2018.03.21 Wednesday

若い頃思い出してモヤモヤする『凪のお暇1』

周りに合わせすぎて周囲にも彼氏にも舐められていた女性、大島凪があるきっかけから、これまでの生活を捨て、ボロアパートで新しく人生をリセットしようとする物語。


私も若い頃、空気を読みすぎてストレスをため、胃にポリープをいくつもつくったことがあります。だから凪の気持ちは痛いほどわかる。ランチ誘われてお弁当を無駄にしたこともあるし。

人に嫌われなようビクビクしていると、相手はそういうのを敏感に察し、猫がネズミをいたぶるように、いじられたり見下されたりしてしまうんですよね。つらいよねえ…

すべてをリセットして、新しい生活を始めた凪ですが、元彼の執拗な執着、隣のチャラ男、職安で知り合ったスピリチュアル沼の女の子など、周囲は癖のある人ばかり。果たして過去の自分を乗り越えられるのか…

人生を新しくやり直す漫画といえば、これまで「プリンセスメゾン」「34歳無職さん」など、日常が魅力的なのですが、『凪のお暇』はどっちかというと、不幸な匂いがするんですよ。絵柄からかもしれませんが。

凪にしても小さい頃からいじめに会い、親とも合わず「いい子」に空気を読むことが処世術だったのでしょうが、それが度を越すと爆発してしまう。今後の凪が、周りの人々に振り回されず、変わることができるのか。
ちょっとハラハラしながら読んでます。

人はいろんな面を持っている


凪のアパートの上に住んでいる年配の女性。ツギハギの服を着て自販機の小銭をあさり、パン屋で耳をただでもらっている。凪はそんな彼女に未来の自分をみてゾッとするのだけど、実は彼女は、パンの耳でお菓子を作り、部屋にはプロジェクターで映画を楽む趣味人でした。
人の目を気にせず自分のやりたいことをやっているお二階さんが登場人物の中で一番幸せだったりします。

マツコ・デラックスが「幸せそうな人は、歯が欠けていること人が多い。」といっていましたが、歯が欠けているままでいるってことは、それだけ人の目を気にしていないってことらしい。

彼氏の慎二も、凪のことを「都合のいい女」扱いしていたのに実は彼女のことを本気で好きだった…など、登場人物たちはいくつもの面をもっています。

『凪のお暇』はそうした人間のリアルな部分が描かれているから、読んで楽しいだけじゃなく、モヤモヤするんでしょうね。

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)
秋田書店 (2017-06-16)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947425

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM