『向田邦子と昭和の東京』川本 三郎

2018.01.24 Wednesday

0
    向田作品の根底にあるものはなにか。それを彼女が育った昭和という時代と、東京という文化圏にある。作者の川本氏はそう解説します。

    昭和ことばに、懐かしい時代をうつす


    向田作品には印象的なちょっと古い言い回しの言葉がよくでてきます。「べそをかく」「たち」「ご不浄」など。
    私がすきなのは「こしらえる」(「作る」の古い言い回し)です。

    「つくる」よりも手間がかかっている気がして。実際、昭和の台所仕事は今よりもずっとたいへんだったので、弁当ひとつとっても「こしらえる」方がしっくりきます。

    向田作品の昭和ことばは、直接的な言い回しの現代のことばとちがい、やわらかくつつんでくれる。
    昭和のことばは、向田作品の重要な役割を果たしていました。人に言えない家族の秘密を絶妙なことばでつつむように。

    向田邦子と昭和の東京 (新潮新書)
    川本 三郎 新潮社 売り上げランキング: 312,292


    食と家族


    昭和の時代は、漬物をつけたり、梅干しをつくったりと、台所仕事にも年中行事がありました。私も昭和生まれの人間なので、家族で保存食を「こしらえる」思い出を持っています。
    向田作品には食事はもちろん、それをこしらえるところもよく描かれていました。

    嫁に行った娘は、婚家にあわせておむすびの形をかえたり、母親の手伝いで白菜をつけたり、今では懐かしい情景です。

    最近ではそんな季節感を見直す動きもあり、こうした季節の本をよく見かけます。
    わくわくほっこり 二十四節気を楽しむ図鑑
    君野 倫子 二見書房 売り上げランキング: 70,993



    家族思いの父親


    向田作品にたびたび登場する父親。苦労して支店長までのぼりつめた、いわゆる昭和の仕事人間ですが、向田エッセイによると「怒りっぽくてすぐどなり、家に会社の人間をよく招いては、家族に負担をかけていた。」とあり、

    てっきり自己中心的な昭和の父親だと思っていたら、実は子ども思いで教養高く、やさしい父親だったのだとか。向田さんのエッセイでは父親が亡くなる前にテレビでプロレスを見ていた。とありましたが、本当は娘の脚本の番組をみていたそうです。

    他にも、娘の受験が夢にまででてくるほど心配していたり、なかなか可愛いところがあるお父さんだったようです。
    そんな父親の影響からか、向田作品では父親の不倫がよくでてくるけれど、家族はそれをどこか容認していることが多い。

    今のドラマなら噴飯ものでしょうけれど、向田さんは長女で、父親の苦労を身近でみてきたからか「仕事で戦う父親が安らげる場所」が家族以外に求めることに寛容だったのです。

    新装版 父の詫び状 (文春文庫)
    向田 邦子 文藝春秋 売り上げランキング: 7,510

    JUGEMテーマ:最近読んだ本



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL