2018.08.02 Thursday

フランス人から見た原爆[映画]24時間の情事 ヒロシマ・モナムール

戦時中の広島を舞台にした『この世界の片隅に』のヒットにより、ふたたび原爆に注目があつまっているようですね。そんな中で見たフランス映画『24時間の情事』鑑賞。映画撮影で広島を訪れたフランス人女性と、原爆で家族を失った日本人男性との短い逢瀬を描いた1959年の作品です。

『愛人 ラマン』を描いたフランス人作家マルグリット・デュラス脚本の映画。フランス人の目から見た原爆の地、広島を描いています。

冒頭、原爆投下後のショッキングな映像(眼球を失った女性、口をえぐられた少年、ケロイドの皮膚など)が流れ、そこに男女の情事がモノローグとともに映し出され、戦争と情事、2つの相反するものが重なり合あっていく。どこか幻想的なシーンです。

二十四時間の情事(ヒロシマ・モナムール) HDマスターDVD

中古価格
¥1,500から
(2018/8/1 23:56時点)




フランス人は、なにもかもをアートにしてしまう


この映画をみて思ったのは、フランス人というのは、なにもかもをアートにしてしまうのだなあと。たとえそれが原爆映画であっても。

マルグリット・デュラスの詩のようなセリフ、主人公の故郷ヌヴェールの風景、愛したドイツ人将校、ヒロシマの風景が重なり合い、難解ではあるけれど、とても幻想的で美しい。

後半は主人公の過去を中心に描かれ、フランス人でありながらナチスの将校に恋をし、やがてその相手を亡くした心の傷が描かれます。

とにかく難解なのでよくわからないのだけど、映像が美しく幻想的なので見ていて飽きない。それに、もしかしたら主人公の過去の傷とヒロシマの原爆の痛みを重ねて描いているのかもしれない。

過去を忘れ、新たに生きることを「君の名はヌヴェール、あなたの名はヒロシマ」という最後のセリフで表しているのかな…。



原爆から生まれたアート


フランス人アーティストのイブ・クラインは、原爆ですべて溶かされ、人影だけが残った事実を受け、人体を刻印するアートのインスピレーションを得たそうな。

無題 アントロポメトリー 1960年(ANT100) アートポスタープリント イヴ・クライン作 28×20インチ

新品価格
¥21,896から
(2018/7/28 21:09時点)




そういえば、マルグリット・デュラスの『愛人ラ・マン』もフランス人女性と中国人男性の恋愛話でした。アジア人は彼らにとっては異なる世界に住む「異邦人」だから、その交わりが彼らの感性を刺激するのかもしれません。

『24時間の情事』で大勢があつまる反戦デモの中、2人だけが逢瀬に走るのシーンは、下町の雑踏から壁一枚隔てた部屋で情事を行う『愛人 ラマン』のフランス人少女と中国人男性と重なります。

愛人 ラマン (河出文庫)

中古価格
¥1から
(2018/8/1 23:54時点)




いいとか悪いとかではなく、フランス人と日本人とでは戦争の表現の仕方が全く違うのだと実感しました。

この世界の片隅に [DVD]

中古価格
¥1,280から
(2018/8/2 00:02時点)



Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947460

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM