東京ミッドタウン日比谷のCMがちょっと気になる

2018.04.01 Sunday

0
    2018年、日比谷に東京ミッドタウンがオープンしてそのCMが流れているのですが、その内容がちょっと気になる、というか引っかかるのです。

    東京ミッドタウン日比谷「時を超えて」篇は、宮崎あおいさんが明治時代の鹿鳴館にタイムスリップして夏目漱石と恋に落ちるって話なのですが、鹿鳴館があった時代、夏目漱石はまだ学生でしたし、当時の迎賓館に一介の学生が出入りできたとは思えないのですが…。

    そもそも、鹿鳴館てところは外国との不平等撤廃と日本を文明国として知らしめる目的の外交施設で、当時は高級官僚や貴族しか出入りできなかったと思うのだけど。



    鹿鳴館にタイムスリップして、こういう人たちに出会うのなら、まだありえそうなんですけどね。
    「あなたがたは…?」
    「ワタシ、ジョサイア・コンドルいいます」(鹿鳴館設計者)
    「おれぁ、コイツの師匠で河鍋暁斎ってもんだ」(ジョサイア・コンドルの師匠・浮世絵師)

    鹿鳴館を創った男―お雇い建築家ジョサイア・コンドルの生涯
    畠山 けんじ
    河出書房新社
    売り上げランキング: 279,696


    ジョサイア・コンドルさんは鹿鳴館のほか、今も現存する湯島の旧岩崎邸なども設計しています。浮世絵好きで河鍋暁斎に弟子入りしていました。

    河鍋暁斎 (新潮日本美術文庫)
    木下 直之
    新潮社
    売り上げランキング: 219,064


    幕末から明治にかけて活躍した天才絵師。明治の風俗を描いた浮世絵も数多く制作しています。

    あるいはこういう人たちとか。
    「井上馨です」(鹿鳴館を提案した人)
    「伊藤博文である。お嬢さん、ちょっと庭でも散策に…」(鹿鳴館でわいせつ未遂事件起こしたことがある)

    まあ、「歴史」ではない「夢」ってことで、深く考えない方がいいんでしょうけどね…。

    夢十夜
    夢十夜
    posted with amazlet at 18.04.01
    (2012-09-27)


    JUGEMテーマ:東京



    初日の出2017

    2017.01.01 Sunday

    0

      あけましておめでとうございます。今年も無事、初日の出を拝むことができました。
      今年もよろしくお願いします。




      初日の出

      2016.01.01 Friday

      0
        あけましておめでとうございます。今年も無事、初日の出をとることができました。

        今年も、健康で、楽しくいきたいものです。





        悪口を書いているその時間で、人に優しくできますよ。

        2015.11.18 Wednesday

        0
          先日、無遠慮な友人の言葉でずっとイライラしていました。相手に悪気はないのだろうけれど、発せられたその言葉は、破壊力抜群で、普通ならバターナイフですむところを、その人はジャックナイフで私の心をグシャグシャにしてしまう感じなんです。

          もちろん、その当人には自覚はありません。だからこそ始末が悪い。(どうせ、こちらがイライラをぶつけても、「それ私のせいじゃない。」と言い返させそうだし。)

          その後も、いろいろあって、相手の態度に傷ついて、気がつけばその人の悪いところを悶々と考えてしまっている。
          イライラするし、ストレス溜まって体調も悪くなるし、わかっちゃいるんだけれど、負のスパイラルにはまって時間も浪費してしまう。

          そんな時、お笑い芸人、NONSTYLE井上さんのツイートで、散々、悪口の書かれたツイートに対して「この文章を作ってる時間で、誰かに優しく出来ますよ! 」って返したのがあって、これが、すごく心に響いた。

          そう、そうなんだよね。イライラしているヒマがあったら、例えば、募金サイトでワンクリックすれば、少しでも助かる人もいるわけだから。

          それ以来、そのジャックナイフ言葉の友人とは距離をおき、イライラしたら、募金サイトをクリックするようにしています。イライラがすべて無くなったわけじゃないけど、とりあえず、対処法の一つとしては有効です。


          ヴィレッジヴァンガードにあった「まいにち、ポジティヴ!」のポップは「見習いたい、顔以外」だった。うん、名言。

          【日めくり】 まいにち、ポジティヴ!  (ヨシモトブックス) ([実用品])
          井上 裕介 ワニブックス 売り上げランキング: 833




          JUGEMテーマ:悩み


          辛いニュースをストレス少なく知る方法

          2015.01.21 Wednesday

          0
            以前放送された池上彰さんの番組イスラム国の特集で、奴隷売買の現場を撮影した映像を観てショックをうけ、しばらく立ち直れませんでした…。

            辛いニュースであっても、直視すべきなのだろうけど、毎日辛いニュースばかりを見ていたら正直つらいものです。
            どうにか、ストレスを少なく、知りたい情報を得る方法はないものだろうか。と考えていました。


            例えば、先日読んだメンタリストのDaiGoさんの本には、ストレスを避けるにはなるべく悪いニュースを観ないと書いていました。あまりにも辛いニュースばかりを見過ぎたら、一旦そこから離れてみるのも手かもしれません。
            不安や憤りだけでは、どうしてもネガティブな考えしか浮かびませんから。



            辛いニュースをストレス少なく知る方法


            ある時、プレジデントという雑誌で、昨今の政治経済、世界情勢などをまとめた記事を読みました。その中にはイスラム国の記事もあり、成り立ちやテロ活動、活動資金の調達などが詳細に書かれていました。

            その記事を読んだだけでは、不快感や憤りはなく、ただ情報として認識することができたのです。ということは、辛いニュース、どうしても最低限知っておきたい情報は、文字で摂取したらいいのではないかと思うのです。

            新聞や雑誌、ネットニュースなど活字媒体でなら、感情的にならずに必要な情報を得ることができるのではないでしょうか。映像はあまりにも、悲惨なところばかりとりあげますから…。

            PRESIDENT (プレジデント) 2015年 1/12号
            プレジデント社 (2014-12-22)

            2015年の初日の出

            2015.01.01 Thursday

            0
              あけましておめでとうございます。昨日飲み過ぎたのにもかかわらず、なんとか初日の出を拝むことができました。
              ついでに、太陽礼拝ヨガもやりました。

              大掃除でかたまっていた筋肉がバキバキでした。

              東京地方は昨夜の雨雲が残っていて、初日の出もその分遅れていたのですが、一直線上に広がった雲の上からあがる初日の出は、なんだか水平線のようで、これはこれでカッコ良かった。

              そんなわけで、今年もよろしくお願いします。

              2015初日の出

              2015初日の出

              今年の目標は、
              ・二の足を踏まない
              ・過去できなかったことに再チャレンジ

              ですかね。
              人生は長いようで短いから、やりたいことをやっといたほうがいい。



              「盆と正月が一緒に来たよう」ということわざは、現代女性には通用しない。

              2014.12.24 Wednesday

              0
                ふと思いついて書いてみました。

                盆と正月が一緒に来たよう」って言葉がありますよね。これは「うれしいこと、楽しいことが重なる例え」とされています。

                でもこれって、現代女性には通用しないと思うのです。少なくとも私はそう思います。

                独身女性の盆と正月


                もし独身女性なら、盆と正月に実家に帰ったとする。
                そうするとよく言われるのは
                「仕事(勉強)はちゃんとやっているのか」
                「彼氏はいないのか」
                「(彼氏はいないなら)どこそこの誰の息子はどうだ」
                「(彼氏がいる場合は)結婚はいつするのだ」
                などと、職場や学校ではハラスメントに値するような、心配という名の心無い言葉を浴びせられることが多いからです。


                既婚女性の盆と正月


                これは、既婚女性の場合もあまり変わりません。
                実家でも嫁ぎ先でも帰省の場合聞かれるのは、こんな感じではないでしょうか。

                「子供はまだ???」や
                子供がいる場合でも
                「ふたりめは???」

                など、これまた心配という名の言葉のハラスメントが浴びせられることがある。
                子供が成長したって、学校やらなんやらいろいろと聞かれることになるでしょう。

                嫁ぎ先の場合は、台所を手伝ったりすることもあるので「うれしい」や「楽しい」からはかけ離れているような気がします。お正月なんて、その前に大掃除やおせち作りなどがあり、とにかく休まる暇もないし、正月明けたってなんだかんだ忙しいし、おせちのほかに結局料理をつくることになるし。これも「楽しい」というより義務感と達成感の方が強い気がします。


                中には実家や嫁ぎ先と円満で楽しい場合もあるでしょうけれど。私自身、実家ではいつもこうしたハラスメント並の言葉を浴びせられて楽しいと思ったことがあまりないので。

                多分、これは、なんにもしなくて食べて飲んでごろごろできる男性目線のことわざなんじゃないかと思うんですが…(;´・ω・)

                現代女性の「盆と正月」は…?


                じゃあ、現代女性の「盆と正月」ってなんだろうって考えたら、誕生日かクリスマス、あるいはホワイトデーじゃないかと。ただし誕生日やクリスマスはぼっちだと利益(という名のプレゼント)が回収できない場合もあります。

                ホワイトデーならば楽しいとは違うかもしれませんが、職場や学校で、ある程度の投資をすることで、確実に利益をもたらしてくれるのではないかと。


                おうちで楽しむ にほんの行事
                広田 千悦子 技術評論社 売り上げランキング: 107,932



                JUGEMテーマ:ひとりごと


                ちょっといい話 「長生きの秘訣」

                2014.08.19 Tuesday

                0
                  とある講習会で、講師の先生が話してくれた、ちょっといい話。

                  その先生には、90歳くらいまで長生きをしたおばあちゃんがいたそうです。
                  あるとき家族がおばあちゃんに長生きの秘訣を聞いたらば、おばあちゃんはこう答えたそうです。

                  ニュースを見ない。

                  そのおばあちゃんが言うには、「昔も現代でも人の起こす犯罪はあまり変わらない。そんな悪いことをたくさん放送するようなものは見ないに限る」のだそうです。

                  なるほどなぁ。
                  確かに世のニュースは気分が落ち込むものばかりですもんね(^^;)

                  ただ、見ておくべき情報というもあると思うので、情報に無関心というのではなく、自分の許容範囲で暗いニュースも明るいニュースも選んでいけたらなあと思います。

                  池上彰の学べるニュース
                  池上 彰 「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」スタッフ
                  海竜社
                  売り上げランキング: 142,589

                  JUGEMテーマ:日記・一般


                  明治・大正・昭和に活躍した女性は、男運が悪い?

                  2014.05.28 Wednesday

                  0
                    朝ドラ「花子とアン」で、はなの腹心の友・蓮子にはモデルがいます。歌人として活躍した柳原白蓮は、ほとんど蓮子さんそのものといってもいいくらい、波瀾万丈な人生を送った方でした。

                    小さい頃からドラマや映画で活躍する昔の女性って、たいてい男に苦労させられていることが多くて、「明治・大正・昭和初期には、DV、浮気、性病持ち、稼ぎのない旦那しかいないんじゃないか?」と疑いをもったほどです。「おしん」の旦那も働かなかったしな…。

                    ここに、明治から昭和初期にかけて活躍した女性たちで、思いついたものをざっと書き出してみましたが、驚くことに彼女たちのパートナーって、「性病持ち」「病気で働けない、稼ぎが少ない」「事業に失敗」する人が多い!Σ(゚∀゚;)

                    もう、昔は、女性を大切にし、暴力をふるわず、性病もうつさず、体が丈夫で、ちゃんと家にお金を入れてくれる男性っていなかったの??(;´Д`)新島襄さんくらいしか思いつかないよ…でも、襄さんも体弱かったしなあ…

                    でも、こういうパートナーだからこそ、歴史に名を残す女性になったのかもしれませんけれど。

                    荻野吟子(女性初の医者)
                    ・旦那に性病をうつされる
                    ・医者になるため勉強するが、女だからと最初は試験が受けられず
                    ・年下男性と再婚、困窮を極め、家計を支える

                    与謝野晶子(歌人)
                    ・旦那と結婚してもライバルがいて四苦八苦
                    ・旦那の稼ぎがすくないので、自分で家計を支える
                    ・まあでも旦那とはラブラブ

                    柳原白蓮(歌人)
                    ・家族に嫁ぐも、耐えられず離婚、実家からもやっかいものあつかい
                    ・教養のない夫と政略結婚
                    ・旦那から性病をうつされる
                    ・妾とのバトルに疲れ果てる
                    ・年下男性と再再婚
                    ・旦那が病気になり、家計を支える

                    村岡花子(作家・翻訳家)
                    ・不倫の末に結婚
                    ・関東大震災で旦那の事業が大打撃、家計を支える
                    ・息子をなくす

                    金子みすゞ(詩人)
                    ・旦那に性病をうつされる
                    ・旦那に詩作を禁じられる
                    ・旦那の事業失敗
                    ・離婚しようとしたら、あてつけに旦那が子どもを奪おうとする(当時は離婚も親権も女性に不利な法律)

                    金子みすゞさん以外、苦労はあっても再婚相手や旦那とはラブラブなんだよな。愛は苦労もいとわないってか。にしても昔の女性は強い。

                    アンのゆりかご 村岡花子の生涯
                    村岡 恵理 マガジンハウス 売り上げランキング: 161,173




                    JUGEMテーマ:歴史


                    震災を風化させないことと、ボランティアについて考えた。

                    2014.03.11 Tuesday

                    0
                      あまり、何年目だからどうこう、って書くのはあまり好きではないのですが。おもいついたことをつらつらと書きたくて。テレビでは東日本大震災の記憶の風化について取り沙汰されています。

                      私は、別に特別なことをしなくても、折にふれて思い出すことが大切なのではないかと、日々思っています。

                      私が震災のことを忘れないためにやっているのは



                      お風呂に入って温かいお湯がでる時。
                      温かい布団で眠る前。
                      家族に看取られて死んだ父親の位牌に手を合わせる時。
                      家族が毎日、無事で返ってきてくれる時。

                      こんな時に、震災のことを思い、被災で苦労されている方々を思います。思うだけで何にもできないのだけど。

                      これらはみんな「普通」じゃない、「特別」なことなのだと、日々の生活の中でも感じることを大事にしています。

                      ボランティアついて


                      震災以来、微力ではありますが、折にふれてボランティアとまではいかないような、ちょっとしたお手伝いを続けています。そこで感じたこと。

                      すばらしい人達との出会い


                      ボランティアで出会った人たちは本当に素晴らしい方が多く、よいご縁をいただき、人生の宝物になりました。

                      みんなをまとめあげ、すばらしいリーダーシップを発揮する人。
                      アクティブにさまざまなボランティアにチャレンジする人。
                      自分のできることで協力する人。

                      まあ、中には賞賛を得るためにボランティアをし、自分の意見をゴリ押しする困った人もいましたけれどね。(;´・ω・) そういところは、ボランティアも会社組織のと人間関係と同じですね。
                      うまく使いこなしていかなきゃならない。

                      生意気にも意見するとしたら、ボランティア情報の発信が重要


                      また、友人知人たちの話を聞くと、「なにかしたいけれど、どこで何をしたらいいかわからない」という話を聞きます。
                      確かに、ボランティアをよくやるコミュニティはそこで情報が留まってしまって、言い方悪いけれど集まるのは同じような考えの方になってしまいます。

                      私がFacebookをやりはじめたのも、ボランティア関連情報がそこしかなかったからだし。
                      ボランティア関連の人たちは、もっと、「やりたいけれどわからない」人たちにわかりやすい情報の発信が必要なのではないかなと、思うのです。


                      ふんばろう東日本支援プロジェクトの代表・西條 剛央さんの著書



                      JUGEMテーマ:東日本大震災