NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』 第2シーズンについて

2016.11.06 Sunday

0
    来年1月の放送がいよいよ間近に迫ってきた『精霊の守り人』 第2シーズン、4月に発表された・NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』 第2シーズンのキャスト発表から、新たなキャスト発表やタイトル、内容などが発表されました。

    新たなキャスト


    チャグムの前に立ちはだかる強敵・タルシュ帝国ラウル王子に高良健吾さん。傲慢で無慈悲であるものの、優秀な人材は身分を問わない柔軟さも併せ持つ人物。確かに高良健吾さんなら、ラウルの傲慢さや強さを表現してくれそうです。同じくタルシュ帝国の宰相、クールズに小市慢太郎さん。真田丸なら本多正信のポジションの宰相です。

    「精霊の守り人」は、敵はただの悪役ではなく、さまざまな側面を持っているので、そのあたりを描いてくださればうれしい。

    ・聖導師役の平幹二朗さんについて
    聖導師役の平幹二朗さんがお亡くなりになられました。私は、直前に出演された舞台を観ていたので、驚きました。残念でなりません。ただ、シーズン2の撮影は終わっていたそうなので、また帝との掛け合い(騙し合い)は健在みたいです。

    シーズン2のあらすじ


    「精霊の守り人供“瓩靴破壊神」は、シーズン1のラスト、バルサが宿敵カンバル王ログサムを暗殺しようとする衝撃シーン(原作にはない展開)の後から始まるようです。

    その後、どうやらバルサは暗殺に失敗、その後新ヨゴを追われ、隣のロタ王国へ潜伏。その時であったのが、破壊神をその身に潜ます少女アスラで、バルサは彼女の用心棒となることで運命は大きく動いていく。
    一方、チャグムは南のサンガル王国で波乱に巻き込まれる…といったあらすじだそうです。
    原作の「神の守り人」「蒼路の旅人」あたりをモチーフに物語を広げ、最後のシーズンで「天と地の守り人」へ進むのでしょう。

    放送日は2017年1月21日(土)から、今から楽しみです!
    ドラマホームページもシーズン2にリニューアル。
    精霊の守り人 悲しき破壊神|NHK大河ファンタジー
    精霊の守り人シーズン2



    神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)
    上橋 菜穂子 新潮社 売り上げランキング: 11,004

    神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)
    上橋 菜穂子 新潮社 売り上げランキング: 8,896

    蒼路の旅人 (新潮文庫)
    上橋 菜穂子 新潮社 売り上げランキング: 4,758


    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    JUGEMテーマ:最新ドラマ!!!



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL