怒ったらと同じレベルに落ちることになる。 

2008.06.24 Tuesday

0
    入江紀子さんの漫画「あかピンク」の第2話「うさぎ」で
    こんなシーンがありました。

    むかつく相手に切れる主人公のうさぎ。
    それをたしなめるバイト先の支配人のセリフ。

    プライドがあるなら簡単に怒るな。
    怒ったらと同じレベルに落ちることになるー。


    確かにそうだ。どうでもいい人間が怒ったり、難癖つけてきても
    私と違う人間なんだ。私が傷つく必要はない。
    それよりも哀れんでやればいいんだ。

    「うさぎ」は過去の失恋から人前で絶対に泣かない女の子。
    くだらんことにいちいち傷ついて泣いてる自分がいやで
    また、泣いてしまう。

    だから、きれいなもの、うれしいものにしか泣きたくない。

    入江紀子さんの漫画は、落ち込んだり傷ついたとき
    読むと、こころにしみわたる。で、ちょっと元気になれるんです。

    あかピンク 1 (1) (MIU COMICS)
    入江 紀子 秋田書店




    ヘコんだときの対処法

    2008.05.31 Saturday

    0
      ものすごい怒声を聞いてしまった。
      自分が怒られたわけじゃないのに、なんだか凹んでしまった。
      それが自分に向けられたらどうしようと、ビビったり、落ち込んだり、ラジバンダリ(^^)

      そんなとき、ちょっとした対処法をみつけた。

      ・笑うこと
      ・ちょっとした親切をすること
      ・ありがとうということ

      お店の店員さんなど、第三者に対してだとやりやすい。
      ヘコんでいるときって他人の反応が気になってしまうので
      自分からアクションをしかけて第三者からいい反応をもらう。
      自分が笑顔だと、案外相手も明るい顔で返してくれる。

      決心×勇気=新天地

      2007.08.01 Wednesday

      0
        ずっと悩んでいたことがありましてですね、
        いろいろ努力もしてみたんですが、
        うまくいかない。

        うまくいかないのが続くと、
        ひとつの考え方(この場合はマイナスの思考)
        しかできなくなり、どんどん自分を追い込んでしまった。
        自分は、なんてダメなやつなんだろうと。

        なので、思いきって一度、今の状況を
        破壊してみようと思いました。


        ただ、今までずっと続けてきたものを壊すのには
        ものすごく勇気が必要で、決めてから1週間くらいは
        なかなか実行できず、もんもんと日々をすごしておりました。

        けれど、今日、ようやく決心を伝えることができました。
        やったー!

        自由だー!!(犬井ヒロシ風)
        わたしは、自由よぉぉ〜〜!!(水曜どうでしょう・ムンクさん風)


        しかし、いざ伝えてはみたものの、
        「諸般の事情ですぐには無理」との返答がびっくり
        なんだよー、人がせっかく勇気ふりしぼったのに…

        けれど、ようやく腹をくくることができた。
        この勇気があればきっと大丈夫。

        まあ、これを世間では「逃げ」というんやけどな〜(犬井ヒロシ風)

        メモ日記・公園にて

        2007.06.17 Sunday

        0
          かかりつけのお医者さんへ
          健康診断の結果報告。
          経過観察項目については
          そんなにに心配ないとのこと。
          そして、コレステロールが低い場合でも、
          肉ではなく、青魚が有効とのこと。
          脂っこい肉を食べたのは×だったらしい…

          ともかく一安心。
          その後、病院の近くの公園でまったり。
          木漏れ日が美しい。

          休憩所で休んでいると、
          あるおじいちゃんが周りの人に話しかけているのが聞こえた。

          私がいた30分くらいの間に、
          公園でのバーベキューの話を3回、
          公園のうんちくについて3回、
          そして親子連れの子供の年を3回くらい聞いていた。


          どうやら長生きの秘訣とは、
          人のことを気にせずおしゃべりができることらしい。


          けれど、話口調はどこか飄々としていて、同じことを何度も
          話されても、なんだか憎めないおじいちゃんだった。
          周りの人も、おじいちゃんのリピート話を辛抱強く
          聞いてあげていた。
          これも長生きの秘訣?

          昼下がりの公園で人生を学んだ。

          鳥が鳴き、木漏れ日の美しい林。都下の小さな公園でのできごと。
          公園の鳥

          また闇。

          2007.01.11 Thursday

          0
            最近しばらくは落ち着いていた精神状態が、またざわざわと波立ち始めた。

            それでも以前よりは大分マシだけれど。
            私の抱えている悩みは、人の何気ない言葉に過剰に反応してしまうことだ。

            自分に自信がこれっぽっちもないので、自信をもっている人や、言葉のキツい人の一言で、攻撃をうけたような敗北感と、恥をかいた恥ずかしさと自己嫌悪に陥る。

            その状態は、なんだか花粉症のようだ。人によっては何でもない事にこころが過敏になり、トゲトゲを出す。そのトゲトゲで人を遠ざけ、そのトゲトゲで自分をも傷つけている。

            人は変えられないとわかっている。
            気にしないのが得策で、こちらが変わったてゆかなければならないことも。

            けれどやっぱりたまには闇がやって来てしまうのだ。
            まあ、そんな日もあるということで。
            明日からはちょっとずつ上向きでいこう。

            気は「遣う」ものではなく、「きかす」もの

            2006.10.05 Thursday

            0
              はい。またこんなネタです。
              落ち込んでます。相変わらず。

              相当、弱ってたため江原さんの本を手にとってみたりする。
              正直、スピリチュアルは半信半疑だが、
              中にちょっといいことが書いてあった。
              うろ覚えだけれどこんな感じ。

              気を「遣う」のは、自分のため行為
              気を「きかす」のは、人のための行為

              気を「遣う」と、文字通り自分のエネルギーを消費してしまう行為なのだそうだ。

              なるほど!!w( ̄Д ̄;)

              私は、まさに気を遣って遣ってボロボロになるタイプ。

              そしてこんなに気を遣っているのに、周りは分かってくれない!
              と思ってしまう。「我慢して人の言いなりになっていれば間違いはない」と間接的に教えられて来たので、これがなかなかやめられない。でも、今度から気を「きかす」ように意識してみようと思い、いつもは家族がやっているゴミ出しを、ついでだったので気を「きかせ」て捨てておいたら、とても喜ばれた。
              こういうのが、会社でもできればなあ…



              ↓ちなみに私のオーラは青緑なんだそうだ。
              スピリチュアルなことももちろんあるけれど
              きちんと掃除して、きちんと食べて寝るといった
              「あたりまえのこと」が書かれている。
              精神が安定していないと、なかなかその「あたりまえのこと」もできなかったりする。

              「どうせ」を「たぶん」とかに言い換えてみる

              2006.09.21 Thursday

              0
                相変わらず、落ち込んだり凹んだりふさぎ込んだり、
                たまに浮上したりの毎日が続いている。

                人の無邪気でキツイ言葉に傷ついたり。
                ミスをして落ち込んでさらにミスをする悪循環。

                どうしたらこの悪循環が断ち切れるか考えた。

                「どうせ」を「きっと」「たぶん」に

                「できない」を「ちょっとむずかしい」に

                否定的な言葉を肯定的な(こころの中で)言葉に置き換えてみた。

                なんだか、ちょっとだけ気分がラクになった。

                落ち込むとどうしても「どうせ」を連発してしまう。
                けれど「言っちゃダメ」と思えば思うほど言ってしまう。

                ならば、すこしでも前向きな言葉に変えればいいのだ。
                これなら、ずっとカンタンだ。

                コウペンちゃん (KITORA)

                中古価格
                ¥474から
                (2018/6/28 19:24時点)




                あと、自分リスペクトね。
                誰も言ってくれないので、自分の潜在意識を奮い立たせるために。
                「サイコー!よくがんばった!なんて偉いんだ自分!」
                「バカなガキの言葉にもよく怒らなかったな、えらいぞ自分!」
                「夜遅くまでごくろうさん。がんばってるぞ自分!」

                たまには自分をホメてみよう。
                あと、私が陥りやすいのが「他人から裏切られる」と感じること。

                これは「相手に期待しないことで」ある程度解消できます。
                人に期待しないということ

                人は他人 異なる思考を楽しむ工夫

                中古価格
                ¥706から
                (2018/7/18 20:43時点)




                潜在意識って、とても素直なので、「自分はダメ」と思うとその通りに振舞おうとするものらしい。
                だからといってすぐに全てが改善するわけじゃない。
                けれど、ようやっと暗闇の中で何かをつかんだような気がする。
                また落ち込んだら、同じようにやればいいのだ。

                リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク

                中古価格
                ¥670から
                (2018/7/18 20:44時点)





                凹みの日

                2006.03.15 Wednesday

                0
                  ここでは、あまりグチめいたことは書きたくなかったけれど、
                  ちょっと収拾がつかなくなったので
                  落ち着くためにも書き出してみる。
                  こういうのがいやな方は読まないでください。
                  と、書いても、ほんとうは助けてほしいって思ってるのだけどね。
                  本当にずるいのです。私は。


                  チックショー!

                  2005.11.14 Monday

                  0
                    チャカチャンチャン〜♪ チャチャチャチャン〜♪

                    DVD借りよぉとツタヤに入ったらぁ〜♪
                           カードの期限が切れてましたぁ〜♪


                    チックショー!


                    チャカチャンチャン〜♪ チャチャチャチャン〜♪

                    仕事が終わって帰ろうとしたら〜♪
                          至急の修正入りましたぁ〜♪


                    チックショー!


                    チャカチャンチャン〜♪ チャチャチャチャン〜♪

                    電話に出るのでなめてた飴を捨てたら〜♪
                           相手はガム噛んでましたぁ〜♪


                    チックショー!

                    エンタの神様に出てる小梅太夫って白塗りで顔怖いけど、怖いものみたさというか、印象残っちゃうんだよね。

                    ムカツクことがあるとつい、「チックショー!」っと叫んでしまう今日この頃。

                    辛いときは、無理やり微笑みをつくってみよう

                    2005.11.09 Wednesday

                    0
                      グリフィスの「散り行く花」(D・W・グリフィス監督・1919年・アメリカ)の中で
                      父親に虐げられる薄幸な娘、ルーシー(リリアン・ギッシュ)が口元に指を当て頬を上げて無理やり微笑みをつくる。でも目は悲しみを湛えている。
                      そのアンバランスさが切ない映画だった。

                      同じように、しんどいときは口元に指を当て、無理やり笑顔をつくってみる。
                      今の研究では、頬や口元が上がった状態だと、脳がそれを「楽しい」と誤解して
                      脳内麻薬を出してくれるらしいのだが。
                      本当に楽しいときに比べると、そんなに楽しくもないのだけど。
                      だけど、周りに人がいるときは、心配かけたり、うざがられるのがいやなので、
                      無理やりにでも微笑みを作ってみる。
                      しんどい顔しているところには福の神はよってこないだろうしな。
                      「笑う角には福来る」を信じて今日も頬を上げてみる。
                      明日は、晴れるといいな。

                      ↓梨花がCM出演しているゲームにも「口角を上げる」ってでてきてたね。(^^)
                      福福の島
                      福福の島

                      ↓悲劇だが、約90年前の映画のため中国人役の青年は、どうみても西洋系の顔立ち。
                      散り行く花 (トールケース)
                      散り行く花 (トールケース)