美味しんぼ事件で思い出した、あるエッセイ漫画のこと

2014.05.13 Tuesday

0
    世間では漫画「美味しんぼ」での鼻血表現で論争が巻き起こってますね。

    それで思い出したのだけど、桜沢エリカさんのエッセイ漫画「今日もお天気」でも、ショッキングな内容が描かれたことがあります。ショッキングというのは、私がそう感じたので、世間の方はどう思うかはわかりませんが…。

    震災から一年弱がたった頃の内容だったと思うのですが、桜沢エリカさんと旦那さんが、震災での放射能汚染を心配する話でした。当時PTAをやっていたエリカさんの旦那さんのもとには給食に東北のものが使われていないか心配になって聞いてくるお母さんの話だとか、エリカさん自身も「私達大人はともかく、子どもには東北のものは食べさせたない…」と描かれていました。

    子供の健康に慎重になるっていうのは理解できます。
    でも、まがりなりにもメディアに作品を発表している人間が一般紙でそんなこと書いたら、一般人とはレベルが違う影響力があるってことがわからなないのだろうか。東北の食品すべてが危ないわけではないのに。
    と、読んだ当時嫌な気持ちになりました。

    きっとその、嫌な気もちがずっと私の心のなかに溜まっていて、美味しんぼ事件でまた噴き出してきたのです。
    それくらい、ショックだったのです。その漫画は。

    また、その回は「放射能が心配だから、たまに沖縄に旅行に行けばいいや」という内容のオチで締めくくられていました。

    一般人よりも豪華な避難生活を送るのは個人の自由ですが、それを漫画で描かれると、やっぱりちょっと、いい気持ちはしませんでした。避難生活をおくる福島のこどもたちの中にはまだ、外で遊ぶのにも制約があるのに。

    同じ漫画雑誌の中には、実際に仙台で被災した井上きみどりさんが震災で被害に遭われた方や、ボランティアで活動している人たちの姿をインタビュー形式で描いた漫画がのっていて、その意識の違いに愕然としたのを覚えています。井上きみどりさんはその後も、福島の人たちを取材した「ふくしまノート」という漫画を描かれています。

    私は、いまも、震災に向き合って漫画を描かれている井上きみどりさんの方が好きです。

    ふくしまノート(1) (SUKUPARA SELECTION)
    井上 きみどり 竹書房 売り上げランキング: 68,316



    JUGEMテーマ:東日本大震災


    東日本大震災 市民のつどい『Peace On Earth』 日比谷公園

    2014.03.26 Wednesday

    0
      3月9日の日曜日に日比谷公園で開催された東日本大震災 市民のつどい『Peace On Earth』に行ってきました。
      ピースオンアースでは、東日本大震災の追悼と被災地支援を目的としたイベントで、被災地の方々が作った手仕事販売や、ミュージシャンたちによるライブ、エコ関連の商品の販売などがありました。

      私は、宮城県東松山の手仕事プロジェクト・「Precious(プレシャス)」と南相馬のワークショップ支援チーム「つくるプロジェクト」を訪問。

      こちらの2つのプロジェクトは、かわいい雑貨が多くて、ついつい多めに買ってしまいます。









      Precious(プレシャス)も、つくるプロジェクトも、結局どちらも可愛くて、両方購入。Precious(プレシャス)のネックウォーマーに、つくるプロジェクトのブローチを合わせてみました♪


      個人ができることなんて、たかがしれているのだけど、それでも少しでも、復興支援につながることは続けていきたい。この輪がいろんなひとに、広がれ〜!(*´∀`*)

      JUGEMテーマ:東日本大震災


      ボランティアにもなるバレンタイン。JIM-NETのチョコ募金

      2014.02.02 Sunday

      0

        チョコレートを買うことで、人の役に立つ


        JIM-NETのチョコ募金を申し込みました。

        このチョコ募金は、イラク・福島の子どもたちとシリアの難民を支援するための募金です。
        2200円の募金で、缶入りのチョコが4つとカードがついてきます。
        チョコの中身は六花亭のものなので、ちゃんとおいしい。

        チョコの缶と同封のカードに書かれたのは、イラクの女の子の描いた絵です。これらの絵は毎年変わります。

        JIM-NETのチョコ募金、子どもたちのイラスト缶

        バレンタインのアピールに、チョコ募金を。


        恋活女子のみなさん、今年のバレンタインにチョコ募金を使えば、男子に「やさしい女の子」として印象づけられ、女子力アピールに繋がるかもしれませんよ♪

        JIM-NETのチョコ募金
        イラク/福島・チョコ募金JIM-NET[ジムネット

        チョコ募金の中身のチョコのイメージ。ハート型のチョコレートで、味は3種類。(こちらは、チャリティと無関係の商品です)

        六花亭 ありがたき哉

        新品価格
        ¥350から
        (2019/1/17 23:12時点)




        レビューポータル「MONO-PORTAL」

        東北支援〜プレシャス 「東北の地から届いた ハートフルな裂き編み」出版記念パーティ

        2013.11.07 Thursday

        0
          東北支援〜プレシャスの「東北の地から届いた ハートフルな裂き編み」出版記念パーティに行ってきました。プレシャスは、東日本大震災で被害に合われ、仕事をなくした方々の収入支援としてはじめられたファッションアイテム制作プロジェクト。古着やデニムを裂き編みしたバッグや、毛糸のストールなどを制作・販売しています。

          ハートフルなさき編み 東北の地から届いた
          野田 治美+Tsubomi 文化出版局 売り上げランキング: 212,077


          私も時々、商品を購入しています。フェイスブックでイベントの告知&お誘いがあったので、思い切って行ってみました。しゃれおつな青山、しゃれおつな人々の集まるパーティ…。一体どんな服を着ていったらいいのやら(;´・ω・)

          ともかく、購入したプレシャスバッグは絶対持って行こう!と思い、会場へ。
          会場には、これまで制作されたプレシャスの製品がディスプレイされていたり、オーガニック料理のケータリング(美味しかった!)があったりと、パーティは和やかな雰囲気(*´∀`*) 最初おしゃれな青山と聞いて、ちょっとびびっていましたが…。

          DSC_0699.JPG

          DSC_0707.JPG

          DSC_0702.JPG

          本をだされた野田治美さんや、プレシャスの企画に携わるスタッフのお話を聞くことができました。

          本当は、被災地のスタッフさんもここに連れて来たかったけれど、小さいお子さんがいるお母さんは子どもから目が離せないし、様々な理由で呼ぶことができなかったそうです。ただの「目が離せない」じゃなくて、震災の傷がまだいえず、お母さんが離れると不安になるのだそうです

          その他、実際に被害に遭われた方の、悲しく、とてもリアルなお話も聞くことができました。

          被災地以外の土地では、もう震災など、なかったことのように繁栄しています。

          けれど、被災地は、まだ復興が始まったばかりなのだと、思い知らされました。そして、私達は忘れちゃならないのだと。

          震災当時から、大変な苦労を重ね、ようやくこの裂き編み本の出版にこぎつけた野田さんはじめスタッフの方々、本当にありがとうございました。





          [買う支援] 亘理町地域復興 てしごとプロジェクト「わたりのふぐろ」

          2013.08.26 Monday

          0
            神保町のカフェで大槌復興刺し子の販売と写真展が行われていた時、刺し子商品の他に売られていて、一目惚れして購入した亘理町地域復興・てしごとプロジェクト「わたりのふぐろ

            着物のハギレでつくられたきんちゃくは、手触りがよくて、着物にも洋服にもあうし、バッグインバッグとしても使えて便利なんです。

            亘理町ではむかしから贈り物をするときに、ハギレでしたてた「ふぐろ」に入れて渡したのだそうです。すてきな風習ですね。(*´∀`*) 

            東日本大震災の際に被害に合われた呉服店から生地を譲り受け、制作されたのが「わたりのふぐろ」なのです。亘理町でも沿岸部は深刻な被害をうけ、今なお仮設住宅に暮らす方も多いのだとか。

            こうした製品を購入し、紹介することで、このブログを見た被災地以外の方が、震災への支援をわすれずにいてくれればうれしいです。


            わたりのふぐろ


            「わたりのふぐろ」の公式サイト。購入方法などはこちらから

            Top - 宮城県亘理町地域復興 手仕事プロジェクト わたりのふぐろ
            わたりのふぐろ




            ●買う復興支援手仕事リスト


            大槌復興刺し子プロジェクト

            大槌復興刺し子プロジェクト かもめランチョンマット(緑)→
            近い将来の大槌町名産品「大槌復興かもめふきん」(ピンク)→
            大槌復興刺し子 かもめふきん(ブルー)→
            大槌復興刺し子 VネックカーキTシャツ→
            大槌復興刺し子 Tシャツ(ホワイト)→
            大槌復興刺し子 Tシャツ(チャコールグレー)→
            大槌復興刺し子 かもめコースター→

            東北応援プロジェクト「リサイクルレザーブレスレット」→
            東北支援 EASTLOOPのハートのラリエット(ホワイト)→
            東北支援 EASTLOOPのハートブローチ→
            東北応援プロジェクト「リサイクルレザーブレスレット」→
            被災地でつくられる美しい織り物「織り織りのうたヨーガマット」→
            大槌町エコたわし→
            被災地に仕事を!震災支援の手仕事雑貨のリンク集→



            レビューポータル「MONO-PORTAL」

            大槌復興刺し子の写真展に行ってきました。

            2013.07.07 Sunday

            0
              神田神保町の喫茶店で開催中の「大槌かもめの贈り物 〜大槌刺し子×大槌の宝箱×ぼく生き〜」を観にいってきました。

              せっかく神保町まで行くのだからと、開催場所の喫茶店2軒をハシゴ。

              カンダコーヒー神保町


              珈琲専門店。メニューは珈琲とミルクコーヒー(ホット、アイス)のみ。
              濃い目の珈琲にミルクたっぷりのミルクコーヒー、美味しかったです。

              店内では大槌刺し子写真展と刺し子販売が行われていました。写真展は、一針一針、丁寧に刺し子を指す女性たちの写真や、みんなで笑っている写真が展示されています。

              カンダコーヒーのミルクコーヒー

              カンダコーヒーで購入した大槌刺し子 マルチクロス)。四つ葉のクローバー柄が可愛いです。

              大槌刺し子・ランチョンマット・四つ葉のクローバー


              きっさこ


              「僕らは生きてる」写真展と、大槌刺し子(パーカーなど)販売。
              こちらは紅茶と緑茶がメインの喫茶店。店内にはジャズが流れ、いい雰囲気です。

              「僕らは生きてる」写真展では、被災地の人の日常や撮影風景の笑顔とは対照的に、未だ積み上げられた瓦礫が、被災地の現状を知らせてくれるようでした。
              きっさこ・緑茶

              ふたつの喫茶店の写真展を観た感想として、
              ・被災地の方々のメッセージには常に「ありがとう」と書かれているが、その言葉をいてもらえるほど、何もできてはいない

              ・常連客を含め、喫茶店に来ていたお客さんが、写真展にほとんど感心がなかったのが残念。もう少し店側もさりげなく話してみたりなど、もっと写真を沢山の人に見て欲しかった。

              震災を風化させず、常に心に感じておくこと。簡単なようで、ものすごく難しいことだと感じました。


              大槌刺し子 マルチクロス(四つ葉のクローバー)
              大槌刺し子プロジェクト 売り上げランキング: 171,568


              [買う支援] 大槌復興刺し子 VネックカーキTシャツ

              2013.06.02 Sunday

              0
                大槌復興刺し子プロジェクトから、大槌復興 VネックTシャツ (M, カーキ)を購入しました。



                今回買ったカーキTシャツはシンプルなデザイン。

                今までの大槌刺し子Tシャツには表側にも刺し子のデザインが施されていますが、
                大槌復興刺し子Tシャツ

                もっとシンプルなデザインが欲しい、という要望から、大槌復興 VネックTシャツの表側は無地。袖には「大槌」がデザインされたタグが付いているのが大槌刺し子Tシャツの特徴です。
                大槌復興 VネックTシャツ前側

                Tシャツの裏側にはこれまでどおり、大槌町のシンボルであるカモメがデザインされています。
                大槌復興 VネックTシャツ後側

                大槌復興刺し子は「針と糸から、復興への糸口を。手仕事から、未来の働き口を。」をスローガンに、職を無くした被災地・岩手県大槌町の女性たちが、一針一針縫い上げた刺し子製品です。売上は、大槌の女性の貴重な収入源になっています。

                毎月、お給料が入ると、こうした被災地の方が作る手仕事品を必ずひとつでも買って外出し、人に聞かれたら全力でアピール(無理に売り込まない)するという、非常に地道ではありますが、そんな小さなの復興支援をぼちぼちと続けております。

                ●買う復興支援手仕事リスト


                大槌復興刺し子プロジェクト

                東北被災地支援〜Precious(プレシャス) 刺繍コースター
                東北応援プロジェクト「リサイクルレザーブレスレット」→

                大槌復興刺し子プロジェクト かもめランチョンマット(緑)→
                近い将来の大槌町名産品「大槌復興かもめふきん」(ピンク)→
                大槌復興刺し子 かもめふきん(ブルー)→
                大槌復興刺し子 Tシャツ(ホワイト)→
                大槌復興刺し子 Tシャツ(チャコールグレー)→
                大槌復興刺し子 かもめコースター→

                東北支援 EAST LOOPのハートラリエット(ピンク&グリーン)→
                東北支援 EASTLOOPのハートのラリエット(ホワイト&グリーン)→
                東北支援 EASTLOOPのハートのラリエット(ホワイト)→

                東北支援 EASTLOOPのハートブローチ→

                被災地でつくられる美しい織り物「織り織りのうたヨーガマット」→
                大槌町エコたわし→
                被災地に仕事を!震災支援の手仕事雑貨のリンク集→

                JUGEMテーマ:東日本大震災


                [買う支援] かわいいニットアクセサリー EAST LOOPのハートラリエット(ピンク&グリーン)

                2013.03.30 Saturday

                0
                  被災地支援製品のEAST LOOPのハートラリエット(ピンク&グリーン)を買いました。
                  売上の半額が被災地の生産者グループの収入となります。

                  フェアトレード商品を扱うEASTLOOPでは、東日本大震災の支援プロジェクト「EAST LOOP」商品が販売されています。

                  ラリエットとは留め金のない、長いネックレス状のニットアクセサリー。ニットで編まれているので、いろいろな洋服にもあわせやすく、気軽につかえるアクセサリーです。


                  これでEAST LOOPのハートラリエットは全種類購入。色のパターンによってコーディネートがいろいろ楽しめます。

                  ハートラリエット(ピンク&グリーン)
                  春らしい、きれいな配色のラリエット。緑の中から花が咲くイメージがありますね。淡い色の洋服に合わせやすいです。
                  EAST LOOPのハートラリエット(ピンク&グリーン)

                  ハートラリエット(ホワイト&グリーン)
                  EASTLOOPハートのラリエット(ホワイト&グリーン)

                  ハートラリエット(ホワイト)
                  EASTLOOPのハートのラリエット(ホワイト)


                  詳しくはこちら↓




                  ●買う復興支援手仕事リスト
                  大槌復興刺し子プロジェクト

                  大槌復興刺し子プロジェクト かもめランチョンマット(緑)→
                  近い将来の大槌町名産品「大槌復興かもめふきん」(ピンク)→
                  大槌復興刺し子 かもめふきん(ブルー)→
                  大槌復興刺し子 VネックカーキTシャツ→
                  大槌復興刺し子 Tシャツ(ホワイト)→
                  大槌復興刺し子 Tシャツ(チャコールグレー)→
                  大槌復興刺し子 かもめコースター→

                  亘理町地域復興 てしごとプロジェクト「わたりのふぐろ」→
                  東北応援プロジェクト「リサイクルレザーブレスレット」→
                  東北支援 EASTLOOPのハートのラリエット(ホワイト)→
                  東北支援 EASTLOOPのハートブローチ→
                  東北応援プロジェクト「リサイクルレザーブレスレット」→
                  被災地でつくられる美しい織り物「織り織りのうたヨーガマット」→
                  大槌町エコたわし→
                  被災地に仕事を!震災支援の手仕事雑貨のリンク集→



                  レビューポータル「MONO-PORTAL」

                  「非常食だけで過ごした1週間」という記事を読んで

                  2013.03.23 Saturday

                  0
                    日本経済新聞の「非常食だけで1週間 試してわかった問題点と対策」という記事を読んで、非常食だけで長い期間食生活を保つのは、問題点も多いということがわかりました。

                    おそらく最初の災害当初では「お腹に入れられるだけでいい」と思うのでしょうが、時間が経つにつれ、冷たいレトルトの食事や缶詰の塩分でお腹を壊したりと、体に負担が出るようになったと、体験した記者は語っています。

                    非常食には食物繊維が豊富なフリーズドライの野菜や、発火剤つきのレトルト食品などが重宝するそうです。
                    ただ、非常食は日持ちはするけれどその分高いので、市販のものを上手に利用するなど、工夫する必要がありそうです。

                    やっておくと便利な非常食対策


                    ・マルチタイプのビタミン剤(噛めるタイプの)を入れておく
                    ・市販のフリーズドライ野菜や果物を利用(賞味期限をカレンダーに書き留めておき、まめに入れ替える)
                    ・避難袋と非常食の在庫はこまめにチェック
                    ・レトルトのおかゆはつめたくても食べられるので用意しておくと便利


                    あと、私は震災以来、外出先で被災した時のことを考え、カバンにお菓子(グミやアメなど)を余分に入れておくようにしています。ちょっとしたお菓子があると、災害以外にもいろいろと役に立ちます。以前、電車に2時間閉じ込められた時、糖尿病で糖分を摂取しないといけない人にお菓子をわけてあげることもできましたから


                    ananの女性目線の防災BOOK。非常食やコスメなど、女性に役立つ防災品をセレクトしています。

                    アンアン特別編集 最新版 女性のための防災BOOK (マガジンハウスムック)

                    中古価格
                    ¥453から
                    (2018/9/11 13:07時点)




                    【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)

                    新品価格
                    ¥200から
                    (2018/9/11 13:03時点)




                    [買う支援] 気仙沼・ 斉吉商店の小さくて辛い金のさんま

                    2013.03.22 Friday

                    0
                      復興支援イベントで、気仙沼・斉吉商店の小さくて辛い金のさんまをいただきました。

                      (゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマーちょっとピリ辛な味付けが、おかずだけでなく、ビールによく合う!(*´∀`)ノ
                      辛さも思っていたほどではなく、甘辛な味付けで、辛いのがダメな人でも大丈夫だと思います。
                      そしてなんといってもこのさんまが美味い!

                      通販サイトもあったので、こんどお取り寄せも考え中。
                      いやー、東北の海産物はほんとに美味しいなあ。美味しいものを食べて復興支援になるのなら、いくらでも食べたいわ。

                      気仙沼・ 斉吉商店の小さくて辛い金のさんま


                      さんま商品:斉吉商店