猫?を拾った話『猫を拾った話。』

2020.05.07 Thursday

0
    サラリーマンが猫を拾った話。しかし育った猫はなんと単眼、三本足、そして巨体。
    口はクリーチャーのような複数の舌と鋭い歯を持ち、鼻はなんとしっぽについている。

    そんな異形の猫を拾ってしまったイガイくん。ときどき猫の超常さにビビるものの、それでも愛情もって育てていきます。「ねこ」と名付けられた異形の猫もイガイくんになつき、普通の猫のようにじゃれたり甘えたりするのですが、なにせ巨体なため、たまにイガイくんを圧倒してしまうことも…

    ある日、イガイくんは大量に出た「ねこ」の抜け毛でちいさな毛玉のぬいぐるみをつくったところ、その毛玉がなんと開眼!自由に動き出してしまう。そうとは知らないイガイくんでしたが、同僚のサトウさんはその毛玉と遭遇してしまい…。

    「ねこ」と分身の「毛玉」にぐうぜん遭遇してしまい、その存在に悩まされる同僚のサトウさん、サトウさんの弟で毛玉を保護しようとするユウトくん、猫アレルギーだけどネコ好き、「ねこ」を見たがる配達員のダイキさんなど登場人物たちが「ねこ」とイガイくんに関わっていきます。

    いやもう、「ねこ」がかわいいです。最初はそのクリーチャーっぷりにビビりましたが、死にそうなところを拾われて育ててくれたイガイくんのことを心底慕っている姿がとてもかわいい。

    あと、この漫画は擬態語が独特で「ずも」「ふもし」「なおう」ねこの異形さとかわいさが表されていて、とてもいい。

    『猫を拾った話。』を読んじゃうともう、ふつうの猫マンガじゃ満足できなくなるかも…。

    猫を拾った話。(1) (KCデラックス)

    新品価格
    ¥1,100から
    (2020/5/7 13:14時点)




    『猫を拾った話。』Kindle版はこちら

    コミクリで最新話も読めます

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ



    コメント
    コメントする