八咫烏シリーズ5『玉依姫』 阿部 智里

2016.08.04 Thursday

0
    阿部智里さんの和風ファンタジー小説、八咫烏シリーズ『玉依姫』読了。こう言っちゃなんだが、阿部智里さんは読者の期待を裏切る作家だ。もちろん、いい意味でですけど。

    これまでは、人型をとる不思議な八咫烏の一族と、彼らの住む「山内」という世界で起こる物語でしたが、今回の舞台は人間の世界。いきなり神域へ連れてこられた人間の少女と、八咫烏が使える山神との物語が展開していきます。

    いや〜なんとも思い切ったものだ。

    山内の世界観なんて、引っ張ろうと思えば、いくらでも設定を継ぎ足して長い物語にできるだろうに、(下手な作家なら、この方式で必要以上に引っ張るのだが)たった5冊目で世界の謎が明らかにされ、物語はいったん完結してしまいます。



    『玉依姫』あらすじ


    高校生の志帆は、これまで音信不通だった伯父から誘われ、母の故郷である「山内」村へ向かう。祖母の実の息子である伯父に対する厳しい態度に訝しみながらも、祖母に内緒で山内村を尋ねると、そこでは山神に生け贄を捧げる儀式が今もとり行われ、志帆はその生け贄にされてしまう。

    山神のいる神域で、代替わりした、まだ幼い山神を育てる役目を担わされることになった志帆の前に「奈月彦」と
    いう山神の使いと、大猿が現れ…。

    いい意味で裏切られた展開


    一作目『烏に単は似合わない 』では、独自の世界観を見せつつ、宮中で起こるミステリを描き、二作目からは、奈月彦に使える雪哉という少年の視点で、八咫烏の世界の謎が徐々に明らかになっていきました。

    前作『空棺の烏』で大敵・猿との大戦が間近にせまる、というところで終わったので、てっきり最新作では猿との戦いが描かれるのかとおもいきや、まさかのラスボス、山神が登場し、彼をめぐる謎が物語の主軸になっていきました。

    これまでの作品では、山神は八咫烏の世界の創造主であり、敬うべき存在と思われていたのが、かんしゃくをおこす幼子のような山神に、八咫烏も、志帆も手を焼いていきます。

    山神が神たるためには、体を赤ん坊から生まれ変わらせる必要があり、志帆は彼を育てる母親役として人身御供にされたのでした。

    これまで書いてきた世界とは、真逆の視点から描く、というのは、実は勇気がいることなんじゃないかと。人気もあるシリーズなのに、成功パターンをあっさり捨てて、新しい物を書いていく。阿部智里さんの作家魂のすさまじさを感じるとともに、これからどんなものを書いていくのか、という期待にワクワクします。

    それにしても、山神の癇癪で殺された八咫烏は誰なんだろう…?茂丸?千早?それとも、雪哉…?思い切ったことをする阿部さんのことなので、雪哉をあっさり死なしてしまうことは十分考えられるので怖い。
    それは次の『弥栄の烏』で明かされることになるのですが…
    『弥栄の烏』



    いよいよ八咫烏シリーズ外伝『烏百花 蛍の章』。これまでの短編に加えて書き下ろしも。



    八咫烏シリーズ


    『烏に単衣は似合わない』
    『烏は主を選ばない』
    『黄金の烏』
    『空棺の烏』
    『玉依姫』
    『弥栄の烏』
    外伝『すみのさくら』
    外伝『しのぶひと』
    外伝『ふゆきにおもう』
    外伝『まつばちりて』
    外伝『あきのあやぎぬ』
    外伝『ふゆのことら』
    外伝『なつのゆうばえ』
    外伝『はるのとこやみ』
    外伝『ちはやのだんまり』
    外伝集『烏百花 蛍の章 八咫烏外伝』
    コミカライズ『烏に単は似合わない』
    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    こんばんは^^
    今回の新刊はよく出されたなぁ〜とまずビックリしました。
    賛否両論あるだろうなーと思いましたが実際レビューを見ると分かれているみたいですね。
    それでも今回の作品は、この世界を知る上で必要なものだったんだなとも思います。
    来年刊行される作品で第一部が終了ということで、寂しいような早く読みたいような、気持ちは複雑です。
    楽しみですね^^
    • by 苗坊
    • 2016/10/01 10:12 PM
    コメントする