姉妹妻その後と不器用乙嫁『乙嫁語り 8』 森 薫

2016.01.09 Saturday

0

    不器用乙嫁・パリヤさん


    最初の乙嫁・アミルの友人・パリヤさんの婚活話。パリヤさん、いい娘さんなんですが、極端なマイナス思考のせいか、行動がどうにも空回りしちゃうのよね。そんなところが読者的には(未来の旦那さまも)かわいいと思っているのですが。

    そんなパリヤさんに、とうとう縁談が持ち上がるものの、前回の他部族の襲撃で、家も嫁入り支度も焼けてしまいます。パリヤさんは、アミル一家にやっかいになるついでに、ばあさまから刺繍の手ほどきを受けることに。もともと、手先は器用なので、婚約者のウマルくんのことを考えながら(この辺が乙女)刺繍の腕もあがっていきます。

    そんな矢先、ウマルくんと父親が見舞いにやってきて、当分パリヤさんちの近くに住むことになり、パリヤさんパニック!でもそれが読者的には面白い。がんばれ、パリヤさん♪

    乙嫁語り 8巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))
    KADOKAWA / エンターブレイン (2015-12-14)売り上げランキング: 56


    姉妹妻・その後


    ペルシャではその昔、女性同士の結婚の風習「姉妹妻」があり、アニスとシーリーンも、強い絆で結ばれた姉妹妻。
    シーリーンは夫の死にともない、アニスはシーリーンを夫の第二妻とするよう提案し、二人は一緒に暮らすようになりました。

    二人の暮らしも落ち着いてきたのですが、どうも旦那さまはアニスとシーリーンの仲が気になるようで…。

    ムスリムの一夫多妻は、すべての妻を平等に扱うことが建前なのですが、アニスの旦那さまは、アニスのようなロリ…いやいや、少女タイプの女性が好みなのに、豊満なタイプシーリーンをどう扱うんでしょうかね、とゲスな邪推してみたり。

    まあでも、この三角関係はほのぼのとしてます。アニスとシーリーンはラブラブで、そこに旦那さまが嫉妬したり、アニスはアニスで、自分の好きな旦那さまのことを、シーリーンが好きだと嬉しい、みたいな。

    乙嫁語り 7巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))
    KADOKAWA / エンターブレイン (2015-02-14)売り上げランキング: 316


    JUGEMテーマ:おすすめの漫画


    森薫作品感想


    「乙嫁語り10」→
    「乙嫁語り9」→
    「乙嫁語り7」→
    「乙嫁語り6」→
    「乙嫁語り5」→
    「乙嫁語り4」→
    「乙嫁語り3」→
    「乙嫁語り2」→
    「乙嫁語り1」→
    森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ→

    言わずと知れた英国メイド物語
    「エマ(外伝)」→
    エマ以前のメイド物語「シャーリー」→
    「シャーリー2」

    「森薫拾遺集」→
    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    ばーちゃんがやってきた!『よつばと!13』 

    2015.12.21 Monday

    0
      長らく休止していた『よつばと!』ようやく次の13巻がでました。元気な女の子・よつばの冒険と好奇心に満ちたまいにちが1日1話形式で描かれます。

      よつばと! (13) (電撃コミックス)
      あずまきよひこ KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-11-27)売り上げランキング: 10



      ばーちゃんがやってきた!


      よつばは現在、とーちゃんとふたり暮らしですが、今までの会話で「じーちゃんとばーちゃん」がいることがわかっていました。

      いよいよ登場したばあちゃんは…なんつうか、「このとーちゃんにして、このばーちゃんあり」という感じ。いきなり電話をかけてきたと思ったらすぐにやってくるし、とーちゃんと同じくマイペース。

      いつもは、後先考えず行動するよつばも、ばーちゃんには一目置いていて、叱られたことはちゃんと直したり、掃除や後片付けなんかもお手伝い。

      折り紙やお絵かき、おにぎりにパン作り。とーちゃんとではできない体験を、ばーちゃんから教わるよつば。

      けれど、ばーちゃんの帰る時間が近づくと、よつばは荷物を隠したり、なんとかばーちゃんを引き留めようとします。

      最初はおみやげ欲しくてたまんなかったのに、ばーちゃんが帰りそうになると「おみやげなんてなくていい」ってばーちゃんに泣きつくよつば。

      なんか、「アルプスの少女ハイジ」でハイジとクララのおばあさまが別れる時みたいで、ちょっと泣ける(;ω;` )。

      きょうもいちにち、たのしかった


      ばーちゃんが帰ったあと、あんなに大騒ぎしていたよつばも1日経つとけろっとしてます。でも、ばーちゃんがやってた家の前の掃除は引き継いでいます。

      とーちゃんの後輩・やんだ(よつばの天敵)とやりあったり、寝る前にとーちゃんと必殺技ごっこ(ちゃんとビームが出る表現になってるのが面白いww)

      そんなこんなでよつばのいちにちが終わり「きょうもいちにち、たのしかった」と。
      今の日本で、大人も子どももこんなふうに思って眠れるひとが果たして何人いるのかな、とちょっと考えちゃいますね。よつばみたいに毎日全力で楽しまないと、こんなセリフは言えないよね。

      よつばと! コミック 1-12巻セット (電撃コミックス)
      あずま きよひこ 角川グループパブリッシング 売り上げランキング: 3,994





      「よつばと!1」→
      「よつばと!2」→
      「よつばと!3」→
      「よつばと!4」→
      「よつばと!9」→
      「よつばと!10」→
      「よつばと!11」→
      「よつばと!12」→

      レビューポータル「MONO-PORTAL」

      擬人化細胞があなたの体を守る! 「はたらく細胞2」 清水 茜

      2015.11.23 Monday

      0
        体の中の細胞を擬人化した人気まんが「はたらく細胞」。今回も面白いです♪
        前回の「はたらく細胞」では、侵入したウイルスを発見し、駆逐する戦士、白血球(イケメン)、体内に酸素や栄養を運んでくれる宅配便やさん、赤血球(がんばりやさんの女の子)を中心に、体のSWAT部隊、キラーT細胞(マッチョ)や、マクロファージ(美少女だけど強い)など、はたらく細胞たちとその働きが紹介されました。

        今回は白血球の仲間である好酸球、がん細胞を駆逐するNTキラー細胞も登場。ちなみに好酸球はツインテールの女の子、NTキラーは、アメリカ映画にでてくるような、強いお姉さん風に描かれています。

        はたらく細胞(2) (シリウスKC)
        清水 茜 講談社 (2015-11-20)売り上げランキング: 56


        食中毒


        白血球は体内に侵入した細菌を駆除するのが役目。けれど、白血球の仲間の好酸球はあまり強くない。実は彼女が本領を発揮するのは寄生虫駆除なのでした。白血球の中でも特化した性質をもつ細胞がいるのですね。
        けれど、細菌は寄生虫も昔ほどいないので好酸球の活躍も少なくなっちゃったかも…。

        白血球と赤血球の幼少期


        白血球や赤血球はどうやってつくられるのか。今回は赤血球と白血球の幼少期のお話。骨髄で生まれてマクロファージによって育てられるんですね。

        成長の過程があるなんて、ほんとに人っぽいというか。ああでも、彼らは体の一部だから人間でもあるのかな。

        がん細胞


        人類最大の敵、といっても過言ではないがん細胞。それを倒すのがNT(ナチュラルキラー)細胞。かっこいい姐さんの登場です。もともとがん細胞は、細胞のコピーミスから増殖し、体内の栄養をぶんどり、死に至らしめるやっかいなもの。

        白血球、キラーT、NTによる免疫細胞タッグでがん細胞を粉砕するのですが…。

        がん細胞は日常的に生まれてきてしまうので、それを水際で退治してくれるのが、免疫細胞なのです。けれど、不摂生やストレスで免疫細胞がうまく動けなくなると…。

        「はたらく細胞」を読むと、ちゃんと栄養とってストレスためないようにしよう、ってホント思いました。あと笑いね。NT(ナチュラルキラー)細胞は笑いで活性化するらしので、たくさん笑いましょう。


        はたらく細胞1→
        はたらく細胞3→

        はたらく細胞(1) (シリウスKC)
        清水 茜 講談社 (2015-07-09)売り上げランキング: 110


        レビューポータル「MONO-PORTAL」

        四季折々の、おいしいスープまんが「オリオリスープ」 綿貫 芳子

        2015.11.20 Friday

        0
          四季折々の食材を使った、おいしいスープの物語「オリオリスープ」。

          本の装丁デザイナーの織ヱは、スープ系の料理がすきで、おいしい食材があると、デザイン事務所の給湯室でいきなりスープを作り出すほどの食いしん坊。

          物語と、テーマとなる食材は、月の上旬、中旬、下旬で入れ替わります。
          菜の花のスープ、春キャベツと豚肉の蒸し煮、新じゃがのポトフ、カブのポタージュ、手間ひまかけてつくる、鶏のブイヨンスープ…。

          季節にあわせたそのスープ(以外もあるが)は、読んでいるだけでおいしそう。そして、作りたくなります。織ヱさんが実際に作っているところが描かれているので、まんがそのものがレシピという感じ。

          旬の食材は、食べることで季節そのものを感じることができるのです。

          ただの料理漫画というだけじやなく、織ヱの過去とか、織ヱの周りの人たちの様子なんかもていねいに描かれていて、ほっこりと味わい深い物語になっています。おすすめ。


          オリオリスープ(1) (モーニング KC)
          綿貫 芳子 講談社 (2015-10-23)売り上げランキング: 1,897

          JUGEMテーマ:おすすめの漫画


          オリオリスープ2→
          オリオリスープ(2) (モーニング KC)
          綿貫 芳子
          講談社 (2016-05-23)
          売り上げランキング: 38,567



          レビューポータル「MONO-PORTAL」

          イケメン白血球があなたを守る!細胞擬人化まんが 「はたらく細胞」

          2015.08.02 Sunday

          0
            これは面白い!

            「はたらく細胞」は、細胞の擬人化まんが。私たちの体の中にいる細胞がどんな働きをするのか、読みながら体の仕組みがわかるので、勉強になります。

            はたらく細胞(1) (シリウスKC)
            清水 茜 講談社 (2015-07-09)売り上げランキング: 32


            斬新すぎる、だがそれがいい、細胞の設定


            ・イケメンだけど、侵入者(ウイルスや細菌)を見つけると、凶暴化する白血球
            ・血液を通って、いろんなものを届けてくれるがんばりやさんの運び屋、赤血球
            ・ほんわかした美少女、でも実は殺傷能力最強レベルのマクロファージ
            ・仕留められなきゃ脾臓送り、厳しい掟の戦闘集団、キラーT細胞
            ・みかけは小学生、しかしその実体は傷口を修復するプロフェッショナル、血小板

            これらの細胞たちが、体におこる様々な障害に、力を合わせて立ち向かいます。

            細胞さんたちがはたらく、様々な病気


            肺炎球菌


            肺炎球菌VS白血球。おっかない肺炎球菌ですが、激闘の末、体の外へ追いやることに成功しますが、その方法はなんと「くしゃみ」くしゃみも咳も、細菌を外に出そうとする大事な働きなんですね。

            花粉症


            優秀な細胞たちですが、たまには間違いも起こします。スギ花粉の到来によって、体内では抗体をつくるB細胞くん(元気な男子っぽい)が抗体で撃退するものの、抗体の量によってマスト細胞が大量のヒスタミンを投入することによって、大災害が(くしゃみ、鼻水)…

            インフルエンザ


            免疫細胞たちが大活躍するインフルエンザ編。キラーT細胞は細菌やがん細胞などを駆除するプロの殺し屋ですが、そんな細胞の中にもルーキー(ナイーブT細胞)がいて、最初はなかなか活躍できなかったりします。

            そんな中、ボンネット型にドレスの美少女、マクロファージたんが結構強い!笑顔でナタを振るって敵を倒す倒す!

            すり傷


            たかがすり傷、そうはいっても体の中では大変なことに。傷からは細菌が侵入、開いた傷から外に放り出されたら一環のおわり。そんな危機的状況でも白血球は立ち向かう。そんな中、傷口を封じるプロフェッショナル、血小板が現れる。しかし、その姿はかわいい幼児なのでした。(*´ω`*)


            「はたらく細胞」を読むともう、かさぶたを無理やりはがせなくなりますよ…。

            アニメも面白い!

            はたらく細胞 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

            新品価格
            ¥3,299から
            (2018/7/26 00:33時点)




            はたらく細胞2
            はたらく細胞3

            JUGEMテーマ:おすすめの漫画


            レビューポータル「MONO-PORTAL」

            宝石と合金。「宝石の国4」 市川 春子

            2015.06.04 Thursday

            0
              遠い未来、宝石の性質を持った不老不死の生命体と、彼らを襲う月人との戦いを描いた「宝石の国4」
              主人公フォスフォフィライトは、前回失った腕の変わりに、金と白金の合金をつける。冬の間仲間だったアンタークを失ったことで、以前とは全く違った屈強な戦士に変わろうとしていた。

              宝石の国(4) (アフタヌーンKC)
              市川 春子 講談社 (2015-05-22)売り上げランキング: 982


              宝石の国の世界観


              遠い未来。宝石の性質を受け継いだ生命体、彼らは金剛先生と呼ばれる指導者のもと、それぞれの技能をいかしつつ、月人への戦闘と日々の暮らしを営んでいる。

              光をエネルギーとし、壊れてもパーツをある程度集めれば再生が可能なため、気の遠くなる時間を生きている。彼らを襲い、装飾品とする(らしい)月人との戦いも長きにわたるが、月人の正体はわからない。


              強くなったフォス


              前はドジっ子な末っ子気質だったフォスが、体の宝石を他の物質に置き換えるたび、新たな変化が起こります。

              最初は重くて動かすのもやっとだった合金も、自在に形を変えて戦闘に利用しています。そこには、アンタークを失ってしまった後悔があるんでしょうね…。フォスの変化にともなって、宝石たちの世界もいろいろと動きがあるようです。

              強くなったフォスに興味を示した最強の宝石・ボルツとコンビを組むことになり、新しい月人と対峙することになるのですが、その月人(?)はなにやら金剛先生と因縁があるようで…

              ここでいよいよ、怪しかった金剛先生と月人との疑惑が明るみに。フォスは一人で月人から情報を得る決心をします。そうか、宝石たちはフォス以外、みんな金剛先生と月人が関係あるってわかってたのね。
              でも、大好きな先生だから、あえて黙っていると。

              これからの展開がまた楽しみ。またアドミラビリスたちも出てきてほしいな。

              カードゲーム付き 宝石の国(4)特装版 (プレミアムKC アフタヌーン)
              市川 春子 講談社 (2015-05-22)売り上げランキング: 2,765




              宝石の国5
              宝石の国3
              宝石の国2
              宝石の国1


              レビューポータル「MONO-PORTAL」
              JUGEMテーマ:漫画/アニメ

              くるねこ人情絵本 「やつがれと橘の木」

              2015.04.04 Saturday

              0
                くるねこの人情時代劇、やつがれシリーズ五作目「やつがれと橘の木

                今回もまた、ほっこりと、そしてちょっと切ない人情噺です。

                棒手振りの八朔(やつがれ)は、拾い子のチビ太と女房のお夏、5人の子どもたちに囲まれ、のんびり暮らしている。あるとき、鍼のせんせー家族とピクニックを楽しんでいると、カラスの落とし物から守ってくれた武士・橘九太郎とであう。

                旅立つという橘九太郎から、「橘の盆栽をもらってほしい」と頼まれた八朔は、二朱(約一万円)でひきとることにする。

                その帰り道、骨董商の立花八十助なる男から「盆栽をゆずってほしい」と言われ、盆栽は10両で売れたものの、正直者の八朔は、その金を橘九太郎へ返そうとするが、がんとして受け取らず、しまいには刀で脅される始末。

                鍼のせんせーたちと相談し、半額を橘九太郎へ収めてもらうよう、死に装束で再び九太郎のもとへ。

                実は、そこで、九太郎と八朔の昔の因縁が明らかになり…。

                今回はじめて八朔の過去が明らかになります。小さいころは奉公先でいじめられて、その奉公先が火事になり、泣いているところを助けてくれたのが九太郎だったわけです。

                八朔は、ちいさいころからひとりぼっちで苦労をしてきたけれど、だからその分、関わった人にやさしいんだろうな。

                やつがれと橘の木
                やつがれと橘の木
                posted with amazlet at 15.03.31
                くるねこ 大和 幻冬舎 売り上げランキング: 29



                登場人物の橘九太郎、立花八十助は、以前、くるねこ宅で預かっていた斑目九太郎、八兵衛がモデルのようです。前作の「あん胡郎」のように、くるねこ家で面倒をみた猫たちが、こうしてまた物語として登場してくれるのはうれしいことです。

                くるねこ 14
                くるねこ 14
                posted with amazlet at 15.03.31
                くるねこ大和 KADOKAWA/エンターブレイン 売り上げランキング: 2,929


                やつがれとあん胡郎
                やつがれとあん胡郎
                posted with amazlet at 15.04.03
                くるねこ 大和 幻冬舎 売り上げランキング: 9,582


                「やつがれとあん胡郎―絵本漫画」→
                「やつがれと枕荒らし―絵本漫画」→
                「やつがれと甘夏―絵本漫画」→

                ペルシャの女性婚制度・姉妹妻『乙嫁語り7』 森 薫

                2015.02.17 Tuesday

                0
                  『乙嫁語り』7巻は、語り部であるスミスの旅とともに、各地の乙嫁さんを紹介するのですが、今回のテーマは女性同士の結婚。ええっΣ(゚∀゚;) でもイスラム教って同性愛禁じてるんじゃなかったっけ…?。

                  「乙嫁語り7」あらすじ


                  旅を続けるスミスがペルシャで滞在した館には、少女のような可憐な乙嫁、アニスがいた。やさしい夫、子宝にも恵まれ、何不自由ない暮らしでも、心はどこか満たされない。

                  そんなとき使用人から「姉妹妻」を持つべきだと勧められる。さっそく姉妹妻を探すべく、女性たちの社交場である風呂屋を訪れるアニスの前に、印象的な女性、シーリーンが現れる。
                  立場も環境も違うアニスとシーリーンだが、どこか通じあうものを感じて姉妹妻の契りを結ぶのだか…



                  ペルシャの姉妹妻制度とは


                  「姉妹妻」(ハーハル・ハーンデ)と呼ばれるペルシャの女性同士の婚姻制度は、19世紀まで実在したのだそう。親友としての契りをむすび、普通の結婚のように式をあげたり、旅行にいったり、一緒のお墓にも入れるのだとか。

                  姉妹妻は「家同士の結婚」に対し、ある種、恋愛結婚な役割があるような気がします。夫は選べなくとも、気のあったパートナーは選ぶことができるのですから。とはいうものの、同性愛的なつながりではなく、あくまでもプラトニックなもの。このへんは戦前の女学生の「エス」的なつながりと似ています。

                  乙女の港 (実業之日本社文庫 - 少女の友コレクション)

                  中古価格
                  ¥333から
                  (2018/12/20 00:01時点)




                  今までと異なる画風がすごい


                  乙嫁語りに限らず、森薫さんの漫画作品は、服や背景、動物など、これでもか!っていうほど細部が描き込みが特徴的なのですが、7巻の絵には驚かされました。最初「乙嫁語り」ってわからなかったほどです。

                  しかし、描き込みがないわけではなく、ペルシャのモザイクや建物の装飾など、目立たないところでみっしりと描き込まれています。アラビアン・ナイトを思わせる、デザイン的な情景描写は斬新だし、動物の描写や細かい動きは、相変わらずの細かさがあります。

                  人物はあっさりとしつつも、親子で顔のパーツを似せるなど、細かいところがすごいんですわ(;´・ω・)。


                  『乙嫁語り』から学ぶイスラム社会


                  いま、否が応でもイスラム社会に注目が集まってます。今回の乙嫁語りでは、珍しい姉妹妻や、一夫多妻制など、イスラムの風習について語られます。

                  一夫多妻制は、決してハーレム的なものではなく、夫が亡くなり困窮した女性を、裕福な男性が救済するための制度だそうです。「乙嫁語り」のなかでも、アニスの姉妹妻、シーリーンの夫が亡くなり困窮したとき、アニスは夫に、シーリーンを第二夫人として迎えてほしいと頼みます。

                  多数の妻を持つには、いづれの妻も、すべて公平に扱うことが条件といわれています。男女平等を謳っているイスラム教らしい制度なのでしょう。

                  ただ、女性が自立して自ら働き、暮らせるという自由はないようです。でもそれは、異教徒の私側からの視点なのでしょうけれど。

                  「乙嫁語り」12巻では、アニスとシーリーンのその後が描かれています。これまでもちょくちょく登場してそのラブラブっぷりを披露していた姉妹妻の2人ですが、ツンデレなシーリーンが面倒見の良いお姉さん、アニスがちょっと天然のお嬢さまポジションになっているのが面白かったです。




                  森薫作品感想


                  「乙嫁語り10」→
                  「乙嫁語り9」→
                  「乙嫁語り8」→
                  「乙嫁語り6」→
                  「乙嫁語り5」→
                  「乙嫁語り4」→
                  「乙嫁語り3」→
                  「乙嫁語り2」→
                  「乙嫁語り1」→
                  森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ→

                  言わずと知れた英国メイド物語
                  「エマ(外伝)」→
                  エマ以前のメイド物語「シャーリー」→
                  「シャーリー2」

                  「森薫拾遺集」→

                  JUGEMテーマ:おすすめの漫画

                  レビューポータル「MONO-PORTAL」

                  不思議な、不思議なお話。「五色の舟」  近藤ようこ 津原泰水

                  2015.02.06 Friday

                  0
                    不思議な、不思議なお話「五色の舟 (ビームコミックス)」 
                    最初は、戦時中の見世物小屋の人々が肩を寄せあい、健気に生きる話かと思っていたら、だんだんと、現実の世界からまた別の世界へとゆっくりと移動していく感じです。

                    まるで、読んでいる私達もいつの間にか舟に乗って、違う場所に運ばれて行ってしまったような。

                    自分がいるこの世界は、本当にいるべき世界なのだろうかと…。

                    「五色の舟」あらすじ


                    太平洋戦争末期。壊疽で両足のないお父さん、小人症の昭助、シャム双生児の片割れだった桜、膝の関節が逆の牛女の清子、そして腕のない和郎。彼らは小さな舟に身を寄せ、見世物をして暮らしていた。家族として強い絆で結ばれていた5人だった。

                    あるとき、お父さんが「くだん」と呼ばれる、予言をする不思議ないきものの噂を聞きつけて、それを買い取ろうと岩国へ向かう。けれども、一足遅れで軍に接収されてしまう。心を読める和郎は、「くだん」をみかけてから不思議な夢を見るようになる。

                    それは、家族ひとりひとりが違った舟に乗り、家族が離れ離れになる夢だった…。

                    現実の世界、かりそめの世界


                    最初のうちは、戦争時当時の見世物小屋の人々が型を寄せあって生きていく、そんな物語だと思っていたら、「くだん」がでてきたころから、徐々に不思議な世界へ

                    どうやら、この世界の人達は「別の世界」へと移動することができるらしく、それを叶える装置が「くだん」であるらしいことがわかってきます。

                    最後はなんだかとても切ない終わり方でした。はたして彼らがたどりついた場所は安住の地なのか、それともかりそめのものなのか…。

                    五色の舟 (ビームコミックス)
                    近藤ようこ 津原泰水 KADOKAWA/エンターブレイン



                    津原泰水さんの原作も、読んでみたくなりました。
                    11 eleven (河出文庫)
                    11 eleven (河出文庫)
                    posted with amazlet at 15.02.05
                    津原 泰水 河出書房新社 売り上げランキング: 59,624


                    近藤ようこ作品感想
                    宝の嫁→

                    JUGEMテーマ:おすすめの漫画


                    レビューポータル「MONO-PORTAL」

                    「おやすみなさいダース・ヴェイダー」 ジェフリー・ブラウン

                    2014.12.10 Wednesday

                    0
                      ダース・ヴェイダーの子育て絵本第三弾おやすみなさいダース・ヴェイダー、今回も悪役のはずのダース・ヴェイダーが、ルークとレイアの子育てに悪戦苦闘しています。

                      今回は、ルークとレイアを寝かしつけるダース・ベイダーと、スターウォーズの登場人物たちの夜の様子が描かれています。


                      アミダラ姫はパーティー続きで忙しく、衣装を散らかしてベッドへ直行(だから、ダース・ベイダーが子育てしてるんでしょうね)

                      ウーキー族は木の上で、イウォーク族は騒音を起こす帝国兵に石をぶつけてやっつけてます。ハン・ソロとチューバッカは借金に追われて安眠できず。

                      ジャンゴ・フェットとボバ・フェットが「寝なさい」「まだ眠くない」普通の親子のようなやりとりをしているのが微笑ましい。

                      スターウォーズ登場人物たちの日常の様子が描かれる「おやすみなさいダース・ヴェイダー」。パロディのようだけど実はルーカスフィルム公認の絵本です。

                      おやすみなさいダース・ヴェイダー
                      ジェフリー・ブラウン 辰巳出版 売り上げランキング: 961


                      ダース・ヴェイダーとルーク(4才)
                      ジェフリー・ブラウン 辰巳出版 売り上げランキング: 4,448


                      ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア
                      ジェフリー・ブラウン 辰巳出版 売り上げランキング: 7,609


                      ダース・ヴェイダー子育て絵本シリーズ
                      「ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア」
                      「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」
                      レビューポータル「MONO-PORTAL」