2017.11.23 Thursday

神は生物を、外注に作らせ給うた。『天地創造デザイン部(1)』

web漫画で気になっていた『天地創造デザイン部(1) (モーニング KC)』。理系男子の生態と科学の歴史をコメデイタッチに描いた『決してマネしないでください。(1) (モーニング KC)』の蛇蔵さんが原作者として参加しています。

天地創造デザイン部とは


もしも世界を作り給うた神が、生物の製作を外注に依頼したら…という大胆な発想で、神様のお題に沿って依頼を受けたデザイナーたちが、地上の生き物たちをデザインする物語。しかし、デザイナーたちがデザインする動物は、こだわりが強すぎて時に発想が暴走し、奇想天外な生き物になってしまいます。

荒唐無稽なストーリーに思えますが、動物たちの特徴や生態など専門的な知識を踏まえた上で、動物の生態がどうしてできたのか、それをデザインという視点から考えています。これがもう「ありえそう」で面白い。

たとえば「高いところの草を食べられる動物」という依頼で、羽を持つペガサスをデザインしてみたら地上の重力下では筋肉ムッキムキになっちゃうし、重くて飛べない。

首を伸ばしてみたら頭に血が回らずに貧血で倒れてしまう。じゃあ、中間をとって首と足を伸ばしてできたのが「キリン」だった…。という、実際にはありえないんだけど、もしかしたらこうして誰かが苦労して動物たちを作っていたのでは…。と思っちゃうリアルな設定が魅力です。

漫画に登場した動物たちの詳しい情報も掲載されています。
天地創造デザイン部(1) (モーニング KC)
たら子 講談社 (2017-11-22)売り上げランキング: 405




リアルな設定


ともすれば暴走しがちな天地創造デザイン部ですが、その暴走を必死で食い止めるのがシステム部の火口さん。デザインされた動物を実際にサンプルを作って実験するのですが、いつもデザイン部の無茶振りに苦労しています。

システム部はデザインされた動物を下界に放つ前に試作を行うのですが、その島の名前がガラパゴスだったり、ペガサスの角を試行錯誤した中で失敗作の角をイルカにつけて「イッカク」にしてみたり、なんだかとてもありえそうなんです。

また、下界にはなった動物たちが予期せぬ行動(特定の鳥の卵しか食べない蛇とか)に出た場合は、捕食されすぎないように蛇に狙われにくい巣の機能を、途中から「アップデート」として追加することもできるのです。これが、われわれの言う進化にあたります。

決してマネしないでください。(1) (モーニング KC)
蛇蔵
講談社 (2014-12-22)
売り上げランキング: 2,060

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947396

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]ベビーパウダー+ハッカ油
    日月
  • [ハッカ油活用法]ベビーパウダー+ハッカ油
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月
  • 『アンマーとぼくら』有川浩
    日月
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    苗坊

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM