2019.10.21 Monday

『白銀の墟 玄の月』第一巻 感想(ネタバレ)

『白銀の墟 玄の月』第一巻、読了。圧倒される世界観と、そこに生きる人々の詳細で丁寧な描写、次の展開がまちきれず、ページをめくる手が止まらない。久々にそんな思いをさせていただきました。

現代のファンタジーと十二国記が違うのは、ここでは魔法やアイテムでラスボスを倒せば解決する、という単純なものではありません。理不尽な状況を変えられるのは唯一つ、人間たちの思いだけなのです。

読んでいくうち「敵」と言われる側の人間たちにもそれぞれの思惑があること、「正義」の側にもさまざまな考えがあることが語られます。



『白銀の墟 玄の月』第一巻あらすじ


泰麒と李斎が戴国へ戻ってくる。途中、驍宗の麾下で将軍だった英章の部下、項梁、阿選に意見したことで滅ぼされた道観の生き残り、去思と出会い、驍宗を探す旅に出る。

驍宗が行方不明になった当時の状況を追いながらも、行く先々で民の困窮を目にした泰麒は李斎と別れ、別行動をとることに…。

ここからネタバレ
いや、ネタバレしないと語れませんよ…

泰麒の決意


最初は李斎とともに驍宗を探すため戴に戻った泰麒でしたが、旅の途中で民の困窮を見て一つの決意をします。

それは、宿敵である阿選のいる白圭宮に戻ることでした。旅の途中で知り合った項梁だけをつれ、単身敵の中へ乗り込み、あろうことか自分を襲った阿選が「新王」だと宣言します。

「新王阿選」は本当なのか、それとも民の救済のための方便なのか…。そこもはっきりしません。ただ一つ言えることは「いちど地獄を見た者は強い」ということです。
目的のためには手段を選ばない、というか、周りが驚くような豪胆な策を打ってみせるのです。

同じく胎果である陽子、尚隆、六太も、過酷な環境下で生死の境を体験してます。
もう、泰麒は守られるだけの子供ではなく、自らの意思で希望を掴み取ろうとする青年に成長したんですね。


退廃の霧


阿選の仮朝は最初こそ機能していたものの、ちかごろでは阿選は政務に飽きたのか、表舞台に出てこず、冢宰の超運が牛耳っている。とはいえ、全体の指揮があやふやで、まるで霧の中にいるような状態が続いている。

また、官吏がいつの間にかいなくなり、傀儡のような意思のない者たちが宮中をうろついている。

読んでいるうち、あれ?この状態はどこかで読んだことがあるような…?たしか柳でも同じように王が政務を放棄し、官吏が好き勝手を始めていなかったか?

この状態は阿選の仕業なのか、それともなにか大きな不具合が十二国に起こっているのか…?謎が深まります。




Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947551

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • 『白銀の墟 玄の月』第二巻 感想(ネタバレ)
    日月
  • 『白銀の墟 玄の月』第二巻 感想(ネタバレ)
    苗坊
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM