。

翻訳百景 (角川新書)
翻訳百景 (角川新書)
posted with amazlet at 16.07.15
越前 敏弥 KADOKAWA/角川書店 (2016-02-10)売り上げランキング: 18,724



ダ・ヴィンチ・コードと翻訳裏話


翻訳と一口にいっても、通訳や映画字幕、それに小説の翻訳、これらはまったく違ったノウハウが必要なのだそうです。越前さんは、小説の翻訳家として、『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの翻訳を手がけられています。『ダ・ヴィンチ・コード』では、馴染みのないキリスト教関連の単語をいかに日本語に(作品のイメージを崩さず)置き換えていくかが大変だったのだとか。

実際に手がけられた『思い出のマーニー』などの文章を引用しつつ、どのように英語の文章を日本語に置き換えていくかが書かれています。

それはなんだか、英文の世界を冒険して、自分の表現を探していく、ダンジョンのようなワクワク感があるのです。

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻セット
ダン ブラウン 角川書店 売り上げランキング: 139,796



翻訳者の個性


実は、翻訳本は翻訳者によって差があります。たとえばO・ヘンリの小説の翻訳に『魔女のパン』と『善女のパン』という、反対の意味の、同じ話があります

でも、読んでみると、どちらのタイトルにも「ああ、なるほど。」と思ってしまうのです。翻訳者によって表現が全く違うので、読み比べてみると面白いです。

O・ヘンリー ニューヨーク小説集 (ちくま文庫)
O・ヘンリー 筑摩書房 売り上げランキング: 342,190


こうした翻訳者のワザを意識しつつ、翻訳本を読めば、物語がより深く楽しめるかもしれませんね。

翻訳関連のはなし
「O・ヘンリー ニューヨーク小説集」
おかゆにハチミツ?昔の児童文学の食べ物翻訳がおかしい。

JUGEMテーマ:オススメの本



レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947275

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月
  • 『アンマーとぼくら』有川浩
    日月
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    苗坊

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM