[アニメ] 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXシリーズ

2008.06.17 Tuesday

0
    攻殻機動隊のテレビシリーズ、STAND ALONE COMPLEXをすべて制覇しました。
    内容や専門用語が難解で攻殻初心者にはわからないところもも多々あるんですが、でもそれを差し引いても面白かった。映像のクオリティもすばらしかったです。
    S.A.Cシリーズは、映画で公安9課を去ってしまった草薙素子が
    9課に残っているというパラレルストーリーということで、
    軸となる電脳世界での社会問題を中心に公安9課が様々な事件を追っていく「刑事もの」ストーリーになっているらしいです。


    ・タチコマ
    AI搭載の思考戦車タチコマ。情報を並列化することで知識を吸収し、好奇心で動くようになります。彼らには「ゴースト」が宿ったのかもしれません。物語の最後には自分で考えて行動をおこし、愛するバトーさんの窮地を助けにいきます。こどものような声と愛らしいしぐさがたまりません。

    ・神山監督と社会問題
    S.A.Cシリーズでは、「企業テロ」、「難民問題」、「高齢化社会」など社会問題を物語の軸として、それらの事件に公安9課が関わっていきます。
    この社会問題や政治的汚職なども、「攻殻機動隊」の世界でも今のわれわれの世界となんら変わる事はありません。
    S.A.Cシリーズの神山監督は、「精霊の守り人」の作者、上橋菜穂子先生から「社会が描ける人」と賞賛されていて、だから上橋先生は「精霊の守り人」を神山監督に預けたのではないかと。
    もし、神山監督がS.A.Cシリーズがなければ後の「精霊の守り人」もまったくの別物になってしまったかもしれません。




    ・すばらしい音楽

    サントラでこんなに印象に残る音楽は今までなかった。
    菅野よう子さん、すばらしいです!( ̄▽ ̄)/
    ロシアの歌姫、オリガが歌うオープニング、inner universe、riseは美しくパワフルでエキゾチック。
    英語の曲なのに、どこか遠い異世界の歌のよう。
    ところで菅野よう子さん、今話題のマクロスF (フロンティア) も、カウボーイビバップの音楽も手がけているのだそう。
    特典映像にご本人のインタビューがありましたが、可愛らしい
    聡明な感じの方でした。

    攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.+(プラス)
    TVサントラ Origa Gabriela Robin Scott Matthew Ilaria Graziano Jillmax HIDE ビクターエンタテインメント (2004-02-25)売り上げランキング: 963



    攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.2
    菅野よう子 Scott Matthew Emily Curtis Steve Conte Ilaria Graziano Gabriela Robin ORIGA Jillmax ビクターエンタテインメント (2004-05-26)売り上げランキング: 479


    ●神山健治版テレビシリーズの小説
    [小説] 攻殻機動隊「虚夢回路」→
    [小説] 攻殻機動隊「凍える機械」→
    [小説] 攻殻機動隊「眠り男の棺」→


    ●押井守版の映画をベースに描かれたオリジナル小説
    [小説] 攻殻機動隊2 STAR SEED→
    [小説] 攻殻機動隊 灼熱の都市→

    攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man感想→
    攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D→

    [アニメ] プラネテス

    2008.06.08 Sunday

    0
      アニメ版プラネテス見ました。
      原作の「プラネテス」とはずいぶんと違うところも多かったけれど
      映像のクオリティがすばらしかったし、オープニングに
      アポロやら歴代の宇宙ロケットが出てくるとところなんて、
      宇宙好きにはたまらんつくりとなってます。

      物語は2070年代、人類が月着陸を果たしてから1世紀後の世界が
      舞台。宇宙のゴミ・デブリが問題となっている。
      宇宙開発企業・テクノーラ社のデブリ課に新入社員・タナベが入社してきたところから話は始まります。

      デブリ課での出来事を通して成長するタナベ。
      課の先輩・ハチマキとはいつもケンかばかりだが、
      いつの間にかお互い意識するようになる。
      しかし、ハチマキは木星往還船・フォン・ブラウン号に乗るため
      会社をやめ、ひとりでいってしまう。
      フォン・ブラウン号のために、
      総てを捨てて非情になろうとするハチマキ。
      それでも彼を見捨てないタナベ。
      伝わらない苦しさ。
      一方、先進国だけの利益を優先する宇宙開発に歯止めを
      かけようとテロ組織がフォン・ブラウン号を標的に…!

      もう、このへん見てるこっちが痛くて痛くて。・゚・(*ノД`*)・゚・。

      最後の方はテロやら、人間とは、宇宙とはなどの深刻なテーマなでかなり重かったんですが、ハチマキとタナベカップルが仲直りしてよかった。愛は宇宙も地球も救うんですよ!きっと。
      原作で大好きだった「しりとりプロポーズ」があってよかった。
      あれ大好きだったのよね。・゚・(*ノД`*)・゚・。

      それにしても、原作にはない前半のハチマキ&タナベの
      恋愛未満のもどかしさは、図書館戦争の某教官&士長を
      思い起こさせます…

      プラネテス 1
      プラネテス 1
      posted with amazlet at 08.06.07
      バンダイビジュアル (2004-04-23)売り上げランキング: 11613

      プラネテス公式ガイドブック (KCデラックス)
      幸村 誠 モーニング編集部 講談社

      JUGEMテーマ:アニメなんでも


      アニメ「精霊の守り人」 地上波放送決定!

      2008.02.01 Friday

      0
        やったぁぁぁ〜。・゚・(*ノД`*)・゚・。
        待ってたかいがありました。
        昨年BSで放映されたアニメ・
        「精霊の守り人」がようやく、ようやく4月5日地上波に放送が決定したそうです


        いまさら説明するまでもありませんが
        精霊の守り人は、
        水の精霊の卵を宿してしまった
        新ヨゴ皇国の第二王子・チャグムを主人公の女用心棒バルサが、
        守るところから始まります。
        迫り来る暗殺者からチャグムを守りながら
        幼馴染タンダと呪術師トロガイの協力により
        やがてその「卵」はこの世「サグ」と並行して存在する
        「ナユグ」のモノであることをつきとめるのですが
        「ナユグ」からはチャグムの身体にある卵を食らおうと狙っているものがあらわれてしまい…

        製作は攻殻機動隊のProduction I.Gが担当。
        無料配信で何話か見たのですが、絵も、世界観も、人々の生活の細かな描写まできちんと描かれていて
        毎回、映画レベルのクオリティなのですよ。

        原作の上橋菜穂子先生は文化人類学者でもあるので
        細かな描写や風土・食べ物・言葉まで綿密な設定で
        世界観を作りだす天才。
        そして、その設定があってこそ、アニメ・精霊の守り人の
        映像設定も栄えてくるのでしょう。
        上橋菜穂子先生とProduction I.G、二つの才能が融合し
        またとない物語ができあがりました。
        4月からまた「守り人」の世界に戻れるのが楽しみでなりません。


        本好きの方、アニメだけで原作を読んでない方、
        これを読まないと人生損しますよ、きっと。
        ハードカバーは児童向けなので文庫版がオススメです。
        上橋先生の解説もついてますしね。


        精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)
        上橋 菜穂子 新潮社 (2007/03)売り上げランキング: 1401
        おすすめ度の平均: 4.5
        4 人事とは思えなくなっている。5 新たな発見5 物語の力と深み。素晴らしいなあ



        [映画] 時をかける少女

        2007.07.21 Saturday

        0
          話題のアニメ、「時をかける少女」を見た。

          すっげー!面白いw( ̄Д ̄;)

          見終わった後、しばらく放心。

          いやぁ、青春てほんとうにいいもんですねぇ…

          ストーリーは割愛。
          原作と少しリンクしていることは知っていたけれど、
          まさかあんな展開になるとは思わなかった。
          特にどこがいいというわけではないんだけれど、
          美しい背景と世界観。見た後の切なさと爽快感。

          ラスト近く切ない別れのシーンがあったけれど、
          真琴がどう駆け足でいったとしても…
          どう考えても年の差ってやつが…
          コールドスリープ?

          未来への希望がもてない中年期では、
          現実にばかり目を向けてしまうよ。
          ダメな大人だな〜自分・゚・(*ノД`*)・゚・。

          原作ともちょっとリンクしていて、映画の「和子さん世代」にもうれしい。深町君が出てこなかったのがちょっと残念だったけれど。

          時をかける少女 通常版
          時をかける少女 通常版仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 おすすめ平均 starstar青春を描いたアニメの最高の到達点star普通に感動!star待ってられない、未来がある!star夏の太陽が出てる時に。starコレほんとヤバい!Amazonで詳しく見るby G-Tools


          紅の豚

          2007.05.25 Friday

          0
            今日もまた「飛ばねぇ豚はただの豚だ。」の名セリフに、テレビの前で「ポルコ、かっこいい〜」と叫ばずにはいられません。
            何度見てもかっこいいね、紅の豚
            ジブリ作品の中で、私はこれがいちばん好きだ( ̄▽ ̄)

            物語も大人向けで、ポルコとジーナの大人の恋や
            粋なセリフ、アドリア海の風景に紅い飛行艇の飛ぶ姿の美しさ。
            まさに「カッコイイとは、、こういうこと」なのですよ。




            紅の豚紅の豚宮崎駿 森山周一郎 岡村明美 ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2002-03-29売り上げランキング : 67Amazonで詳しく見る by G-Tools