「乙嫁語り」の森薫さんが中央アジア料理を漫画で紹介。主催はなんと外務省!

2018.03.05 Monday

0
    19世紀中央アジアを舞台にした森薫さんの『乙嫁語り』の中には模様のついたパンや焼き飯など、中央アジアの食べ物がでてきます。羊の捌き方なんかもでてきて本格的です。

    コミックナタリーでは、実際に乙嫁語りに登場した焼きうどんや焼き飯、串焼きなどを森薫さん自ら作った企画も。
    森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ・レッツ乙嫁クッキング

    中央アジア料理が描かれる「乙嫁語り3」はシリアスな話が多いのですが、合間に登場人物たちが市場で食事を楽しむシーンがあります。
    ラグマン(麺料理)や中央アジアのピラフ、串料理などが登場し、どれもおいしそう!




    そしてなんと、今度は中央アジアの料理を漫画で紹介。これだけならコミックナタリーの企画と同じでしょ…?
    と思ったら、なんと主催は外務省!お役所ですよ!

    「中央アジア+日本」対話・東京対話第10回記念 森薫先生執筆「みんなで作ろう!中央アジアクッキング」

    こちらには料理動画も
    中央アジア料理動画

    内容は、美しい振り袖の日本のお嬢さんが中央アジア五カ国の民族衣装を着た(ウズベキスタン・タジキスタン・トルクメニスタン・キルギスタン・カザフスタン)の娘さんに各国の料理を習うというもの。

    2018年3月現在、第四回まで掲載されています。『乙嫁語り』にも登場した串焼き料理シャシリクも登場しますよ。『乙嫁語り』好きな方はぜひ〜

    タジクさんでマンティ(饅頭)(PDF)
    カザフさんでシャシリク(串焼き)(PDF)
    キルギスさんでラグマン(焼きうどん)(PDF)
    トルクメンさんでサムサ(PDF)

    中央アジアの炊き込みご飯「プロフ」。「乙嫁語り」に描かれたように通常は大きな鍋でお皿を蓋にして煮るのですが、こうした炊き込みご飯の素を使って炊飯器でも作ることができます。
    炊飯器で作るプロフ動画→

    中央アジアの炊き込みご飯「プロフ」の素

    新品価格
    ¥280から
    (2018/4/14 19:47時点)




    美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)
    先崎 将弘 東洋書店 売り上げランキング: 360,604



    森薫作品感想


    「乙嫁語り11」→
    「乙嫁語り10」→
    「乙嫁語り9」→
    「乙嫁語り8」→
    「乙嫁語り7」→
    「乙嫁語り6」→
    「乙嫁語り5」→
    「乙嫁語り4」→
    「乙嫁語り3」→
    「乙嫁語り2」→
    「乙嫁語り1」→
    森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ→


    コメント
    コメントする