夢を組む人。『活版印刷三日月堂 雲の日記帳』ほしお さなえ

2018.08.12 Sunday

0
    川越を舞台にした活版印刷三日月堂シリーズもいよいよ完結。これまで三日月堂に関わった人々も登場し、主人公の弓子さん本人の物語が組まれていきます。

    私は前回の感想で「弓子さんが幸せになりますように」と書いたのですが、今回その答えがでます。それは嬉しいような、もう三日月堂の人々と会えないのが少し切ないような、そんな気持ちです。

    活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

    新品価格
    ¥734から
    (2018/8/9 22:48時点)




    『星をつなぐ線』


    本町印刷の長田はプラネタリウム星空館のリニューアルに際し、創業時の星空早見盤を復刻したいと相談される。印刷に詳しい後輩の悠生のとともに三日月堂を訪れる。

    その星座早見表は表の原版しか残っていない状態だったが、弓子さんが偶然が昔の星座盤をもっていたため、なんとか復刻にこぎつけることに。

    『星をつなぐ線』て、すてきなタイトルです。星座を表した言葉ですが、三日月堂も活版印刷で人と人とをつなげていきますね。そして弓子さんもまた、星が好きだったお父さんとの思い出のプラネタリウムの仕事をすることになりました。星も人も、線がむすばれ、つながっていくのは読んでいるこちらも嬉しくなります。

    星座早見盤とは月日のや経度の目盛りにあわせて回転させ、その日、その方角の空に浮かぶ星座をみることができるグッズ。天体観測にも利用されます。

    星・月の動きA型

    新品価格
    ¥721から
    (2018/8/12 19:33時点)




    そして前作でも登場した悠生くんが再登場。長田さんとの会話でどうやら悠生くんは弓子さんのことが好きらしい。うまくいくといいなあ。(●´ω`●) あ、でもデザイナーの金子さんはどうなるの?彼はちがうの?

    『街の木の地図』


    大学生の豊島つぐみはゼミで「川越の街をテーマにした雑誌」の製作・販売を行うのだが、自己中の男子、草壁くんと、引っ込み思案の女子・安西さんと同じグループになり先行きに不安を感じつつも川越に取材にいくことに。

    アルバイト先である星空館の星座早見盤がきっかけで、3人は三日月堂に見学に行き、三日月堂での体験をきっかけに「活版印刷でつくる街の木の地図」をテーマに雑誌をつくることになるのだが…。

    一緒に作業をしていくうち、草壁くんも、安西さんにも最初の印象とは違う一面がみえてきて、つぐみたちはなにかひとつ、自分の中に確かなものをみつけたようです。

    また、この章では以前『庭のアルバム』で登場した高校生の楓さんも登場します。
    彼女もまた進むべき道がわからず、あがいていた頃からだいぶ成長していました。若者たちが成長していく姿は読んでいて楽しいなあ。

    ([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)

    中古価格
    ¥280から
    (2018/8/12 16:55時点)



    そしてここで驚き情報。三日月堂と懇意のデザイナーの金子さんには別に恋人がいるとのこと。お相手も以前登場した(『海からの手紙』)司書の小穂さんなんですって。このふたりのなれそめも、外伝とかで書いてほしい…。

    ([ほ]4-2)活版印刷三日月堂: 海からの手紙 (ポプラ文庫)

    中古価格
    ¥237から
    (2018/8/12 16:58時点)





    『雲の日記帳』


    大学生たちがお世話になった古本屋『浮雲』の店主・水上さんのお話。彼は古本屋を営みながらひっそりと暮らしていた。彼はかつて将来を嘱望された作家候補だったが、自分の言葉が人を傷つけてしまった経験から筆を折ってしまった。ただ、店の冊子に書いている『雲日記』は評判が高く、三日月堂の弓子さんもスクラップしているほどだった。

    あるとき、大学時代の友人・岩倉が訪ねてきたことで、水上の言葉を本にしたいと提案され、水上は自分の過去と向き合うことになる。

    壮絶な過去を経験し、静かに人生を終わろうとしていた水上さん。彼もまた、三日月堂と出会ったことで過去を振り返り、自分の人生を見つめ直そうと考えます。水上さんは、亡くなった弓子さんの父親に状況が似ていて、2人が話すことですこし、お互いの悲しみや苦しみが昇華できたのでは、と私は思います。

    この水上さんの「雲日記」を書籍化することが物語の最後の流れにつながります。

    おまけ:古書店主の文章


    古書店主は昔から文章が巧みな人が多く、この「昔日の客」は、かつて東京・大森で古書店『山王書房』を営んでいた関口良雄氏の随筆集。古書にまつわる日常や作家たちとの交流が洒脱な文章が多くの本好きに愛されています。

    昔日の客

    中古価格
    ¥1,500から
    (2018/8/12 21:14時点)




    『三日月堂の夢』


    これまでたくさんの人の思いを活字に組んで、手渡してきた三日月堂の弓子さん。そのおかげで多くの人が救われたり、自分の道をみつけることができたのですが、最終話は弓子さん自身の物語です。

    『雲の日記帳』で登場した水上さんの文章を活版印刷で本にすることになった。実は水上さんは余命わずか。彼が生きている間に本を作らなければならない。

    けれどそのためには今の仕事をこなしつつ、印刷機を動かせる悠生さん、アルバイトの楓さんにも無理をさせることにもなり、弓子さんは三日月堂の今後と、じぶんの人生の岐路に立つことに。

    現代の活版印刷は


    「活版印刷で本をつくる」作業は現代のDTPとは比べ物にならない大変な作業。文字一つ直すにも活字を入れ替えなければならず、文字がページを挟むとその修正作業は膨大に。

    だけど、古いやりかたのまま作業をするのではなく、校正、校閲までをデジタルで行い、文章の最終版を活版印刷で組めば作業時間の短縮につながるとアルバイトの楓さんが提案したことで作業は少しラクなりました。とはいえ、大変な作業にはかわりはないのですが。

    古い技術と現代のシステムが合わさって「現代の新しい活版印刷」ができるのってすてきなことですね。古いばかりにしがみつくのではなく、便利なものは使っていく。これこそ温故知新の最たるものだと思うのです。

    大人の科学マガジン 小さな活版印刷機 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

    中古価格
    ¥3,200から
    (2018/8/12 19:28時点)




    そうしてできあがった三日月堂のはじめての本。余命の少ない水上さんは、本のお礼にと店をを若者たちに託し、弓子さんにちょっとした魔法をかけて去っていきました。

    すべてが終わった後、弓子さんは悠生くんに思いをつたえようと…。

    このあとはぜひ、読んでみてください。こころがほっこりあたたかくなります。

    活版印刷三日月堂シリーズ


    『活版印刷三日月堂 星たちの栞』
    『活版印刷三日月堂 庭のアルバム』
    『活版印刷三日月堂 海からの手紙』
    『活版印刷三日月堂 雲の日記帳』
    『活版印刷三日月堂』の舞台を訪ねて

    JUGEMテーマ:オススメの本

    [猛暑対策]重曹ミント水利用法・冷凍おしぼり

    2018.08.09 Thursday

    0
      今年もまた重曹ミント水の季節がやってまいりました。

      今までもハッカ油を風呂にいれたり、タオルにひたして首に巻いたりと、わが家の暑さ対策に一役かってきた重曹ミント。今年は新たに重曹ミントおしぼり(冷凍)をつくってみました。

      つくり方は簡単。
      [材料]
      ・重曹
      ・ハッカ油(市販で400円〜 少し高いいけれど、北見ハッカ油もおすすめ)
      ・精製水

      重曹ミント水の作り方はこちら→

      1.重曹とハッカ油をよくまぜた水に、おしぼりを浸す。
      2.おしぼりを絞ってラップにくるむ
      3.包んだおしぼりはフリーザーパックにいれ、冷凍庫で凍らせる

      精製水500mlに対し重曹小さじ5、ハッカ油5〜6滴くらい。重曹、ハッカ油、水の量は適当です。いろいろ試してみてくださいまし。

      凍ったおしぼりをラップのままタオルに包んで、冷えピタ代わりにつかったり、おしぼりが溶けたら、それで汗をふいてもいい。(さっぱりします)まとめてつくって冷凍しておくと便利です。

      私は手ぬぐいに重曹ミント水をひたして凍らせています。手ぬぐいだと乾きやすく、タオルより軽量で持ち運びも便利です。

      ラップで巻いた重曹ミント水の冷凍おしぼり
      詳しくは下の赤星たみこ先生の名著、「グランマ!」を参照のこと。

      グランマ!もっと身体美人―〔グランマ!〕式ビューティー講座― (マーガレットコミックスDIGITAL)




      ハッカ油は北見のハッカ油を愛用。爽やかな香りです。

      北見ハッカ通商 ハッカ油スプレー 10ml【ネコポス送料無料】 (6019431)

      価格:980円
      (2018/7/14 22:52時点)




      豆絞り 日本手ぬぐい 紺一色 日本製

      新品価格
      ¥150から
      (2018/8/9 22:52時点)


      お姫さまはメイドに落ちてしまいました。『小煌女2』海野つなみ

      2018.08.07 Tuesday

      0
        童話『小公女』と童謡『マザーグース』をモチーフに、海野つなみさんが描くSF『小煌女2』。各章のタイトルがすべてマザーグースの歌名になっています。

        『小煌女』あらすじ


        未来世紀。
        ロンドンの名門・ベネディクト女学校に惑星トアンの姫・ジノンが留学する。やさしい物腰と凛とした態度で、たちまち学園中の憧れの的となったジノン。ハウスメイドのサリーも、やさしいジノンに憧れの感情を抱くようになる。

        しかし、惑星トアンは反政府勢力により惑星ごと破壊され、ジノンは地球に取り残されることになった。その後、テロにより大使館も破壊され、たった1人残されたジノンだったが、実は彼女は侍女のセニンであり、二人は有事に備え入れ替わっていたのだという。

        天涯孤独となったジノン(セニン)は難民申請を受け女学校のメイド・レベッカとして働くことになる。お姫さまがメイドに落ちてしまったことに、生徒たちは動揺する。

        小煌女(2) (Kissコミックス)




        もう一つの展開


        一方、資源惑星ミトンに駐留する生き残りのトアン人・首相の息子オナスンと、補佐のシクサは王女の行方を探すため、地球に向かう。

        女学院の隣に住み着いた2人は調査を開始するが、オナスンはサリーと出会い、シクサはレベッカと出会うことで4人の運命が動き出し…。

        お姫さまはメイドに落ちてしまいました。


        生徒たちはメイドに落ちたレベッカ(ジノン)に動揺し、王女だからと秘密を打ち明けたイライザはうろたえ、王女だからと憧れていたケイトリンは彼女を蔑む。

        けれど、レベッカはメイドに落ちても何一つ変わらない。やさしく、凛とした態度は以前のままなんですね。ただ、サリーだけはずっとレベッカを尊敬し、敬愛しています。

        彼女はずっとひとりぼっちで、誰にも可愛がられずにいたため(だけど不幸ではないのですが)、そうした感情に飢えていたのかもしれません。

        それが、二人の男性との出会いでこれからどう変わっていくのか…

        小煌女 コミック 全5巻完結セット (KC KISS)

        中古価格
        ¥779から
        (2018/7/29 22:52時点)




        海野つなみ先生はこの他にも童話や日本の古典をモチーフにした作品や、コミカルな漫画まで、幅広いジャンルを独自の視点で描いています。『逃げるは恥だが役に立つ』しかしらない方にもぜひ読んでいただきたい。

        多様性も海野つなみ作品の魅力のひとつなのです。

        豚飼い王子と100回のキス プチキス(1) (Kissコミックス)




        新装版 デイジー・ラック(1) (KC KISS)

        中古価格
        ¥1から
        (2018/7/29 22:54時点)




        小煌女3→
        小煌女2→
        小煌女1→
        回転銀河1〜4→
        回転銀河5→
        回転銀河6→
        デイジー・ラック1〜2→
        海野つなみ作品集「tsunamix」→
        「彼はカリスマ」→
        「キスの事情」→
        「くまえもん」→
        「豚飼い王子と100回のキス」→

        美しく切ない未来のおとぎ話『小煌女1』 海野つなみ

        2018.08.05 Sunday

        0
          『逃げるは恥だが役に立つ』の作者・海野つなみさんが描く、美しく切ない、未来のおとぎ話『小煌女』。児童文学『小公女』をモチーフにして未来世紀のお姫様とメイドの友情の物語です。

          『小煌女1』 あらすじ


          宇宙世紀を迎えた地球の英国自治領・ロンドン。各国の上流階級の女子が通うベネディクト女子校に、遠い星・テハンの王女・ジノンが侍女のセニンとともに留学してくる。女子校のハウスメイド・サリーは、ジノンの美しく凛とした風情に憧れを抱く。

          その気品と美しさから、たちまち生徒たちはジノンに魅了され、我先に仲良くなろうと策を講じる。そんな生徒たちの思惑に翻弄され、加重な労働を課されるサリーに、ジノンは親切に接してくれた。

          やがて、ジノンたちが学園に馴染み始めた頃、政情不安定だった母星テハンが内乱により消滅したとの知らせが入り…

          小煌女 コミック 全5巻完結セット (KC KISS)

          中古価格
          ¥1,110から
          (2018/9/4 21:51時点)




          マザーグースと小公女


          舞台は未来なのですが、少女たちの思惑や恋心、競争心などは現代と同じ。まあ、人というのは何年たっても本質的には変わらないでしょうね。そして、英国の生活様式や、パブリックスクールの授業の様子、生徒たちのお茶会、クリスマスの風景など、生活描写が、詳細でとても楽しい。

          ちょっと「あしながおじさん」の女子大の生活風景を思い出しました。

          物語のタイトルは「マザーグース」からの引用です。そして、物語は童話「小公女」からインスパイアされたものですが、途中から全く違った物語になっています。

          そして、登場人物たちの鮮やかなことといったら。海野つなみ作品には脇役はいません。物語に関わり合う割合が多いか少ないか、それだけです。出て来る少女たちみんなに物語がある。

          やはり印象的なのは中流階級の娘、ケイトリンでしょうね。上流階級に屈折したコンプレックスを持っていて、コンプレックスを解消するためサリーたち労働階級に辛く当たり、それがまたジノンやイライザなど上流階級と軋轢を生じてしまう。
          彼女なりに目的のために必死ではあるのですが…。


          小煌女 コミック 全5巻完結セット (KC KISS)

          中古価格
          ¥1,110から
          (2018/8/5 22:08時点)




          逃げるは恥だが役に立つ 全9巻完結セット (講談社コミックスキス)

          中古価格
          ¥1,319から
          (2018/8/5 22:08時点)




          マザー・グースのうた 第1集 おとこのこってなんでできてる おんなのこってなんでできてる

          中古価格
          ¥1から
          (2018/8/5 22:09時点)




          小煌女3→
          小煌女2→
          小煌女1→

          回転銀河1〜4→
          回転銀河5→
          回転銀河6→
          デイジー・ラック1〜2→
          海野つなみ作品集「tsunamix」→
          「彼はカリスマ」→
          「キスの事情」→
          「くまえもん」→
          「豚飼い王子と100回のキス」→

          レビューポータル「MONO-PORTAL」

          JUGEMテーマ:漫画/アニメ

          [猛暑対策]夏の紫外線・目の疲れ対策には

          2018.08.03 Friday

          0
            夏の目のケア、あなたはどうしてますか?
            2018年の夏は酷すぎる暑さが続いています。日頃から日傘、日焼け止めなどで紫外線ケアをしていますが、けっこう見落としがちなのが「夏の紫外線・目の疲れ対策」ではないでしょうか。

            私は体質的に強い日差しを浴びると、私の場合

            ・頭痛
            ・目の痛み
            ・疲労感

            などに襲われます。これに老眼、スマホやパソコンも扱うので、目の疲労はかなりのものです。
            偏光サングラスをかける、睡眠を多くとるなどの対策はしていますが、根本的な対策が必要だと考えた私はついに、あれに手を付けてしまいました。

            ファンケルから発売されている目のサプリ「えんきん」です。もともと老眼用のピント調整力を売りにしている「えんきん」ですが、調べてみるとルテインなど目にいい成分がたくさんはいっているため、酷暑の紫外線対策として飲むようにしています。

            ファンケル(FANCL) えんきん[機能性表示食品] 約30日分 60粒

            新品価格
            ¥1,750から
            (2018/8/2 23:26時点)




            飲んだ感想


            まだ2週間ほどですが、なんとなく効果がでてきているような気がします。(個人的な感想ですが)
            ・スマホの細かい字が以前より焦点があった気がする。
            ・頭痛がしなくなった気がする
            ・目の痛みが出なくなった気がする




            えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!


            肌は日焼け止めをぬり、体は栄養をとればいいけど、目のケアは忘れがちになりますが、とても大事な器官ですので、ケアをしつつ猛暑を乗り切って行こうと思います。

            その他の紫外線対策


            JINS ブルーライトカットメガネに偏光レンズをカスタムして使っています。軽くて使いやすくて便利。

            【JINS SCREEN ブルーライトカット率:40%】 オーバル 2017年新型モデル パソコン(PC) 用メガネ 軽量 眼精疲労低減 目を守る (コーラルレッド)

            新品価格
            ¥6,980から
            (2018/8/2 23:18時点)


            フランス人から見た原爆[映画]24時間の情事 ヒロシマ・モナムール

            2018.08.02 Thursday

            0
              戦時中の広島を舞台にした『この世界の片隅に』のヒットにより、ふたたび原爆に注目があつまっているようですね。そんな中で見たフランス映画『24時間の情事』鑑賞。映画撮影で広島を訪れたフランス人女性と、原爆で家族を失った日本人男性との短い逢瀬を描いた1959年の作品です。

              『愛人 ラマン』を描いたフランス人作家マルグリット・デュラス脚本の映画。フランス人の目から見た原爆の地、広島を描いています。

              冒頭、原爆投下後のショッキングな映像(眼球を失った女性、口をえぐられた少年、ケロイドの皮膚など)が流れ、そこに男女の情事がモノローグとともに映し出され、戦争と情事、2つの相反するものが重なり合あっていく。どこか幻想的なシーンです。

              二十四時間の情事(ヒロシマ・モナムール) HDマスターDVD

              中古価格
              ¥1,500から
              (2018/8/1 23:56時点)




              フランス人は、なにもかもをアートにしてしまう


              この映画をみて思ったのは、フランス人というのは、なにもかもをアートにしてしまうのだなあと。たとえそれが原爆映画であっても。

              マルグリット・デュラスの詩のようなセリフ、主人公の故郷ヌヴェールの風景、愛したドイツ人将校、ヒロシマの風景が重なり合い、難解ではあるけれど、とても幻想的で美しい。

              後半は主人公の過去を中心に描かれ、フランス人でありながらナチスの将校に恋をし、やがてその相手を亡くした心の傷が描かれます。

              とにかく難解なのでよくわからないのだけど、映像が美しく幻想的なので見ていて飽きない。それに、もしかしたら主人公の過去の傷とヒロシマの原爆の痛みを重ねて描いているのかもしれない。

              過去を忘れ、新たに生きることを「君の名はヌヴェール、あなたの名はヒロシマ」という最後のセリフで表しているのかな…。



              原爆から生まれたアート


              フランス人アーティストのイブ・クラインは、原爆ですべて溶かされ、人影だけが残った事実を受け、人体を刻印するアートのインスピレーションを得たそうな。

              無題 アントロポメトリー 1960年(ANT100) アートポスタープリント イヴ・クライン作 28×20インチ

              新品価格
              ¥21,896から
              (2018/7/28 21:09時点)




              そういえば、マルグリット・デュラスの『愛人ラ・マン』もフランス人女性と中国人男性の恋愛話でした。アジア人は彼らにとっては異なる世界に住む「異邦人」だから、その交わりが彼らの感性を刺激するのかもしれません。

              『24時間の情事』で大勢があつまる反戦デモの中、2人だけが逢瀬に走るのシーンは、下町の雑踏から壁一枚隔てた部屋で情事を行う『愛人 ラマン』のフランス人少女と中国人男性と重なります。

              愛人 ラマン (河出文庫)

              中古価格
              ¥1から
              (2018/8/1 23:54時点)




              いいとか悪いとかではなく、フランス人と日本人とでは戦争の表現の仕方が全く違うのだと実感しました。

              この世界の片隅に [DVD]

              中古価格
              ¥1,280から
              (2018/8/2 00:02時点)



              もうひとりのすずさん。[ドラマ感想]この世界の片隅に 第2話

              2018.07.28 Saturday

              0
                ドラマ「この世界の片隅に」第2話を見終わって感じたのは、これは漫画とも映画とも違う、別の話なんだな。ということです。

                しかし「原作やアニメと違ってけしからん」ではなく、あくまでも「アナザーストーリー」として楽しめるつくりになっています。戦中の暮らしも少しアレンジしてあって、どうも歴史通りではなさそうですから。

                第二話 小姑襲来!戦時下の広島波乱の新婚生活が幕を開ける!



                ただこの、クソダサいタイトルはどうにかならないか…
                TBSのドラマタイトルが恐ろしくダサい件。

                ドラマでは近所のつきあいや畑仕事合間の女子トークなど、原作では描かれていないけれど、もしかしたらこんなこともあったんじゃないかと思えるつくりになってます。

                家族の描き方も丁寧で、北條のお義母さんとすずさんとの最初のギクシャク感とか、娘には甘いお義父さんをちらっと鋭い目でみるお義母さんとか(それだけで二人の関係性がわかる)、ちょっとした仕草で家族の関係をうまく表しています。

                そして、周作さんがやさしい…!ほれる…!婚家に慣れないすずさんの料理を「うまい!」と口に出したり、さりげないやさしさを見せる周作さん。

                私、戦前の男というのは「DV、浮気、性病持ち、稼ぎない」というイメージがあったので(ずいぶん偏ってますが)、周作さんのやさしさに感動しています。

                童謡作家・金子みすゞ。彼女の夫は前述通りのクズ男でしたし、他の明治大正に活躍した女性たちも夫がひどいの多かった。それにくらべ、周作さんのすてきなことといったら…。

                明治・大正・昭和に活躍した女性は、男運が悪い?

                童謡詩人 金子みすゞ―いのちとこころの宇宙

                中古価格
                ¥1から
                (2018/7/28 16:34時点)




                「みんなちがって、みんないい」


                松本穂香さん演じるすずも、原作のようにあまり「ぽーっと」はしておらず、径子さんのイヤミの意味もわかっていたり、鬼(おに)いちゃんの気持ちを察して「殴っていいよ」と言ったり、ふんわりした雰囲気はともかくずいぶん敏い子なのだとわかります。

                映画は「すずさんの目から見える世界(の片隅)」が描かれましたが、ドラマは「すずさんがいた世界(の片隅)」が描かれているようです。

                その違いが、これからの物語に反映されていくのか、楽しみのような、ちょっと寂しいような…。

                この世界の片隅に [DVD]

                中古価格
                ¥1,280から
                (2018/7/28 19:13時点)




                ドラマのロケ地は東京・武蔵小金井


                ドラマ「この世界の片隅に」の中で、広島の町並みとしてよく登場するのが武蔵小金井市にある江戸東京たてもの園。江戸時代から昭和初期のたてものを移築・保存しています。
                このあたりの昭和初期の建物群がよくでてきます。

                江戸東京たてもの園昭和

                江戸東京たてもの園 ジブリの立体建物店 公式図録

                中古価格
                ¥3,159から
                (2018/7/28 18:49時点)




                JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



                TBSのドラマタイトルが恐ろしくダサい件。

                2018.07.21 Saturday

                0
                  ドラマ「この世界の片隅に」が放送され、とてもよかったのでネット配信も調べておこう…と思ったら、第一話のタイトルが恐ろしくダサいことに気がついてしまいました。

                  「この世界の片隅」にの第一話タイトルは「昭和の戦争のさなか懸命に生きた家族の愛と命の感動物語!」って、なんですか、この昼ドラのようなドロドロのタイトルは…?

                  いや、間違っちゃいないが、そういう表現じゃない。「この世界の片隅に」が描きたいのは戦時中の日常と人との絆、すずさんという女性の生きる姿なんですよ。

                  「愛と命の感動物語!」って…、80年代じゃないんだから、もっと自然な書き方はなかったのか…

                  第一話 昭和の戦争のさなか懸命に生きた家族の愛と命の感動物語!

                  新品価格
                  ¥324から
                  (2018/7/21 22:19時点)




                  ドラマはよかったのよ、とても…
                  「この世界の片隅に」感想→

                  第2話のタイトルなんてなんて「小姑襲来!波乱の新婚生活の幕開け」とかですよ。ちがう、ちがうよ、そうなんだけど、そうじゃない…、もっと作品の世界観を理解したタイトルをつけてぇ…(´;ω;`)


                  映画「この世界の片隅に」公開時のキャッチコピーは「昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。」実にシンプルで、でも悲しみと力強さが伝わってくる文だと思います。

                  TBSドラマのタイトルつくるひとは、映画や原作漫画に恥じないようなタイトルを付けてほしいものです。

                  この世界の片隅に [DVD]

                  中古価格
                  ¥1,000から
                  (2018/7/21 23:12時点)




                  そういえば、あのTBSの名作ドラマ「カルテット」見ていたときから感じてたんだけど、「カルテット」のタイトルもかなりイタいんだよなあ。

                  軽快なセリフとコメディ要素、珠玉の心理ドラマを、まるで2時間ミステリのような安っぽいタイトルで表している。2時間ドラマすべてが悪いわけじゃないけど、「カルテット」のドラマの雰囲気とは全く合わない。

                  第9話 なりすました女、衝撃の告白!!カルテット涙の別れ

                  新品価格
                  ¥324から
                  (2018/7/21 22:40時点)





                  さすがに野木亜紀子脚本「アンナチュラル」はタイトルがまとも、というか秀逸。

                  第1話 名前のない毒

                  新品価格
                  ¥324から
                  (2018/7/21 22:51時点)




                  「逃げるは恥だが役に立つ」は最初の数話分のタイトルはダサかったけれど、その後誰かが気づいたのか、歌や有名なフレーズをもじったタイトルがつけられるようになりました。

                  最終回 夫婦を超えてゆけ

                  新品価格
                  ¥324から
                  (2018/7/21 22:53時点)




                  このように、タイトルだけに注目してみるのも面白いかもしれません。「神は細部に宿る」もの。
                  いいドラマにはぜひ、良いタイトルを付けてもらいたいものです。

                  JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



                  [ドラマ感想]この世界の片隅に

                  2018.07.18 Wednesday

                  0
                    漫画原作、アニメが素晴らしかった「この世界の片隅に」がTBSでドラマ化。どうせ、アニメの人気を受けて大型資本が適当に映像化するのだろう、と思ったら…

                    さすが日常ドラマの名人、「ひよっこ」の岡田惠和さんと名作ドラマ「カルテット」の演出家、土井裕泰さん、音楽は久石譲といった当代一流の方々が集まって作っただけあって、最初から最後まで目が離せませんでした。

                    「この世界の片隅に」 あらすじ


                    昭和19年、広島に住む18歳の浦野すずは絵がうまくて、ちょっとぼーっとしている女の子。ある日、呉の北条家から自分を嫁にもらいたいと申し込まれる。お相手の周作さんとは実は幼い頃あっているが、すずは覚えていない。

                    それから、呉でのすずさんの新しいくらしが始まる。徐々に日常が戦争に侵食されていくなかで、すずさんは懸命に行きていく…。

                    ・ドラマ「この世界の片隅に」第一話配信版
                    「逃げ恥」のときも思ったけど、ドラマはすてきなのだけど、TBSっていつもタイトルダサいよねえ…。

                    第一話 昭和の戦争のさなか懸命に生きた家族の愛と命の感動物語!




                    アナザーストーリー


                    ドラマは冒頭、幼いすずさんと周作さんが人さらいにさらわれるシーンから脱出方法が違うため、原作やアニメのラストにつながる「海苔の宵闇」の隠喩は使えなくなるのでは…?

                    とすれば、全く異なるアナザーストーリーとなるかもしれない。ただこれはこれで、周作さんがすずさんを嫁にと望んだ理由づけになったけれど。

                    原作、アニメでは表立って描かないけれど重要な意味を持つ暗示的な表現(メタファーっていうのかな?)が多数あるのですが、ドラマでは暗示よりも登場人物たちの心理や行動をに重点がおかれているような気がしますね。

                    役者さんの演技で時代と心情をみせているというか。なので、描き方や物語の着地点も映像表現では少し変わってくるのかな、と感じました。

                    なので原作やアニメとの違いをあげつらうより、もうひとつの物語として捉えたほうが原作・アニメファンは楽しめるかもしれません。


                    以前大河ファンタジーとして上橋菜穂子さんの『精霊の守り人』シリーズが映像化されましたが、原作と解釈が異なり賛否両論がありましたが、映像は映像で面白かったので、漫画、アニメ、ドラマ、「みんなちがって、みんないい」でいいんじゃないかと思います。

                    大河ファンタジー「精霊の守り人」感想

                    この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット (アクションコミックス)

                    中古価格
                    ¥2,049から
                    (2018/7/18 20:10時点)




                    すずさんの世界


                    今回新たに榮倉奈々さん演じる佳代さんが、現代パートで登場。ここは、オリジナルのアナザーストーリーになっています。彼女はすずさんの住んでいた呉の家(今は廃屋)を訪れます。

                    彼女が今後、すずさんの住む戦争末期と現代とをどう結ぶのか。楽しみのような、知りたくないような。

                    というのも『この世界の片隅に』を見たあと、その後のすずさんはどんな風に暮らしているのか、どんな人生を歩んだのかは、わたしたちファンにとってぜひ知りたいことでした。

                    ただでも、一方で知りたくないという気持ちもあって…。

                    この世界の片隅に [Blu-ray]

                    中古価格
                    ¥3,800から
                    (2018/7/18 19:29時点)




                    「地続き」の感覚


                    映画「この世界の片隅に」を見て、いちばん感じたのはすずさんの世界と、わたしたちの世界がつながっているという感覚でした。

                    モノクロの映像でしかなかった戦中戦後の世界に色があり、生活があって、それがわたしたちの世界につながっている。

                    映画を見たわたしたちひとりひとりが、すずさんの世界とつながっているのだ、という実感があったのです。

                    映画「この世界の片隅に」感想→

                    けれど、ドラマの佳代さんの登場で特定の人物だけがすずさんとつながることになると、すずさんの世界と、わたしたちの世界との間が隔てられてしまうような、そんな寂しさを感じたのです。

                    映画や原作を見たあと、それぞれが想像したであろうすずさんの「その後」が限定されてしまうような。そんな寂しさです。とはいえ、その後のすずさんがどうなったかを知りたいので、ドラマは一つの物語として楽しんでいこうと思います。

                    人の想像の数だけ、物語は異なるのですから。

                    おまけ:朝ドラキャラの活躍


                    ・原作ではストレスで10円ハゲができたすずさん。「ひよっこ」の強烈キャラ米子(伊藤沙莉さん)がライバル(一方的にだけど)で小姑が「カーネーション」の糸子だなんて、そりゃ10円ハゲにもなるよ…

                    ・ヤスハル(ひよっこ登場人物)はここでもヤスハル(いい人)ポジションらしい…

                    連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX2 [Blu-ray]

                    中古価格
                    ¥14,000から
                    (2018/7/18 20:07時点)



                    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

                    [猛暑対策]アウトラスト素材の快適快眠クール敷きパッドの使用感想

                    2018.07.17 Tuesday

                    0
                      ようやく、猛暑や熱帯夜でも快適に眠れる快眠グッズ、発見しました!
                      以前イベントでアウトラスト素材の快適快眠クール敷きパッド体験したら、その触感がすごく涼しくて、心地よかったため、そのあとすぐに購入しました。

                      いや、すごいですこれ。
                      今まで体験したクール系寝具とは桁違いの、機能の高さにびっくりです。

                      アウトラスト OUTLAST 旭化成せんいペアクール素材使用 接触冷感ひんやりタッチ 快適快眠クール敷パッド(シングルサイズ)【2012年版】【あす楽対応】【送料無料】

                      価格:4,094円
                      (2018/7/17 00:09時点)




                      触り心地の快適さ


                      触ってみた感覚は「さらっと」と「ひんやり」の両方があります。暑い時の、シーツがまとわりつくようなベタベタ感がなく、汗をかいたときにこそ、快適さが発揮されます。



                      NASA開発の快適な寝具環境


                      快適快眠クール敷きパッド は、クール機能で、ただ冷やすのではなく、NASAが開発した素材アウトラストによって、人間にとって快適に感じる環境を追求された敷きパッドなので、猛暑以外のちょっと肌寒い時に使っても冷えすぎることはありません。

                      驚きの安さ


                      去年の猛暑時にスーパーで「ひんやりタオルケット」を購入したのですが、結局暑い時はベタベタして使い勝手が悪く、安いからと諦めて使っていました。アウトラストの快適快眠クール敷きパッドは、スーパーの寝具と同じくらいの値段(3,980円)なのに、驚きのクール快適環境をつくりだしてくれます。

                      快眠クール敷きパッドは、家で丸洗ができるので便利ですし、洗っても機能は落ちないそうです。


                      アウトラストの快適快眠クール敷きパッドの快適さを体験してしまうと、タオルケットや枕用のパッドなども揃えたくなってしまいます。今年の猛暑はアウトラストシリーズで乗り切ろう!(*´∀`)ノ

                      接触冷感ナイスクール素材使用 リバーシブルエアーケット ダブル 接触冷感 綿100% リバーシブル 吸汗速乾【あす楽対応】【送料無料】

                      価格:4,999円
                      (2018/7/17 00:12時点)




                      楽天市場


                      レビューポータル「MONO-PORTAL」
                      JUGEMテーマ:夏の暑さ対策