「ゾッチャの日常」 生藤 由美

2006.07.01 Saturday

0
    家猫ゾッチャの愛と冒険の日常物語(^^)
    ゾッチャをはじめ、猫たちが描写がとてもリアル。
    若年寄のおやっさん、おデブちゃんのブラボーなど
    家の近所を見回せば実際にいそうな猫たちばかり。

    それにしても、家猫の人生(猫生か)ってそれほど変化はないように思うけれど、ゾッチャの人生はなかなか波乱万丈。(漫画だから?)

    何度も迷子になってウチに帰れなくなる。
    餌につられて拉致される。
    飼い主が変わる。
    などなど。
    いろんな体験を通じて成長するかと思えば、結局ドジなままのゾッチャ君。
    でも、そこがまた愛らしく、ハマってしまうのです。

    ゾッチャの日常 9 (9)
    ゾッチャの日常 9 (9)生藤 由美 集英社 2007-04-25売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools
    ゾッチャの日常 (8) ゾッチャの日常 (7) チーズスイートホーム 4 (4) ゾッチャの日常 6 (6) ゾッチャの日常 4 (4)
    JUGEMテーマ:猫マンガ


    「きょうの猫村さん2 湯けむりバージョン」 ほしよりこ

    2006.06.06 Tuesday

    0
      待望の「きょうの猫村さん 湯けむりバージョン」をゲットしました。
      通常版とは表紙も違うのね。
      おまけには石けんと手ぬぐいがセットになってます。
      もちろん、もったいなくて使えません。



      さて、お話の方もぐぐっと面白くなってきました。
      ご主人の愛人・スケ子さんも登場したり、仲居探偵・ぼたんさんのスペシャルストーリーも紹介されてます。

      おまけに猫村さんが前回に増してかわいいのです。
      わたしのすきな猫村さんベスト3は
      ●スケ子さんのまねをして腰を「くねくね」させる猫村さん。
      3コマもくねくねしてます。もう、かわいいですラブ

      ●日曜日、屋根の上で日なたぼっこしながらぼっちゃんのことを
      思う猫村さん。奥さんに呼ばれて振り向いたときの手のしぐさが、なんともいえません。ときめき

      ●そしてそして、見ているだけで癒されるのは、わんこのステテコとまあるくなってごろんごろんとしている猫村さん!
      うわ〜!かわええ〜!見ているだけで癒されるわ〜!
      ここだけ切り抜いて飾っておきたい〜!

      切り抜き用に通常版も買おうかしら…

      きょうの猫村さん 2~湯けむりバージョン
      ほし よりこ マガジンハウス 売り上げランキング: 113135

      きょうの猫村さん 2
      きょうの猫村さん 2
      posted with amazlet at 09.06.01
      ほし よりこ マガジンハウス


      どこの書店でも平積み!おまけにこんな猫村さん販促グッズも
      きょうの猫村さん人形


      ↓きょうの猫村さんグッズがセットになった「猫村さんお楽しみボックス」発売
      猫村さんお楽しみボックス (マガジンハウスムック)
      ほしよりこ マガジンハウス (2011-11-29)



      ↓ダ・ヴィンチ 2006年02月号では特集も。
      ダ・ヴィンチ 2006年 02月号
      メディアファクトリー


      「猫村さんお楽しみボックス」→
      きょうの猫村さん1
      きょうの猫村さん3
      きょうの猫村さん4→
      きょうの猫村さん5→
      カーサの猫村さん1→
      カーサの猫村さん2→
      きょうの猫村さん人形

      カーサの猫村さん1→
      カーサの猫村さん2→
      カーサの猫村さん 旅の手帖→
      きょうの猫村さん 生協の白石さんとコラボ

      JUGEMテーマ:きょうの猫村さん

      鎌倉時代、宮中の愛憎 「後宮1」 海野つなみ

      2006.05.13 Saturday

      0
        いろんな意味で衝撃作、海野つなみの「後宮」
        原作は鎌倉時代の後深草院に仕えた女房、二条の波乱万丈の日記、「とはずがたり」。
        原作をもとにした小説「新とはずがたり」の感想→

        後宮 あらすじ


        鎌倉時代。執権北条時宗の時代。蒙古襲来を控え緊張を深める幕府とは裏腹に、政権を幕府に奪われた貴族達の生活は朝廷での権力争いと、自分の人生を「源氏物語」のように演出することにウエイトが置かれていた。

        後深草院(御所様)の女房として幼い頃から御所様の近くで育ち、女房となった二条。彼女には将来を誓い合った西園寺家の実兼がいたのだが、彼女の母を初恋の人にもつ御所様に無理やり妻にされてしまう…

        両親に愛されずに育った御所様は、救いを初恋の人、「すけ大」に
        求めるけれど、彼女は結婚して御所さまの下を去っていってしまうし、努力もむなしく彼の愛するものは手の中からこぼれてしまう。

        だからすけ大の娘の「二条だけはなんとしても!」って思いが強すぎて、返って彼女に不信感と不安を与えてしまうことになり、そこにつけこんでいろんな男たちが入ってくるわけで、愛情がどんどんからまわりしていってしまうわけですよ。

        もうちょっと俯瞰的に見れればいいのだけれど、ただでさえ閉鎖的な都、そのなかでも別世界の後宮では無理な話なのかもしれないな〜。

        しかし、もうすぐ蒙古が襲来してくるってのに、かなりのんきです。都の人たち。権力争いも、ヘタすると国ごと無くなるってのにねえ。

        1巻目もかなり衝撃的な内容ですが、現在連載中の内容はさらにどろどろと、二条の人生に影を落とし始めます。
        しかしどんなにシリアスな話でも海野先生独特のギャグセンスは健在で、うま〜く配置されています。


        後宮(1) (KC KISS)
        後宮(1) (KC KISS)
        posted with amazlet at 14.09.17
        海野 つなみ 講談社



        ↓こちらもオススメ!「回転銀河」は私の去年のベストワン漫画です。
        回転銀河(1)
        回転銀河(1)
        posted with amazlet at 14.09.17
        講談社 (2014-07-18)



        ●海野つなみ作品
        回転銀河1〜4→
        回転銀河5→
        回転銀河6→
        デイジー・ラック1〜2→
        海野つなみ作品集 「tsunamix」→
        「キスの事情」→
        「彼はカリスマ」→
        「くまえもん」→
        「豚飼い王子と100回のキス」→

        JUGEMテーマ:おすすめの漫画

        きょうの猫村さん 2 いよいよ発売決定!

        2006.04.18 Tuesday

        0
          全国のネコムラー待望
          「きょうの猫村さん2」がいよいよ発売決定です。
          Amazonでは予約開始!(もう画像も出ている!)
          表紙には鼻歌を歌いながら買い物をする猫村さんが。
          あいかわらず癒されるわ〜

          限定版だとなにやらグッズがもらえるらしいので
          早速本屋へ。
          ナイスミドルな店員さんが対応してくれました。

          私「本の予約をしたいのですが」
          店員「では、本の題名をお願いします。」
          私「きょうの猫村さん…」
          店員「ああ、猫村さんですね。2巻でよろしいですか?

          ご存知なんですね、猫村さんのこと。当たり前か(^^;)
          でもナイスミドルな店員さんも「猫村さん」を知ってるって、やっぱりすごい、猫村さん。私の他に何人予約してるのさ。

          今日、書店の棚を見たら「きょうの猫村さん」に今までと違う色の帯がかかっていたので「新刊か!」と思い、駆け寄ったところ、1巻の帯の色が変わっただけでした。
          ずるいな〜書店さん(^^;)うっかり1巻をもう一冊買うところだったよ…。

          夫マンガ

          2006.03.21 Tuesday

          0
            最近、妻による夫観察マンガが流行っているらしい。
            考えて見れば夫婦って、育った環境も考え方も違うふたりが一緒になるわけだから、時にビックリするような違いがあって当たり前なわけで、そのあたりを漫画家である奥さん達が愛情とユーモアをこめて描いてる。

            「ウチの旦那にそっくりだ!」という部分がどこかしら見つかるかも。

            対して、夫による妻の観察マンガは数少ない。
            あっても「鬼嫁」などでオットが虐げられているカカア天下のものばかりのような気がする。
            ほぼ日刊イトイ新聞でも「今日のオット」「今日の妻」という企画があるけれど、妻からの投稿が圧倒的に多らしい。

            これは普段、いかに夫が妻をよく見ていないかということですよね(^^;)

            ●いっしょにスーパー
            元祖・ダンナ漫画の草分け的存在。
            どうしても徹夜せねばならぬ夜。すやすや眠るオットの足を
            ちょっとつねってみる奥さん。なんてことのない日常が面白い!


            ●夫すごろく
            凝り性の旦那さん。料理つくってほしい。



            ●ダーリンは外国人
            「外国人との結婚生活」というより「トニーさんという人物との結婚生活」ですね。パートナーが外人であることよりも、「言語オタク」である事の方が重要で面白い話題があったりする。
            「ガラスのハート」のトニーさんが大好きだ!(いじめたくなる)


            ●うちにはムーちゃんがいる
            のほほんとした「ムーちゃん」と見ていると悩みが吹っ飛ぶよ。。



            ●奥さまはマリナーゼ
            オット大好きゆみぞうさんのオットにラブな日常と美容と千葉幕張の主婦生活。「ふき取り洗顔」私もやってます。
            オットにラブなゆみぞうさんが可愛いです。女子として見習いたいです。


            こっからは割とクセのある旦那さんとの暮らし。
            ●ダーリンはアキバ系
            ははは〜、笑えねぇ〜(^^;)
            周りにいるよ、こんな人…
            クセはあるけど、やさしいし浮気はしない(2次元キャラにはされるかも)、ある意味理想のダンナかもしれない、アキバ系ダンナ。



            ●大原さんちのダンナさん―このごろ少し神経症
            こちらは神経症ダンナさん。部屋が汚いとパニックになることも。
            ううむ。タイヘンそうだけれど、ここの旦那さんすごく面白いし、家事全般完璧なのでうらやましい。


            そして、私が知る中で唯一にして最強の「オットによる妻の観察マンガ」はこれ!
            作者須賀原 洋行さんの「ニョーボ」、よしえサン
            (最近ではその子供たちも)との面白生活が描かれています。
            よしえサン、大好きですよ。ある意味理想の奥さんですね。
            わが道を突進しているところがステキ。


            海野つなみ「後宮」連載開始

            2006.01.16 Monday

            0
              KISSで連載中の海野つなみの「後宮」
              舞台は鎌倉時代、元寇の頃。
              最初は、なんでこんな地味な(失礼!)時代の後宮を描くのかな〜、
              と思っていたら、思い当たりました。この漫画のベース。

              この時代、最高にスキャンダラスな1冊の物語。
              「とわずがたり」

              あらすじだけひろっていってもかなり衝撃的な内容です。
              自由恋愛が認められていた平安〜鎌倉の貴族社会とはいえ、主人公・二条の生き様はかなり衝撃的であったのでしょう。
              私が学生時代にこの本の存在を教えてくれた、古文の先生はこうおっしゃいました。
              「とわずがたり」はタブー本でったと。

              漫画ではまだあどけない二条がこれからくる恋愛の苦難にどう立ち向かっていくのか、またそれを海野つなみがどのように描くのか、楽しみです。でも海野的ギャグセンスは残しておいてほしいなあ。
              これから物語はどんどんつらくなっていきそうですし。

              ↓大人買い上等!全部そろえたさ!



              きょうの猫村さん 生協の白石さんとコラボ!?

              2006.01.09 Monday

              0
                CASAブルータスに続いて、雑誌ダ・ヴィンチでも猫村さんの特集です。
                この特集、ファンである各界の有名人のインタビュー、書き下ろし漫画「きょうの村田さん」(家政婦協会の「奥さん」の1日)、「もしウチに猫村さんが来たら」と題して3人の作家さんたちの文章、料理研究家によるネコムライスのレシピ、
                2巻の絵がちょっとだけ掲載されていたり。ネコムラーには垂涎ものの特集です。

                そしてそして、あの、「生協の白石さん」と、猫村さんによる夢のコラボレーションが実現!!

                内容は猫村さんが白石さんへの質問や悩みなどを例の「ひとことカード」に書き、それを白石さんが答えるというもの。内容は爆笑したり、気持ちがほっこりしたり。これは是非、皆さんの目で確かめてください。

                ちなみに白石さんお気に入りのヤクルト土橋選手は、その地味なキャラゆえ、球団警備員に入場を止められたことがあるらしく、見かねた野村監督(当時)に「身だしなみをなんとかせい!」と叱られ、ヴェルサーチの背広を買いに行った事がある。。らしい。

                ↓ダ・ヴィンチ 02月号 [雑誌]




                ↓CASAブルータスにも月イチで派遣されています。
                記事のスクラップを作っているときの、猫村さんの歌がかわいいのです。で、最後に「あら〜、手がねちょねちょになっちゃったわ〜」
                とおっしゃるのです。

                / マガジンハウス(2005/12/10)
                Amazonランキング:位
                Amazonおすすめ度:


                「回転銀河1〜4」 海野 つなみ

                2005.12.17 Saturday

                0
                  最近、読んだマンガで一番こころに残ったのが海野つなみさんの

                  回転銀河。毎回主人公となる人物が変わるけれど、物語の登場人物たちはまるで星座のように恋愛や友情、時には憎しみでつながってゆく。

                  新装版 回転銀河(1) (KC KISS)

                  新品価格
                  ¥486から
                  (2018/5/6 21:57時点)





                  海野つなみさんのマンガは、30代の幼なじみ女性達の恋と生活を描いたデイジー・ラックや短編の話が大好きだったが、高校を舞台にした恋愛オムニバスであり、姉と弟の、一部タブーな恋愛も扱っている「回転銀河」を読むのには、正直ちょっと抵抗があった。


                  でも、読み始めたら面白く、気が付いたら全巻そろえていた。マンガの登場人物たちが経験する恋に、読んでいるこちらも、切なさやときめきを追体験させてもらえた。読み終わったあと、文化祭の後のような満足感と切なさの残る物語だった。

                  この中で好きなのは、守口くんと恭子ちゃんの話。親友・須磨(ボーイッシュな「王子」と呼ばれる女の子)に

                  淡い想いを抱く、オトコ嫌いの恭子。下トーク連発のクラスメイト守口とは犬猿の仲だ。


                  ある日愛する親友、須磨に好きな人ができたと知り自分から離れていってしまう切なさを抑えきれずひとり教室で涙を流す恭子。


                  守口は偶然その場を目撃してしまい、いつもと違う恭子の儚げな姿に、心を奪われてしまう。思い込んだら一直線、単純な守口は毎回猛烈なアプローチで恭子に迫るが、恭子は「キモイ!」と猛烈に拒絶。それでもあきらめない守口。

                  覚えてやがれ、そのうち お前をさらいに行くぜ!

                  と、ヴィジュアル系バンドの台詞のようなくどき文句で今日もアプローチに余念がない。果たして守口の思いは

                  届き、ミラクルを起こせるのか??

                  星や天文学に関連したタイトルがつけられていて、それがこの物語の美しくも切ない世界観と見事にリンクている。
                  恋をしている人もかつて、恋をしていた人もすべての、愛しく切ない思いを抱いたことのある人に読んで欲しい逸品。

                  回転銀河 コミック 1-6巻セット (講談社コミックスキス)
                  海野 つなみ
                  講談社
                  売り上げランキング: 57,124



                  ●海野つなみ作品

                  回転銀河6→
                  回転銀河5→
                  デイジー・ラック1〜2→
                  後宮1→
                  海野つなみ作品集 「tsunamix」→
                  「キスの事情」→
                  「彼はカリスマ」→
                  「くまえもん」→
                  「豚飼い王子と100回のキス」→

                  JUGEMテーマ:おすすめの漫画


                  レビューポータル「MONO-PORTAL」

                  「きょうの猫村さん」 ほし よりこ

                  2005.11.22 Tuesday

                  0
                    いや、これ、ほんとに面白いわ。
                    いま、各方面で話題の「きょうの猫村さん」

                    猫村さんは猫なのに家政婦。
                    前のご主人の「ぼっちゃん」の身の回りをするため、家事全般を完璧にマスターしちゃってる猫村さん。
                    (火は本能的にニガテだが、「ぼっちゃん」への思いゆえに乗り越えたのだった。)

                    「ぼっちゃん」が外国に行ってしまったため、(いつか会いに行くために)外国語を習いたうため家政婦になった。
                    サスペンスドラマと刑事ドラマが大好きで、怒ると思わず爪とぎをしてしまう。

                    おせっかいで世話焼きで、派遣先のお宅の不良娘を心配し、あれこれ世話を焼いてみたり。そんなこんなですっかり家政婦協会の仲間達や派遣先のお宅でも気に入られてゆくが、派遣先のお宅にはある秘密があったのだ・・。はたして、猫村さんは確信に迫ることができ、派遣先のお宅に平安をもたらす事ができるのか…。

                    猫村さんが大好きな作中ドラマ「泣き虫刑事(デカ)」も最高ですっ。
                    きょうの猫村さん 1
                    きょうの猫村さん 1
                    posted with amazlet at 09.06.01
                    ほし よりこ マガジンハウス


                    ↓CASAブルータスにも月イチで派遣されています。
                    記事のスクラップを作っているときの、猫村さんの歌がかわいいのです。で、最後に「あら〜、手がねちょねちょになっちゃったわ〜」とおっしゃるのです(^O^)。
                    カーサの猫村さん 1
                    カーサの猫村さん 1
                    posted with amazlet at 12.05.02
                    ほし よりこ
                    マガジンハウス
                    売り上げランキング: 14913



                    きょうの猫村さん2 湯けむりバージョン→
                    きょうの猫村さん3→
                    きょうの猫村さん4→
                    きょうの猫村さん5→
                    きょうの猫村さん人形→

                    カーサの猫村さん1→
                    カーサの猫村さん2→
                    カーサの猫村さん 旅の手帖→
                    猫村さんお楽しみボックス→
                    JUGEMテーマ:きょうの猫村さん

                    機動戦士ガンダムさん

                    2005.10.06 Thursday

                    0
                      久々に読んだ、ファーストガンダムのパロディ。
                      後ろのおまけマンガ「アッガイ谷」の2頭身アッガイが、があまりにも可愛かったので、衝動買い。

                      で、大当たり(笑)

                      シャアがね、ものすごくヘタレなんです。このマンガ。そしてララァが突っ込み役。

                      かつて、ここまでシャアがかっこ悪いパロマンガは読んだことがありません。
                      ブラックアムロも降誕。毒吐いてます(笑)
                      ファーストから見ている人も、そうでない方も必見。
                      面白いです。

                      ゆうきまさみ氏以来の名作。
                      しかし、ゆうきまさみ氏が昔「ガンダムパロディ漫画」を描いていたのを知っている人も少なくなったのでは。。?
                      富野御大に「オリジナル描きなさいよ」と言われたりしていたっけ。(^^)

                      機動戦士ガンダムさん さいしょの巻
                      機動戦士ガンダムさん さいしょの巻大和田 秀樹 矢立 肇 富野 由悠季

                      角川書店 2005-08-26
                      売り上げランキング :

                      Amazonで詳しく見る
                      by G-Tools
                      機動戦士ガンダムさん (つぎの巻) トニーたけざきのガンダム漫画 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (10) 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (11) トニーたけざきのガンダム漫画 2 (2)