北斎の娘、その一生。『眩 くらら』朝井 まかて

2017.02.19 Sunday

0
    北斎の娘、お栄。北斎の弟子にして、女絵師、葛飾応為。彼女の一生を描いた朝井 まかて「」。

    お栄を描いた話としては、江戸文化研究家の杉浦日向子さんの「百日紅」が有名ですが、「」は、百日紅のその後、お栄が嫁に行ったところからはじまります。

    百日紅~Miss HOKUSAI~ [DVD]
    百日紅~Miss HOKUSAI~ [DVD]
    posted with amazlet at 17.02.19
    バンダイビジュアル (2015-11-26)売り上げランキング: 7,332



    一本の映画をみたような読了感


    眩
    posted with amazlet at 17.02.19
    朝井 まかて 新潮社 売り上げランキング: 13,210

    JUGEMテーマ:最近読んだ本



    物語の冒頭、お栄は夫との暮らしに辟易し、外に出たついでに、ふらっと婚家を逃げ出してしまう。そこから北斎のもとに戻り、北斎を助けながら、ひたすら絵の道を極めて行きます。

    北斎のもとに出入りしていた浮世絵師、善次郎(渓斎英泉)との絆とひとときの情、甥・時太郎の不行状に悩まされ、母を看取り、最愛の盟友・善次郎との別れ、そして北斎を看取り、自らも晩年を迎える…。

    善次郎の野辺送りを、足を怪我しながら追いかけて見送る場面が、お栄の思いを移していて。とても好きです。善次郎は男女の仲を超えた、絵の道を目指した盟友でもあったのでしょうから。

    やがて、老年の北斎を看取ったあとは養子にいった武家の弟の家にやっかいになるのですが、やがてそこもふらっと出ていき、新たに人生を始めていくところで終わります。最初と最後が同じ行動で、物語が完結しているんですね。

    年をとっても新たな世界へ挑戦していく、心の赴くままに。豪胆で繊細、まさに自らの絵のような人生でした。

    絵を傍らに読みたい本


    『眩』には、北斎とお栄の描いた浮世絵や肉筆画がでてきて、その制作の様子が描かれます。まるで、本当に絵が描かれている様子を垣間見ているような、息を呑む制作風景。お栄や北斎が、いのちをかけて描いたものが、今、現代の私達が見ることができるのって、本当にすごいことだ、と思います。

    北斎娘・応為栄女集
    北斎娘・応為栄女集
    posted with amazlet at 17.02.19
    久保田 一洋 藝華書院 売り上げランキング: 104,943


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    眩朝井まかて新潮社1836円Amazonで購入 まず、この表紙の絵を見て江戸後期の作品だなんて驚いてしまった。 江戸時代の絵といえば、狩野派の襖絵だとか、浮世絵だとか、 昨年読んだ『若冲』の作品にはとても驚いたりもしたけれど、 この応為の『吉原格子先之図』
    • よくばりアンテナ
    • 2017/02/21 7:27 AM
    この記事のトラックバックURL