文豪令嬢のグルメライフ。『紅茶と薔薇の日々』

2017.01.12 Thursday

0
    日本を代表する文豪・森鴎外。その娘・森茉莉という人は、お嬢様育ちで家事全般苦手だったそうですが、ただ、食に関してだけは、食べるのも作るのも大好きだったそうです。(朝ドラ『ごちそうさん』のめ以子のセレブ版といったところでしょうか)

    紅茶と薔薇の日々: 森茉莉コレクション1食のエッセイ (ちくま文庫)』は、父親と食べた明治の洋食の思い出、鴎外直伝のドイツ料理、婚家で覚えたレシピ、夫と過ごしたフランスの料理の話など、美味しい話がぎっしりつまったエッセイ本です。

    シチュウ、ロオスト・ビイフ、チョコレエトなど、茉莉さんの書く食べ物の名前はどこか懐かしく、上品な言葉の響きが、美しくも美味しそうです。

    紅茶と薔薇の日々: 森茉莉コレクション1食のエッセイ (ちくま文庫)

    中古価格
    ¥81から
    (2018/9/1 22:35時点)





    文豪令嬢のグルメライフ


    さて、お嬢さまが何を食べていたのか、作中語られるのですが、その優雅で、美味しそうなことといったら!

    まず、父・森鴎外に連れられていった上野精養軒の本格洋食。鴎外がドイツから伝えたドイツのサラダ。婚家で作ったホワイトソオスの鮭料理。姑がつくる柚大根などの日常和食など、豪華なものもありますが、そのほとんどが庶民でも作れる簡単な料理なので、再現してみたくなります。

    なかでも、鴎外直伝のドイツのサラダは茉莉さんの文章の何度もでてくる、簡単で美味しい料理。
    じゃがいもと人参をさいの目切りにし、魚を酢を入れたお湯で湯で、ゆで卵、さやいんげん、玉葱などを入れたサラダで、気軽に魚を食べられるので、便利です。


    文豪の親バカエピソード


    偉大な文豪が日々どんなものを食べていたのか、どんな生活をしていたのか、文豪の生活が垣間見れるエッセイでもあります。茉莉さんは、箸の上げ下ろしから着替えや髪結い、ほとんど生活のすべてを女中さんにやってもらっていました。

    娘の視点からみた森鴎外は、娘を溺愛し、踊りの師匠が茉莉の羽織を褒めたら「茉莉自身を褒めなかった」と憤慨したり、茉莉さんが大きくなってもひざにのって「お茉莉は上等♪」と自作の歌を歌うという、かなりの親ばかっぷりを発揮しています。

    軍の要職につき、文豪として世に知られる森鴎外ですが、存外、家の中では親ばかだったようです。

    また、食べ物に関して「シチュウは不潔」だから食べないとか、まんじゅうをご飯にのせてお湯をかけて茶漬けにするだの、へんなこだわりを持っています。

    文人御馳走帖 (新潮文庫)
    新潮社 (2014-07-28)売り上げランキング: 415,936


    嫁ぎ先についても、何もできないから、女中がたくさんいる家じゃないとやっていけないだろうと、資産家の家(相手はフランス文学者)へ嫁がせます。

    そのせいで、後々苦労する事になるのですが、姑に気に入られたり、夫についてフランスへ行ったりと、新婚当初は楽しかったようです。
    特に可愛がってくれた姑のお芳さんのことや、フランスのカフェの思い出は、多く書き残しています。(元夫の記述には、客観的ではあるものの、冷徹さが感じられる気が…。)


    森茉莉レシピ


    家事全般だめでも、食べることにかけて貪欲な茉莉さんは、料理をつくるのもお上手なんです。

    舌が覚えているってだけで、食べ慣れた鮭のクリームソオスを再現して、婚家の人間をうならせたり、ズボラで、晩年はベッド上で料理ををしても、美味しいものを作り出していきます。

    しかしこの人、交友関係もすごい。一時期「暮しの手帖」に籍をおいていたり、萩原朔太郎の娘、萩原葉子さんとも友だちだし、室生犀星とも親しい。実に豪華なのです。

    文人御馳走帖 (新潮文庫)

    中古価格
    ¥13から
    (2018/9/1 22:35時点)




    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    「雑誌の品格」 能町みね子

    2014.12.21 Sunday

    0

      どうでもいいものに、的確な名を与える天才・能町みね子さん


      世の中にある、なんて言ったらいいかわからないけれど、なんかもやもやする感じ、そうしたモノに的確な言葉をつけることができるのが、能町みね子さんです。

      有名なところだと、芸能人と結婚する経歴が謎の一般女性を「プロ彼女」と呼んだのも彼女の造語です。あとは「モテない系」とか。

      雑誌の品格のどこかに自分がいる


      そんな秀逸なセンスで絵や言葉で伝える天才・能町みね子さんが、世にあふれる様々な雑誌の購読者を、想像し、妄想して擬人化したのが「雑誌の品格」です。

      とにかく、網羅している雑誌の種類が豊富。ギャル御用達の雑誌「小悪魔ageha」から、対極にあるようなナチュラル嗜好の「クウネル」、有名ドコロの赤文字雑誌「JJ」や「nonno」まで、あらゆる雑誌の人格がつくられていて、読んでいくと、その趣味嗜好が自分に似通った人格がいるのに気が付きます。

      こうしてみると、雑誌ってあらゆる人格を網羅したメディアなのだなー、と気付かされます。
      また、能町みね子さんが作り出す雑誌の人格がツボすぎるの。ちょっと誇張はあるものの、だいたいその雑誌を読んでいそうな、実際にいそうな人ばかりなんですよ。

      雑誌の人格
      雑誌の人格
      posted with amazlet at 14.12.21
      能町 みね子 文化出版局 売り上げランキング: 14,128


      ギャル系雑誌の「小悪魔ageha」(惜しまれつつも現在休刊)擬人化・アゲハさん設定
      ・地方(山口県)のキャバ嬢・22歳
      ・キラキラネームの子供あり
      ・地元を愛する
      など

      私に一番近いのは、「カメラ日和」か「ku:nel (クウネル)」かなあ。近いというより憧れですね。雑誌は憧れの対象を掲載するものですから。

      友人の漫画家・久保ミツロウさんとタッグをくんだオールナイトニッポンや久保みねヒャダこじらせナイトは最高。
      久保ミツロウと能町みね子がオールナイトニッポンやってみた
      久保 ミツロウ 能町 みね子 宝島社 売り上げランキング: 3,946


      モテない理由はここにあった! 「くすぶれ!モテない系」

      大野更紗さんの「困っているひと」のイラストも能町さんです。

      JUGEMテーマ:オススメの本

      レビューポータル「MONO-PORTAL」

      「あなたに褒められたくて」 高倉 健

      2014.11.19 Wednesday

      0
        高倉健さんといえば数々の映画での名シーンはもちろん、ビストロスマップにでた時、SMAPのメンバー一人ひとりに、ぎゅうっと堅い握手をしたことなどが印象深く記憶しています、そしてもう一つ、印象深かったのが、文筆家としての高倉健さんです。

        あなたに褒められたくて (集英社文庫)」は、高倉健さんの人柄や少年時代の話など、知られざる姿が実直な文章で綴られたエッセイです。あまり高倉健とエッセイってちょっと結びつかい気がしますが、この「あなたに褒められたくて」は、かつて日本文芸大賞エッセイ賞を受賞しています。

        福岡での少年時代、アメリカに渡ろうとして密航を企てようとしたり、南国での旅の話など、プライベートがまったく想像できない伝説的な名俳優の、日々の暮らしや思いが綴られていて、読んでいて胸が熱くなりました。

        久々に、読み返してみようと思います。謹んでご冥福をお祈りいたします。


        あなたに褒められたくて (集英社文庫)
        高倉 健 集英社 売り上げランキング: 1

        JUGEMテーマ:エッセイ


        ガイジン視点の日本食体験 『英国一家 日本を食べる』 マイケル・ブース

        2014.01.14 Tuesday

        0
          私はよく、日本びいきがすぎて、変な行動をおこしてしまう外国人のネタをネットで観るのが好きなのですが、『英国一家 日本を食べる』のブース家は、まさにそんな日本食の魅力にはまってしまった、英国人家族の日本食体験記です。

          高級料亭や天ぷらといった定番料理からラーメン、お好み焼き、串かつなどジャンクフードまで、さまざまな日本料理を体験したイギリス人一家の食の冒険は、普段食べなれた日本の食が、違った視点で描かれていて、日本人が読むと新鮮な感じです。


          相撲部屋からBISTRO SMAPまで


          英国一家 日本を食べる』は、ただの観光日記というわけではありません。ブース氏の職業は、れっきとしたフードジャーナリスト。日本食についてのレポートをするため、3ヶ月の間北海道から沖縄まで調査・インタビューを行います。

          そのため、普通の観光客では入れない、相撲部屋でのちゃんこ試食や、なんと、ビストロスマップの収録現場にまで潜入しています。わたしたちは普段何気なく見ているビストロスマップですが、実は若い男の人が料理することを日本に定着させた画期的な番組だったのだそう。これも、日本の外側から見てみないとわからないことかもしれません。

          子どもたちの体験


          ブース氏の日本食体験や関係者インタビューの間に、彼の2人の息子たち、アスガーとエミル、彼らの目を通した日本での体験がとてもほほえましくて、それがフードレポートではない、微笑ましい印象を読者に与えてくれます。
          相撲部屋で把瑠都と立ち会い、彼を倒してびっくりするアスガーや、日本に来る前はひどい偏食だったエミルがすっかり鮨や天ぷらが食べられるようになったり、彼らの体験と成長も、読者を和ませてくれるのでした。(*´∀`*)


          日本人の知らない日本食


          この本の作者、ブース氏はイギリス人。失礼ながら「あの」(世界的にもまずいといわれる料理をつくる)国の方なので、日本食について多少の偏見や、思い込みが入っているのではないかと思っていたら、むしろ逆。

          そうめんや冷や麦の違いから、食材の栄養価、力士の栄養摂取と持病についてなど、ほとんどの日本人でも知らないような日本食や食材、日本文化や、取材当時の日本のニュースついてまで、丹念に調べあげ、表現していることに驚きました。そしてなにより、だしの旨みというものを、ブース氏は、ヘタな日本人よりも味を理解していました。


          英国一家、日本を食べる
          マイケル・ブース 亜紀書房 売り上げランキング: 946


          アニメにもなりました!
          英国一家、日本を食べる Vol.1 [DVD]
          松竹 (2016-01-06)
          売り上げランキング: 10,258



          かつて、林望先生は名エッセイ「イギリスはおいしい」で、イギリスのまずい食事と素材そのものの美味しさ、イギリス料理をつくる愛すべきイギリス人について、ウイットに富んだ文章に紹介されていました。

          その20数年後、今度は日本が「おいしい」の対象としてイギリス人から紹介されるとは思いもよりませんでした。日本人からみたイギリス料理、イギリス人からみた日本料理、両方を読み比べてみるとまた面白いです。

          イギリスはおいしい (文春文庫)
          林 望 文藝春秋 売り上げランキング: 18,929



          JUGEMテーマ:オススメの本


          「おばあさんの魂」 酒井 順子

          2012.02.08 Wednesday

          0
            おばあさんたちの人生と経験を学び、高齢化社会における「大おばあさん」時代の生き方を模索するエッセイ「おばあさんの魂

            さすがは酒井順子さんだな〜と思いました。今までの高齢者とこれからの時代の高齢者では、ライフスタイルも考え方も違うため、これからおばあさんになる私たちは、年をとった時どう生きたらいいか今から探していかなければならないのです。「おばあさん」というだけで労ってもらえる時代ではないわけです。(まわりが高齢者だらけだからね)

            しかし、新しい時代の「おばあさん」になるためには、やはり先達たちの人生から何か学べるんじゃないかと、有名無名のおばあさんの人生をひも解くため、酒井さんはご自分のおばあさま(当時99歳!)にインタビューをおこなったり、様々な分野で活躍したおばあさんたちの人生に迫ります。

            有名な「佐賀のがばいばあちゃん」、庭を愛したターシャ・テューダー、老いてもなお、男をひきつけるジョージア・オキーフやマルグリット・デュラス…。実に様々なおばあさんたちがいます。みなそれぞれ困難な時代を生き抜いて、次の世代にいろいろなものを伝えてくれています。まさに、人生そのものが私たちの教科書といえそうです。

            文の中で、すてきな言葉を見つけました。
            おばあさんは、子供であれ、考えであれ、道であれ、「より遠く」の未来まで、何かを伝えていこうとしている。


            果たして、わたしが「おばあさん」になったときに、何かしら伝えられるものがあるのだろうか…?
            それは日々の中で模索しながら、獲得していくしかないのでしょうね。

            表紙は日本画家の小倉遊亀さん。越路吹雪さんの肖像を描いた方で、このかたもかなりの長寿でした。
            おばあさんの魂
            おばあさんの魂
            posted with amazlet at 12.02.07
            酒井 順子 幻冬舎 売り上げランキング: 36859


            「ズルい言葉」→
            JUGEMテーマ:人物伝


            「質素な性格 欲は小さく野菊のごとく」 吉行 和子

            2012.01.26 Thursday

            0
              吉行和子さんのエッセイ「質素な性格 欲は小さく野菊のごとく」を読みました。
              もともと、お花屋さんエッセイマンガ「花福日記」の作者・ござるさんがイラストを描かれていると知り、そのご縁で吉行さんのエッセイを読ませていただいたのですが、これがあたり。

              吉行さんの文章と、ござるさんのイラストがぴったりあって、かわいらしい本に仕上がっています。
              (こっそりこざるさんの自画像イラストも登場♪)

              吉行和子さんといえば、父(吉行エイスケ)は詩人、母(吉行あぐり)は美容家、兄(吉行淳之介)は小説家、妹(吉行理恵)は詩人といった、すごい家系出身のベテラン女優さん、というイメージが強かったのですが、エッセイを読むと、その日常は質素でかわいく、ユーモアに満ちていました。

              有名女優の、質素で楽しい生活


              気軽な気持ちで書いた遺言状を服に入れたままクリーニングに出して、お店の方を驚かせたり、女優さんはみな、半身浴が当たり前のイメージなのに、意外にもシャワー派であったり。
              親友・岸田今日子さん、富士真奈美さんとのかしましい女三人旅や、俳句の話、年をとってもアクティブなお母様・あぐりさんとの旅の話など、質素だけれど、好奇心にあふれた日常が描かれています。

              歳を重ねた「かわいらしさ」


              吉行さんは、年をとっても、年をとってからこその「かわいらしさ」を持っている女性なんだな、って感じました。

              還暦について、吉行さんはこんなふうに書かれています。
              自分が生まれた年の干支に戻ることは、ここでまた生まれ出たと思えばいいんです。

              すてきな考え方ですね(^^)吉行さんのように質素だけれど、好奇心旺盛で生きていれば、年を取るのももなかなか面白いものになるかもしれません。

              質素な性格 欲は小さく野菊のごとく
              吉行 和子 講談社 売り上げランキング: 299844



              イラストを描かれたこざるさんの「花福日記」花屋さんのドタバタ日常や、クセのある登場人物たちが草花を紹介するエッセイ漫画です。

              花福日記――お花屋さんの春夏秋冬――
              花福こざる イースト・プレス 売り上げランキング: 245849



              「飾らない」女優さんのエッセイは面白いものが多いです。


              「わたしのマトカ」 片桐はいり
              「ワタシは最高にツイている」小林聡美

              JUGEMテーマ:エッセイ


              レビューポータル「MONO-PORTAL」

              「ザ・万遊記」 万城目学

              2011.09.06 Tuesday

              0
                ザ・万歩計」に続くマキメ・ワールド全開のエッセイ集「ザ・万遊記

                ・万(漫)遊記
                「万(漫)遊記」というだけあって、今回の万太郎(作者の分身的なモノ・エッセイの主人公として登場)はあちこちと出かけていきます。途中、アキレス腱を切ったりしつつ、それさえもネタにしながら、サッカーをはじめ、北京五輪にまで足を運ぶ万太郎。スポーツの描写は、試合の臨場感が伝わってくるし、時々顔をだす万城目さんらしいユーモアも、読んでいて楽しい。サッカー観戦でバルセロナを訪れたことで、それまでの万城目さんがもつバルセロナの連想イメージが、光ゲンジの「リラの咲くころバルセロナへ」から、バルサの試合に上書きされたことは、喜びにたえません( ̄ー ̄)。

                ・好きな作家の本を連続で読み続ける「芋粥企画」
                なぜ芋粥かというと、芥川龍之介の小説「芋粥」から、大好きな食べものも、たくさん食べてしまうと食傷気味になり、楽しみではなくなってしまう。企画で好きな作家・井上靖も立て続けに読み続けることになる万城目学さん。
                読み返していくと、また新たな面白さを発見して、結局「芋粥企画」ではなかったらしいが、しかし最後に「もう今年は無理」と言わしめている。
                私も万城目学作品を芋粥にはしたくないので、一気に読み返すのは控えるようにしよう。

                ・森見登美彦さんとの会合
                森見さんとのやりとりは、どこか稲垣足穂の「一千一秒物語 (新潮文庫)」を彷彿とさせる不思議な話。森見さんなら本当に、煙と共に消えることができるような気がする。

                ・篤史 MY LOVE
                そして、今回の目玉はなんといっても「篤史」こと「渡辺篤史の建もの探訪」にまつわる愛とユーモアあふれるエッセイ「篤史 MY LOVE」。「ザ・万歩計」では1項目だけだったものが、「今月の渡辺篤史シリーズ」として、十数回にも及ぶシリーズものとして登場。渡辺篤史の秀逸なトークに、建物への愛、ひいては家という空間に小宇宙を感じ始めるなど、すっかり篤史にぞっこんな万城目さん。篤史への偏愛に、読者も読んでいくうち、篤史のとりことなっていきます。

                ・おまけ
                今回の「ザ・万遊記」で、万城目さんが「水曜どうでしょう」ファンであることが判明。どうでしょうの聖地・HTB横の公園で写真を撮ったり、大泉洋の「小林製薬の糸ようじ」のモノマネも当然ご存知とのこと。

                「ザ・万歩計」→

                ザ・万遊記
                ザ・万遊記
                posted with amazlet at 10.05.01
                万城目 学 集英社 売り上げランキング: 1457


                ザ・万歩計
                ザ・万歩計
                posted with amazlet at 10.05.01
                万城目 学 産業編集センター 売り上げランキング: 84098


                「建もの探訪」はなんとDVDにもなっているのです。

                渡辺篤史の建もの探訪 - スタイリッシュ編 [DVD]
                東北新社 (2003-07-25)売り上げランキング: 9920


                鴨川ホルモー→
                ホルモー六景→
                鹿男あをによし→
                プリンセス・トヨトミ→
                「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」→
                ザ・万歩計→

                JUGEMテーマ:エッセイ

                「千円贅沢」 中野 翠

                2011.07.06 Wednesday

                0
                  千円で買える、ちょっと贅沢な雑貨たち。特に必要ってわけじゃないけれど、生活が楽しくなる雑貨があったら、贅沢な気分になれるかもしれません。中野翠さんの「千円贅沢」は、そんなちょっと贅沢になれる品々が紹介されたエッセイです。

                  著名人の生活雑貨紹介エッセイは楽しいものです。特に、セレブっぽくなくて値段も手頃なものが出てくる本は読んでいて楽しい。なんだか自分も店をめぐって、雑貨をさがしている気分になれます。また「こんな商品があったんだ〜」と、新しい発見もあり、読んでいて楽しいです。(^^)

                  ジェムストーン宝石鉱物標本 Gemstones25、欧米の学校でつかわれているような、おしゃれなクリップボード、日常をちょっと豊かにしてくれる贅沢。
                  こういうのが本当の贅沢なのかもしれないなあ。

                  クリップボード オールドスクール。昔のアメリカの高校生が使っていそう。大きめのクリップのデザインもレトロでかわいい。

                  クリップボード オールドスクール(ペンコ) A4 【ゴールドクリップ】 DP162

                  新品価格
                  ¥702から
                  (2018/5/11 22:29時点)





                  作者の中野翠さんは着物や手芸にも詳しく、ファッション小物の使い方や手芸などで使えそうな知恵も紹介されています。中華ボタンをマフラーにつけるっていいアイデアだなあ。今度使ってみよう。
                  表紙のイラストもまたかわいい。

                  千円贅沢
                  千円贅沢
                  posted with amazlet at 11.06.26
                  中野 翠 講談社 売り上げランキング: 86415


                  確かにこの標本が机の上にあったら楽しいな。生活に必要じゃないけれどあるとうれしいものです。
                  ジェムストーン宝石鉱物標本25種コレクション Gemstones25
                  東京サイエンス 売り上げランキング: 188402


                  「群ようこの良品カタログ」→
                  JUGEMテーマ:エッセイ


                  「魔女のスープ 残るは食欲2」 阿川佐和子

                  2011.06.20 Monday

                  0
                    阿川佐和子さんの食にまつわるエッセイ「残るは食欲」の第二弾、「魔女のスープ 残るは食欲2」前回にひきつづき、おいしそうな食べ物の話がたくさんでてきます。

                    阿川佐和子さんは食通の小説家・阿川弘之さんのお嬢さんで、幼少の頃からおいしいものを食べているだろうに、その基本感覚は庶民派でつつましい。そういうところも勝手に親近感が湧いてしまいます。(^^)

                    いただき物の高級な果物を、ついつい取っておいて食べごろを逃してしまうとか、てんぷら屋や日本料理屋で最後に白いご飯がでるよりも、お料理と一緒に白いご飯を食べたいと思うとか、(高級な店では最後にごはんをいただくのがルール)、スープの最後はカレーにするとか、ものすごく共感できる内容がたくさんあって、読みながら「あるある、そういうこと!」と思わず頷いてしまったり。

                    普通、テレビにも出ている著名な方って、栄養管理をきっちりしていて、間違っても冷蔵庫の中の物を腐らせるようなことはない(もしくはそれを公表しない)と思っていたのですが、阿川さんは結構、冷蔵庫の中の物を腐らせたり、料理をつくってうまくいかなかったことをセキララに書いています。そのあたりもセレブやモデルなどのエッセイにくらべ庶民の感覚に近い。
                    もちろん、おいしそうな料理のほうが多いけれど。

                    今回はお父様の食エッセイ「食味風々録」にかかれた「なみちゃんひやむぎ」(アクのよい野菜の油炒めと醤油をだしにしたひやむぎ)も再現。とはいってももともとの文章のレシピに詳しい分量が載っていないため、読者の方からのご意見からレシピの再現を試みたそうですが、結局のところ正確な分量はわからず、阿川さん自身も試行錯誤中。でも、阿川レシピもおいしそうです。


                    魔女のスープ 残るは食欲 2
                    阿川 佐和子 マガジンハウス 売り上げランキング: 188493


                    残るは食欲
                    残るは食欲
                    posted with amazlet at 11.06.20
                    阿川 佐和子
                    マガジンハウス
                    売り上げランキング: 53953


                    食味風々録―娘が読む (新潮CD)
                    阿川 弘之 新潮社 売り上げランキング: 759279


                    「残るは食欲」→
                    「スープ・オペラ」→

                    JUGEMテーマ:エッセイ


                    「残るは食欲」 阿川佐和子

                    2011.05.29 Sunday

                    0
                      阿川佐和子さんの美味しいものと料理にまつわるエッセイ。「残るは食欲
                      人間いろんな欲がありますが、やっぱり最後に残るのは「食欲」でしょう。

                      テーマエッセイというのは、作者がそのテーマとなる対象を好きなほど面白いと思います。
                      三浦しをんさんの読書エッセイや、片桐はいりさんの映画エッセイなど、作者の偏愛度が高いほど面白い。
                      「残るは食欲」にはセレブな高級料理や高価な南国のフルーツなどの描写もありますが、ほとんどは日々の料理や身近な食事のことが書かれています。阿川さんの文体がちっとも気取ってないので、高級な話題がでてきても、肩肘はらずに読むことができます。

                      阿川さんが作られる料理がまたおいしそうで。
                      鶏レバーをベーコンで巻いてオーブンで焼いたおつまみ、小説「スープ・オペラ」にも出てきた鶏がらスープに、カブをいれたものなど、ちょっと作ってみたくなる料理がたくさん出てきます。
                      わたしは常々、カブの葉の美味しい使い道が今イチよくわからなかったのですが、阿川さんも同じ悩みをもっていたらしく、悩んだ末にカブの葉を塩もみにしたものをつくられていました。これも、今度つくってみよう。(^^)

                      お蕎麦屋さんで何を頼むか迷った挙句、結局、定番の鴨南蛮蕎麦を選んでしまう心理。なんかわかります。お蕎麦屋さんて、実は暗黙のルールがたくさんありそうなので、老舗そば屋なんぞ入ろうものなら、ついよく知っているメニューを頼んでしまいそうですもの。

                      残るは食欲
                      残るは食欲
                      posted with amazlet at 11.05.24
                      阿川 佐和子 マガジンハウス 売り上げランキング: 249892


                      「魔女のスープ 残るは食欲」→
                      「スープ・オペラ」→
                      JUGEMテーマ:エッセイ