[映画]秒速5センチメートル

2016.09.29 Thursday

0
    秒速5センチメートルとは、桜の花びらの散る速度。「言の葉の庭」の風景の主役が「雨」なら、「秒速5センチメートル」は風かもしれない。初恋の切なさを、何気ない日常のできごとを、周囲の風景を、暖かく美しく描いている作品。

    観ていると胸が苦しくなります。懐かしくも切ないノスタルジーが詰まった映画。

    秒速5センチメートル あらすじ


    「桜花抄」
    小学生時代。貴樹と明里はお互いを特別なものと感じていたが、卒業と同時に明里は栃木へ引っ越すことに。ほどなく、貴樹も親の都合で鹿児島へ行くことに。遠くはなれてしまう前に明里に会いに行く貴樹だったけれど、大雪のため列車は大幅に遅れてしまう。

    「コスモナウト」
    高校時代。花苗は種子島へ引っ越してきた貴樹のことを中学時代から思っていた。サーフィンで波に乗れたら告白をしようと心に決めるが、貴樹と自分の間には越えられない距離があることに気づき…

    「秒速5センチメートル」
    青年時代。何かに追われるように仕事に打ち込む貴樹は、付き合っていた女性から「気持ちは1センチも近づかなかった」と言われる。いまだ明里の面影を心に秘め、明里と通った懐かしい踏切で一人の女性と出会う。

    秒速5センチメートル 通常版 [DVD]
    コミックス・ウェーブ・フィルム (2007-07-19)売り上げランキング: 222



    風景が「語る」


    新海誠監督の手にかかると、日常の本当に何気ない風景が、かけがえのない、美しいものに見えてしまう。例えば自転車のカゴに捨てられた空き缶や、地方駅の寒々しいホームでさえも。

    そして、主人公たちの心情や距離感が、風景に反映されている気がします。「コスモナウト」で、花苗が貴樹に告白しようとしたとき、ロケットが発射される。その軌跡が空の色を分けてゆき、まるで、ふたりの世界が異なるもののように観せている。私は、これまで観た映画の中で、こんなにも風景が「語る」ものを他にはしりません。




    小説 秒速5センチメートル (角川文庫)
    新海 誠 KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-02-25)売り上げランキング: 75


    ・「言の葉の庭」→

    JUGEMテーマ:最近みた映画


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    なにげなく、先日TVで放映していたのを録画して鑑賞。
    • ポコアポコヤ 映画倉庫
    • 2016/11/21 8:22 AM
    この記事のトラックバックURL