『花の降る午後』 宮本輝

2017.10.15 Sunday

0
    宮本輝の『花の降る午後』読了。久しぶりに宮本輝作品を読んだのですが、やはり宮本輝作品はいい。
    物語に出てくる人々がそれぞれ懸命に生き、困難に抗おうとしている姿が時に悲しく、愛おしいです。
    ヒューマンドラマであり、恋愛物語でありサスペンスでもある。読み始めると物語にひきこまれていきます。

    『花の降る午後』あらすじ


    夫を癌でなくした若き未亡人・典子は夫の残した神戸のフランス料理店「アヴィニョン」のオーナーとなる。その後四年必死で働き店も繁盛している。

    そんなある日、夫の療養先で購入した絵の作者・高見雅道から「絵を貸してくれ」と連絡が入る。個展を開くという雅道は典子に売った「白い家」を展示したいのだという。
    時を同じくして典子の周りでは不穏な出来事が続く。どうやらそれには、店の乗っ取りを画策する動きがあるらしい。

    恋と戦い


    若き画家との情熱的な恋、店を狙う荒木夫妻の陰謀。店の従業員絡みのトラブルが起こり、家族ぐるみの付き合いのある隣人のリード・ブラウンの家にも危害が及びます。

    典子の周りには次々とトラブルが起こるけれど、顔が利く知り合いの華僑や探偵社を利用して情報を得たり、従業員へのトラブルも4年間のオーナー経験からに臨機応変に対応。その合間を縫って、若い画家・雅道との恋に溺れていきます。トラブルと恋、そのスリルを糧にするように、彼女はしたたかに、美しく凛々しくなっていきます。

    この恋と乗っ取り計画の行方が気になり、ページを読む手が止まりませんでした。また、物語の中に時折差し込まれる亡き夫の思い出や、従業員たちの人生なども丁寧に描かれていて、人生って大変で面倒だけれど、こうして時々、愛おしいことが起こるから、きっと生きていけるのだろうな。

    典子は従業員にも姑にも周囲の人達にもが愛されすぎな気もするけれど、作者はあとがきで「善人は幸せにならなければならない」と書いています。

    主人公は作者の愛を受けて、幸せをさがし、読者もいつの間にか彼女とその周りの人々が、幸せであるようにと願うのです。

    花の降る午後 (角川文庫)
    KADOKAWA / 角川書店 (2015-11-25)売り上げランキング: 18,774


    蛍川・泥の河 (新潮文庫)
    宮本 輝
    新潮社
    売り上げランキング: 71,999


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL