ペルシャの姉妹妻ふたたび『乙嫁語り12』森薫

2020.05.27 Wednesday

0
    スミスは写真を携えて、これまで来た道を戻っていく。今度はガイドのアリさんのほかに、友人がつけた護衛のニニコロフスキと再会したタラスさんとともに。

    まずはペルシャ。7巻で登場した姉妹妻、アニスとシーリーンの暮らす屋敷を訪ねます。ペルシャでは女性客は女主人の館に招かれます。アニスとシーリーンはタラスの話に興味津々。
    スミスは記録を残すために女性たちを写真に撮りたいと申し出るけれど、さすがに主人に断られる。(そりゃそうだ…)タラスさんが機転を利かせ、アニスとシーリーンを説得して屋敷内の撮影をすることに。



    姉妹妻その後


    相変わらずラブラブな姉妹妻さんたちですが、少し関係性が変化してきた感じです。

    今ままではアニスの方がシーリーンを慕っていて、シーリーンはそれに対し、ちょっとツンデレな感じだったのですが、実はアニスは意外に天然でマイペース。そんなところをシーリーンが姉のように世話を焼く姿が微笑ましい。

    ふたりはお風呂屋さんでも大勢の友達に囲まれ、アニスはこれまでの幸せだけど寂しかった心の空白を埋めることができたようです。それを見ていた召使いのマーフが涙ぐむ。アニスってけっこう愛されキャラなんだよね。本人まるきり気づいていませんが。



    風習の違い


    中央アジアでは当たり前の「馬に乗る」「顔を出して生活する(髪は隠す)」生活もペルシアでは珍しく、不思議なこととして捉えられます。土地が違うと、風俗も考え方もことなることが現れていて興味深いです。

    ペルシアの女性たちは、家族以外に顔を見られるのが嫌だと感じるし、スミスの国の自由な結婚制度にも「親が決めた相手でないと家族とうまくいかないのでは」と考えます。

    私たちからみたら、親が決めた結婚なんて窮屈で閉鎖的だと感じますが、アニスやシーリーンたちには「こちら」がおかしいんですね。

    サウジアラビアの女の子とルームシェアをするマンガ「サトコとナダ」でも、そうした風習や考え方のギャップがでてきますが、どちらが正解ということは無いんでしょうね。

    サトコとナダ(1) (星海社コミックス)

    新品価格
    ¥671から
    (2020/5/27 22:40時点)




    閑暇


    それぞれの乙嫁たち、退屈な時間の過ごし方を描いています。アミルさんはひとりでおるすばん、アラル海の双子のたちは旦那たちとだらだら。本当は台所仕事があるのにサボっているのも相変わらず…

    パリヤさんは約束がふいになり、アミルさんに会いに行くけれど留守らしい。落ち込んでしまうパリヤさん。まあそこが不器用でかわいいんですけどね。


    カルルクさんの姉夫婦、セイレケさんユスフさんのなんというか…ラブラブなお話。途中、末っ子のロステムくんが邪魔に入ってしまうのですが。

    中央アジアはイスラム教なので女性たちはコーランの教えに従って髪を隠しています。髪は、家族の前でしか見せないため、女性たちは夫のために髪を整えます。

    手紙


    今回はじめてスミスの家族が描かれます。19世紀なかばなので「エマ」や「シャーリー」より時代が古く、広がりのあるスカートにレースの襟と、今までと異なるファッションなんですね。それにしてもスミスのご家庭は随分と上流階級のようですが、本当にタラスさんを連れて行って大丈夫なのだろうか…

    乙嫁語り


    「乙嫁語り11」→
    「乙嫁語り10」→
    「乙嫁語り9」→
    「乙嫁語り8」→
    「乙嫁語り7」→
    「乙嫁語り6」→
    「乙嫁語り5」→
    「乙嫁語り4」→
    「乙嫁語り3」→
    「乙嫁語り2」→
    「乙嫁語り1」→
    森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ→
    「乙嫁語り」の森薫さんが中央アジア料理を漫画で紹介。主催はなんと外務省!
    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする