[映画]ラストエンペラー

2017.08.03 Thursday

0
    巨匠ベルナルド・ベルトルッチが、中国最後の皇帝・溥儀の一生を描いた「ラストエンペラー」鑑賞。いままでショートバージョンはテレビなどで見たことがあったのですが、長いオリジナル版は初めて。

    2時間以上でも長さが全く気にならない。映像が美しいし、ジョン・ローンの演技が素晴らしくてあっという間でした。

    ラストエンペラー あらすじ


    わずか3歳で親元から離され、清王朝皇帝として即位した愛新覚羅溥儀。孤独な少年の周りには宦官しかおらず、乳母に愛情を向けるものの、太后たちにより引き離されてしまう。

    やがて家庭教師としてイギリス人・レジナルド・ジョンストンがやってくる。彼は溥儀にさまざまなことを教え、師弟を超えた友人となるが、政変により紫禁城を追われ、ジョンストンとも別れることに。
    紫禁城をでた溥儀は日本軍の庇護をうけ天津へ移り、以前と変わらぬ生活を続けるが、二人の妻、文繍は溥儀のもとを去り、婉容は文繍のいないさみしさから、川島良子(王族・日本のスパイ)にアヘン漬けににされる。

    満州国の傀儡皇帝となり、やがて終戦。収容所に収容された溥儀は自らの過ちをひたすら告白させられる日々を送る…。

    ラストエンペラー ディレクターズ・カット  [DVD]
    東北新社 (2008-06-13)売り上げランキング: 4,822


    美しい映像、激動の中国


    とにかく、映像がすばらしい。少し前のデジタルではない味わいと、映像美。紫禁城時代、特に先帝の后たちのシーンは、モノクロに着色をしたような独特な色彩だし、紫禁城時代の壁の赤、溥儀の着る皇帝の黄色い衣装は、鮮やかな中にもアジアらしい独特の色合い。収容所時代は、色を押さえてモノクロに近い映像。

    溥儀の人生の場面に合わせ、映像の色も変化していきます。有名なラストシーンは、苦難と孤独にさいなまれた男の、穏やかな晩年を表しているような、やさしい色合いでした。

    ジョン・ローン、ジョアン・チェン、坂本龍一(音楽も担当)など、当時の有名な俳優、アーティストが集結しているほか、「アラビアのロレンス」の主演ピーター・オトゥール、日系人俳優、ケイリー=ヒロユキ・タガワなど、渋い実力派俳優もそろっています。

    アラビアのロレンスを演じた若き日のピーター・オトゥールはほんとうにかっこいい…

    アラビアのロレンス [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

    新品価格
    ¥1,500から
    (2018/5/10 22:01時点)





    ジョン・ローンの演技がとにかくすばらしく、施政者としての力を示したい青年期から、逮捕され、苦難に満ちた壮年期は腰がまがって小さくなるものの、表情はおだやかで、やさしくなっていきます。ラストシーンは、本当に老人のようだった。

    溥儀も晩年は再婚した妻や弟夫婦と、穏やかにくらしていたのだそう。一国の皇帝から平民へ。激動の時代を生きた男の一生を見事に演じ切っていました。

    「ラストエンペラー」にも登場した溥儀の弟・溥傑。彼は日本の貴族令嬢・嵯峨浩と結婚。政略結婚だったものの、仲睦まじかったそうです。2人の姿は日本でも映像化されています。

    流転の王妃 最後の皇弟 DVD-BOX
    GPミュージアムソフト (2004-02-25)売り上げランキング: 84,495




    JUGEMテーマ:最近みた映画


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL