聖地巡礼?「聖☆おにいさん」 の立川周辺出没マップをつくってみた。

2010.06.22 Tuesday

0
    「聖☆おにいさん」 の聖地・立川のオリオン書房では毎回「聖☆おにいさん」のTシャツをつくって展示していたのですが、(現在は展示されていません。(過去のTシャツ展示→

    その時は、聖人おふたりが出没している立川のスポットを書いてありました。ちょっと面白かったので、私も「聖地・立川 聖☆おにいさんマップ」を作ってみました。

    あくまでも「このあたりなんじゃない?」という推測の域をでませんが、立川の雰囲気を楽しんでいただければ幸いです。( ̄▽ ̄)

    聖人ふたりがジョギングにいったオニ公園の写真追加しました。

    送信者 聖☆おにいさん出没スポット


    より大きな地図で 聖☆おにいさん を表示

    立川の他にもおふたりが旅行にいった湯河原や、浅草もマップにいれてあります。


    聖☆おにいさん コミック 1-14巻 セット
    中村光 売り上げランキング: 3,494


    聖☆おにいさん(通常版) [DVD]

    中古価格
    ¥2,300から
    (2018/5/31 22:48時点)




    聖☆おにいさん 8 感想→
    聖☆おにいさん 7 感想→
    聖☆おにいさん 6 感想→
    聖☆おにいさん 5 感想→
    聖☆おにいさん 4 感想→
    聖☆おにいさん 3 感想(Tシャツ写真あり)→
    聖☆おにいさん 2 感想→
    聖☆おにいさん 1 感想→
    聖地立川の某書房の展示用のTシャツ→

    JUGEMテーマ:おすすめの漫画

    実家VS婚家『乙嫁語り2』 森 薫

    2010.06.21 Monday

    0
      待望の、本当に待望の「乙嫁語り2」です。
      中央アジア・コーカサス地方、20歳の花嫁・アミルさんと、12歳の花婿・カルルクさんとその家族の嫁取り物語。

      『乙嫁語り2』あらすじ


      前回、土地争いがもとでアミルさんをつれもどそうとした実家側が強硬手段に!やがてそれは町VSアミルさん実家側の大きな争いに発展してしまいます。もうある意味戦争です。(^^;)
      家に忍び込んだ伯父につれ戻されそうになるアミルさん。
      必死で彼女を守るカルルクがかっこいい!まだ少年なのに、体当たりで嫁を守ります。

      中央アジアは男性優位のようなのですが、なにかあったら全力で家族を守ってくれる男たち、かっこいいです。

      乙嫁語り 2巻

      価格:670円
      (2018/7/20 23:10時点)




      中央アジアの食や布


      殺伐としたお話だけでなく、パン焼き竈の話や、娘さんの布支度など、生活や風俗に関するお話もあります。パンは決まった日に、みんなで竈にあつまって焼くんですね。きれいな模様のついたパン、美味しそうです。( ̄▽ ̄)

      このころの布支度というのは、娘さんは自分で刺繍したさまざまな布を嫁入り道具として持っていくのだそうです。実家では布や糸などを揃えるためにお金をかけるし、刺繍の腕が嫁入り先にも左右するのだとか。

      今回、あとがき漫画にもありましたが居候で研究者のスミスが旅立つことになったため、「乙嫁語り」は新しい登場人物で展開しそうです。正直アミルさんとカルルクさんのお話をもっと楽しみたかったのだけど(ばあちゃんの若いころとか)、新しい町や習慣、新しい乙嫁さんのもわくわくしますね。次はどんな人々にであえるんでしょうか。

      美味しい中央アジア―食と歴史の旅 (ユーラシアブックレット)

      中古価格
      ¥2,977から
      (2018/7/20 23:08時点)





      森薫作品感想


      「乙嫁語り10」→
      「乙嫁語り9」→
      「乙嫁語り8」→
      「乙嫁語り7」→
      「乙嫁語り6」→
      「乙嫁語り5」→
      「乙嫁語り4」→
      「乙嫁語り3」→
      「乙嫁語り2」→
      「乙嫁語り1」→
      森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ→

      言わずと知れた英国メイド物語
      「エマ(外伝)」→
      エマ以前のメイド物語「シャーリー」→
      「シャーリー2」

      「森薫拾遺集」→

      JUGEMテーマ:おすすめの漫画

      レビューポータル「MONO-PORTAL」

      「カーサの猫村さん」 ほしよりこ

      2010.06.10 Thursday

      0
        きょうの猫村さん」で有名な猫の家政婦・猫村さんが今度は建築雑誌カーサブルータスでお手伝い。カーサブルータスで働くことになった猫村さん。



        学生のバイトさん、新人のバイトさん、編集のミトミさん、クールビズさん、副編集長さんたち、そしてイロイロ編集長さんなど、個性的なスタッフに囲まれながら、猫村さんは外国のことや建築のお勉強をがんばっています。

        カーサブルータスは実在のおしゃれな建築雑誌ですが、「カーサの猫村さん」に登場する編集部はどう見ても「猫村ワールド」です。

        編集部は畳敷きの一軒家(ボロ)だし、副編集長さんやクールビズさん(シャツの胸元があいているから)たちが河原で取っ組み合いのケンカをしたり、猫村さんが三輪車で配達に行ったり、のりで版下をつくったり。

        でも、こんな編集部だったら楽しいだろうなぁ。時々猫村さんがネコムライスを作ってくれるしね。(^^)



        カーサの猫村さん 1
        カーサの猫村さん 1
        posted with amazlet at 10.05.30
        ほし よりこ マガジンハウス 売り上げランキング: 58


        きょうの猫村さん1→
        きょうの猫村さん2 湯けむりバージョン→
        きょうの猫村さん3→
        きょうの猫村さん4→
        きょうの猫村さん5→
        きょうの猫村さん人形→

        カーサの猫村さん2→
        カーサの猫村さん 旅の手帖→
        猫村さんお楽しみボックス→

        JUGEMテーマ:きょうの猫村さん

        「聖☆おにいさん5」 中村 光

        2010.05.29 Saturday

        0
          前回、聖地立川で購入した「聖☆おにいさん」ですが、今回は時間が取れず、待ちきれないので地元で購入してしまいました。
          立川オリオン書房のTシャツ展示は近いうちに必ず見に行って写真をとってきます…!(>_<)

          今回弟子たちのほかに、それぞれの黒キャラ、マーラさんとルシファーさん登場。マーラさんとルシファーさんはかまってほしくて悪さをする不良少年のようだなあ。ブッダとイエスと闇鍋を囲んでいる姿がなんかいい。( ̄▽ ̄)

          そのほか、ボランティアで消防訓練に参加したら実際に火事場に出会ってしまった2人。お年寄りを火事場から救い出すんですが、この2人こられたら、確かに天国と極楽のお迎えきちゃったかと思いますよね。(^^;)ちなみに閻魔さまの顔が赤いのは地獄が熱いからだそうです。



          先日、仕事帰りに無理して立川に行って写真をとってきたのですが…orz
          みなさん、ご期待に添えずすみません。
          最初に謝っときます。今回クオリティ低いです。

          まず説明。今回は立川で聖人たちの出現スポットをTシャツにしたということなのですが…



          なんでTシャツムラサキ??




          ブッダに至ってはピンクだよ…





          確かに4巻で映画を観にファーレ立川にはいっていますけどね(^^;)あと、諏訪神社はお祭りのシーンだと思います。それと写真にはないけれどブッダTシャツの後ろには「多摩動物公園」と書かれています。私の記憶が確かなら、聖人たちが「多摩動物公園」に行ったシーンは見たことがありません。だから、「昭和記念公園」間違いじゃないかと。
          昭和記念公園ではスワンボートにのってたり、遊具ではしゃぎすぎたりしてますから。(昭和記念公園は立川市民の屋外娯楽のほとんどを担っています。市民に聞いたので間違いないと思います。)

          いままで2人のTシャツの言葉を展示してたんだから、この路線で行ってほしかったなあ…。次回の展示に期待。

          聖☆おにいさん 8 感想→
          聖☆おにいさん 7 感想→
          聖人ふたりの出没スポット、聖☆おにいさんマップをつくってみた→(6巻の出没ポイント追加)
          聖☆おにいさん 6 感想→
          聖☆おにいさん 4 感想→
          聖☆おにいさん 3 感想(Tシャツ写真あり)→
          聖☆おにいさん 2 感想→
          聖☆おにいさん 1 感想→
          聖地立川の某書房の展示用のTシャツ→


          JUGEMテーマ:中村光


          国別擬人化ギャグ漫画 「ヘタリア 3―Axis Powers」 日丸屋 秀和

          2010.05.23 Sunday

          0
            国別擬人化ギャグ漫画・「ヘタリア Axis Powers3
            陽気でヘタレなイタリアと、真面目なドイツ、不思議ちゃんな日本を主軸に、自分をヒーローだと思っているアメリカ、皮肉屋のイギリス、芸術大好きフランスなど、各国のイメージと特徴が一人のキャラクターにうまく反映されています。

            前回は北の暴れん坊・ロシアとその姉妹(ウクライナ・ベラルーシ)のお話がありましたが、今回は北欧5人組(スゥエーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランド)のお話も。今回アイスランドとノルウェーは「兄弟」ということが判明しました。お兄ちゃんと呼ばせたいノルウェーと、まわりでわきゃわきゃしている北欧メンバーがかわいい。

            毎回、国のキャラクターが増えてゆくのも楽しみなのですが、今回はオランダさんとその妹、ベルギーさんがでてきました。まだまだ、キャラは決まっていても活躍してない国も(台湾・香港・エジプトなど)あるので、今後の登場が楽しみです。

            ギャグ漫画ですが、ネタ元はちゃんとしたワールドニュースや歴史的事件をベースにしているので、普段なじみのない国の歴史と地理が自然と頭にはいります。( ̄▽ ̄)
            昔のヨーロッパの戦闘マンガもあり。
            同盟を組んでたポーランドを助けるために逃げ出したと思わせてピンチに助けに来るリトアニア、かっこいいなあ。

            ヘタリア1→
            ヘタリア2→
            ヘタリア4→
            ヘタリア5→
            ヘタリア6→

            ヘタリア 3―Axis Powers (BIRZ EXTRA)
            日丸屋 秀和 幻冬舎コミックス 売り上げランキング: 5


            ヘタリア〈3〉Axis Powers 特装版 (BIRZ EXTRA)
            日丸屋 秀和 幻冬舎コミックス (2010-05-20)



            ヘタリア Axis Powers
            ヘタリア Axis Powers
            posted with amazlet at 10.05.23
            日丸屋 秀和 幻冬舎コミックス

            元祖・肉食男子! 「ヴィンランド・サガ」 幸村 誠

            2010.04.24 Saturday

            0
              これぞ元祖・肉食男子!
              約千年前、ヨーロッパを荒らしまわったヴァイキング達の物語。
              物語の主軸は、主人公トルフィンが宿敵アシェラッドを倒すために、アシェラッドと行動をともにして戦場を渡り歩き、戦士の本質を探してゆくのですが、そこに王位継承問題とか、他のヴァイキングの勢力がいろいろ絡んできます。

              いや、すごいねヴァイキング。昔「小さなバイキング ビッケ」って子供向けアニメがあったけれど、あれとは真逆。

              ぶん殴る、ぶっ殺す、飲む、肉かぶりつく、ヤる。
              決闘、裏切り、拷問、知略、暗躍。

              作中の戦闘シーンの描写もかなり過激で、思わず目をそむけたくなるような場面もあったのですが、でもなんというか、読んでいて血が騒ぐんです。生きる本能むき出しのヴァイキングは生命の根幹というか、パワーに満ち溢れてるんですよね。

              もし私が男だったら、ヴァイキングになって(やりたいほうだい)暴れまわってみたいな。でもヘタレなのですぐにやられてしまいそうですが。。

              寄藤文平さんの「死にカタログ」によるとヴァイキングの死後の世界はヴァルハラという楽園で、戦い→宴会→戦い→宴会が延々続く世界なのだそうです。
              草食男子にはキツイ天国だ…


              死にカタログ
              死にカタログ
              posted with amazlet at 10.04.24
              寄藤 文平 大和書房 売り上げランキング: 23620

              5月発売の気になる本

              2010.04.22 Thursday

              0
                これから発売になるの本や漫画を自分用にメモ。
                楽しみだわ( ̄▽ ̄)

                ●センネン画報 その2 …5月12日
                今日マチ子さんのライフワーク「センネン画報」の2巻が発売決定。ティーンエイジの切なくあやうげな深層や日常風景を、独特のタッチで描いた名作。読むたびに年甲斐もなく胸がきゅんとなる。

                センネン画報 その2
                センネン画報 その2
                posted with amazlet at 10.04.22
                今日マチ子 太田出版



                聖☆おにいさん」5巻…5月21日→5月24日
                弟子たちや天使たちサブキャラも増えてきてますます面白くなってきています。( ̄▽ ̄)



                そのほか「きょうの猫村さん」の外伝「カーサの猫村さん」も5月27日発売予定。


                【予約】 カーサの猫村さん 1


                ※「ヘタリア」の3巻も5月21日発売だそうです。5月はお金をためておかなきゃ!
                ヘタリア 3 特装版―Axis Powers (BIRZ EXTRA)
                日丸屋 秀和
                幻冬舎コミックス (2010-05-20)
                売り上げランキング: 1

                「ゴーストハント1」 いなだ 詩穂 小野 不由美

                2010.03.26 Friday

                0
                  「十二国記」と並ぶ小野不由美先生の名作、「ゴーストハント」。
                  いなだ詩穂さんの漫画版は小野先生原案のオリジナル書き下ろし話があるのも魅力です。

                  美形だけれど冷酷でナルシストなゴーストハンター「ナル」こと渋谷一也と、相棒のリン、アシスタントの麻衣、元高野山坊主のぼーさん、自称巫女の綾子、エクソシスト(悪霊払い)のジョン、霊媒の真砂子たちがさまざまな超常現象、霊的被害を調査、解決してゆきます。

                  第一回目はナルと麻衣の出会い。
                  麻衣の学校の旧校舎に霊がでると噂があり学校側が依頼した「専門家」がナル。好奇心から旧校舎を覗きに行った麻衣はそこでトラブルを起こしてしまい、ナルから「ゴーストハント」の手伝いをするよう命じられます。その後、ナルたちだけで頼りないと思った学校側が次々と霊能者たちを呼んでしまう。
                  反目しあう霊能力者たちや霊が見えると主張するクラスメイトも首を突っ込んでくる中で、ナルが出した意外な結論は…

                  ナルの場合は他の霊能者とは違い、モニターやサーモグラフィを用いた科学的アプローチで霊的現象を調査するんです。初めて読んだときすごく斬新に感じました。あ、こんな方法もあるのかと。
                  実際にイギリスの方では幽霊の研究もされているらしい。
                  霊が出ると気温が下がるとか、霊視力は一種のサイコメトリ能力だとか。わからなくて怖いものを、わかるように科学的に意味付けをしていくところはホラーというよりSFに近いのかもしれません。

                  ゴーストハント (1) (講談社漫画文庫)
                  いなだ 詩穂 小野 不由美 講談社 売り上げランキング: 156065


                  悪霊がいっぱい!? (講談社X文庫―ティーンズハート)
                  悪霊がいっぱい!? (講談社X文庫―ティーンズハート)

                  「プール」 桜沢エリカ

                  2010.03.25 Thursday

                  0
                    タイ・チェンマイのゲストハウスを舞台にした、やさしい映画「プール」を、桜沢エリカさんが漫画化。

                    おはなしは映画ほぼ同じ。
                    タイ・チェンマイのゲストハウスで働く母親をたずねて娘のさよが日本からやってくる5日間の話。

                    さよの父親の話や、さよと京子の確執と和解、さよの市尾に対するほのかな思いなど映画ではあまり語られなかったエピソードがいくつかでてきます。映画「プール」は美しいプールサイドの風景を活かすため余計なものをすべてそぎ落としているので、映画で語られなかった部分が補足されているのはうれしいです。
                    映画ではあまりにも風景がすてきすぎて、うっかりラストの意味を素通りしてしまったのですが、漫画を読んで「こういうことだったのか!」と納得。

                    映画では風景と役者の雰囲気を楽しみ、漫画で内容を補足することではじめて「プール」という作品がわかったような気がします。

                    桜沢エリカさんは小林聡美さん、もたいまさこさん出演のドラマ「やっぱり猫が好き」のイラストを担当されていたので2人が出演した映画の漫画を桜沢エリカさんが手がけるのはなんだかうれしい。でもビーの顔が桜沢エリカさんの息子・びりゅう君にそっくりになっているけど。。つい描いちゃうんでしょうね。

                    プール
                    プール
                    posted with amazlet at 10.03.18
                    桜沢 エリカ 幻冬舎 売り上げランキング: 120266


                    プール [DVD]
                    プール [DVD]
                    posted with amazlet at 10.03.18
                    バップ (2010-04-09)売り上げランキング: 222


                    [映画]プール→

                    「日本人の知らない日本語」 蛇蔵 海野凪子

                    2010.03.16 Tuesday

                    0
                      大人気の「日本人の知らない日本語」を読みました。
                      日本語教師凪子せんせいが外国人の生徒たちの奇想天外な質問に遭遇する日本語エッセイマンガなのですが、われわれ日本人も知らないような言葉の由来や敬語の使い方なども紹介されていて勉強になります。
                      たとえば「がんばってください」は目上の人につかっちゃいけないのだそうで、その場合は「お疲れのでませんように」というのが望ましいのだそうで。
                      …そんな日本語、この国に何十年も住んでいるけど一回も聞いたことないぞ(^^;)そのほか、任侠映画ファンのマダム・マリーさんが行っていた花札の「あのよろし」の「の」みたいな字は「か」の古いひらがなだったというのも初めて知りました。

                      それにしても、外国人生徒たちはみんな個性的で面白い。
                      武士にあこがれて留学してきたスウェーデン人の女の子は友人たちに「武士に刀で切られるから」という理由で留学を止められたのだとか。インターネットが普及した昨今でも日本は欧米などからはまだまだ未知の国なんですねえ。

                      そのほか、やや見下した感のある言葉「オイコラ」は、明治期薩摩出身の警察官が方言として使っていたの「えらそう」な言葉としてひろまったのだとか。意味は「ちょっと君」くらいの意味だったそうです。

                      日本人の知らない日本語
                      蛇蔵&海野凪子 メディアファクトリー 売り上げランキング: 29


                      日本人の知らない日本語2
                      蛇蔵 海野凪子 メディアファクトリー (2010-02-19)売り上げランキング: 142


                      「日本人の知らない日本語2」→
                      「日本人の知らない日本語3  祝!卒業編」→
                      「日本人なら知っておきたい日本文学」→
                      JUGEMテーマ:日本語教師