「迷路館の殺人」 綾辻行人

2005.05.29 Sunday

0
    年老いたミステリー作家の奇妙な家を舞台に繰り広げられる惨劇。
    迷路館の通路はその名の通り、細い迷路になっている。
    その館に招かれた編集者夫婦、ミステリ評論家、弟子である作家数名、そしてミステリー好きが高じて老作家と親しくなったという人物・島田潔。
    やがて老作家が死体となって発見される。そこから次々に起こる殺人事件。何重にも複雑に重なったトリック。その結末はというと…

    結末を読んだときの感想は、これです。「参りました!」orz

    いわゆる「作中作」の形式だけど、そこは普通の作中作と違って、小説の中にちゃんと「作中作」のタイトルや奥付が作られていて、凝ったつくりになっている。わくわくするのよね。こういうの。
    小説の登場人物と作中作の登場人物とに複雑なリンクがはられていて、まるで、クモの巣を手繰っているような感じ。2重3重の仕掛けに翻弄され、まさに迷路館の客人になったよう。

    あえて難を探すなら、探偵役の島田潔さんとは、お友達になりたくないと思ったことかな。
    だって、彼、好奇心の赴くままに事件を解決するのはいいのだけど、人の触れて欲しくないプライベート(不倫とか)をストレートに聞いちゃうし(十角館)、元医者とはいえ妊婦さんに検死はさせるわ(迷路館)、半ば強引に人のうちに泊めてもらって、無断で館内を散策するし(水車館)、この人と友達になった暁には、わたしが殺された場合、その瞬間から彼の感情は「友情」ではなく「好奇心を満たす対象(死体)」に変わりそうだな。

    迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)
    綾辻 行人
    講談社
    売り上げランキング: 62,130




    島田さんの趣味というか特技の「折り紙」
    作中ででてきた「悪魔」はかなり難易度が高い。

    本格折り紙―入門から上級まで
    前川 淳
    日貿出版社
    売り上げランキング: 16,025



    「十角館の殺人」→
    「水車館の殺人」→
    「時計館の殺人」→
    「奇面館の殺人」→
    「月館の殺人 上巻」→
    「月館の殺人 下巻」→

    JUGEMテーマ:ミステリ


    彩雲国物語「漆黒の月の宴」ネタバレ感想2

    2005.05.28 Saturday

    0
      前回の感想で、書き忘れたことをやっと思い出したので追加。
      3巻の最後で劉輝が秀麗嬢に、「(その男と決闘するから)好きな男が出来たら知らせるのだぞ。」と言っていたので、てっきり5巻(漆黒の月の宴)では劉輝VS朔洵の対決が見られるかと思っていたが、今回の対戦相手は修羅場をかいくぐってきた苦労人の元公子だったな。この戦いも見ものであったが。

      まだ今の劉輝では、彩雲国のアスタロト・朔洵の相手はちときつかったのかな?
      しかし、最後のあの表現ではどうも朔洵、復活するみたいなので(まさにアスタロトのようじゃないか!)これからの展開に期待。

      雪乃先生は劉輝と朔洵を秀麗嬢を中心として対極になるよう表現されているから、いずれはどちらか一方が滅びるような戦いになるのではと予想している。
      ガンバレ劉輝!たとえ相手が人でないものになったとしても(いや、生きてるときからある意味「人」を超えていたが、朔洵は。)秀麗嬢を魔の手から救うのだ!困ったら愛のわら人形を投げつけてみてはどうだろう?案外そうゆうのに弱かったりして。

      ところで水滸伝関係のサイトをみていて発見したのだが、
      「小旋風」とは「つむじ風」のことらしい。
      某公子は「つむじ風」などとかわいらしいものでなく、触れるとめっちゃ痛い「カマイタチ」だけれどね。

      お手軽エステ・エステシェービング

      2005.05.26 Thursday

      0
        ストレス解消第2段。
        エステにいきたいけれど、ちょっと敷居(金額)が高かったり、
        時間がなかった時は、街の床屋さんに行きます。
        そこで「顔剃りフルコース!」
        顔そり・襟そり・蒸しタオル・マッサージの他にオプションで
        イオンスチームとパック。
        私の行っている近所の床屋さんだとパックまでついて3,000円くらい。
        お手軽です。そして癒されます。

        ↓このマンガで床屋さんで顔そり(エステシェービング)をしてくれることを知りました。
        町の床屋さんのマスターと製薬会社のOLさんとのほのぼのラブストーリーラブずっとマスターに遠距離片思いをしていた主人公の東子さんがつきあえることになった時は、こっちもうれしくなっちゃったわ〜。

        バーバーハーバー 6 (6)
        バーバーハーバー 6 (6)
        小池田 マヤ

        ゴーストハントシリーズ 「悪霊とよばないで」 小野不由美

        2005.05.25 Wednesday

        0
          これで一応ゴーストハントシリーズ読了です。
          順番無視でこれが最後。
          読み終わっちゃった。寂しい。。
          あとはマンガ版が早く追いついてくれるのを願うばかり。
          今回は綾子とぼーさん、大活躍の巻。
          ぼーさん、怪我を押して戦っているところがかっこよかった。
          麻衣の頭をくしゃってやるところも萌えラブ
          ナルは今回眠り姫の役(!)起きたあとは般若のようっだったが。

          悪霊とよばないで
          悪霊とよばないで
          小野 不由美

          彼氏彼女の事情 最終回感想

          2005.05.24 Tuesday

          0
            長かったですね〜。あらためて1巻の頃とは絵もキャラクターたちの性格も激変していて、読み返してみるとまた面白い。

            ・雪野のじいちゃんが刑事だったのは有馬の親関係で絡んでくるのかとずっと思っていたんだけど、コレはみごとに外れた。有馬が両親とごたごたがあって事件に巻き込まれて、元敏腕刑事じいちゃんが間に入ってくれるのだとずっと思ってたのよ。

            ・花野ちゃんが編集さんになっていたのはぴったり。そのうち編集長になったりして。

            ・ぺろぺろはさすがにもう生きてないだろうけど、カナガワケンは宮沢家でずっと飼われているに違いない。

            さて、本編も終わったことだし、外伝で誰の話が描かれるか楽しみ。
            ってコレでおわりじゃないでしょう。椿と十波の冒険話(?)とか、浅葉と咲良ちゃん話とかもっと詳しく描いてほしい。

            彼氏彼女の事情 全21巻完結セット (花とゆめCOMICS)

            中古価格
            ¥1,590から
            (2018/8/10 21:19時点)


            ラジオ体操

            2005.05.23 Monday

            0
              「キッパリ!」の上大岡トメさんもやっているラジオ体操を
              週5日。週末はおきれないのでビデオにとっておく。
              たかがラジオ体操とバカにするなかれ。
              これでもれっきとした有酸素運動で、カロリー消費もよい。

              トメさんも本中で言っていたが体操のお姉さん(こういう呼び方でいいのだろうか)のレオタードは毎回柄が非常にハデだ。一体パターンあるんだろう。
              そしてお姉さんたちはどんな経歴の持ち主でどうしてテレビで体操をするようになったのだろう?NHKのHPを見ても詳しいことは書いていないので、知っている方がいたらぜひ教えてくだされ。

              ところで、学生の頃はウォーミングアップとしてやっていたラジオ体操は、
              今では通してやるとかなり疲れる。昔はこのあと平気で運動していたんだよなあ。

              キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法
              キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法
              上大岡 トメ

              ロートンヌのケーキ食べまくり!

              2005.05.22 Sunday

              0


                東村山市秋津町のケーキ屋「ロートンヌ」のケーキ食べまくり。
                至福のひと時。
                おいしいものを食べると、しんどいことも吹っ飛びますね。
                ここは特にチョコレート系がうまい。

                ここのスタッフは、「魚屋かい!」と思うほど元気がよく、
                声を出し、くるくるとよく働いている。
                ケーキと紅茶をいただきながらそんな彼らの姿を見ていると、
                元気が出ます。

                北の零年(伝え聞き感想)

                2005.05.22 Sunday

                0
                  先日、田舎の母が出てきたので一緒に食事をしてたときのこと。
                  母の妹と姉の3婆で「北の零年」を見にいったというので、
                  その感想聞いてみた。
                  渡辺謙と吉永小百合の演技に大変感動したそうだ。
                  ただひとつ気にかかるのは、「農作業のやり方が変」だったそうな。
                  「鍬の使い方はあんな風じゃない!」農作業を身近に見ている田舎の婆には映画での農作業はどうも納得がいかんらしい。

                  監督の行定氏は40前で、メジャー作品からマイナー作品まで、若者向けの映画で脚光を浴びた人だ。スタイリッシュな作品が多い監督のことだから、
                  実際の形よりも美しい映像を優先したのかもしれないが、婆たちにはちょと不評のようだ。
                  まあ、彼が年寄り受けする作品などこれからも作るとは思えないが。

                  北の零年 通常版
                  北の零年 通常版

                  名物になりきれない常食の物語 「駅前の歩き方」 森田 信吾

                  2005.05.20 Friday

                  0
                    名物でも観光食でもなく、その土地の人が日常的に食べているけれど、他の土地の人にとってはとても珍しいメニュー、それが「常食」
                    常食とは
                    「たぶん人がその土地を離れて無くなって初めてそれがあった事に気づく」

                    食べものなのだそうです。

                    「駅前の歩き方」では、長野・伊那ローメン、長崎のトルコライス、埼玉・行田のゼリーフライなど、聞いただけではわからない、食べ物の話がいろいろあり、その土地柄についても詳しく書かれています。

                    地方CMなどと同じような、他の土地の人間からみると新鮮な面白さがある、「食」の物語です。

                    私の場合の常食は群馬名物「焼きまんじゅう」かなぁ。最近たべてないわ…。



                    JUGEMテーマ:おすすめの漫画


                    友達ってさ

                    2005.05.20 Friday

                    0
                      先日、朝の連続テレビ小説を見ていて、お父さん役の緒方直人が、
                      娘役の子(「なっちゃん」やってた人)に
                      「学生時代は学校に行ってたくさん友達をつくらなきゃだめだ。」
                      「お父さんはお前にたくさん友達をつくってほしいんだ。」
                      みたいなことを言っていたのを見ていて、自分の子供時代を
                      思い出してしまった。

                      内向的で友達を作るのが下手だった私を、母はすごく心配していて
                      たまに友達を家につれてくるととても喜んでいた。
                      だから、ちょっとニガテな子でも、家に遊びに来てくれる子には
                      無理してつきあっていた。
                      ある時、「友達」がお気に入りの宝物を唐突に「頂戴!」
                      と言ってきた。とても大事にしていたのでいやだというと
                      「じゃあもう遊びにこないけどいいの?」と言われ、泣く泣く宝物を渡した覚えがある。

                      「友達」って無理やりたくさんつくったりしなくてもいいのじゃないかと思う。ましてや親に「友達を作れ」とプレッシャーをかけられるものでもないしね。そんな私は今も友達は少ないですが、そこそこ人生楽しいですよ。