正直なめてたけど…攻殻機動隊のハリウッド実写映像

2016.11.28 Monday

0
    これまでにも、ドラゴン○ールとかガッジーラとか、寿司がカリフォルニアロールに変化したかのごとく、まったく似て非なるものにしてきやがった日本のアニメ・漫画のハリウッド実写化。

    『攻殻機動隊』はこれまでにも日本が誇るクリエイターによってアニメ化されてきましたが、2017年ハリウッドで実写化。草薙素子はスカーレット・ヨハンソン。荒牧課長に世界にウケの良い北野武ときき、正直、まっっっったく、期待していませんでした。

    どうせ、原作も日本のアニメも、形がなくなるくらいグツグツ煮込んで、オーブンで焼いてチーズ乗っけてだすんだろ?くらいなめていたんだけど、この予告編見たら考えを改めなければならないようです。

    GHOST IN THE SHELL Trailer


    攻殻機動隊2.0の予告編


    光学迷彩の表現も、素子さんのアクションシーンも、背景さえもほとんど同じ。広告は「ブレードランナー」っぽいですが、ハリウッドの製作者の意気込みと日本作への愛が感じられます。(大体、愛がない実写化はひどいものが多い。)
    これはちょっと、劇場で見に行きたくなっちゃいますね。

    たださあ、荒牧さんは頭脳派で根回し得意なボスだから、あんなに銃はバンバン打たないよ…(;´Д`) 北野武はいいけど、あの髪型だとどうみてもア○ム…。バトーさんのビジュアルがなんかバランス悪い…。と、ツッコミどころはあるのですが、映像に関しては素直に観たい、と思える出来栄えです。

    物語は神山健治のテレビシリーズ攻殻機動隊 S.A.C. 1st GIGの笑い男事件をベースにするらしい。2時間でまとめるなら、映画版の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」の方がいいような気も…





    だって、今までの実写化ってこれだよ…
    ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-07-24)売り上げランキング: 39,143



    唯一の成功例は「マトリックス」ではないかと。製作者が攻殻機動隊マニアだから、愛とリスペクトを感じつつも、全く違う物語にできているから。変に似せようとしないところが好きです。

    マトリックス (字幕版)
    (2013-11-26)売り上げランキング: 3,366


    JUGEMテーマ:攻殻機動隊


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL