自分にあった電子書籍えらびのコツ

2018.03.10 Saturday

0
    今まで読書は印刷された単行本か文庫本で読むのがほとんどでした。携帯小説なども読んだことはあるのですが、小さい画面だと(老眼の身には)どうも読みにくい。

    そんなわけで長らく電子書籍は敬遠していたのですが、読みたかったファンタジー、八咫烏シリーズの外伝が電子書籍のみ(2018年現在)だったため、今回思い切って電子書籍を使ってみました。

    八咫烏シリーズ外伝 しのぶひと【文春e-Books】【電子書籍】[ 阿部智里 ]

    価格:300円
    (2018/4/5 23:50時点)




    自分にあった電子書籍えらび


    さて、電子書籍を使ってみると決めたものの、何を使ったらいいものか。ちょっと調べただけでも、電子書籍をあつかうサイトいくつもがありました。

    本、漫画、実用書など総合的に扱う電子書籍サイト
    ・AmazonのKindle
    ・楽天のKobo

    漫画に強い電子書籍サイト
    【DMM.com 電子書籍】
    イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

    などなど。たくさんありすぎて、どれがどれやらわかりません…。

    なので、自分が使いたいと思う条件を書き出してみることに。
    ・どうせなら、できるだけお得にポイントがたまりやすい方が良い
    ・読むのは主にスマホ
    ・電子書籍リーダーは使わない(だったらタブレットを買う)






    楽天Koboを使ってみた


    そんなわけで、私が選んでみたのは楽天Koboの電子書籍。いちばんの理由は楽天ポイントがつくから…!です。

    ぶっちゃけ、電子書籍自体はどこもそんなに変わらないと思います。あとは他のコンテンツが利用できるだとか、無料サービスがあるとか、具体的なサービスの内容によって電子書籍を選ぶ方がよさそうな気がします。

    私の場合は、楽天で買い物する機会が多いので、ポイントがついたらうれしい、という理由で楽天Koboを選びました。電子書籍は購入ポイントのほか、楽天Koboアプリで読書をするだけでもらえるポイントもあるのでありがたいです。

    楽天Koboをスマホで読んでみた


    まだ携帯の時代に、青空文庫や携帯小説などは少し読んでいましたが、どうにも読みづらかったので、電子書籍も読みづらいんじゃないかと心配していたのですが、楽天Koboのスマホ画面、意外と読みやすいです。
    楽天電子書籍Kobo
    画面の文字もきれいだし、ページをめくるように画面をスライドできるのもいい。しおりもつけられるので、読んだところがわかりやすい。

    電子書籍を読むのが楽しくなりました。
    さらに楽天Koboなら1日6分以上の読書、購入した電子書籍を読了で楽天ポイントがもらえるのもうれしい。

    電子書籍のメリットって


    スマホやタブレットがあれば気軽に読めるのが電子書籍のいいところですが、それ以外にも漫画でフルカラー版が楽しめるのも電子書籍の魅力のひとつです。紙だとどうしても予算の関係でモノクロになってしまいますから。

    じいちゃんと猫のたまさんのほっこりした日常を描いた漫画「ねことじいちゃん」。電子書籍だとフルカラー版で楽しめます。

    【電子限定フルカラー版】 ねことじいちゃん4 【電子限定フルカラー版】ねことじいちゃん (コミックエッセイ)




    さて、あとは電子書籍リーダーを何にするか。電子書籍だけに特化すると、カラーが使えない。タブレットだと電子書籍リーダーより目が疲れる…。悩みどころです。

    【送料無料】楽天kobo aura H2O ブラック (N250-KJ-BK-S-EP) (N250KJBKSEP)

    価格:19,980円
    (2018/6/5 23:27時点)
    感想(0件)




    Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

    新品価格
    ¥8,980から
    (2018/6/5 23:23時点)




    Kindle、電子書籍リーダー、Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

    新品価格
    ¥7,980から
    (2018/6/5 23:23時点)


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL