アメリカ大学生活とサウジアラビアの結婚事情。『サトコとナダ 2』ユペチカ

2017.12.10 Sunday

0
    日本の女の子、サトコがアメリカ留学でルームシェアするのは、サウジアラビアの女の子ナダ。

    最初は習慣や宗教の違いで戸惑っていたサトコでしたが、暮らしていくうち、ハラル食やヒジャブなどナダのイスラムスタイルにも慣れていきます。

    ナダのイスラム教徒の風習のほか、ふたりのアメリカのキャンパスライフやアルバイト、パーティーなど驚きのアメリカ生活についても紹介されています。

    留学生はビザがないのでアルバイトも大学構内に限られたり、パンの本場欧米には食パンが売っていなかったりと、小さなカルチャーギャップが面白いですね。

    サトコとナダ 2 (星海社COMICS)
    ユペチカ 講談社 売り上げランキング: 88


    お互いをわかり合い、いい友情を育むサトコとナダ。しかし、ナダにはまだまだ驚かされることがたくさんあって…

    サウジアラビアの家族事情


    でたぞ一夫多妻!『乙嫁語り』でも描かれている通り、ムスリムの一夫多妻は、大奥やハーレムのようなものではなく、女性扶助の役割が強いようです。女性が自活する道がなかった昔は、男性が女性を養うことが義務づけられていたのと、大変な家事労働を妻たちで分担できるメリットもあったようです。

    『乙嫁語り7』は一夫多妻が描かれるペルシャが舞台。しかしその反面、女性同士の結婚「姉妹婚」も容認されていたんだとか。

    乙嫁語り 7巻 (HARTA COMIX)
    KADOKAWA / エンターブレイン (2015-02-14)

    そしてなんと、ナダの家も一夫多妻!お父さんの最初の奥さんに子どもができなかったからナダのお母さんと結婚したそうな。イスラム教徒は子どもを多く持つことが重要なので、子どもを産めない女性は、夫が別の女性を娶るのを否めないのか…。

    唯一の救いは妻を平等に扱うことになっているから、子どもが産めなくても妻として平等に扱ってもらえるので、昔の日本よりましかな…。(「嫁して三年 子なきは去る」)

    いやでもちょっと待て!愛する夫が新たに妻娶るんだぞ、他の女と寝るんだぞ。いくら平等でも、みんなそうだからって言われても嫌なもんは嫌だろ。

    しかし、夫がいけ好かない場合はいいかもしれない…

    女性たちも不自由さについては思うところがあるようで、ナダのお母さんと義母はナダに「広い世界をみて、自分で生きていけるだけの力を身につけなさい。」と言っています。

    この言葉には、自分はともかく娘にはそんな不自由さを味あわせたくないという思いがあるように感じます。

    サウジアラビアの結婚事情


    そして、ナダにもいよいよ結婚話が!兄(サウジアラビアでは、女性の外国滞在には親族男性の同伴が必要)から結婚相手を提示されてしまいます。

    幸いお相手は結構なイケメンらしく、ナダも好意はもったものの、結婚に対して不安をいだきます。サウジアラビアの結婚は家長が決めるものであり、娘が勝手に断ることはできないようです。ナダも「両親に迷惑がかかるから」と、不安ながらも結婚話を受け入れようとしています。

    ナダの家はお父さんもお兄さんもナダのことを大切におもっていい相手を探してくれますが、中には女性を労働力、家同士のつながり強化の道具としか思ってない男性もいるでしょう。そういう望まない結婚を断ることができない、自分で相手をみつけることができないというのは、やはりフェアではないと感じます。

    思い悩むナダを気づかい、サトコはナダを誘ってでかけます。何も言わないけれどそばにいてくれる女友達がいれば、きっと大丈夫。がんばれナダ。

    サトコとナダ(1) (星海社コミックス)
    講談社 (2017-11-20)売り上げランキング: 1,015


    ナダの結婚話に隠れがちですが、サトコのことを好きな日系アメリカ人のケビンくんとの関係も気になるところ。ただでもサトコはナダといるほうが楽しくてまったく気がついていませんが…


    サトコとナダ1→



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL