八咫烏シリーズ外伝『すみのさくら』

2018.02.03 Saturday

0
    八咫烏シリーズ外伝。第一巻『烏に単衣は似合わない』の系列物語。南家の姫・浜木綿の子供時代のお話です。

    『すみのさくら』あらすじ


    浜木綿は南家の姫でありながら、両親が政権争いに敗れて殺されたため山烏として育った過去があり、その際に若宮とも面識があった…というのが『烏に単衣は似合わない』で語られた過去で、では実際にどんな事情があったのか、浜木綿はどんな風に変わっていったのかが描かれます。

    南家当主の姫として何不自由なく育てられた浜木綿でしたが、ある日突然その身分を剥奪され、山寺で暮らすことになる。混乱の中、おじの融が両親を殺したとの噂を聞き、ひとり復讐に向かうのだがあえなく失敗。
    失意の中すごすうち、ある日上皇につれられ若君が寺にやってきて…

    後に浜木綿は自分が生き残ったのは周囲の人達の情があったからこそだと知ります。なるほど確かにこの人の芯の強さは一度地獄をみたからでしょう。

    だからこそ、若君も伴侶として選んだんだろうな。



    いよいよ八咫烏シリーズ外伝『烏百花 蛍の章』の発売が決まりました。これまでの短編に加えて書き下ろしも。



    八咫烏シリーズ


    『烏に単衣は似合わない』
    『烏は主を選ばない』
    『黄金の烏』
    『空棺の烏』
    『玉依姫』
    『弥栄の烏』
    外伝『すみのさくら』
    外伝『しのぶひと』
    外伝『ふゆきにおもう』
    外伝『まつばちりて』
    外伝『あきのあやぎぬ』
    外伝『ふゆのことら』

    JUGEMテーマ:電子書籍



    八咫烏シリーズ外伝『しのぶひと』(ネタバレ)

    2018.01.31 Wednesday

    0
      人型をとる八咫烏の世界を描いた阿部智里先生の『八咫烏シリーズ』。2018年現在、第一シリーズが完結。さらに次のシリーズが予定されています。

      不思議な八咫烏の世界の描写と、先が読めないミステリ仕立てのファンタジーが魅力の、このシリーズは現在6巻まで刊行されていますが、それとは別に外伝として短編がいくつか出ています。ただし、今現在は電子書籍のみなので、電子書籍を扱うネットショップ等での購入、スマホやPCでの閲覧に限られます。
      国内最大級の品揃え【DMM.com 電子書籍】


      『しのぶひと』あらすじ


      若宮・奈月彦を守るため、地方豪族の次男坊・雪哉は王の護衛「山内衆」の養成学校、勁草院へ入学する。

      物語は雪哉が勁草院にいた第4シリーズ『空棺の烏』の頃のお話。
      端午の祭祀にみごとな弓射を披露した雪哉。若君の正妃・浜木綿の君に仕える女官・真赭の薄(ますほのすすき)は、そんな雪哉の成長を微笑ましく見つめていた。

      しかし、出家している身(実際に尼になるわけではない)とはいえ、かつては若宮のお后候補となるほどの美貌の真赭の薄は、祭祀の際に貴族たちから見初められて縁談が舞い込んできた。彼女の行く末を案じた若宮と浜木綿の君は、ある人物の助言から彼女の縁談の相手に雪哉を指名したのだが…。



      ここからネタバレ感想


      『玉依姫』に至る前のつかの間の平和な日々に、こんなことが起こっていたんですね。実は雪哉と真穂の薄の縁談を助言したのは若君の側近・澄尾でした。
      そのことが後に真赭の薄にバレてこっぴどく嫌われるのですが…。澄尾、不器用だなあ…。

      このあたりのストーリーが『弥栄の烏』へつながっていくわけですね。

      そして澄尾の気持ちを唯一察したのが真赭の薄の弟、明留だったとは。おぼっちゃんと思っていたけれど、なかなかどうして、人の気持ちを察することのできる子なのだな。

      結局、この縁談は真赭の薄が嫌がりお流れになりましたが、雪哉の妻に求める条件が「政治的な選択で裏切るかもしれない、夫婦間の恋愛感情は必要ない。」など、まるでどこかの主みたいな言い草なんですね。

      まあ、彼なりに相手を思っての言葉ではあるのですが、この主従似たもの同士だわ…。

      いよいよ八咫烏シリーズ外伝『烏百花 蛍の章』の発売が決まりました。これまでの短編に加えて書き下ろしも。


      おまけ


      八咫烏シリーズを読むと、阿部智里先生は本当に『十二国記』がほんとに好きなんだろうなあ、と感じます。若君たちが住む中央の山は十二国記の王たちが住む凌雲山に似ているし、今回出てきた端午の祭事で陶器の鹿を撃つ弓射は十二国記『丕緒の鳥』の鳥に見立てた陶製の的を射る儀式・大射を思わせます。

      同じモチーフを使っていても、アウトプットでは全く異なる話になるのがが面白いところですね。

      丕緒の鳥 (ひしょのとり) 十二国記 5 (新潮文庫)

      中古価格
      ¥1から
      (2019/8/12 13:40時点)




      八咫烏シリーズ


      『烏に単衣は似合わない』
      『烏は主を選ばない』
      『黄金の烏』
      『空棺の烏』
      『玉依姫』
      『弥栄の烏』
      外伝『すみのさくら』
      外伝『ふゆきにおもう』
      外伝『まつばちりて』
      外伝『あきのあやぎぬ』
      外伝『ふゆのことら』




      JUGEMテーマ:最近読んだ本

      大河ファンタジー「精霊の守り人シリーズ」感想と次の大河ファンタジー予想

      2018.01.28 Sunday

      0
        2年にも渡って放送された大河ファンタジー「精霊の守り人」がいよいよ完結。
        見れてよかった、そして物語の多様性について感じ入った、というのが率直な感想です。

        原作ファンとしては最初はどうなることかと


        まったく新しい「大河ファンタジー」というジャンルを確立し、それを放送することで、原作ファンとしては最初はどうなることかと思ったものです。なにせ、NHKの番組紹介でもMCの人たちでさえ、ドラマに疑心暗鬼な感じでしたから。(個人的にあのMCは一生許しませんww)

        それが、圧倒的な映像とアクション、徹底的にこだわった異世界の風俗によって、徐々になじんできたように思います。林先生の「精霊の守り人徹底解剖」などの解説番組なども功を奏したのではないかと思います。これを機に林先生にはテレビでもっと上橋作品を紹介していただきたい。

        精霊の守り人 最終章 Blu-ray BOX

        中古価格
        ¥14,910から
        (2018/12/7 15:35時点)





        一連の大きな流れとして


        ドラマを見てよかったなあと思ったのは、物語が一連の大きな流れとしてつくられていたことです。

        原作は一つの物語から世界が広がっていき、ドラマは原作が広げた世界観をまとめ、また一つに集約していく感じなんですね。これは、シリーズが完結しているからこそ。

        特に最終章のカンバル編は原作と大分異なるのですが、思い切って変えたことで次の物語の伏線としてうまく生きたと思います。




        物語の多様性の面白さ


        ドラマ化に際して思ったのが「物語の多様性の面白さ」でした。原作「精霊の守り人」から、マンガ、攻殻機動隊の神山健治監督によるアニメ、そして大河ファンタジー。

        どれひとつとして、同じものはありません。アニメもドラマもそれぞれの表現を極めています。その違い、多様性がすばらしい。人の想像力はこんなにも異なって面白いのだと。

        芥川龍之介の『藪の中』という小説は、一つの事件につき登場人物たちそれぞれがまったく異なった証言をする物語ですが、こうしたふうに同じ題材でも関わる人が異なれば、全く異なるモノができあがるのは当たり前じゃなかろうかと。

        藪の中 (講談社文庫)

        中古価格
        ¥12から
        (2018/12/7 15:42時点)




        それが実現できたのは、アニメもドラマも原作への深い敬愛があったればこそ。それがないとただの「改悪」でしかありませんから。


        マンガでは狩人のジンを主人公にしたスピンオフ作品も。

        ジン~アニメ精霊の守り人外伝~ (ヤングガンガンコミックス)

        中古価格
        ¥1から
        (2018/12/7 15:39時点)





        次の大河ファンタジー予想


        さて、『精霊の守り人』は終わってしましたが、これで終わりではありません。大河ファンタジーという新しいジャンルはこれからも続いていくと思うので、次にどんな物語が映像化されるのか。

        『精霊の守り人』とともにNHKでアニメ化された上橋先生原作の『獣の奏者』、小野不由美先生の『十二国記』、古代日本をベースにした『空色勾玉』、新進気鋭のファンタジー『八咫烏シリーズ』など。
        日本には海外にも負けない優れたファンタジー作品が多数存在しますので、これからどんな作品が映像化されるのか楽しみです。

        新潮文庫 十二国記セット

        中古価格
        ¥2,900から
        (2018/12/7 15:38時点)





        配役ごっこが現実のものに


        10年前に雑誌ダ・ヴィンチ誌上で「精霊の守り人配役予想」を行ったことがありました。その時は上橋先生もファンも、ごっこ遊びの延長のように楽しんでいました。

        私自身、小野不由美さんの『十二国記シリーズ』が好きで、よくキャステングを考えたものですが、大河ファンタジーの確立により「ごっこ遊び」が現実のものになるなんて、本当に感慨深い…。

        ダ・ヴィンチ 2007年 01月号 [雑誌]
        メディアファクトリー



        JUGEMテーマ:ファンタジー



        旅のまとめに無印良品のマチ付きクリアケースが便利

        2018.01.25 Thursday

        0
          旅行に行くとついついもらってしまうのが紙モノ。チラシやパンフレット、観光施設の入場券や食事をしたレストランの箸袋、メニュー表など、どれも見返すと旅の思い出が蘇ります。

          しかし、そうした紙モノはなかなか整理が難しい。今まではクリアファイルやビニールのクリアポケットに入れていたのですが、紙の厚みでパンパンになるしまって整理しづらいのです。

          マチ付きクリアケース


          なんか、見やすくて取り出しやすくて、量の多いパンフレットなどの紙モノをうまく整理できる収納グッズはないものか…と探していたら、偶然通りかかった無印良品にありました!

          それがこの
          ポリプロピレンマチ付きクリアケース/A4サイズ・マチ幅約20mm

          旅行ごとにチラシやパンフレットを入れておきます。こうしておくと取り出しやすいし、透明なので中身が確認できる。特に整理の手間もいらないのがありがたいです。
          ラベルに年月と旅行先を書いて貼っておけばひと目でわかるので非常に便利。
          無印マチ付きクリアケースにラベルを貼り分類


          ポリプロピレンマチ付きクリアケース/A4サイズ・マチ幅約20mm





          旅行の思い出の整理の他、映画や演劇のちらし、本やマンガのオビなど、まとめてとっておきたい紙モノの整理にも大活躍。一個80円という安さなので、まとめ買いをしておいておけば日常の書類整理に役立ちます。

          ただ、ちょっとケース自体が薄いので耐久性はどうかな〜?と。それでも単価がやすいので壊れても買い替えしやすいです。

          ポリプロピレンファイルボックス1/2


          紙モノを整理したマチ付きクリアケースを収納するのは、ポリプロピレンファイルボックスー1/2/がこれまた便利。

          通常のファイルボックスの半分の高さなので、いちいちファイルボックスから抜き差しせずに内容がわかるので書類が見つけやすい!

          ファイルボックスの半分の高さなので値段も安い!まとめ買いしやすい!おすすめです!

          1/2サイズのファイルボックスでマチ付きクリアケースを収納

          ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・ホワイトグレー・1/2/約幅10×奥行32×高さ12cm





          かみの工作所 旅の標本カード

          価格:599円
          (2018/4/30 20:54時点)





          時間ができたら旅の資料をスクラップブッキングしてみたい。しかし、センスが足りず、いつも失敗するのでこういう講座できちんと学んでからつくりたい…。

          【無料資料請求】スクラップブッキング認定講師資格取得講座

          『向田邦子と昭和の東京』川本 三郎

          2018.01.24 Wednesday

          0
            向田作品の根底にあるものはなにか。それを彼女が育った昭和という時代と、東京という文化圏にある。作者の川本氏はそう解説します。

            昭和ことばに、懐かしい時代をうつす


            向田作品には印象的なちょっと古い言い回しの言葉がよくでてきます。「べそをかく」「たち」「ご不浄」など。
            私がすきなのは「こしらえる」(「作る」の古い言い回し)です。

            「つくる」よりも手間がかかっている気がして。実際、昭和の台所仕事は今よりもずっとたいへんだったので、弁当ひとつとっても「こしらえる」方がしっくりきます。

            向田作品の昭和ことばは、直接的な言い回しの現代のことばとちがい、やわらかくつつんでくれる。
            昭和のことばは、向田作品の重要な役割を果たしていました。人に言えない家族の秘密を絶妙なことばでつつむように。

            向田邦子と昭和の東京 (新潮新書)
            川本 三郎 新潮社 売り上げランキング: 312,292


            食と家族


            昭和の時代は、漬物をつけたり、梅干しをつくったりと、台所仕事にも年中行事がありました。私も昭和生まれの人間なので、家族で保存食を「こしらえる」思い出を持っています。
            向田作品には食事はもちろん、それをこしらえるところもよく描かれていました。

            嫁に行った娘は、婚家にあわせておむすびの形をかえたり、母親の手伝いで白菜をつけたり、今では懐かしい情景です。

            最近ではそんな季節感を見直す動きもあり、こうした季節の本をよく見かけます。
            わくわくほっこり 二十四節気を楽しむ図鑑
            君野 倫子 二見書房 売り上げランキング: 70,993



            家族思いの父親


            向田作品にたびたび登場する父親。苦労して支店長までのぼりつめた、いわゆる昭和の仕事人間ですが、向田エッセイによると「怒りっぽくてすぐどなり、家に会社の人間をよく招いては、家族に負担をかけていた。」とあり、

            てっきり自己中心的な昭和の父親だと思っていたら、実は子ども思いで教養高く、やさしい父親だったのだとか。向田さんのエッセイでは父親が亡くなる前にテレビでプロレスを見ていた。とありましたが、本当は娘の脚本の番組をみていたそうです。

            他にも、娘の受験が夢にまででてくるほど心配していたり、なかなか可愛いところがあるお父さんだったようです。
            そんな父親の影響からか、向田作品では父親の不倫がよくでてくるけれど、家族はそれをどこか容認していることが多い。

            今のドラマなら噴飯ものでしょうけれど、向田さんは長女で、父親の苦労を身近でみてきたからか「仕事で戦う父親が安らげる場所」が家族以外に求めることに寛容だったのです。

            新装版 父の詫び状 (文春文庫)
            向田 邦子 文藝春秋 売り上げランキング: 7,510

            JUGEMテーマ:最近読んだ本



            無印良品 アクアポット植木鉢でずぼらガーデニング

            2018.01.11 Thursday

            0
              部屋のインテリアに観葉植物を置きたい…と思い、これまでいろいろな観葉植物を育ててみましたが、なかなかうまくいかず、これまでにも観葉植物の屍を築いてきた私。植物さんたちにはほんとうに申し訳ないrwん。

              忙しいとついつい植物への水やりを忘れてしまい、慌ててたくさん水をあげては根腐れを起こしてしまうの繰り返し。しかし、それでも部屋に観葉植物はほしい。けれど、世話はできるだけ簡単にしたい。

              そんなわけで、「世話が簡単なガーデニング」を目指し、いろいろ探してみたのですが、無印良品のアクアポット植木鉢がずぼらな私にはぴったり。

              ■無印良品アクアポット使い方


              1.鉢の底に水を入れる
              2.専用ポットについた給水ヒモから水を吸い上げる
              3.鉢の水が吸い上げられてなくなったら入れる

              たったこれだけ!暖房のある屋内でだいたい一週間で水がなくなるので、一週間に一度、鉢に水をいれてやります。
              水を入れる曜日をきめてルーチン化すれば、乾燥も防げる。
              なにより、水やりの加減を考えなくてよい→根腐れを防げるというのがずぼらガーデナーにはありがたいです。


              アクアポット ペペロミア・イザベラ 4号/底面給水タイプ・バレル鉢




              店頭ではアクアポットを扱っていないところが多いし、植物の手入れがイマイチなので、ネット買いの方がいいかも。ネット限定の観葉植物や別売りアクアポット用鉢もあって便利。


              無印良品ネットストア




              NHKBSドラマ「植物男子ベランダー」の原作。ベランダで勝手気ままに植物を育てるベランダーの中年男性と周囲の変わった植物マニアたちの物語。てきとうに世話してるのに、うまいこと育てるんだよなあ。うらやましい。

              ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)
              いとう せいこう 新潮社 売り上げランキング: 10,573


              JUGEMテーマ:観葉植物

              『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』遠藤雅司

              2018.01.05 Friday

              0
                こういう再現レシピものの本、大好きです。 『精霊の守り人』を中心とした上橋菜穂子先生物語の料理を再現した『バルサの食卓』や、鬼平犯科帳の料理を再現した『鬼平料理帳』。科学の力で「まんが飯」を検証した『空想キッチン!』など。そんないっぷう変わった料理本は、料理だけではなく、料理にまつわる歴史や文化が垣間見れ、料理以外にも楽しめるし、作ってみればその物語の世界にひたることもできます。

                粘土板に書かれたレシピ


                歴史的レシピ本は数々ありますが、なんとこの『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』には『世界最古の料理』古代メソポタミアのレシピが載っています。

                なんでもあの、教科書とかでみる粘土板に楔形文字で描かれていたというから驚きです。

                本が好き!の書評でメソポタミアの粘土板レシピの訳が面白くて思わずツッコミを入れてしまったとコメントがありましたが、実際読んでみると
                「そこでお前は動物を屠り、スープに投げ入れる」

                など命令口調。確かにツッコミ入れたくなる気持ちもわかります。これが楔形文字で書かれてたのか…。

                古い文明のレシピいっても、ビールでつくったパンや、野菜出汁の煮込み料理もあってなかなか美味しそう。
                歴メシ!  世界の歴史料理をおいしく食べる
                遠藤雅司 柏書房 売り上げランキング: 14,048


                ローマの饗宴、カラフルな中世料理


                カエサル時代のローマ料理はローズマリー・サトクリフの『ローマとケルトの息子』にもローマ貴族の晩餐シーンで子ヤギのミルク煮、アーモンドケーキなどの豪華料理などが描かれていました。

                ローマ貴族はとにかく食べるまくる。吐いても食べる。饗宴には肉や魚、レアチーズケーキのようなデザートまで。領土が広がっていくにつれ、様々な食材がローマにあつまり、どんどんと豪華になっていったそうです。サトクリフが描いた物語の時代はローマでも後期にあたるので、肉や魚やデザートなんかも豊富だったのでしょうね。

                ケルトの白馬/ケルトとローマの息子―ケルト歴史ファンタジー (ちくま文庫)
                ローズマリー サトクリフ 筑摩書房 売り上げランキング: 228,341


                一方、中世ヨーロッパ。ルネサンス以前のこの時代はよく「暗黒」と称されますが、食事についてはなかなかどうして、豪華で繊細。アスパラのサラダやアーモンドライスなど、現代のレストランでも通用しそうな小洒落た料理が並びます。ただでも、この時代は手づかみで料理を食べていたそうですが…。

                ルネサンスのように性格で精密な描写と真逆。パースもデッサンも現代の感覚で見るとおかしい中世美術。でもそれがなんとも味わいがあって、私は大好きなんですよ。
                教会の怪物たち ロマネスクの図像学 (講談社選書メチエ)
                尾形 希和子 講談社 売り上げランキング: 336,479


                JUGEMテーマ:最近読んだ本


                『パーマネント神喜劇』万城目 学

                2018.01.01 Monday

                0
                  おそらくこの話、クリスチャンやムスリムなど『絶対唯一の神』をもつ人々には理解されないでしょうね。なんといってもこの神様、神なのにものすごく人間くさい。失敗だってする。でも、そんな神様が大好きなんですよね、私たち日本人は。

                  とある小さな神社におわす縁結びの神と、そこの神社に願う人間たち、そして様々なタイプの神が集まる『パーマネント神喜劇』。『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』など、人間と神様の不思議なかかわりを描いてきた万城目さんの神さま小説『パーマネント神喜劇』、今回も面白いです。

                  パーマネント神喜劇
                  パーマネント神喜劇
                  posted with amazlet at 17.12.16
                  万城目 学 新潮社 売り上げランキング: 65,781


                  人間くさい神さまたち


                  まずこの表紙のインパクトたるや…。この大阪の街で飲んだくれていそうな太ったおっちゃんが実は縁結びの神。そして裏表紙の七三スーツのサラリーマン風の男性も神さまです。確かに日本には八百万(やおよろず)も神さまいるのだから、中にはこんな神さまもいるかもしれません。

                  神さまたちも、現代人のニーズに合わせるため、いつまでも弥生時代衣装に「みずら髪」ではいられないのでしょう。

                  図解 日本神話 (F-Files No.033)
                  山北 篤 新紀元社 売り上げランキング: 185,793


                  おっちゃん神は縁結びの神さまなんだけど、神さまヒエラルキーでいえば下っぱ。そのため、上位神からのノルマ(縁結びの成功率とか)に苦しんだり、別の神社(芸能)でパートタイムをしたり、神様仲間に仕事の愚痴をこぼしたり。神さまなのに人間臭い。

                  けれどそんな人間臭い神さまが、私は大好きです。遠くの大きな存在よりも、近くのおっちゃんの方がお願いごともしやすいですし。


                  神と人の絆


                  最終章『パーマネント神喜劇』では、人と神さま同士との絆が描かれていて、読んでいてちょっと泣けました。おっちゃん…じゃなかった、神さま、かっこいいよ。

                  ある地方に大規模な地震がおきて、その土地の神社も壊滅状態に。小学生の美琴はぺしゃんこになった神社に「地震をなくしてください」とお願いすると、サラリーマン風の不思議な男の人を見かける。実はその神社の主神はあのおっちゃんの神さまで、地震で親睦の中に閉じ込められていた。

                  美琴とサラリーマン風神さまの協力で、なんとかおっちゃん神の救出に成功したものの、上位神からこの地にさらなる災厄がもたらされると聞かされて、ひとり(ひとはしら)、この地を守る決心をします。

                  それは土地の人々が神社と神さまを信じて、拠り所としていたから。自分たちの家よりも神社の復旧を優先させ、「地震をなくして」と願っても、地震をとめられなかった神さまを恨んでなどいない。
                  そこには、ずっと長い時をかけて培ってきた、人と神との絆がありました。

                  神は人間が祀ることで存在し、人間たちが神を忘れてしまうと、その存在が消えてしまう。つまり、神が神たるには、人間の思いが必要なんですね。

                  こんな神さまが近くにいてくれるなら、毎日ちょっとがんばれる気がします。

                  『パーマネント神喜劇』に登場した神さまたちも、ときにはホルモーを観戦したりするのかな。

                  鴨川ホルモー (角川文庫)
                  万城目 学 角川グループパブリッシング 売り上げランキング: 88,990


                  万城目さんの他の作品「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」の登場人物もでてきます。こういうちいさなコラボがうれしいんですよね。

                  かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)
                  万城目 学 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013-01-25)売り上げランキング: 32,396



                  「鴨川ホルモー」→
                  「鹿男あをによし」→
                  「プリンセス・トヨトミ」→
                  「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」→
                  「ザ・万歩計」→
                  「ザ・万遊記」→

                  JUGEMテーマ:最近読んだ本



                  『活版印刷三日月堂 庭のアルバム』ほしおさなえ

                  2017.12.14 Thursday

                  0
                    思えば近頃、私たちの周りにはデジタルなもので溢れている。フィルムカメラはデジカメに、活版印刷はオフセットからデジタルに。アナログの機器は制限が多く、人はより便利に、きれいにするため技術を発達させてきたけれど、気がついたら私たちの周りからは質感が消えていました。

                    さわり心地や重さ、匂いなど視覚以外の感覚。それらをもつのが「物体」なのかもしれない。
                    逆に若い人たちの間では、物体として残せるフィルムカメラや活版印刷が流行っているのだといいます。

                    『活版印刷三日月堂』は、そんな手に取ることができる「もの」を活字にたくして伝えているのかもしれません。

                    ([ほ]4-3)活版印刷三日月堂 庭のアルバム (ポプラ文庫)

                    中古価格
                    ¥280から
                    (2018/8/12 21:06時点)




                    『チケットと昆布巻き』 大切な場所の話。


                    観光雑誌「めぐりん」の記者・竹野は、友人の結婚式で再会した同級生たちと自分を比べ、仕事や収入将来について引け目を感じた。そんな時、取材時に紹介された三日月堂を取材することになり、竹野は弓子さんに「どうして活版印刷をはじめたのか」と質問をする。

                    弓子さんが活版印刷をはじめた理由が語られます。家族が早くに亡くなってしまった弓子さんにとって三日月堂とは、弓子さんが家族とつながっていられる大切な場所だったんですね。
                    三日月堂はお客さんとのつながりが深いし、三日月堂に集まる人が多くて気がつかなかったけれど、そういえばこの人は天涯孤独だったのだと思い出しました。

                    この話を読んで、自分の大切な場所について考えてみました。私にとっての三日月堂は、実家の工場です。自営業だったので、家の裏に工場があり、入ると大きな機械の動く音や油の匂いがしていました。もう取り壊してしまったけれど、今でもときおり思い出します。

                    この章に登場するレトロな雰囲気の市民シアター「シアター川越」は「川越スカラ座」がモデル。実際にイベントで使用したり、映画とのタイアップ企画などにも力をいれています。

                    散歩の達人 2017年 12 月号 [雑誌]

                    中古価格
                    ¥324から
                    (2018/8/12 21:05時点)





                    『カナコの歌』家族の思い出


                    「めぐりん」に掲載された三日月堂と弓子さんの記事をみつけた、弓子さんの母・カナコさんの同級生・聡子。カナコさんの生きていた思い出を伝えるため、彼女は三日月堂を訪れます。
                    闘病のこと、死の恐怖から逃れるように書いていた短歌のこと。

                    弓子さんはお母さんを早くに亡くしたため、思い出らしい思い出を持たなかったけれど、こうしてお母さんを知る人から伝えられることで、思い出を追加してゆくことができてよかったですね。聡子さんたちにとってもカナコさんのことを思い出せるいいきっかけになったようです。
                    人は、思い出を作り出すことができるんですね。自分のためにも、誰かのためにも。


                    『庭のアルバム』道を見つける


                    母親がもっていたカナコさんの歌カード(弓子さんが印刷した)に興味をもった高校生の楓。学校生活に馴染めない彼女は三日月堂での活版印刷ワークショップをきっかけに、弓子さんからイベント用のカードのデザインを任されることに。

                    楓がちょっと苦手な父方のおばあちゃんの家の庭で、カード用のスケッチをしていると、苦手だったおばあちゃんの意外な一面を垣間見ることができて…。おばあちゃんと孫の交流、「西の魔女が死んだ」を思い出しました。

                    学生の時ってなにがきっかけか、自分でもわからない方向に行ってしまうことがありますよね。楓さんも弓子さんと活版印刷に出会うことで自分の進むべき道を見つけられたみたいです。

                    『川の合流する場所で』新しい流れ


                    弓子さんが活版印刷のイベント出会った岩手の印刷会社の会長とその親戚の青年・悠生。話を聞くと三日月堂にある大型印刷機械もあるという。弓子さんは機械をみるため岩手へ。それは機械の視察のほかにもうひとつ目的があって…

                    今回ご縁ができた盛岡の本町印刷。そこでいよいよ大型機械を動かすことができました。そこには青年の祖父である前会長の込めた思いが活字に組まれていて、それをかたちにすることができたことで、悠生にも弓子さんにも新たな流れがきているのかもしれません。

                    願わくば、人をつなぐ手を持つ優しく孤独な女性に、幸せが訪れますように。


                    『活版印刷三日月堂』とコラボした作られた『大人の科学マガジン 小さな活版印刷機 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)』。

                    物語に登場した「テキン」での活版印刷が自分でもつくれます。ひらがなとカタカナだけですが、これからの季節、年賀状に活版印刷でひとこと添えるのにもいいですね。

                    大人の科学マガジン 小さな活版印刷機 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

                    中古価格
                    ¥3,200から
                    (2018/8/12 19:28時点)




                    ([ほ]4-2)活版印刷三日月堂: 海からの手紙 (ポプラ文庫)

                    中古価格
                    ¥237から
                    (2018/8/12 16:58時点)




                    ([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)

                    中古価格
                    ¥71から
                    (2018/8/12 21:04時点)




                    活版印刷三日月堂シリーズ


                    『活版印刷三日月堂 雲の日記帳』
                    『活版印刷三日月堂 庭のアルバム』
                    『活版印刷三日月堂 星たちの栞』
                    『活版印刷三日月堂 海からの手紙』
                    『活版印刷三日月堂 星たちの栞』
                    『活版印刷三日月堂』の舞台を訪ねて

                    JUGEMテーマ:最近読んだ本

                    アメリカ大学生活とサウジアラビアの結婚事情。『サトコとナダ 2』ユペチカ

                    2017.12.10 Sunday

                    0
                      日本の女の子、サトコがアメリカ留学でルームシェアするのは、サウジアラビアの女の子ナダ。

                      最初は習慣や宗教の違いで戸惑っていたサトコでしたが、暮らしていくうち、ハラル食やヒジャブなどナダのイスラムスタイルにも慣れていきます。

                      ナダのイスラム教徒の風習のほか、ふたりのアメリカのキャンパスライフやアルバイト、パーティーなど驚きのアメリカ生活についても紹介されています。

                      留学生はビザがないのでアルバイトも大学構内に限られたり、パンの本場欧米には食パンが売っていなかったりと、小さなカルチャーギャップが面白いですね。

                      サトコとナダ 2 (星海社COMICS)
                      ユペチカ 講談社 売り上げランキング: 88


                      お互いをわかり合い、いい友情を育むサトコとナダ。しかし、ナダにはまだまだ驚かされることがたくさんあって…

                      サウジアラビアの家族事情


                      でたぞ一夫多妻!『乙嫁語り』でも描かれている通り、ムスリムの一夫多妻は、大奥やハーレムのようなものではなく、女性扶助の役割が強いようです。女性が自活する道がなかった昔は、男性が女性を養うことが義務づけられていたのと、大変な家事労働を妻たちで分担できるメリットもあったようです。

                      『乙嫁語り7』は一夫多妻が描かれるペルシャが舞台。しかしその反面、女性同士の結婚「姉妹婚」も容認されていたんだとか。

                      乙嫁語り 7巻 (HARTA COMIX)
                      KADOKAWA / エンターブレイン (2015-02-14)

                      そしてなんと、ナダの家も一夫多妻!お父さんの最初の奥さんに子どもができなかったからナダのお母さんと結婚したそうな。イスラム教徒は子どもを多く持つことが重要なので、子どもを産めない女性は、夫が別の女性を娶るのを否めないのか…。

                      唯一の救いは妻を平等に扱うことになっているから、子どもが産めなくても妻として平等に扱ってもらえるので、昔の日本よりましかな…。(「嫁して三年 子なきは去る」)

                      いやでもちょっと待て!愛する夫が新たに妻娶るんだぞ、他の女と寝るんだぞ。いくら平等でも、みんなそうだからって言われても嫌なもんは嫌だろ。

                      しかし、夫がいけ好かない場合はいいかもしれない…

                      女性たちも不自由さについては思うところがあるようで、ナダのお母さんと義母はナダに「広い世界をみて、自分で生きていけるだけの力を身につけなさい。」と言っています。

                      この言葉には、自分はともかく娘にはそんな不自由さを味あわせたくないという思いがあるように感じます。

                      サウジアラビアの結婚事情


                      そして、ナダにもいよいよ結婚話が!兄(サウジアラビアでは、女性の外国滞在には親族男性の同伴が必要)から結婚相手を提示されてしまいます。

                      幸いお相手は結構なイケメンらしく、ナダも好意はもったものの、結婚に対して不安をいだきます。サウジアラビアの結婚は家長が決めるものであり、娘が勝手に断ることはできないようです。ナダも「両親に迷惑がかかるから」と、不安ながらも結婚話を受け入れようとしています。

                      ナダの家はお父さんもお兄さんもナダのことを大切におもっていい相手を探してくれますが、中には女性を労働力、家同士のつながり強化の道具としか思ってない男性もいるでしょう。そういう望まない結婚を断ることができない、自分で相手をみつけることができないというのは、やはりフェアではないと感じます。

                      思い悩むナダを気づかい、サトコはナダを誘ってでかけます。何も言わないけれどそばにいてくれる女友達がいれば、きっと大丈夫。がんばれナダ。

                      サトコとナダ(1) (星海社コミックス)
                      講談社 (2017-11-20)売り上げランキング: 1,015


                      ナダの結婚話に隠れがちですが、サトコのことを好きな日系アメリカ人のケビンくんとの関係も気になるところ。ただでもサトコはナダといるほうが楽しくてまったく気がついていませんが…


                      サトコとナダ1→