2018.12.16 Sunday

イスラム女子と日本女子の友情、最終章『サトコとナダ4』

サウジアラビアのナダと日本のサトコ。アメリカで出会った女の子たちは、国も宗教も育った環境も違うけれどルームシェアを通じて親友になりました。けれどサトコの留学が終わり、2人は別々の道を進むことになり…。


『サトコとナダ』、最終巻です。これまで日本人サトコからみたイスラム教徒の世界は新鮮で驚きに満ちていました。この漫画に出会わなければきっと、今でもイスラム教徒に対して多くの偏見を持っていたでしょう。

相手の宗教や風習に納得できないことがあっても、友達になれる」と、サトコは言いました。世界がサトコとナダのように、理解し合えたらいいな、と感じます。

サトコとナダ 4 (星海社COMICS)

新品価格
¥691から
(2018/12/16 02:33時点)




ナダの婚約


3巻ですったもんだありましたが、ナダとアブダーラさんの婚約が成立。ここで正式に二人は顔を合わせることに。

サウジアラビアでは
1.親が相手を決める
2.婚約(この時点で会えない、写真はOK)
3.男兄弟を介して相手との連絡が可能に
4.シャウファを行う←イマココ!

シャウファ(見る)とは婚約が整った男女が初めて顔を合わせて話すこと。見合い→婚約→結婚ではなく、サウジでは婚約→見合い→結婚なんですね。

シャウファでは友人や家族立ち会いのもと、見合いのように「あとは若いお二人で…」と、ナダとアブダーラさんはここで初めて話をします。医者になる夢のため、アブダーラさんを待たせることになる(だから嫌なら断ってください)と思うナダに、アブダーラさんはそんなナダだから結婚したいと。

アブダーラさん、いい人や…(´;ω;`)。イスラム社会って男尊女卑の印象があったので、アブダーラさんみたいな男性もいるのだなと思うとなんか嬉しいですね。アブダーラさんは姉のアフレイマさんにも頭が上がらないようなので、イスラム社会、必ずしも男性上位というわけではないのかも。

サトコとナダ 3 (星海社COMICS)

新品価格
¥691から
(2018/12/16 18:48時点)




インシャーアッラー、遠く離れても


そしていよいよ、サトコの留学期間が終りを迎えます。グレイスピリオド(留学終わり後、アメリカに数週間滞在が認められる制度)を利用してサトコとナダはふたり旅に出ます。

ナイアガラの滝ではサトコは国境が歩いて渡れることに感動し、ナダは一生分くらいの水量に感動するなど、育った国によって感動ポイントが違うのも興味深いですね。

ナイアガラの滝では2人で国境越え!ナダは親兄弟が一緒でないとできない国境越えを経験!

そしていよいよお別れの時、ナダはサトコに「インシャーアッラー」という言葉を教えます。意味は「もしも神様が望むなら」未来を語る時に使う言葉です。

また絶対会おう、と近い合ったサトコとナダ。遠く離れても心は通い合っていて、数年後2人は再会するのですが…。
未来の2人の近況はぜひ、コミックスで♪

そして、こんな本も。『サトコとナダ』から考えるイスラム入門 ムスリムの生活・文化・歴史ではユペチカさんがイラストを描き下ろしています。こちらも楽しみ。

『サトコとナダ』から考えるイスラム入門 ムスリムの生活・文化・歴史 (星海社新書)

新品価格
¥1,058から
(2018/12/16 18:10時点)




[まとめ買い] サトコとナダ

新品価格
¥1,977から
(2018/12/16 21:53時点)


Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947491

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM