「新編懐古的洋食事情1」 市川 ジュン

2008.11.09 Sunday

0
    アイスクリン強し」を読んでから、レトロな食べ物の話が読んでみたくなりました。

    懐古的洋食事情シリーズは、市川ジュン先生の名作「陽の末裔」の登場人物や関連した人々を主役に、明治・大正・昭和の洋食事情をフィクションを交えて描いたマンガです。
    もともとは順不同に発表されていたのですが、文庫化するにあたって年代別に再編成され、「新編」となりました。
    新編懐古的洋食事情 (1)」では洋食の始まった明治初期から庶民に浸透しはじめた大正時代までの作品が掲載されています。

    新編懐古的洋食事情 1 (YOU漫画文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/9/26 20:27時点)




    血湧き肉躍る料理店


    明治初期。深草子爵は年若い家老の息子(執事見習い)の小次郎をつれ、洋食店・開花亭を訪れる。
    小次郎はてきぱきとはたらく店の看板娘・ゆきに恋をしますが、主である深草子爵も彼女を狙っていて…

    この頃はナイフとフォークの使い方もわからない人が多く、フォークをそのまま口に入れてケガをしちゃう人とか、ステーキを切るのに力いれすぎて、肉が飛んでいってしまったり。まさに「血沸き肉踊る」わけです。

    大夜会始末記


    明治20年代。チャリティーの夜会を開催することになった望月伯爵家。とはいえ、屋敷も料理も和風の伯爵家では洋風パーティなど開いたことがなく、当主夫妻も投げ出す始末。

    しかたなく若奥様・梅子さんが若い見習いコック・新(あらた)といろいろな料理を選べるブフェ・パーティを企画するが…

    純和風の家での洋風パーティーを開くために悪戦苦闘。和洋折衷にしてしまう伯爵夫人のセンスがすてき。そりゃ料理人たちも惚れちゃいますよね(^^)

    トマト―赤茄子―の作法


    実業家・岡倉家に嫁入りが決まった和野さん。
    料理裁縫などの花嫁修業を完璧にこなしてきたはずが、嫁ぐはずの家は洋風スタイルでまるきり役に立たない。
    ある日花嫁修業で習っていない西洋野菜、トマトを使って料理をつくることになってしまった和野さんの運命は…

    明治は生活スタイルが激変した時代。当時はおっかなびっくり、新しい食事のスタイルも洋風を取り入れつつ、自分の家流にしていったのでしょうね。

    西洋野菜主義


    地主の次男・銀次は深草子爵の寮(別荘)に美しい女が滞在していると聞き、野菜を届ける口実に女を見に行く。
    ところが寮には灰をかぶったの女がいるだけだった。

    実は彼女こそ美貌の女流画家・紹月(月絵)で、類まれな美貌と画才をもっているが、かまどの火もつけられないほどの料理下手だった。銀次は女ながら時代を切り開く彼女に惹かれて並び立つため、当時まだ珍しい西洋野菜の栽培を始めるのだが、紹月はたくさんの求愛者に囲まれていて…

    セロリやアスパラガス、レタス(チシャ)など、今ではあたりまえの野菜も、昔は「西洋野菜」として珍しいものでした。

    振り袖に氷菓子


    氷菓子とは「アイスクリン」のこと。女学生の佐和子の家は高利貸し。家業にコンプレックスをもっているため、ひねくれていた。そのため学校では「アイスクリンの姫」(高利貸し→こおりがし→氷菓子→アイスクリン)と陰で呼ばれていたが、新任の英語教師・有馬の風変わりの授業のおかげですこしずつ彼女の氷もとけていく。

    しかし有馬は佐和子の家とある因縁があり…

    冷凍技術が発達していなかった昔、アイスクリンはそれは貴重なお菓子でした。横浜では明治時代のアイスクリンを再現しているお店もあるらしい。食べてみたいです。

    千代古齢糖の恋


    「千代古齢糖」とはチヨコレイトのこと。当時はまだチョコといえば、砂糖のクリームにチョコをかけたものだった。
    革新的な家柄に育ったさつきは、チヨコレイトが好きで行動的な女学生。道で出会う男子学生・夏目に恋をして彼の注意をひくため、校則違反の髪型「束髪くずし」にチャレンジしたり、道で話すきっかけを探している。

    あるとき落とした本をきっかけに夏目と会う約束をするのだが、社会主義に傾倒している夏目は、さつきを女性の同志としてしか見ていなかった…

    好きな人としゃべれた記念に、おこずかいでチヨコレイトを買うさつきがかわいらしいです。昔も今も、女学生が好きなものはあまり変わらないですね。

    コロッケに明日はない


    ここからは大正時代のお話。高島財閥の天然お嬢様・緑に縁談が。「結婚相手に会いに行く」という当時としては大胆な行動に出た緑お嬢様。

    ところが当の婚約者は忙しく、話をする暇もなかったが、すきな料理を訪ねたところ、「コロッケ」と答えた。その日から緑はコロッケ作り精を出すことに。

    なにせお嬢様のなさることですから、ちょっとずれているというか、毎日毎日コロッケを作っては婚約者に届けにいきます。いくら好きでもそう毎日は食べられないと思うんですが…(^^;)物語のラストに大正時代に流行った浅草オペラ「コロッケの唄」が印象的に使われています。

    花咲ける かすてーら


    内務大臣の長女・大日子(おおこ)さんは美食家でほんわりとした性格のお嬢様。昔なじみの菓子職人、至(いたる)ともいい関係だが、妹・高子の至への思いを知り、お見合いを受けることに。一方、至は懸案だったカステーラづくりに精をだしていたが高子から大日子さんの見合いの話を聞くと…

    アイスクリン強し」でもそうでしたが、菓子職人とお嬢さまというのは、やはり魅かれあうものなのでしょうか。

    ビアザケは歌う


    女性記者の操さんはビアザケ(ビール)職人だった祖父の薫陶でかなりの「のんべい」に育ってしまった。
    それを隠していたのだが、ひょんなことからカフェーの女給・はま子と知り合い、彼女の勤め先・グラン・カフェーに招かれる。

    実はそこの支配人は祖父が昔、口約束で決めた操の許婚だったのだが…

    当時のカフェーは今とは違い、アルコールも出していて男性客が大半。店にはお酌をしたり接客をする女給さんたちがいたのです。

    明治・大正・昭和のレトロでロマンチックな食べ物のお話。
    お気に召されたならばぜひお召し上がりください。

    新編懐古的洋食事情 全3巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

    中古価格
    ¥1,469から
    (2018/9/26 20:28時点)





    ●大正時代後半から昭和初期まで、ライスカレーやオムライスが一般的になりつつある「新編懐古的洋食事情2」の感想はこちら→

    ●昭和初期から戦後まで、洋食が庶民に浸透した
    「新編懐古的洋食事情3」の感想はこちら→

    幕末の洋食事始め「慶応三年のフルコース」→



    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    2008年おすすめ漫画ベスト3

    2008.11.08 Saturday

    0
      ジュゲムのお題に「2008年おすすめ漫画ベスト3」を選べとあったのでやってみました。
      でも、3つだけあげるのってむずかしいなぁ…

      まず3位。
      「天顕祭」
      圧倒的なタッチと民族学と神話とSFがまじりあった独特の世界観に圧倒されました。同人漫画初めて2007年度(第11回)文化庁メディア芸術祭奨励賞を受賞。
      「天顕祭」の感想はこちら→

      天顕祭 (New COMICS)
      天顕祭 (New COMICS)
      posted with amazlet at 08.11.08
      白井弓子 サンクチュアリパプリッシング


      迷ったけれど2位。
      「ヘタリア Axis Powers」
      国自体を擬人化するというアイデアと歴史的事件を忠実にを拾い上げてギャグ漫画として作り上げてしまうところがすごい!
      各国の特徴がよく強調されていて笑えます。
      こんな国同士なら世界も平和になりそうだ…
      「ヘタリア」の感想はこちら→
      「ヘタリア2」の感想はこちら→


      ヘタリア Axis Powers
      ヘタリア Axis Powers
      posted with amazlet at 08.11.08
      日丸屋 秀和 幻冬舎コミックス


      ヘタリア 2 特装版―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA)
      日丸屋 秀和
      幻冬舎コミックス



      そして私の選んだ2008年おすすめマンガ1位は…
      「聖☆おにいさん」です!
      イエスとブッダという2大聖人がバカンスに日本にやってきているという大胆な設定。おまけに聖人2人が俗っぽい(^^;)
      宗教色の薄い日本でしかなりたたないギャグ漫画。
      でも時々出てくる宗教的背景はきっちりしているし、楽しみながら勉強にもなると思います。

      「聖☆おにいさん」感想はこちら→



      「天顕祭」 白井 弓子

      2008.11.06 Thursday

      0
        すごい物語を、見つけてしまいました。
        白井 弓子さんの「天顕祭 (New COMICS)」は化学兵器を用いた「汚い戦争」後、「フカシ」という毒物に汚染された大地に生きる人々の物語。
        武装島田倉庫のような最終戦争後の世界というSF的要素と、神話や祭りといった民俗学的要素が織り込まれ、力強い墨のタッチとともに独特な世界観がつくりだされています。

        「天顕祭」という祭りがある。その年は50年ごとの大祭にあたり、町ごとにクシナダ姫が選ばれて祭に色をそえる。
        しかし、「天顕祭」の秘祭に選ばれた「本物」のクシナダ姫は地下深くに降り儀式を行わなければならない。地底深くには彼女を待ちこがれるオロチの君がいる。
        鳶の若頭・真中は、組の女鳶・木島が秘祭のクシナダ姫に選ばれて逃げてきたことを知る。連れ戻された木島を助けるため、真中は秘祭の行われる地下深くへ潜入する。


        ここまで書くと民話・ファンタジー風なのですが、実はSF的要素「汚い戦争(汚染物質を使った戦争)」が絶妙にまじりあった物語です。天顕祭は、科学的な戦争によって目覚めた「もの」を抑えるための祭りですし、「天顕菩薩」という架空の菩薩、天から現われて大地を浄化してくれる仏様がいて、それが日本らしく神社の祭りと合体したり、男たちは生涯に一度、汚染土壌の清掃管理を国から義務付けられていたり。
        どんなに科学が発達しても信仰や祭りといった民族的儀式が失われず、むしろ時代や環境にに合わせて変遷していくところが「ありえそう」で興味深かったです。

        天顕祭 (New COMICS)
        天顕祭 (New COMICS)
        posted with amazlet at 08.10.15
        白井弓子 サンクチュアリパプリッシング


        白井弓子さんは上橋菜穂子さんファンでもあり「狐笛のかなた」単行本のイラストを担当されています。マンガの帯も上橋さんからの推薦コメントも。

        狐笛のかなた
        狐笛のかなた
        posted with amazlet at 08.10.15
        上橋 菜穂子 理論社 売り上げランキング: 153095


        ●白井さんがイラストを描かれた「狐笛のかなた」感想はこちら→

        ●椎名誠が描いた科学戦争後の世界「武装島田倉庫」感想はこちら→

        ぼうけんのはじまり。「よつばと! 1」 あずま きよひこ

        2008.10.02 Thursday

        0
          本屋に置いてある「おためし読み」ですっかりハマってしまった。
          「よつばと! 」たしかに、すっごく売れていたり、マンガの賞をもらう理由がわかりましたよ。

          わたしはベストセラーマンガってあまり好きじゃないのですが、「よつばと! 」はいいなあ。( ̄▽ ̄)
          読んでいてほっこりします。


          夏休み。よつばととうちゃんはずーっととおくのばーちゃんちから引っ越してきた。よつばはどうやら外国でとーちゃんに拾われたらしいがそのへんのところはよつば本人も、とーちゃんもあまり気にしていないらしい。

          引っ越してすぐ隣に住む綾瀬家の三姉妹・あさぎ、風香・恵那となかよくなるよつば。
          そんでもって今日も、よつばはおもいつくまま冒険にでかけていきます。


          よつばと! (1)
          よつばと! (1)
          posted with amazlet at 08.10.02
          あずま きよひこ メディアワークス



          よつばとしろとくろのどうぶつ (よつばとえほんシリーズ)
          あずま きよひこ メディアワークス 売り上げランキング: 3324


          「よつばと!2」→
          「よつばと!3」→
          「よつばと!4」→
          「よつばと!9」→
          「よつばと!10」→
          「よつばと!11」→
          「よつばと!12」→
          「よつばと!13」→

          JUGEMテーマ:おすすめの漫画

          レビューポータル「MONO-PORTAL」

          立川の本屋で聖☆おにいさんに遭遇!

          2008.09.21 Sunday

          0
            ルミネ立川のオリオン書房でTシャツ姿の聖☆おにいさんに遭遇しましたよ。w( ̄Д ̄;)

            さすがは二人の地元、展示にも気合いが入っています。
            (マンガでは立川の風呂なしアパートに住んでいる設定)

            ブッダは「出家しました」
            ブッダのTシャツは「出家しました」

            イエスは「父と私と精霊」
            イエスのTシャツは「父と私と精霊」

            特設コーナーでは作者中村 光さんのサインもありましたよ(^^)
            立川におこしの際にはぜひお立ち寄りください。

            ※コーナーの変更によっては見れない場合もあります。
            09年4月時点では3巻の発売によりTシャツは別の言葉になってます

            聖人ふたりの出没スポット、聖☆おにいさんマップをつくってみた→
            聖☆おにいさん 5 感想→
            聖☆おにいさん 4 感想→
            聖☆おにいさん 3 感想(Tシャツ写真あり)→
            聖☆おにいさん 2 感想→
            聖☆おにいさん 1 感想→
            聖地立川の某書房の展示用のTシャツ→

            聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)
            聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)

            聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)
            聖(セイント)☆おにいさん (2) (モーニングKC (1720))

            「マーガレットとご主人の底抜け珍道中」 坂田 靖子

            2008.09.16 Tuesday

            0
              どこかへ旅に出てみたいー。
              こんなふうに思っていても、実際はなかなかできない人が多いんじゃないかと思いますが、このマンガの主人公、マーガレット奥さんは違います。「行ってみたい」と思ったとたん、すぐに目的の場所に旅に出てしまうのです。
              ギリシャ、メキシコ、オーストラリア、南極、南太平洋の小さな島まで、好奇心と冒険心の赴くまま、マーガレット奥さんは今日も旅にでます。

              一方、マーガレット奥さんの旦那さま、タルカムさんはイギリス人らしくガーデニングを趣味とするインドア派。
              休日は家でのんびりしたり庭いじりをしていたいタルカムさんですが、マーガレット奥さんの好奇心と行動力に巻き込まれ、ついつい珍道中をともにすることになってしまいます。

              オーストラリアではカンガルーにセーターを奪われたり、エジプトではミイラに懐かれたりと、行く先々でトラブルに会うのはタルカムさんの方。
              でも、マーガレット奥さんはそんなトラブルでさえサプライズとして楽しんでしまいまうのです。
              そんな二人の珍道中は読んでいるだけで旅の気分を味わえます。
              まあ、タルカムさんのようなトラブルには遭いたくはないですが。(^^;)



              「オチビサン」 安野モヨコ

              2008.09.09 Tuesday

              0
                安野モヨコ先生の「オチビサン」。
                レトロでかわいらしい雰囲気のマンガです。
                こういうレトロな画風が大好きなので、「オチビサン」も表紙をみてひとめぼれ。即買いでした。(^^)

                主人公のオチビサンは豆粒町というちいさな町に住んでいます。
                相棒のナゼニは黒のトイプードル。
                いつも何かに疑問をもっている探究者。
                パンくいはその名のとおりパンがだいすき。
                ちょっとお調子者で食いしん坊。
                そのほか、オチビさんの打ち水友達のおじいや、ラクガキ好きのニャースなど、楽しい仲間たちがいます。

                オチビサン 1巻
                オチビサン 1巻
                posted with amazlet at 08.09.09
                安野 モヨコ 朝日新聞出版 売り上げランキング: 166



                ●懐かしくて美しくてかわいらしい

                フクチャン、サザエさんのような懐かしいレトロテイストのオチビサン。でもただのレトロだけでなく、風景や草花が美しい水彩画で描かれていて、一コマ一コマがポストカードになるくらいの美しい仕上がりです。安野モヨコさんによれば、この画法はすごく時間がかかるのだとか。

                ●季節のうつりかわり
                オチビサンは、ナゼニやパンくいたちと季節ごとに楽しみをみつけてすごしています。春はお花見、柏餅づくり、夏は打ち水、縁側でお昼寝。秋はどんぐりひろいに枯れ葉ふみ。冬にはおしくらまんじゅう、大掃除。
                私たちがついわすれがちな季節のうつりかわりを、
                オチビサンたちはちゃあんと味わって暮らしているのです。

                オチビサンの住んでいる豆粒町は架空の町ですが、
                江ノ電や古い町並みは鎌倉をモデルにしているのでしょう。
                これは、「監督不行届」で、鎌倉に引っ越したエピソードがのっていましたので、安野さんのこころ安らぐ鎌倉の風景が
                「オチビサン」に反映されているのじゃないかなと思います。


                こちらはレトロ風イラスト寺田順三さんの作品。
                こういう画風が大好きだ。

                カムズのクリスマスカード (新風舎文庫―Post card book)
                寺田 順三 新風舎 売り上げランキング: 298218


                JUGEMテーマ:おすすめの漫画



                眼帯をした公務員の「詔命」とは… 「失楽園」 諸星 大二郎

                2008.09.01 Monday

                0
                  彼女を守る51の方法の記事で
                  ちょっとご紹介した「眼帯をした公務員」とは、諸星大二郎のマンガ「詔命」に出てくる主人公です。

                  もちろん、地震に関連したお話。

                  地震予報課へ配属された主人公は、たいした仕事もない部署で、法外な給料をもらうことになる。

                  さらに、美しい女性とお近づきになり、関係をもつようになるが、彼の片方の眼は次第にに見えなくなっていく。

                  不審に思い調べていくうちに、自分の身に与えられた恐ろしい「詔命」を知ることになるのだが…




                  もうおわかりでしょう。主人公は地震を抑える「人柱」として選ばれたのです。高額な報酬も、美しい女性も生贄にささげられた供物だったわけです。

                  古来より人柱として神にささげられるものは、片目をつぶされた。
                  主人公が人柱として捧げられたあとの新聞で「地震予報はずれる」の見出しになぜかゾッとしました。

                  諸星大二郎はおどろおどろした作風と、恐ろしくも不思議なストーリーが魅力です。はまってしまうと抜けられない。

                  怖いけれども面白い。
                  未読の方はぜひお試しを。

                  レビューポータル「MONO-PORTAL」

                  クリスマスが誕生日 「聖☆おにいさん 2」 中村 光

                  2008.08.31 Sunday

                  0
                    「聖☆おにいさん」の第2巻。また買ってしまいました。
                    そして、今回も笑わせてもらいました。
                    立川のアパートで下界バカンスを楽しむブッダとイエス。
                    イエスの誕生日(クリスマス)を本人に気付かなれいよう
                    パーティの準備をするブッダ。チキンが食べたいといったら
                    七面鳥たちが自らマッチをもってくる始末。

                    「ウチにもサンタさんこないかな〜」というイエスに
                    「君が呼んだら本物(聖ニコラウス)が来ちゃうから!!」
                    心の中で突っ込むブッダ。
                    シークレットパーティをしかけようと下界にやってきた
                    大天使たちを「変なガイジン」と思って追っ払っちゃった
                    大家の松田さん、強ぇ。w( ̄Д ̄;)

                    今回のツボエピソードは、イエスがHP(ヒットポイント)低い時にTシャツで汗を拭くと本音でしゃべるイエスがプリントされるもの。これは多分、聖骸布のことなんでしょうね。(^^)

                    聖(セイント)☆おにいさん (2) (モーニングKC (1720))
                    中村 光 講談社
                    おすすめ度の平均: 5.0
                    5 日常と非日常の融合=カヲス5 久しぶりにお腹から笑った癒し系ギャグマンガ。5 ほほえましい5 これホントにおもしろい5 聖人なのに俗っぽい、でもそれが面白い



                    聖人ふたりの出没スポット、聖☆おにいさんマップをつくってみた→
                    (6巻の出没ポイント追加)
                    聖☆おにいさん 8 感想→
                    聖☆おにいさん 7 感想→
                    聖☆おにいさん 6 感想→
                    聖☆おにいさん 5 感想→
                    聖☆おにいさん 4 感想→
                    聖☆おにいさん 3 感想(Tシャツ写真あり)→
                    聖☆おにいさん 1 感想→
                    聖地立川の某書房の展示用のTシャツ→
                    JUGEMテーマ:おすすめの漫画

                    「聖☆おにいさん 1」 中村 光

                    2008.08.28 Thursday

                    0
                      とうとう買ってしまいました。「聖☆おにいさん
                      立川の風呂なしアパートに住む二人の青(聖)年。
                      実は、休暇を利用して下界に降りてきたイエスとブッダなのでした…

                      最初は宗教的偉人をこんな風に描いちゃっていいのかな〜
                      と思っていたんですが、読み進めるうちにもう、面白くてとまらない。(^^)
                      イエスと釈迦がひじょーに人間的なんです。
                      イエスはPCとゲームマニアでブログを立ち上げていて、かなりのアクセス数を誇っている。
                      たまに陶芸もやっているけれど陶芸の粘土もパンにしてしまったり。(石をパンに、水をぶどう酒にする奇跡がある)
                      ブッダの趣味は家事とシルクスクリーンとマンガ描き。
                      イエスの無駄づかいにやきもきしています。

                      ちゃんとした宗教的エピソードも織り込まれているらしいのですが、全部知らなくても十分楽しめます。
                      私はバベルの塔とスジャータさんのミルクがゆくらいしかわかりませんでした。



                      牛君の母さんのブログでは、聖☆おにいさんを10倍楽しく読む方法として、仏像の見方図解宗教史などをとりあげられています。
                      こちらもお勧めです。(^^)

                      聖人ふたりの出没スポット、聖☆おにいさんマップをつくってみた→
                      (6巻の出没ポイント追加)
                      聖☆おにいさん 8 感想→
                      聖☆おにいさん 7 感想→
                      聖☆おにいさん 6 感想→
                      聖☆おにいさん 5 感想→
                      聖☆おにいさん 4 感想→
                      聖☆おにいさん 3 感想(Tシャツ写真あり)→
                      聖☆おにいさん 2 感想→
                      聖地立川の某書房の展示用のTシャツ→
                      JUGEMテーマ:おすすめの漫画