『若様とロマン』畠中恵

2016.07.26 Tuesday

0
    畠中恵さんの若様シリーズ第三段『若様とロマン』今回は若様組にたくさんの縁談が舞い込んできます。

    『若様とロマン』あらすじ


    明治20年代。戦争の足音が迫る中、実業家・小泉家の当主は、開戦の反対勢力を集めるため、元旗本の巡査たち「若様組」に見合いを強要し、西洋菓子職人の皆川真次郎(ミナ)には渡米を薦める。

    世話になっている御当主に逆らえず、しぶしぶ見合いを引き受ける若様組だったが、見合い相手の家から捜査を頼まれたり、見合い相手は入れ替わり、おまけに横恋慕の相手が現れるなど、前途多難。

    果たして、彼らの見合いは成功するのか…?

    若様とロマン (講談社文庫)

    中古価格
    ¥296から
    (2018/9/23 00:00時点)




    子ども時代の終わり


    小泉家の娘、沙羅と幼なじみの菓子職人の真次郎、若様組の長瀬。この3人は幼なじみであり、真次郎も長瀬も、沙羅に思いを寄せていました。けれども今回、彼らの関係には終止符が打たれます。といっても悲恋、という感じではなく、真次郎も沙羅も自分の道を見つけて旅立っていきます。

    本当は、2人が恋を実らせれば一番いいのでしょうが、それはまだ、先の話かもしれません。この中で、一番思い切りがよかったのは、やっぱり沙羅です。男二人は、沙羅の決断に引っ張られる形で進む道を決めねば、と思い立ったのですから。

    おっとり強い明治女性


    他の若様組のお見合い相手の女性たちも、明治時代のおとなしい女学生かとおもいきや、案外冷静に、若様組をみていたり、沙羅ほどではないにしろ、思い切った行動に出たりします。まあ、それくらいの女性じゃないと、若様組の奥様はつとまらないでしょう。

    昔の女性は、結婚相手に、その後の自分の人生を賭けなければならなかったのですから。

    若様組まいる (講談社文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/9/23 00:01時点)




    アイスクリン強し (講談社文庫)
    畠中 恵 講談社 (2011-12-15)売り上げランキング: 114,262


    『アイスクリン強し』
    『若様組まいる』

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL