2014.08.26 Tuesday

[映画] 少林寺三十六房

少林寺での修行を描いた映画「少林寺三十六房」を観ました。ジャッキー・チェンなど、有名スターがでているわけではないし、派手なワイヤーアクションあるわけではないのだけれど、カンフーそのものがすごくかっこいい映画でした。

この「少林寺三十六房」はタランティーノ監督も絶賛していたのだとか。

少林寺三十六房 [DVD]
少林寺三十六房 [DVD]
posted with amazlet at 14.08.20
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-11-08)売り上げランキング: 5,530


少林寺三十六房あらすじ


清の将軍の圧政に苦しんでいる人々を救うため、正義感の強い学生たちが立ち上がろうとするが、ことごとく討ち取られてしまう。主人公のチャーフィーは将軍によって家も家族も失い、少林寺で武術を学び、将軍への復讐を誓う。

チャーフィーは少林寺でサンテイという名をもらい、修行を始めるが、最初のうちは、ずるをしようとして上級者たちに叩きのめされる日々が続くものの、寸暇をおしんで修行にはげみ、とうとう5年で少林寺にある三十五房すべての技を修得する。三十五房どれかの師匠となるよう長老に諭されるが、復讐を誓うサンテイは、だれでも学べる三十六番目の房の新設を懇願するが…

圧巻のカンフーシーン


カンフー映画では、修行シーンはダイジェストで見せることが多いような気がしますが、ここではきちんと修行をする姿が描かれます。さすがに三十五房すべての修行を描くことはできませんが、メインの房での修行や、少林寺での最後の修行として戒律院総長との対決シーンは圧巻でした。

後半、少林寺を降りたサンテイは市井の仲間をあつめ、将軍への復讐を開始します。思えば長老たちはサンテイの決意を知っていたから、あえて少林寺から離したのでしょうね。

ラストはカンフー映画定番の、広い場所での一騎打ちでした。お約束ではあるものの、見応えのあるアクションシーンでした。




JUGEMテーマ:映画の感想


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2014.07.03 Thursday

3つの時代、3組の恋人たち。[映画] 百年恋歌

久々に侯孝賢(ホウ・シャオシェン)の映画を見ました。「百年恋歌」は、3つの時代の、3つの異なる恋人たちの物語。3つの恋はどれも、派手な演出があるわけではなく、ただ淡々と、彼らの日常が描かれていくのですが、じわじわと染み入ってくるのです。

「恋愛の夢」は1966年、高雄。兵役間近の青年がビリヤード場の女の子に恋をする。けれども彼女は店を移ってしまい、彼は少ない休暇を使って彼女を追いかけていく。

「自由の夢」
1911年、台北。妓楼の芸姑と、革命運動家の男との恋。彼には妻子がいるらしく、妾制度を否定しているためか、彼女を身請けすることはできない。複雑な感情が入り乱れる。

「青春の夢」2005年、台北。ミュージシャンの女とカメラマンの男。愛しあうようになるが、彼らはお互いに恋人がいて…。

ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』 [DVD]
竹書房 (2007-04-20)売り上げランキング: 34,104



惹きつけられる映像


相変わらず、というか侯孝賢の映画って、セリフや状況の説明がほんとうに少ない。最初の「恋愛の夢」なんて、始まってから10分以上も登場人物が喋らない。ともすれば退屈になりがちなのに、どんどんと映像に入り込んでいってしまって、気がついたら2時間以上の映画なのに一気に見てしまった。

説明が少ない分、次にどんな展開がくるかわからなくて、想像をかきたてられます。また、映像が美しいんです。鮮やかな色彩をふんだんに使ったクリストファー・ドイルとはまたちがった、彩度を抑えた、でも印象深い。ホウ・シャオシェンカラーともいうのかな。「恋愛の夢」の、ビリヤード場と外の色彩の対比とか、「自由の夢」の、妓楼のランプの灯り、「青春の夢」の、グレーがかった台北の風景など、映像を見ているだけでも楽しめます。

チャン・チェン好きなら見て損なし!


もともとこの「百年恋歌」は、チャン・チェンが出演しているということで観たのですが、60年代の純情な青年から、10年代の辮髪の革命家、現代の若者まで、見事に演じ分けていました。いや〜、かっこいいですねえ(*´艸`*) 坊主頭も、辮髪もヒゲも、全部似合う。

チャン・チェンファンなら見て損はないですよ。
相手役のスー・チーさんもすてきでした。

ちなみにチャン・チェンが「青春の夢」で使っていたカメラはトイカメラのLomoでした。
映画の中には彼女を撮った写真はでてこなかったけど、どんな風に写ってたのかな。

THE LOMO BOOK
THE LOMO BOOK
posted with amazlet at 14.07.02
ロモグラフィージャパン 玄光社 売り上げランキング: 289,703


台湾映画感想


「非情城市」→
「藍色夏恋」→
「KANO 1931海の向こうの甲子園」→
「台北カフェ・ストーリー」→
「台北に舞う雪」→
「海角七号 君想う、国境の南」→
「LOVE GO GO 愛情来了」→
「トロッコ」→


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2014.06.08 Sunday

都会の真ん中、サバイバル。[映画] 彼と私の漂流日記

韓流映画は今までほとんど観ていなかったのだけど、この映画はすごく面白かった!「彼と私の漂流日記

「彼と私の漂流日記」ストーリー


「彼と私の漂流日記」はソウル市内を流れる漢江・その中州の無人島に漂流した「彼」と、そんな彼の姿を偶然見つけた、ひきこもりの女性との不思議な交流を描いたお話。

漢江から身投げをした彼が偶然たどり着いた無人島。そこで暮らすうちに生きる決意をした彼は、漂着物や川の魚などでサバイバル生活をはじめる。一方、対岸のマンションにすむひきこもりの「彼女」は、偶然彼を見つけたことで、、不思議な交流が始まっていく…。


彼とわたしの漂流日記 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2010-11-19)売り上げランキング: 12,707



何その設定www


彼が漂流した無人島は、すぐ対岸にはビルや国会議事堂もみえるのに、カナヅチの彼は対岸に渡ることもできない。すぐ近くには文明社会があるのに、まったく隔絶された世界。そんな都会のど真ん中でのサバイバル生活をするって設定が新鮮で面白くて、サバイバル生活はまるでDASH島か、「荒川アンダー ザ ブリッジ 1 (ヤングガンガンコミックス)」のようです。

半ケツしながら用を足したり、塩分不足で自分の汗をなめたりと、エグいシーンもあるんですが、映像のみせ方がとてもうまいし、描き方がコメディタッチなので、そういう場面も楽しく見ることができました。

彼女のひきこもり生活も、ただ単に自堕落な生活をしてるのではなく、自分の決めたルールにしたがって行動しているのが、本物っぽい気がします。プチプチの寝床はちょっとためしてみたい。夏は暑そうだけど。


弱者にそそがれる、やさしいまなざし


無人島生活者の「彼」も、ひきこもりの「彼女」の交流がすごくいいんです。最初は望遠レンズで無人島を撮影していた彼女が、彼が砂浜に書いた「HELLO」をみつけて、ビンに「HOW are you?」と書かれた手紙を入れて、ビンにいれて無人島に投げ入れ、それを見てまた彼が砂浜に字を書く…。ネット社会の現代で、とてもとても手間のかかるコミュニケーション。

ひきこもりの彼女は外に出て手紙を投げるだけでも勇気がいる行動で、そうした行動が徐々に彼女を変えていくんです。彼もまた、彼女の返事を心待ちにするようになるんですが…。

漂着者の彼も、ひきこもりの彼女も、社会的に弾かれてしまった弱者なのけど、その2人がお互いを知ることで、少しずつ変わり始めていきます。でも、最後まで2人は弱者のまま。逆転で成功をおさめるわけでもなく、きっとこの後も2人に対して世界は厳しい。けれど、前よりもほんの少し、2人は前を向くことができたんじゃないかな。

そんな社会的に弱い人々の強さを、やさしいまなざしで見つめている、そんなふうに感じた映画でした。


映画をみることは、その国を知ること


物語の重要な鍵として登場するのがジャージャー麺。これは、韓国のソウルフードで、バレンタインにチョコを貰えない男子が食べたりすると聞いたことがあります。そして韓国名物、どこでも出前!噂には聞いていましたが、本当にどこへでも届けるのね…。半年に一度、防空訓練があるっていうのも映画で初めて知りました。
台湾映画「藍色夏恋」でも国歌斉唱のときは作業をやめて直立不動をしていたっけ。

映画をみることは、その国を知ることつながるんですね。


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2014.05.29 Thursday

ウォン・カーウァイが描いたアメリカ映画。[映画] マイ・ブルーベリー・ナイツ

「恋する惑星」、「花様年華」など、名作映画を作ってきたウォン・カーウァイが、初めてアメリカで撮った映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を鑑賞。正直、ウォン・カーウァイの世界は香港、もしくはアジアの俳優でなければ表現し得ないのではないかと、今まで観るのをためらっていたのですが、

よかった。とても。ウォン・カーウァイの描く世界は、どこが舞台でもどんな世界でも、その映像に引きつけられるんだ、ってことがわかりました。

マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]
角川エンタテインメント (2008-09-12)売り上げランキング: 20,558


旅の物語


「恋する惑星」では、女が恋する男をおいて、放浪の末に帰ってくるのですが、「マイ・ブルーベリー・ナイツ」ではその放浪の部分が描かれています。失恋を引きずるエリザベスは、元カレの家に近いカフェを訪れ、ブルーベリーパイを注文。

パイの味とオーナー・ジェレミーのやさしさに感謝しつつも、自分を変えるために「長い回り道」をすることにした。メンフィスでは、愛がすれちがうカップルに、ベガスでは過去を抱えた女ギャンブラーに出会い、彼らとの出会いから、失恋を克服し、ジェレミーの元へ帰る決心をして…。

どこか異国感のあるアメリカ映画


欧米の俳優陣、アメリカを舞台にしたウォン・カーウァイ映画。これ、他のアメリカ監督が撮ったら、たぶん途中でつまらなくて観るのをやめたと思う。ロードムービーとしては定番ともいえるネタなのに、ウォン・カーウァイが撮ると、やっぱりちょっと、違うんだよなあ。どんな場面でも目が離せないのよ。

ダイナーやカフェ、ラスベガスなど、いかにも「アメリカ」らしいモチーフなのに、どこか違う、異国感があるというか。

ブルーベリー・パイ


撮影当初、ウォン・カーウァイがノラ・ジョーンズに「嫌いなパイは何?」と聞いたところ、それがブルーベリーパイだった。という話を聞いたことがあるのですが、ブルーベリーパイは、ノラ・ジョーンズ演じるエリザベスの感情を象徴するモチーフとして使われています。

おいしいけれど、捨てられてしまうパイに理由はない。そんなパイに自分を重ねて食べるエリザベス、そんな彼女のために、ジェレミーはずっと、パイを作りづづける。ウォン・カーウァイの使うモチーフはいつも魅力的なんだよなあ。

東京都写真美術館のカフェ企画で作られた「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のブルーベリーパイ。映画では中にブルーベリーが入っていますが、こちらのパイもなかなか美味しかったです。



主人公のノラ・ジョーンズ、カフェのオーナーを演じたジュード・ロウや癖のある女ギャンブラーのナタリー・ポートマン、役者さんみんな素晴らしかったです。ただ、それでもやっぱり、トニー・レオンやチャン・チェン、コン・リーなど、香港、台湾俳優版のマイ・ブルーベリー・ナイツの配役を考えてしまうんですけどねwww

バックサウンドにジャズや、ノラ・ジョーンズの歌う切ない歌声がぴたりとハマって、相変わらず音楽選びのセンスがハンパない。「花様年華」で使われた「夢二のテーマ(ハーモニカバージョン)」も使われていて、ウォン・カーウァイファンにはうれしい。

マイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンドトラック
サントラ カサンドラ・ウィルソン ハロー・ストレンシャー キャット・パワー ノラ・ジョーンズ オーティス・レディング ルース・ブラウン ライ・クーダー メイヴィス・ステイプルズ EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2008-02-14)売り上げランキング: 114,937



●ウォン・カーウァイ作品感想


グランド・マスター→
愛の神、エロス〜エロスの純愛〜若き仕立屋の恋→
恋する惑星→
2046→
花様年華→
天使の涙→
楽園の瑕→


JUGEMテーマ:香港映画

JUGEMテーマ:映画の感想


2014.05.14 Wednesday

ウォン・カーウァイが描くと、武侠映画はこうなる。[映画] 楽園の瑕

ウォン・カーウァイがカンフー映画を撮ると、カンフーアクションが美しい映像美に、英雄であるカンフーマスターたちが、愛と苦悩に揺れるひとりの人間として映しだされます。→「グランドマスター

そんな、ウォン・カーウァイが90年台に作った武侠映画はいったいどんな映像なんだろう?と、思い「楽園の瑕」を観ることにしました。

圧倒されました。ストーリーは相変わらずあまり説明ないし、人間関係もよくわからない。けれど、映画が始まると目が離せなくなる。そんな映画でした。

ただのアクション映画ではないのが「楽園の瑕」


やっぱり昔からウォン・カーウァイはウォン・カーウァイなのだなあ。と感じさせられました。アクションシーンの映像はとても独特。残像やスローを多用していて、一見観ただけでは、誰が戦っているのかさえわかりません。ヒーローがきちんと戦う感じではないのです。

でも、それがすごく魅力的で。

賊が現れ、鳥が一斉に飛び立つシーン、青い空と砂漠のコントラスト、斬新な構図など、その美しい映像と、そして、今をときめく俳優陣の若い頃の姿が映し出されています。

今は亡きレスリー・チャンは、悪役だけどそれだけじゃない、悲しみをたたえた男を演じていました。ああ、もう、この人をスクリーンで観ることはないのだと思うと切なくて…
「愛人(ラ・マン)」で魅力的な中国人男性を演じたレオン・カーフェイは、恋多き剣客を、マギー・チャンは当時から美しく、若いトニー・レオンは「恋する惑星」とは、また違った魅力がありました。


楽園の瑕 終極版 Blu-ray
角川書店 (2013-08-07)売り上げランキング: 11,734





●ウォン・カーウァイ作品感想


マイ・ブルーベリー・ナイツ→
グランド・マスター→
愛の神、エロス〜エロスの純愛〜若き仕立屋の恋→
恋する惑星→
2046→
花様年華→
天使の涙→

JUGEMテーマ:香港映画

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2014.04.09 Wednesday

やっぱり、ジャッキーチェンはいい![映画] 酔拳2

ジャッキーチェンの映画「酔拳2」を観ました。
やっぱり、ジャッキーチェンはいいです。見ていてスカッとする。
アクションも机や椅子が壊れる定番アクションから、群像アクション、お約束のコメディ、クライマックスまでドキドキハラハラのアクションが展開していきます。

フェイフォンやリンの長い旗袍(当時の民族衣装)をひらりと優雅になびかせながらのアクションがステキでした。
カンフーはやはり、民族衣装が似合います。

アクションだけではなく、物語も家族の愛情や、仲間との友情、イギリスの圧政に苦しむ清朝末期の中国の様子なども描かれていました。

以前、香港で映画の仕事をしていた日本人のインタビューによると、ジャッキーにかかると、あっという間にその場にあるものすべてがアクションの小道具に変わってしまうのだとか。

今回の酔拳2で面白かったのが、アニタ・ムイ演じる主人公・フェイフォンの継母リン。都合が悪くなると泣いて逆キレするキャラですが、フェイフォンと馬が合うらしく、2人で結託して生真面目な夫をごまかしたり、血の気が多くてフェイフォンを炊きつけて禁じられた酔拳を使わせたり、ハチャメチャでかわいい、肝っ玉かあさんでした。


酔拳2 [DVD]
酔拳2 [DVD]
posted with amazlet at 14.04.08
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)売り上げランキング: 10,112



2013.07.31 Wednesday

懐かしい恋人に、再会した気分。[映画] 恋する惑星

シネマート六本木で開催されたウォン・カーウァイスペシャルにて、久しぶりに「恋する惑星」を鑑賞。
もう20年近く前の映画なのに、全然色あせることなく、相変わらずワクワクさせてくれる映画です。

恋する惑星 [DVD]
恋する惑星 [DVD]
posted with amazlet at 13.07.31
角川書店 (2013-08-07)売り上げランキング: 2,265


物語は2つの恋物語のオムニバス。
エイプリルフールに失恋した刑事のモウ。彼は失恋の傷をひきずり、BARでであった最初の女を好きになることにきめる。バーに現れた女は、麻薬密売エージェント。仲間に裏切られ、報復と追撃に疲れ果てていた。

やがてふたりはホテルにはいるものの、女はそのまま眠ってしまい、モウは彼女を残してジョギングへ。そこへ彼女からメッセージが…。

一方、モウの行きつけの店で働くフェイは店にくる警官663号に恋をする。失恋した663号の家の鍵を手に入れたフェイは、家に忍び込んでは、かわいいいたずら(金魚を増やしたり、古いタオルを取り替えたり)をしかける…。

このラスト、フェイ・ウォンの歌う「夢中人」がかかるところが、ほんとかっこよくて。2つの物語とも、完全なるハッピーエンドという感じではないんですが、新しく何かがはじまっていくような、そんなワクワクした気持ちになるんです。

「恋する惑星」は今をときめく役者たちの若き日の美しい姿が閉じ込められています。金城武はまだ少年ぽさが残る雰囲気で、トニー・レオンは若くてセクシー、フェイ・ウォンはとにかくキュート。もっとも、トニー・レオンも金城武も、年を経た姿もまた、すてきなのですが。

映画に登場するパイナップルの缶詰、重慶大厦や中環の長いエスカレーターなどの舞台や小道具、クリストファー・ドイルが撮影する色鮮やかな映像にも、当時ワクワクしたものでした。


シネマートのウォン・カーウァイスペシャルのチラシにこんな言葉がありました。
時代が、王家衛に恋をしたー

劇場には私も含め、王家衛に恋をした女性たちが集まっていました。きっと彼女たちも時を超えて、愛する懐かしい映画に再会をしにきたのでしょうね。なんだかすごく久しぶりに、学生時代の元彼に遭遇したような、甘酸っぱくも切なく、センチメンタルな気持ちになりましたよ…。


恋する惑星 Blu-ray
恋する惑星 Blu-ray
posted with amazlet at 13.07.31
角川書店 (2013-08-07)売り上げランキング: 1,857



夢中人〜グレイテスト・ヒッツ
フェイ・ウォン ユニバーサル インターナショナル (2001-10-17)売り上げランキング: 50,333



●ウォン・カーウァイ作品感想


マイ・ブルーベリー・ナイツ→
楽園の瑕→
グランド・マスター→
愛の神、エロス〜エロスの純愛〜若き仕立屋の恋→
2046→
花様年華→
天使の涙→



JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2013.06.19 Wednesday

チョウ・ユンファはカッコ良かったけど…[映画] バレット・モンク

グランド・マスターを観てから、カンフー映画熱に火がつき、いろいろと見ています。今回は「バレットモンク」を鑑賞。チベット仏教の僧侶がニューヨークで暴れ回るという奇想天外なストーリーです。

チベットのある寺院には代々受け継がれる巻物があり、それを継いだものは不老不死と世界を救う強大な力を手に入れることができる。巻物を引き継ぎ、名を捨てた無名僧(バレットモンク)の前に、ナチ将校のストラッカーが現れ、巻物を奪おうと寺院に攻撃をしかける。

その後、行方不明になったバレットモンクは60年後のニューヨークに現れ、スリのカーと出会う。カーはバレットモンクから次の継承者として指名され、渋々ながらも修行を受けることに。しかし、ストラッカーは執念深く巻物の行方をおい、二人を追い詰めてゆく…。

バレットモンクを演じるチョウ・ユンファがすてきでした。チベット仏教の僧侶なのに、ニューヨークに馴染んでいて、ユーモアを解する飄々とした感じや、アクションシーンもカッコ良かった。

アメリカ人がアジアの話をつくると、なんでこうインディ・ジョーンズっぽくなっちゃうんでしょうね…。
アメリカ人がアジアの神秘を託されるって展開も「ドラゴン・キングダム」でもあったし。
「持ってるだけで不老不死になれる巻物」って、アメリカ人、アジアに夢持ちすぎだろう(^^;) おそらくダライ・ラマの継承でその化身を探すといった神秘があるなら、不老不死もいけるんじゃね?とかいう単純さなんでしょう。敵も「お決まりの」ナチスだし。

娯楽作品として、またはチョウ・ユンファのかっこ良さを堪能するにはいい映画でした。

バレットモンク [DVD]
バレットモンク [DVD]
posted with amazlet at 13.06.19
アミューズソフトエンタテインメント (2004-06-25)売り上げランキング: 40,727




2013.06.13 Thursday

やっぱりジェット・リーはかっこいい![映画] SPIRIT

ジェット・リー主演のカンフー映画「SPIRIT」を観ました。
ドラゴン怒りの鉄拳」でブルース・リー演じる主人公の師匠・霍元甲(フォ・ユァンジア)の人生を描いた作品。(フィクションらしけど)

武術家の家に生まれたフォ・ユァンジアは、力に慢心し、友や周りの言葉にも耳を貸さずに無用な戦いを繰り広げていた。弟子のケンカが発端となり他の流派から恨まれ、母と娘を惨殺されたユァンジアは生きる希望を失い、川に身を投げるものの、少数民族の娘に助けられ、村で暮らす内に生きる力を取り戻していく。やがて故郷に戻ったユァンジアは友人の助けを借りて武術学校を設立し、国のための人材を育てようとするが、日本人と欧米人の策略によって不利な試合を受けることに…。

ジェット・リーは、そのアクションももちろんかっこいいのだけど、前半の力に溺れるユァンジアの傲慢さと、後半の寛容で落ち着いた雰囲気との違いはすばらしかった。

そして中村獅童の日本人武術家・田中安野は潔くかっこよかった。ただ、日本の武術家で剣も拳法も両方習得している人がいるかどうかは謎ですが。原田眞人監督はラストサムライ以来、「卑怯なニッポン人」の役が定着してるなあ( ̄ー ̄)。

ラストは原田監督演じる三田の手によって毒殺されそうになるものの、最後の力をふりしぼって戦う姿に、敵である田中安野も正々堂々と戦い、負けを認める。ここまで日本人をフェアに描いたアクション映画、初めて観たかもしれません。たいてい、カンフー映画では日本人は悪役ですから。

時系列的には「SPIRIT」のその後の物語として「ドラゴン怒りの鉄拳」につながっていくわけですね。

SPIRIT(スピリット) 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006-07-14)売り上げランキング: 5,719



「SPIRIT」のストーリーとはほとんど関係はありませんが、ブルース・リー演じる主人公の師匠が霍元甲(フォ・ユァンジア)なのです。こちらは日本人が面白いくらい悪役に徹しています。

ドラゴン怒りの鉄拳 デジタル・リマスター版 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-04-08)売り上げランキング: 2,995

JUGEMテーマ:華流


2013.06.05 Wednesday

切なく哀しい、カンフー映画「グランド・マスター」

ウォン・カーウァイ監督のカンフー映画、「グランド・マスター」を見てきました。
なるほど、ウォン・カーウァイがつくると、カンフー映画はこうなるのね。

カンフー映画というと、敵を倒した時の爽快感やアクションシーンをまず思い浮かべますか、ウォン・カーウァイはカンフーの影の部分、カンフーマスターたちの愛や哀しみを、美しい映像美で描いてみせました。

「マトリクス」をのアクションを手がけたユエン・ウーピンが武術指導をしているのでカンフーシーンは迫力があり、ウォン・カーウァイの映像により、とても美しい映像に仕上がっていました。

ノスタルジックな映像美


前半の妓楼のシーンでは、老上海広告から抜け出してきたような、細眉で美しい旗袍(チーパオ)を着た人形のような娼婦たち。その中でチャン・ツィイー演じるルオメイだけが、生気に満ちた美しさを見せていました。

時代背景を強調するためか、古い映像が時々さしこまれているのですが、これがモノクロに着色された映像なんです!着色写真はよくみるのですが、映像では初めて。レトロ好きにはたまらない。


哀しみを背負うカンフーマスターたち


マトリックス レボリューションズ」のスミスとネオの雨の対決シーンを彷彿とさせる、トニー・レオン演じる葉門(イップ・マン)の雨の格闘シーンから始まり、薄暗い妓楼、雪の中と、カンフーシーンすべてが太陽の日差しがない場所。それもまた、カンフーマスターの背負うものの重さのようでもあり、命のやり取りとしてのカンフーの陰の部分を表しているようでもあり…。

カンフーマスターの葉門(イップ・マン)は戦争の影響で家族をなくし、宮若梅(ゴン・ルオメイ)は父を殺した弟子への復讐に囚われてしまう。哀しみを背負う彼らのカンフーは悲しく美しく、見終わると切なさがこみあげてきます。

今回八極拳の達人を演じた一線天(カミソリ)を演じたチャン・チェン。大好きな俳優さんです。(*´∀`) 舞のようなイップ・マンのカンフーとは対照的に、動的でスピード感のある八極拳のアクションがかっこよかった。



実際に八極拳を身につけたチャン・チェンは実際に大会に出場して優勝してしまったそうです。


●ウォン・カーウァイ作品感想


マイ・ブルーベリー・ナイツ→
楽園の瑕
恋する惑星
愛の神、エロス〜エロスの純愛〜若き仕立屋の恋→
2046
花様年華
天使の涙


JUGEMテーマ:華流


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM