騎士と姫君、聖職者の食べた料理『中世ヨーロッパのレシピ』

2019.06.22 Saturday

0
    『中世ヨーロッパのレシピ』では、ファンタジー世界のモチーフである中世ヨーロッパの料理を、当時の調味料を使って再現しています。

    中世料理はファンタジーでよく見かける「肉の丸焼き」など豪快な料理ばかりかと思いきや、食材も現代とほとんど変わらない、おいしそうなレシピがたくさんありました。



    中世ヨーロッパレシピの特徴


    食材やレシピ自体は、現代でも通用しそうなのでが、現代とまったく異なるのが「調味料(スパイス)」と「ハーブ」です。

    砂糖はスパイス


    とにかく、砂糖は貴重品。中東などからの輸入に頼っているので王侯貴族など、一部の富裕層しか使うことはできませんでした。「少量しか無い、貴重品」なのでスパイスの部類に入るんですね。

    中世ヨーロッパでもケーキやパイなどスイーツもあったのですが、ではどうやって甘さを出していたかといえば、「蜂蜜」です。こちらは砂糖よりも比較的手に入りやすかったせいか、蜂蜜を使ったレシピが存在します。

    特に「蜂蜜酒」と聞くと、ファンタジー好きの人はワクワクするのではないでしょうか。蜂蜜酒、一度呑んでみたいものです。

    果物などもあったのですが、現代に比べると酸味が強いため、揚げたり煮込んだりして使ったそうです。(レモンのフリッターなんて料理もある)

    教会とハーブ


    薬草は、治療やポーションづくりなど、ファンタジー世界でも大活躍するアイテムです。ハーブは中世では主に修道院で作られました。

    用途は食用や薬用、美容など、さまざまな用途で使われていました。現代でも修道院のハーブづくりをルーツに持つ香水や石けんなど作られ、人気を博しています。



    ろうそくの火で食べる晩餐


    『中世ヨーロッパのレシピ』の作者は中世料理研究のほか、中世の世界を研究されています。本書では、料理レシピの他に、中世楽器の音楽会や蜜ロウから作られるロウソクの灯で食卓を演出するなど、さまざまな試みが紹介されています。

    暗い夜、ろうそくの淡い灯の下で食べる晩餐は、よりファンタジー世界を感じられるのかもしれません。

    こちらは古代メソポタミアから中世ヨーロッパまで、歴史料理の紹介本


    『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』

    歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる

    中古価格
    ¥600から
    (2019/6/22 23:39時点)


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL