乙嫁語りチベット版『テンジュの国』泉一聞

2018.04.16 Monday

0
    かわいい物語を見つけました。
    『テンジュの国』は18世紀チベットの村に住む医師見習いの少年カン・シバと、彼のもとへお嫁にきた少女ラティとのお話です。チベットの食べ物や薬、風習などが描かれ、絵も丁寧で、人物もかわいらしい。なにより、チベットの描写が魅力的です。



    『テンジュの国』あらすじ


    13歳の医師見習いのカン・シバは草(薬草)が大好きなちょっと変わった少年。ある日隊商が家に泊まることになった。隊商は背負われた異民族の花嫁をつれていた。実はその花嫁はカン・シバの婚約者・モシ・ラティという少女だった。結婚式はまだ先のため隊商が戻るまでラティを家で預かることに。

    かくして薬草ヲタクの少年と、異民族の少女は日々の暮らしの中で徐々に心を交わして家族になっていきます。

    異国を舞台に、嫁いできた花嫁とともにその地域の文化や風習を紹介するのは森薫さんの『乙嫁語り』が有名ですが、『テンジュの国』は医師見習いのカン・シバが行うチベットの医療や薬づくりがメインです。そこへ異民族から嫁いできたラティが加わることで家族の物語にもなっていきます。

    乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/4/17 20:49時点)




    それにしてもチベットも結婚早い…13歳で婚約って…(;・∀・) それだけ厳しい土地柄だから早く結婚して子供を持たなければならないのかもしれません。

    そして、チベットのごはんが美味しそう。家族が囲む食卓の様子はなんだか「アルプスの少女ハイジ」を思い出しました。

    薬づくりも丹念にえがかれていて、疲労がたまった患者さんに、カン・シバが黒糖と肉で滋養のあるスープをつくっています。チベットも中国と同じく医食同源の考えがあるようですね。

    日本と全く違う風習や習慣を知るのは、旅をしているような気分になります。




    テンジュの国1
    テンジュの国2
    テンジュの国3
    テンジュの国4
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL