2010.08.10 Tuesday

「大人になると、なぜ1年が短くなるのか?」 一川 誠 池上 彰

大人になると、なぜ1年が短くなるのか?」こどもの頃より大人になってからの方が時間の進み方が早くなったと感じることは、誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

認知科学の権威・一川先生と、巷で人気のミスターニュース・池上彰さんが「大人になると、なぜ1年が短くなるのか?」について人の心理や行動科学にから検証していきます。各章ごとにまとめが入っているのと、会話形式で文章がまとめられているのでわかりやすくサクサク読めます。

ヒトはどうやって時間を感じるのか。


そこには脳のしくみから、心理や文化、身体状態によって体感時間は様々に変化するのだとか。

よく言われる「大人の時間とこどもの時間の進み方」についても解説されています。時間は代謝が活発な方が時間の進みがおそくなり、そこには空間の大きさも関わってくる。空間が広い方が、時間がたつのが遅い。だから大人より体の小さいこどもはすぐ飽きてしまう。もともと体のしくみが違うから、無理やり大人のペースに合わせるのが難しいんですね。

ディズニーランドの待ち時間を快適にする工夫についても紹介されています。まがりくねった狭い空間や、仕掛けを用意することで退屈な待ち時間も楽しく演出しているのだとか。さすが夢と魔法の王国!

時間を短く感じないようにするコツ


年々時間の進み方が早くなっていく大人時間を、すこしでもゆっくりとする対策ものっています。

・退屈な時間を過ごす時は、時計を見ない
・特別なイベントをふやす

淡々と日々を過ごしていると、あっというまに時間はすぎていってしまう。充実した時間を過ごすには体感時間のコントロールと変化を心掛ける必要があるのですね。

とはいっても、このブログを書いているだけであっという間に時間が過ぎ去ってしまう…、体感時間のコントロールは難しいなあ。


大人になると、なぜ1年が短くなるのか?
一川 誠 池上 彰 宝島社 売り上げランキング: 356511



大人の時間はなぜ短いのか  (集英社新書)
一川 誠 集英社 売り上げランキング: 39969



一年は、なぜ年々速くなるのか (青春新書INTELLIGENCE)
竹内 薫 青春出版社 売り上げランキング: 25228


池上彰さん関連著書
「経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ」→
「伝える力」→

JUGEMテーマ:自己実現


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2010.03.01 Monday

「ツイッター 140文字が世界を変える」 コグレ マサト いしたに まさき

ツイッター(Twitter)で世界が変わるかどうかはわからない。
けれどこの140文字の表現システムはかなり面白い「おもちゃ」であることは確かです。私も入った当初は何が面白いのかわからなかったものの、お笑いや音楽など共通の趣味の人たちを探してフォローすることで、マニアックな意見に共感してもらえるたり、情報交換ができるようになってからはものすごく楽しくなりました。

ツイッター 140文字が世界を変える」では、
5つの章に分けてツイッターを紹介してます。

第1章 日本におけるツイッターの歴史
第2章 ツイッターとは何か?
第3章 ツイッターを楽しむためには?
第4章 ツイッターをビジネスで活用する
第5章 ツイッターの今後

わかりやすい文章でツイッターの特徴や使い方、楽しみ方を提示してくれているので第2章、第3章を読めばツイッターというものがわかるようになっています。「リプレイ」や「リツイート」などの機能説明もついているのでこれからツイッターを使おうという人にはいいかもしれません。

ツイッターはオープンでゆるいコミュニケーションツールのため
フォローしたり、そのフォローを解除(アンフォロー)するのも自由だし、140文字という制限があることで逆に気楽に始められます。ブログのように長文を書かなくてもいいし、SNSのようにドロドロの人間関係も発生しない(今のところは)気楽にはじめられるのがいいところだと思います。

他の参加者たちと「今」を共有することのできるツイッターは、使いようによっては全国、全世界で起こったピンポイントな情報を知ることができるので、災害なのでも効果を発揮しそうです。でもそれは本書でも書かれているように、ツイッターユーザーが呟く情報の「質」にかかわってくるのでしょうね。
ツイッター初期から参加されている広瀬香美さんの言葉がこれからのツイッターのあり方を表していると思います。いい言葉です。
「この場所を素敵なところにするのも、壊すのも、私たち次第です。」



ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
コグレ マサト いしたに まさき 毎日コミュニケーションズ 売り上げランキング: 1415

2010.01.31 Sunday

「世の中がわかる!社会心理学 (図解雑学)」

・人はなぜ行列に並ぶのか
・なぜ空いている席でも隅っこに座ってしまうのか
・なぜ中高年は「今時の若者はダメだ」というのか

世の中の心理のツボをついた本。
日頃ついついやってしまうことや、世の中で起こる現象は社会心理が影響しているのです。
たとえば「空いている席でも隅っこに座ってしまう」のは、隅だと他人に邪魔されるのも、邪魔をしてしまうリスクも半減するため、さかのぼるとそれは狩猟時代から続く防衛本能に由来するのだとか。なにか背中を預けられる物があれば、そこからは襲われないから安心できるためらしいです。

現代人の行動には意外と原始時代の集団生活の影響や生物としての本能に左右されているのですね。

世の中がわかる!社会心理学 (図解雑学)
齋藤 勇 ナツメ社 売り上げランキング: 113705

2009.08.11 Tuesday

「伝える力」 池上 彰

「(子供たちに)日銀がなにか説明できますか?」そんな見出しで始まる「伝える力 (PHPビジネス新書)」はNHKの「週刊こどもニュース」を担当していたジャーナリスト池上彰さんの簡単でわかりやすいコミュニケーション本です。
「週刊こどもニュース」は私も好きでよく見ていました。
国会や政治、事件のあらましなどをこどもにわかりやすく説明する番組で、大人が見ても楽しめる。大人よりややボキャブラリーが劣る子供たちですが、その分鋭い質問が飛び出すため、池上さんにとって子供たちはとてもいい先生だったのだそうです。

「伝える力」では、細かくテーマが分かれていて、テーマごとの文章も短くまとめられていて読みやすいし、取り上げる例えも身近な話題なのでわかりやすいです。
たとえば「円滑にコミュニケーションする」では爆笑問題や綾小路きみまろさんたち芸能人の危機管理とコミュニケーション能力について紹介しています。伝える側に愛情がないと毒舌は本当に「毒」になってしまうんですね。でも、普通のビジネスマンが彼らのマネをしても相手に不快感を与えてしまうので、安易なマネを慎むようにとも書かれています。
そりゃプロの技をうわっつらだけ真似たらだめだよなぁ。
でも、そういう人結構世の中にいます。(・_・;)

本の後半では、文章の書き方と文章力アップについての実践テクニック。書いた文章を手直しするには「一晩寝かせてから」という料理のようなワザが載っていました。
確かに書いた文章をあとから見直すと「なんじゃこりゃ」って思うことが多々あります。

伝える力 (PHPビジネス新書)
池上 彰 PHP研究所 売り上げランキング: 4535


これが「週刊こどもニュース」だ (集英社文庫)
池上 彰 集英社 売り上げランキング: 45657


池上さん関連著書
「経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ」→
「大人になると、なぜ1年が短くなるのか?」→

2008.09.24 Wednesday

「ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を」 菊池 敬一

ヴィレッジ・ヴァンガードの魅力をぎゅうっと圧縮して
詰め込んだのがこのヴィレッジ・ヴァンガードで休日をです(たぶん)
ヴィレッジ・ヴァンガードの創業者、菊池氏による涙と笑いと幾分かの毒を含んだエッセイ集。

文中、菊池氏がヴィレッジ・ヴァンガードにおける「理念みたいなもの」としてあげた言葉が好きです。

・本屋の棚は店長のささやかな提案が少しと、大部分は客が作るものである。
・ショップコンセプトのためには売上を下げる努力を持とう。


一見やりたい放題な印象のあるヴィレッジ・ヴァンガードですが、その裏にはこんなにまじめでかっちょいい心意気があるんですね。
こんなヴィレッジ・ヴァンガードだから、気がつくとまた今日も立ち寄ってしまうのです。

また、ヴィレッジ・ヴァンガードの魂ともいうべきポップについても、菊池氏による解説や添削講座なんてのもあります。これを読めば明日からシャレたポップがつくれる!

…なんてことにはなりません。

この本にポップをつけるとしたら
フランフランのほうが役に立つ。けど、こっちの方が面白い。」

うーん、微妙…orz



ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を
菊地 敬一 リブリオ出版 売り上げランキング: 284716


こちらは文庫版。
ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を (新風舎文庫)
菊地 敬一 新風舎 売り上げランキング: 68544

2007.07.18 Wednesday

「『打たれ強さ』の秘密」 岡本 正善

仕事がうまくいかず、
人ともコミュニケーションがうまくいかず、
後から入ってきた人に先を越され、
劣等感ばかりがつのる今日この頃。
なんとか、少しでもなんとかしたくて
いろいろな本を読んでみる。
この本は「人に流されず、自分のリズムをつかむ」ことを目標に書かれている。
実際、まだ人と向き合うのが怖いので、この中の呼吸法やイメージなど、できそうなところからやってみている。

しかし、この本は本屋でも売れ筋らしい。
ということは、私以外にも「なんとかしたい」と
思っている人がたくさんいるということなのかな?



打たれ強さの法則-心のスイッチを入れる実践トレーニンク゛-
岡本正善 青春出版社 売り上げランキング: 19177


JUGEMテーマ:ビジネス書

2006.04.02 Sunday

「ダメな自分を救う本」 石井 裕之

風邪ひきました。
もうだいぶよいのですが、昨日は家につくなり爆睡。
11時間ねむりました。人間て結構眠れるもんですね。

精神的もちょっと風邪気味のせいか
また買っちゃいました。こんな本↓

ダメな自分を救う本


・人のせいにしないこと
・「ないもの」を求めないこと
・今、この瞬間に何ができるか考え、それを実行にうつすこと

当たり前のことなのだろうけど、これがなかなか難しいんだよねぇ…

2006.02.20 Monday

「偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド」 齋藤孝

「声に出して読みたい日本語」の齋藤孝先生が教えるコミュニケーション本。
「死にカタログ」の著者、寄藤 文平さんがイラストを担当しています。
「偏愛マップ」とは 自分の「大好きなもの」を書き込んだマップのこと。

要は、自分の好きなものや人を書き出し、それを他人に見せる事で共通の偏愛を見つけだし、コミュニケーションを深めるというもの。つまり自分と
同じ人や同じ趣味を偏愛していたりすると一気に距離が縮むわけです。


自分だけのオリジナル偏愛マップを作成し、それを会社や学校での自己紹介や自分をアピールするツールとして使用することができます。(合コンも盛り上がるらしい
以前、ちょっと苦手な人がいたのですが、その人が意外にも私と同じマニアックなテレビ番組が好きだと知り、そこから親近感が沸いて以前より打ち解けられるようになりました。
偏愛マップを使うことで、私のような口下手な人間でも、そこから仲良くなるきっかけがつかめたりします。

試しにワタクシも自分のホームページで偏愛マップをつくってみました。考えてみると個人のホームページって、その人の「偏愛」のカタマリのようなものですね。
ホームページから同じ偏愛をもつ方々へ情報を発信サイトとしてゆけるよう、これからもがんばります。


齋藤 孝 / NTT出版(2004/03/27)
Amazonランキング:6,098位
Amazonおすすめ度:
コミュニケーション「論」ではなく「方法」の提案
シンプルだけど効果抜群
読んだらまず実践を!!!




死にカタログ
死にカタログ
posted with amazlet at 13.02.26
寄藤 文平
大和書房
売り上げランキング: 5,535



JUGEMテーマ:人間関係


2005.12.21 Wednesday

「プロカウンセラーの聞く技術」 東山 紘久

人生、生きていれば、いろいろと人の愚痴を聞かねばならない状態に遭遇します。
仕事であったり、家庭であったり、友人関係であったり。

状況は様々でありますが、よほど人間ができた人、器の大きい人以外は、どうしても愚痴は聞いた方にもストレスを与えてしまうもの。

私はそんな時、どうしてもカウンセリング系の本に頼りがちです。
しかし、このカウンセラーが書いた本、中にはクセのあるもの多いのです。
「こんなクライアントに不快な目にあった!」だの、「近頃の若いもんは…」といったカウンセラーの愚痴が延々と書き綴られている内容もあり、ストレス解消にそれらの本を読もうとするのに、逆にますますストレスがたまるといった本末転倒の結果になることもしばしば。

そんなとき、この本に出会ったのでした。

具体例をあげて、カウンセラーの立場からの「聞く技術を」をわかりやすく紹介。作者は書き手の主観よりも、あくまでもプロの視点から「この場合どうしたらよいか」を尊重し伝えているので、安心して読みすすめることができます。これぞ、まさにプロカウンセラーの仕事!

この本を読んでわかったことは、
人はアドバイスなど必要としてはいないし、説明や評論などもいらない。必要なのはその人の意見や愚痴に真摯にうなずき、肯定してあげることなのだと。

ただし、プロのカウンセラーも集中して話を聞けるのは1時間以内。お金を払って聞いてもらうカウンセラーは時間を守ってもらえるけれど、普通の愚痴は1時間では終わらない。

そこをなんとか、時間を切るのが難しいんだ、これが。。

どうか、人に愚痴を聞いてもらおうとする人は、なるべく1時間をめど話を切り上げて欲しいものです。。


プロカウンセラーの聞く技術
東山 紘久
創元社
売り上げランキング: 861



JUGEMテーマ:オススメの本


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2005.06.05 Sunday

占い師の話術 「一瞬で信じこませる話術コールドリーディング」 石井 裕之

↓こんな本を見かけました。こんど買ってみようと思います。
確かに占い師というのは「人を信じ込ませてなんぼ」の商売なので下手なセールスマンより、よっぽど人身掌握に長けていると思う。
一瞬で信じこませる話術コールドリーディング
一瞬で信じこませる話術コールドリーディング
石井 裕之

私は以前、占いに一喜一憂しておりました。
それこそ、Hanakoやananの特集は欠かさず読み、自分の運勢に落ち込んだり、舞い上がったりしてました。
そんな時、京極堂シリーズの中で「過去を当てられるからといって、占い師が未来を当てられるとは限らない。」と書かれているの
を読んで、目からウロコが落ちた気がして、その時から占いに対する考え方が変わりました。相変わらず「めざましテレビ」朝の占いには一喜一憂しますが、それ以外はなるべく気にしないよう、心がけてます。はい。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM