珠玉の短編とエッセイ『男どき女どき』向田 邦子

2017.11.29 Wednesday

0
    『父の詫び状』を読み、すっかりハマった向田邦子。続いて読み始めたのが『男どき女どき』。小説とエッセイが収録されている短編集。向田さん最後の作品集。

    大人になるということは、秘密を抱えながら生きることなのだ


    『男どき女どき』の小説は、家族には言えない秘密を、静かに淡々と隠しながら日常を過ごす人たちの話が描かれます。小さいころに向田ドラマを見た時、大人とはこんなにも秘密が抱え、それを隠しながら生きているものなのか、と感じたものです。

    大人になるということは、そんな、人に言えない秘密を抱えながら生きることなのだ。それがとても恐ろしいような、ドキドキするような。

    男どき女どき (新潮文庫)
    向田 邦子 新潮社 売り上げランキング: 77,330


    しかし、いざ大人になってみたものの、そんなな秘密とは無縁で平々凡々たる日々を過ごしております。向田ドラマに登場するような大人の秘密は実は選ばれた人間しか持ちえないものなのだ、とようやく気がつきました。(そりゃそうか。)

    思えば向田作品は、私にとって大人になる通過儀礼だったのかもしれません。今ではあまりテレビで向田作品を目にすることは少なくなりましたが、こうやって本を手に取ると、なんだか子どもの自分が人の秘密を垣間見たような、そんなドキドキと落ち着かない気持ちになります。

    最初に掲載された短編「鮒」は、まさにそんな「大人の秘密」がつまった話。読むと心がざわざわします。

    平凡な家庭の団欒に突如おかれた鮒。どうやら男の浮気相手が飼っていた鮒のようだ。捨てようとしたが幼い息子が育てると言い出し、家で飼うことになった。不安になった男は息子をつれ、かつての女のアパート付近を訪ねてみるが女はおらず、帰ると鮒が死んでいた。どうやら妻は感づいていたらしい。息子は母が殺したのではと疑い…

    男は秘密を隠し、女は秘密を知っていることを隠す。これを家庭で普通にやっているのだから、恐ろしい。

    久しぶりにみた向田邦子新春シリーズは、やはり秘密の匂いがした。

    向田邦子X久世光彦スペシャルドラマ傑作選(昭和57年~昭和62年)BOX [DVD]

    新品価格
    ¥78,000から
    (2018/4/20 23:24時点)



    ネットで気軽にDVD・CDレンタル「ゲオ宅配レンタル」

    向田邦子新春シリーズドラマ「男どき女どき」

    ○の書かれた葉書


    後半はエッセイで、猫好きとして知られていた向田さんの飼い猫の話や、日々のこと、家族の話などが語られます。
    なかでも印象的だったのが、「○の書かれた葉書」にまつわる話です。

    戦争中、向田さんの末の妹が疎開することになり、まだ字がかけない妹に、父親は自宅の住所を書いた葉書をたくさんもたせ、「元気なら○を書いて送ること」と言って送り出します。しかし、最初は大きかった葉書の○が次第に小さくなっていき、☓が書かれ、最後は葉書も届かなくなり、病気でやせ細って帰ってきた妹を、父親が抱きしめて号泣する…というお話です。

    このエピソードは、他の漫画などでもモチーフとして使われていたので知っていたんですが、元ネタが向田さんだったんですね。こんな細やかな愛情を見せられたら、どんなに頑固で独裁的な父親でも憎めないでしょう。

    書店員 波山個間子(1) (it COMICS)
    KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2017-02-15)売り上げランキング: 67,371

    「書店員 波山個間子」ブックアドバイザーの波山さんがお客さんからの漠然とした要求をうけ、膨大な知識と経験で、みごとお客さんが読みたかった本が向田邦子作品だということにたどり着きます。


    娚の一生 コミック 全4巻 完結セット (フラワーコミックス)
    西 炯子 小学館 売り上げランキング: 26,025


    年の離れた男女の恋愛を描いた『娚の一生』では、主人公の海江田とつぐみが親に捨てられた遠縁の子どもを預かり、一緒に暮らすうちに情がうつって家族として暮らそうと思った矢先、反省した親が迎えに来る。海江田はその子に住所を書いた葉書を渡して、元気なら○を書いてポストに入れろと言って送り出します。

    JUGEMテーマ:最近読んだ本

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL