2019.12.01 Sunday

『白銀の墟 玄の月』第三巻 感想(ネタバレ)

前半で暗中模索にみえた泰麒の白圭宮での奮闘と李斎の驍宗探索。しかし、今回、すべてがつながりました。

これまで登場人物たちはもちろん、読んでいる私たちの前にも覆われていた霧が少しずつ薄れていき、その霧の先には、皆が待ち焦がれたあの方がいたのです。

物語の構成も、これまで章ごとに泰麒側と李斎側それぞれの視点で物語が展開してきましたが、3巻では互いの物語の間隔がどんどん狭まっていき、前半の伏線が、少しずつ、確実に回収されていくのです。
本当に、ページをめくる手が止まりませんでした。




泰麒の六太化


前半では、単身、白圭宮に戻りあろうことか、「新王阿選」を宣言した泰麒。このハッタリと度胸は陽子のようだな、と思ったものですが、今回もまた、ひとりで阿選に直談判しに行ったり、捕らえられている正頼に会いに行ったりと、麒麟にあるまじき行動にでます。

今回は延麒・六太くんの(破天荒な)行動力が加わったかのようですね。

「麒麟」という生き物は殺生を嫌い、血を嫌います。それは血や穢を浴びると病気にもなるくらいです。
しかし、泰麒は正頼の牢に忍び込む際、門番を攻撃するなど、自ら行動に打って出ます。それほど切羽詰った状況ということもあるのでしょうが、彼の行動原理には蓬莱(日本)での悲惨な経験が影響しています。

「魔性の子」という作品では、泰麒を守るため使令が暴走したため、周囲の人間や両親も虐殺された過去を持ちます。泰麒はいまもその罪を背負い、彼らの死を無駄にしないために文字通り身を削って戴を救おうとします。



巌窟王・驍宗


さて、長いこと行方知れずで、最大の謎だった驍宗さまの行方ですが、なんと灯台もと暗し!李斎さんたちが散々さがした函陽山の落盤で閉じ込められていたのです。まさに巌窟王…、閉じ込められたくらいで諦める驍宗さまではなく、コツコツと岩をのぼり、脱出を試みていたのです。

しかし、いくら不老不死の仙とはいえ、食べないと死んでしまうのですが、それが、前半にでてきた貧しい親子が月に一度、捧げた供物が巡り巡って驍宗さまの元に届いていたのです。(その他にも前半ででてきた玉とかも意外な形で関わっているし…!伏線回収すげえ)

ここでも、人の行い、思いが、本人たちの思いもかけないところで誰かを助けになっている。そんな「思い」の細い糸の一本一本が繋がり、太い縄になって驍宗さまの元にどど来ました。
「青条の蘭」の命のリレーでのテーマがここでさらに壮大な形になって返ってきました。

結局、人を救えるのは剣でも魔法でもなく、少しずつの、けれどもたくさんの人の思いなんですね。

それにしても、ページの中に、本物の驍宗さまが現れたときは、思わず本をおいて目頭をおさえました。よくぞ生きていてくださった…!

銀色の髪の亜里沙
山の中に閉じ込められるというシチュエーションは巌窟王というより、和田慎二さんの「銀色の髪の亜里沙」を思い出しました。これは少女が洞窟に閉じ込められ、そこで得た知識で復讐を行う物語。「銀髪」というのも同じだし。



マッドサイエンティストと逆臣


ここへきて初めて阿選の行動原理が明かされます。驍宗との良きライバル関係だったものの、先王が崩御したことで、そして、驍宗が王となったことで、彼の影になってしまう恐怖。でも、それだけでは彼も行動を起こさなかったかもしれない。

けれど、彼の近くには恐ろしく聡明で、天の摂理を意に介さない琅燦がいたのです。どうやら琅燦は阿選に具体的な知恵を授けることで天の摂理の「実験」を試みたらしい。

黄昏の岸 暁の天 」を読み終わったあと、その当時私を含め、読者の一部は「陽子はいつか、天に戦いを挑むのではないか」と考えていました。天の摂理の届かない蓬莱育ちで、泰麒のことで天に疑問を抱いていたようだったからです。

しかし、意外な形で天に戦いを挑んだのは琅燦の方でした。彼女もまた、陽子とは別の意味で天の摂理から外れた人だったから。

サイエンティストというのは時に倫理を超えた実験に心を動かされるものですが、琅燦の場合は、どこまでが計算づくだったのか。作中、彼女の心理が語られることはなく、阿選の視点からの描写なので彼女が敵なのか味方なのかはまだ霧の中に包まれているようです…


JUGEMテーマ:オススメの本



Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/947553

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • 『白銀の墟 玄の月』第二巻 感想(ネタバレ)
    日月
  • 『白銀の墟 玄の月』第二巻 感想(ネタバレ)
    苗坊
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM