2017.06.07 Wednesday

雑草たちの春夏秋冬。『雑草のくらし』甲斐 信枝

雑草は踏まれても諦めない - 逆境を生き抜くための成功戦略 (中公新書ラクレ)』を読んでから、雑草に関する興味がわき、こんな絵本をみつけました。

雑草のくらし (福音館の科学シリーズ)』は、絵本作家の甲斐信枝さんが空き地に生える雑草の様子を数年に渡って丹念に観察して描かれた絵本。年月が経つにつれ、生える雑草の種類も変化していきます。

雑草のくらし (福音館の科学シリーズ)
甲斐 信枝 福音館書店 売り上げランキング: 13,821


一年目。
畑の一画にできた空き地。すぐに小さな芽がでてきます。最初に芽を出したのは、雑草の女王の呼ばれるヒメシバ。雑草は、その蒔かれた環境によって形態を変化させることができるので、種が密集しているところでは高く高く、余裕があるなら地面近くに葉を伸ばしていきます。

二年目。
最初は道端によく見かける黄色い花を咲かせるノゲシ、ぺんぺん草(ナズナ)、イヌノフグリなど。やがてそれらは、より強い雑草オオアレチノギクが高く茎を伸ばしていき、他の雑草を淘汰していきます。

三年目。
オオアレチノギクのが枯れると、次に空き地の覇者となったのはカラスノエンドウ、クズ、ヤブガラシなどのつる草の植物。赤紫の可憐な花をさかせますが、つるをつたって他の植物から光を奪いっていきます。つる草の攻勢に対抗したのはおなじみの帰化雑草、セイタカアワダチソウ。セイタカアワダチソウは自ら毒を出して、他の植物をからしてしまうらしい。けれど最近では、自分の毒にあたって、以前ほどの勢いはないそうです.

四年目。
カラスノエンドウにかわって台頭してきたのは、地下茎で生き残っていたスイバやイヌムギ。発芽する時期をみはからっての展開は見事。しかし、それでも覆いかぶさるつる草の猛攻は防ぎきれませんでした。

さあ、これからはどんな草が空き地の覇権を奪うのか…。と思ったら、草は刈り取られ、空き地には建物がたつことに。しかし雑草たちは地面の下に根っこと種をたくさんのこしています。

いつか時期がきたらまた、家の庭先にでも芽を出し、人間たちのため息とともに駆除されていくことでしょう。しかしそれでもまた、雑草たちは機会をうかがいながら地下で眠っているのです。



JUGEMテーマ:オススメの本



レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947365

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM