江戸情緒。[映画] 百日紅〜Miss HOKUSAI〜

2015.05.14 Thursday

0
    江戸文化研究家、漫画家の故・杉浦日向子さんの名作「百日紅」がアニメになって映像化。クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲を撮った原恵一監督と、プロダクションIGがタッグを組み、今までにない江戸情緒たっぷりのアニメに仕上がってました。

    副題の「〜Miss HOKUSAI〜」という、ややダサの名付けは、海外の配給を見越してのことでしょう。確かに北斎は海外でも人気だし、そこに「〜Miss HOKUSAI〜」とあれば興味を惹かれますもの。

    百日紅あらすじ


    絵を描くこと以外、衣食住に無頓着な絵師・北斎と、その娘で弟子のお栄。そこへ、居候の善次郎(渓斎英泉)、歌川国直らが加わり、彼らの日々の生業と、四季折々の、江戸の暮らしが描かれていく。

    百日紅~Miss HOKUSAI~ [DVD]

    中古価格
    ¥3,412から
    (2020/6/17 22:50時点)




    原作のエピソードを、江戸の四季でつなげる


    原作漫画「百日紅」は、一話完結のエピソードが綴られる形式ですが、この「百日紅」は、原作のエピソードからいくつかを抽出して、そこに、四季を交えて描きだしています。

    短編が集合体のようでいて、長編への筋書きが、きちんと流れていく。そして、いつの間にか、お栄たちの世界に引き込まれ、観客も江戸の街の風情を味わうように馴染んでいくのです。

    原作ファンの私からしても、納得の映像化。松重豊さんの、渋みのある北斎と、いきいきとした、杏さんのお栄。最初はちょっと違和感があったものの、物語が進むうち、どんどんお栄と杏さんの声が馴染んでいって、お栄が馴染んでくるんですわ。おそらく、杏さん自身が、江戸独特の言葉の意味や、言い回しをちゃんとご存知だからこそ、あのお栄が出せたんだろうな。

    あえて苦言をいうなら、お栄一家の話に重きをおきすぎな気も。お猶のことも、原作では日常の一部として描かれている気がするので、あんなに盛り上げなくてもよかったかな。あと、善次郎と国直の出番が少なかったのが残念。

    音が際立つ


    絵師の映画なのに、音がすばらしい映画でした。(もちろん、絵もすばらしいのですが)その音の多彩さに、しびれます。それは、お栄の妹・お猶が、目が見えないというハンデがあることにも関連しているのかもしれません。橋の上で聞く、物売りの声、下駄の音、畳をはう、衣擦れの音。音の消えた、雪の世界…。

    BGMも凝っていて、オープニングとエンディングはロックでバーン!とインパクトを与え、北斎がお栄の描いた地獄絵の「始末」をするときには重厚なバイオリン、三味線やピアノなども使われ、要所要所を支えている感じがいいんだ。




    絵で見、耳で味わう。そんな二種類の楽しみができる映画です。
    百日紅~Miss HOKUSAI~ [Blu-ray]
    バンダイビジュアル (2015-11-26)売り上げランキング: 1,831



    百日紅 (上) (ちくま文庫)
    杉浦 日向子 筑摩書房 売り上げランキング: 86


    百日紅 (下) (ちくま文庫)
    杉浦 日向子 筑摩書房 売り上げランキング: 98


    お栄の雅号は葛飾応為。由来はは北斎が「おーい」といつも娘を呼んだことから、と言われています。

    眩(くらら)~北斎の娘~ [Blu-ray]

    中古価格
    ¥4,148から
    (2020/6/17 22:51時点)




    JUGEMテーマ:アニメなんでも


    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々

    2015.03.04 Wednesday

    0
      古書店が軒を連ねる東京・神保町。そんな本の街を舞台にした映画「森崎書店の日々」を鑑賞。本好きには、たまらない映画です。

      「森崎書店の日々」あらすじ


      貴子は、社内恋愛の恋人から突然「彼女(貴子とは別の女性)と結婚する」と告げられ、会社にいづらくなり辞めてしまう。自堕落な日々を過ごしていた貴子のもとに、ある日一本の電話が入る。東京で古書店を営むおじのサトルから、店を手伝わないかと誘われるまま、貴子は神保町にある森崎書店で暮らすことになる。

      今までまったく知らなかった本の世界。貴子は神保町で暮らすうち、徐々に古書店の生活に慣れ、喫茶店でアルバイトをするトモコや高野などの友達もでき、徐々に明るさを取り戻していったのだが…。

      森崎書店の日々 [DVD]
      森崎書店の日々 [DVD]
      posted with amazlet at 15.03.03
      バンダイビジュアル (2012-05-25)売り上げランキング: 17,057



      価値をつくる


      本好きカフェ好きの私としては、毎日思う存分本を読んだり、コーヒーを読みながら本を読めたらいいなあ、理想の生活だなあ、と思うのですが、でも、そうした幸運をさずかるのは、本にあまり興味のない人だったりするわけです。

      貴子も最初は、本には全く興味がなくて、常連客に本について語られてもちんぷんかんぷんだったのですが、なにせやることがないので、当てずっぽうでそこらにある本を読んでいくと、徐々に本の魅力にとりつかれていきます。

      映画の中で、サトルおじさんが値段が決められない本を貴子に託し、「好きな値段をつけていい」といったのですが、貴子はその本を読み終わって値段をつけるシーンは、金額が映されません。でもここが映画のポイントなのだと思います。

      それが、友人のトモコが語る「自分で価値をつくる」という言葉につながっていくのでしょう。

      自分で価値をつくる、その可能性に気がついた貴子は、神保町を去る決心をします。いつか、彼女が価値をつけた本を、選んでくれる人(恋人)がくるといいな。

      サトルおじさんと貴子


      サトルおじさんと、貴子の距離感がいいんです。親子でもなく、恋人とも違う、独特の距離感があって。だからこそ、サトルさんは貴子を心配するけど、あまり深入りせず、彼女が心を開くまで待っています。

      やがて、貴子が本当のことを話した時「その男に謝罪させよう。向き合わないと過去に囚われる」といい、相手の家に押しかけたりもする。

      サトルさん自身も若い頃、傷ついて、迷って、放浪の旅にでたり、奥さんに逃げられたり、さまざまな苦労があったので、貴子を自分の若い頃と重ねていたのかもしれません。だから、放っておけないんでしょうね。

      それにしても、昔バックパッカーで、古書店経営なんて、そんなステキなおじさん、私も欲しい…。


      原作も読んでみたくなりました。
      森崎書店の日々 (小学館文庫)
      八木沢 里志 小学館 (2010-09-07)売り上げランキング: 29,950


      続・森崎書店の日々 (小学館文庫)
      八木沢 里志 小学館 (2011-12-06)売り上げランキング: 233,488


      ●古書店にまつわる作品いろいろ


      「ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち」(三上 延)
      「月魚」(三浦しをん)
      「ブンブン堂のグレちゃん」(グレゴリ青山)
      JUGEMテーマ:邦画

      レビューポータル「MONO-PORTAL」

      [映画] 豪華絢爛・昭和オペレッタ 新春狸御殿

      2015.01.21 Wednesday

      0
        お正月ということで、華やかな映画を鑑賞。「新春狸御殿」(昭和34年)はオペレッタという、比較的短いオペラ喜劇を日本風にアレンジした、映画というより華やかなお芝居を観ているような感じでした。(実際、舞台で撮影されたシーンが多数あります)

        新春狸御殿あらすじ


        たぬきの国ではカチカチ山でうさぎに背を焼かれた泥右衛門と孝行娘・お黒が暮らしていた。2人(2匹?)は、ひょんなことから狸の国の御殿に迷い込み、捕まってしまう。しかし、お黒の顔がなんと姫君(きぬた姫)に瓜二つ。たぬきを嫌い、人間の世界に家出した姫の身代わりとして、お見合いをすることになったお黒。

        お相手の若君・狸吉郎はすっかりお黒に夢中になり、お黒もまた若君を憎からず思うものの、身代わりの身分の辛さを感じる。そうこうするうち、人間との恋に敗れたきぬた姫が国に戻ってきた。娘の出世の妨げと泥右衛門は姫を討とうとするのだが…

        初春狸御殿 [DVD]

        中古価格
        ¥1,339から
        (2018/7/28 22:16時点)



        豪華絢爛、昭和オペレッタ


        こういっちゃなんですが、ストーリー自体は単純。それよりも重要なのが絢爛豪華な歌と踊りで、全体の半分以上を占めています。市川雷蔵演じる若君を迎えるための宴では、若き日の中村玉緒さんなど、当時の美人女優さんたちが多数登場。雷蔵さんとの歌と踊りに興じるさまは、昭和の映画黄金期の豪華さを感じさせ豪華さでした。


        流行歌手からストリッパーまで


        俳優陣も、市川雷蔵、若尾文子、勝新太郎、中村玉緒、水谷八重子(初代)など、豪華な出演陣なのですが、それ意外にも当時の流行歌手、和田弘とマヒナスターズの歌、松竹歌劇団による踊りなど、脇を固める人々もまた、歌と踊りのプロフェッショナルばかり。

        面白いところでは河童の役でセミヌード(ニプレスつき)を披露している女優さんたちはストリッパー。新春狸御殿あらゆるジャンルの一流どころを集めた映画だったのですね。何度も変わる衣装と豪華絢爛な歌と踊りは観ているだけでうっとり。


        平成のオペレッタ狸御殿も見比べてみたい。

        オペレッタ狸御殿 プレミアム・エディション [DVD]

        中古価格
        ¥1から
        (2018/7/28 22:19時点)




        JUGEMテーマ:邦画

        レビューポータル「MONO-PORTAL」

        不器用すぎて、優しすぎる、そんな姉弟。[映画] 小野寺の弟、小野寺の姉

        2014.11.26 Wednesday

        0

          観るとほっこり、ちょっと切なくなる映画


          なんかいいなあ、この姉弟。しっかり者の姉、より子と、ぼーっとしている弟、進。早くに両親をなくして、ずっと古い家でくらしてきた二人。

          決して口には出さないものの、何よりもお互いの幸せを望んでる。

          「世間さま」からみたら、寂しく、望ましくないのかもしれない。でも、2人の暮らしはなんだかんだいいながらも、ほっとする優しさがあります。

          ・小野寺の弟、小野寺の姉原作本

          小野寺の弟・小野寺の姉 (幻冬舎文庫)
          西田 征史 幻冬舎 売り上げランキング: 6,537


          ふたり暮らし


          姉弟の暮らしは、より子さんが手際よくごはんを作り(それがまた、おいしそう)、進は風呂掃除担当。ごはんをたべたり、一緒に散髪に行ったり、ホラー映画みたり、そんな2人の日常は、観ているこちらも、なんだか懐かしいような、くすぐったいような気持ちになります。

          そんな小野寺の姉弟にも恋の予感が。進は郵便の誤配信が縁で知り合った絵本作家の薫と、より子は、コンタクトレンズ営業の浅野と、それぞれがいい感じになっていくのですが、どうにも仲が進展しなくてじれったい。

          実はより子も進も、お互いの幸せを考えるあまり、恋に臆病になっていたのでした。

          でもそんなこと、絶対口には出さないんですけれど。

          進の失恋を癒すため外に連れ出したり、薫との仲を必死で取り持とうとするより子。姉ちゃんの思いをしりつつも過去の恋愛と姉への思いのため、臆病な進。

          進が通りかかった商店街で、より子が浅野と楽しそうに話す姿をみて、すごく幸せそうにほほえむ進の、あの表情がいいんです。(*´∀`*)

          小野寺姉弟をめぐる人々


          脇を固める俳優陣も豪華で個性的。進の幼なじみで床屋の息子にムロツヨシ、より子が恋する浅野に及川光博、より子の同級生橋本じゅんさんなど。また、舞台版に出演した片桐仁さんが、一瞬だけカメオ出演していました。

          特に浅野役の及川さんは、普段のセクシーさやかっこよさをうまいこと隠し、口下手で不器用な男性を演じておりました。

          進役の向井理さん、イケメン俳優なのに、その上から野暮ったさをかぶせ、うまくイケメンを隠して小野寺弟を演じきっておりました。おそらく、この2人が普段のかっこよさが少しでも出てしまっていたら、面白さが半減したと思います。


          おまけ


          ・片桐はいり演じるより子が恋するのはコンタクトレンズ営業の方なのですが、片桐はいりさんは、その昔、コンタクトレンズのCMでブレイクしているのです。そのあたりの事情を知りつつ見るとまた面白いのです。

          ・小野寺の弟・小野寺の姉舞台版DVD。舞台版は映画版とは違うストーリーのようです。映画版と同じく、片桐はいりさんと向井理さんが演じています。こちらもみてみたい。

          小野寺の弟・小野寺の姉 -お茶と映画- [DVD]
          ポニーキャニオン (2014-01-24)売り上げランキング: 4,682

          JUGEMテーマ:話題の映画


          レビューポータル「MONO-PORTAL」

          [映画] るろうに剣心 伝説の最期編

          2014.10.12 Sunday

          0
            るろうに剣心 伝説の最期編」を観てきました。政府転覆を謀る、志々雄一派を阻止すべく彼らの軍艦に乗り込む剣心。けれど、捕らえられていた薫は嵐の海へ投げ出され、剣心もまた、嵐の海へ。浜へ打ち上げられた剣心を救ったのは、かつての師匠、比古清十郎だった。師匠から奥義を授かるため修行を受ける剣心。その間にも志々雄一派は政府に対しある要求をつきつけていき…。

            前回がやたら暗く、悲惨だったせいか、今回は面白かった。アクション満載だし、人間ドラマもあり、途中、ちよっと泣きそうになったり、2時間超えの大作なのに、あっという間で内容の濃い映画でした。

            福山師匠…!


            剣心役の佐藤健を圧倒できる役者って、そうはいないとおもうのですが、やはり福山さんはすごい。独善的で飄々としていて、情が深い師匠役がぴったりでした。
            殺陣も師匠と剣心とは対照的で、スピード感あふれる剣心の剣を、動作を少なく、的確に処理をしている感じなんです。原作では圧倒的な強さを誇るので、ジョーカー的な役割だったのだとか。

            剣心役の佐藤健君はもちろんすごいのですが、物語の前半は福山さんに持って行かれましたよ…


            道を究めし者


            師匠のもとで奥義を極めた剣心。師匠から教わったのは「自分の命を惜しめ」ということ。自分の命を軽んじることなく、向かい合うこと。それができて初めて人斬りから開放される…。
            奥義を極めたあとの剣心は、実に澄んだ、いい表情をしていました。相手の怒りに流されず、剣を交える剣心は、まさに道を極めたもの特有の凛とした姿でした。

            るろうに剣心 DVDスペシャルプライス版
            アミューズソフトエンタテインメント (2014-07-02)売り上げランキング: 247


            「るろうに剣心」→
            「るろうに剣心 京都大火編」→

            [映画] るろうに剣心 京都大火編

            2014.09.02 Tuesday

            0
              夏の暑さに引けを取り、今頃になって「るろうに剣心 京都大火編」を鑑賞。
              面白かった、面白かったけど…、長かった。そして辛かった…。

              ダークでホラーなるろうに剣心


              いや、剣心自身がダークってわけじゃないんですが(^^;)映画の全体的に暗く、エグい内容が目立ちました。画面の色もダークブルーで暗い印象なんです。

              一番ドン引きだったのは冒頭の溶鉱炉のシーン、警官たちが溶鉱炉の中に落とされ「じゅっ」って嫌な音がするんですよ。殺陣のシーンの凄惨さならいいんですが、これはなあ…(^^;)。正直、人が焦げる臭いがするような気がして気分が悪かった。

              物語が進むと、敵役の志々尾自身が生きながら焼かれる経験をしているので、それの意趣返しってことなのでしょうけど…。

              他にも「楽」以外の表情を制約された宗次郎の狂気、剣心を付け狙う四乃森蒼紫の執拗さとか、藤原竜也さんの志々尾の怪演とか、もう今回は、まともなやつが出てきやしねえ(^^;)

              前作も悲惨さはありましたが、今回は怪演が多すぎて脳がもたれます。香川照之さんが演じた武田観柳の、突き抜けた明るさを持つ悪役に懐かしささえ感じます。今回そのポジションは滝藤賢一さんが担っていましたが、いかんせん、出番が少なすぎた…。


              正直長いのだけれども


              二時間半に渡る長丁場、続編につなげるべきエピソードを詰め込みすぎて、正直長いなあという印象でした。ハリー・ポッターの最後の二部作も、一作目はやたらと暗く、エピソードと伏線をギュウギュウに詰め込んでいたので、これも二部構成の特徴なのかもしれませんが。

              多くのエピソードの中で私が好きだったのは剣心と刀鍛冶赤空・青空との出会いです。赤空役は「BORDER」で掃除屋を演じたミュージシャンの中村達也さんで、独特の存在感があり、息子役の渡辺大さんもすてきでした。最後の一刀を剣心に託す場面は、刀の他に、思いをも託す意味もあり、派手ではないけれどもいいシーンでした。

              ラストシーンには意外な人物も登場し、これからの展開が気にかかる、ワクワクした感じに仕上がっております。続編「伝説の最期編」が楽しみです。


              JUGEMテーマ:映画の感想


              「るろうに剣心 伝説の最期編」
              前作「るろうに剣心」

              夏休みに観たい、少年の冒険。[映画] 鉄塔武蔵野線

              2014.08.20 Wednesday

              0
                テレビ版「チームバチスタシリーズ」や「電車男」など個性的な俳優伊藤淳史さん。(チビノリダーでもある)彼がまだ子役だった頃、出演した映画・鉄塔武蔵野線。少年たちが鉄塔をたどりながら、最初の1号鉄塔を目指してゆく物語です。

                見晴は両親の別居のため、夏休み明けから長崎へ転向することが決まっている。最後の夏休みの思い出に、科学が好きな父が昔よく連れて行ってくれた鉄塔をたどり、最初の鉄塔まで行ってみることにした。

                親友の暁をつれ、鉄塔の番号をたどりながら、いろいろな場所へ自転車を走らせてゆくけれど、途中で暁とケンカになったり、大人たちに邪魔をされるのだけど、それでも見晴は1号鉄塔を目指し旅を続ける。

                「旅」の途中、手製のメダルを鉄塔の下に埋める。そしてまた次の鉄塔へ。
                そうして鉄塔を辿って行くことでどんとんと遠くへ進んでいく。

                夏休み、知らない場所への冒険。鉄塔を目指しながら知らない土地への旅は観るものをワクワクさせます。見晴は途中、様々な困難にあうのだけど、それでも鉄塔に向かって進むのを辞めない。それは意味のないことかもしれないけれど、見晴にとっては、とても大事なことなんですね。

                靴をなくしたり、大人にどつかれたり、ボロボロになりながらも鉄塔を目指す姿は、なんだか巡礼者のようにもみえました。

                今まさに夏休みを体験している子供にも、かつて子供だった大人にも、夏休みに観てみたい映画です。


                鉄塔武蔵野線 [DVD]

                中古価格
                ¥2,388から
                (2018/9/17 00:09時点)




                鉄塔 武蔵野線 (ソフトバンク文庫 キ 1-1)

                中古価格
                ¥460から
                (2018/9/17 00:09時点)



                昔の映画の、なんとも言えない風情[映画] 祇園囃子

                2014.08.01 Friday

                0
                  昭和28年、溝口健二監督作品「祇園囃子」を観ました。古い映画は、その時代の風情を垣間見れることが映画の楽しみのひとつでもあります。

                  「祇園囃子」は、京都の祇園で芸者を生業とする美代春と、その妹分の栄子(美代栄)を軸にして、祇園の花街に生きる芸者の生き様を描いた作品。物語の初盤、今も雰囲気だけは残る祇園の古い町家を、路地を荷物をもった栄子が美代春の家を探してさまようシーンからはじまります。

                  祇園囃子 [DVD]
                  祇園囃子 [DVD]
                  posted with amazlet at 14.07.27
                  Cosmo Contents (2007-08-20)売り上げランキング: 90,943


                  芸姑の世界


                  栄子は芸者をしていた母親に死なれ、母親の知り合いだった美代春のもとで芸姑として働きたいといってきます。情に厚い美代春は、栄子を仕込んで舞妓としてデビューさせるのですが、美代春は役所の神崎、栄子は車両会社の楠田専務に、それぞれを旦那にするよう、お茶屋の女将から勧められるものの、それを拒んだために、二人は窮地に立たされます。

                  祇園の実力者の女将から睨まれてお座敷がかからない。しかたなく美代春は栄子を守るため、神崎に身を任せる決心をします。これが戦前だったら、有無をいわさず枕を共にしないといけないでしょうが、「アプレ」といわれた戦後では、多少は芸姑さんが意見を通すこともできたようですね。うまくいくかは微妙ですが。

                  どうも、女がひどい目にあうというイメージの溝口健児監督作品にしては、わりとハッピーエンドな終わり方でした。

                  女優さんの美しい所作


                  美代春の仕草ひとつひとつがとても美しいのです。着物の袖の捌き方とか、帯のとき方、結び方などはもちろん、お座敷でお客あしらいなど、流れるような所作なんです。美代春の衣装は、袖の後ろ側にも華やかな模様が描かれていて、それが動きによってちらりと見える。そのなかなか見えない美しさが見事なんです。

                  木暮実千代さんの美代春は、大人の芸者の色気、したたかさがあり、それがやわらかな所作であわらされ、まだ若い栄子役の若尾文子さんの所作は、ちょっと直線的というか、気持ちで動く10代の女の子の感じでした。

                  今でこそ白い犬のお母さんで有名な若尾文子さんですが、若い頃はふっくらとしていて愛らしいお顔立ちでした。これが数年後の「雪之丞変化」では恐ろしいくらいの色気と美しさが加わるのです。



                  JUGEMテーマ:映画の感想


                  派手さはないけど、じんとくる [映画] しゃべれどもしゃべれども

                  2014.07.26 Saturday

                  0
                    佐藤多佳子さん原作の映画「しゃべれどもしゃべれども」は、心根はやさしいのに、話すことが下手で不器用な人々の物語。派手ではないけれど、観終わったあと、じんとくる。ちょっといい気持ちに慣れる映画です。

                    しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
                    角川エンタテインメント (2007-11-09)売り上げランキング: 54,672


                    しゃべれどもしゃべれども 物語


                    落語家の二ツ目、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから話下手な3人の生徒に落語を教えることになった。

                    いじめをうけているけれど、明るく生意気な大阪弁の小学生、村林、解説ベタな元プロ野球選手、湯河原。ぶっきらぼうで話下手な美人、十河(とがわ)。自分の落語さえままならないのに、そんなクセのある3人への落語指導は悪戦苦闘の連続。それでもなんとか、自宅で3人の落語発表会を開くことになり、自身も一門会に大ネタ、火焔太鼓をかけることになるのだが…

                    人との関わり


                    三つ葉がしゃべる古典落語「火焔太鼓」は、前半では師匠のマネみたいだと言われているけれど、後半、一門会での高座は、村林や湯河原、そして十河など、出会った人々が噺の中に活かされ、いきいきと語られています。

                    国分太一さん演じる三つ葉が、ほんと、気持ちのよい男なんです。十河が浴衣でほおづき市へ行きたいって行ったら、連れてってくれるし、自然にさらりと「好きな人はいるが、あんたと出かけられたのもうれしかった。」いえちゃうんです。ちょっと不器用でぶっきらぼうな昔気質な三つ葉だけれど、そこがいいんだよなあ。

                    TOKIOのメンバーって、今じゃ村を開拓し、なんでも作れる集団として人気ですが、実は、演技もすごいんですよ。


                    ・原作「しゃべれどもしゃべれども」感想→



                    しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)
                    佐藤 多佳子 新潮社 売り上げランキング: 92,752



                    JUGEMテーマ:邦画


                    原作への愛と、リスペクトが感じられる映像化 [映画] 図書館戦争

                    2014.05.06 Tuesday

                    0
                      岡田准一さん、榮倉奈々さん主演の映画「図書館戦争」を見ました。原作の良さをちゃんと活かした、かっこいいつくりの映画でした。

                      原作への愛と、リスペクトが感じられる映像化


                      「図書館戦争」は、映像化してよかったと、原作ファンが思える作品でした。圧巻の戦闘シーン、かっこいいアクション、原作の台詞を活かした展開、そしてラブ要素…。原作付きの映像化に必要なのは、キャスティングと映像ならではの表現力、そして原作への愛、「図書館戦争」の映画はそのすべてが揃ってます。

                      こういってはなんですが、原作付きの映像化の場合、「改変」ではなく、「改悪」となり原作ファンを失望させる作品が少なくないので。こんなのとかね

                      図書館戦争 スタンダード・エディション [DVD]
                      角川書店 (2013-11-13)売り上げランキング: 2,208



                      自衛隊全面協力は、伊達じゃなかった


                      小田原攻防戦の戦闘シーンは弾薬撃ちまくりの大迫力!その中を堂上と小牧ががくぐり抜けていくシーンはすごかった。クライマックス、堂上のアクションもかっこよかった。さすが岡田准一さん、「SP」で鍛えたカリ(タイの武道)師範代のアクションが冴えてます。スピードが早過ぎるので、スローで2回見なおしました。

                      映像のかっこよさ


                      郁ちゃんたちの訓練シーン、青い空に訓練生の黒いシルエットが浮かび上がるところや、戦闘に向かう堂上と小牧が並んだシーン、郁ちゃんが堂上にあやまるところの遠景。シーンごとのぴったりの映像が考えられていて、細かいところだけれど、すごくていねいに、つくってるんだなと感じられます。

                      配役がすばらしいっ!


                      岡田准一さん


                      アニメ版では声優の前野智昭さんが適役でしたが、映画版では岡田准一さんが、堂上そのものでした。カリ(タイの武術・岡田さんは師範代レベル)で鍛えたアクションも笠原都の身長差も(ここが重要!!)完璧でした。

                      栄倉奈々さん


                      元気でボーイッシュで、でも少女っぽい可愛らしさ、一途さをもっている郁ちゃん役にぴったりでした。スタイルもいいし、堂上とのコンビネーションも抜群。

                      田中圭さん


                      笑う正論」と呼ばれ、冷静な中にも苛烈さを秘める小牧は、銀河英雄伝説「初陣」のヤン・ウェンリーに次ぐ、田中圭さんのハマり役だと思います。戦闘シーンでは堂上のバディとしての息のあったコンビネーションや、さりげなく周りを気遣い、言うべきところは言う小牧らしさがすごくでていました。

                      橋本じゅんさん


                      玄田隊長は巨漢の設定なのですが、小柄な橋本じゅんさんでどうなのか、と最初思っていたけれど、迫力とヤンチャの両方を兼ね備えた、いい隊長でした!(*´∀`*) 今までこんなに橋本じゅんさんをかっこ良く思えたコトなかったわ(失礼!)。

                      そして、児玉清さん


                      今回の映画、図書隊の指令役は稲嶺さんから仁科さんに変更になっています。
                      これはもともと原作の稲嶺のキャラクターが、故・児玉清さんをイメージして書かれており、撮影当時すでに故人となられていた児玉さんに敬意を表するためだったらしいです。

                      原作の有川さんと、生前の児玉清さんは、書き手と読み手としていい関係を築いてらっしゃいましたから…。そんなお二人のつながりを示す、良い設定でした。
                      生きておられたら児玉さんの稲嶺指令を見てみたかったです。



                      アニメ 図書館戦争 革命のツバサ→
                      プロダクションIGがノイタミナで制作したアニメ「図書館戦争」の映画版」。TVシリーズで描けなかった最終巻の内容を中心に物語が展開します。

                      図書館戦争 革命のつばさ DVD通常版
                      角川書店 (2013-01-25)売り上げランキング: 3,466


                      レビューポータル「MONO-PORTAL」
                      JUGEMテーマ:邦画