2005.10.09 Sunday

犬の見る夢は。。

三谷幸喜さんの名エッセイ「三谷幸喜のありふれた生活3 大河な日々」に飼い犬の見た夢を知ることができる方法が書いてあった。

方法は簡単。寝ている犬の頭の上になにか布をかぶせ、その布を自分が眠るときに頭にのせて寝れば、同じ夢が見られるらしい。
なんでもアメリカ先住民に伝わる方法で、これにより三谷さんは見事、飼い犬の見た夢を見ることができた、らしい。
ちなみに夢の内容は「月餅」だったそうだ。

真偽のほどは、はっきりいって微妙ですが、三谷さんは信じているらしいです。

ためしにやってみたいけれど、いかんせん、ウチには犬がいない。。
どなたか、犬を飼っている人で試してみた方がいれば、コメント&TBお願いします。。。

↓「新撰組!」続編も決定し、早く次の巻が読みたい!

三谷 幸喜 / 朝日新聞社(2004/07/16)
Amazonランキング:8,311位
Amazonおすすめ度:

2005.09.27 Tuesday

ブクログで読書記録

活字中毒者の憧れ、念願のブクログ登録。

なにが良いかってアナタ、今まで読んだ本の記録が作れるのですよ。うれしくって、昔読んだ本を思い出しながら登録しています。

こうして改めて思い出してみると読書傾向が10年単位で変わっている。。
20年前(SF、ミステリ)…新井素子、星新一、筒井康隆、栗本薫、江戸川乱歩
10年前(時代小説中心)…池波正太郎、宮部みゆき、宮本輝、ハイジ原作
現在(ライトノベル、本格ミステリ)…小野不由美、京極夏彦、綾辻行人、あさのあつこ

年取ってからライトノベルにハマルというのもなかなかイタイものがありますが、私が子供のころ、ここまで完成度が高くていろいろなジャンルのライトノベルがなかったし(^^;)
年を経ても、対象年齢が指定されようとも
面白いものは、年齢もジャンルも飛び越えるのだ。

↓最近の登録本。腹がよじれるくらい笑いました。
特にビジネスシーンでのこんな「言いまつがい」が大好きです。
「ちょっとまってください、社長ちゃん!」
「○○はまだ出所しておりません。」


糸井 重里 / 東京糸井重里事務所(2004/02/14)
Amazonランキング:16,275位
Amazonおすすめ度:

2005.07.14 Thursday

活字中毒者に50の質問

お題元はこちら→活字中毒者に50の質問
活字中毒者が高じてこんな質問に答えてみた。
「活字中毒者に50の質問」
すごく長いですがよろしければご覧ください。
管理人の本への偏愛がつまってます。

2005.07.13 Wednesday

活字中毒者の図書館通い

今回の収穫はこの2冊。本当は「生首に聞いてみろ」と「犯人に告ぐ」が読みたかったのだが、残念ながら貸し出し中。
「あかんべえ」は1/3程度「どんどん橋」は最初の数ページを読んだだけたけど、こちらの2冊も最高!物語の中にぐいぐい引き込まれていきます。
もう、読み進めるのが楽しくてしかたがないよ。

「日暮し」もそうだったけれど、宮部先生の最近の時代小説は食べ物の詳細な描写が織り込まれていて、とてもおいしそう。
巨匠池波正太郎先生が亡くなってからというもの食べ物の描写の巧みな作家の作品がようやくでてきた感じ。池波先生とはまた違った切り口で「食」が表現されていると思う。




どんどん橋、落ちた
どんどん橋、落ちた
綾辻 行人

2005.07.04 Monday

図書館通い・今回の収穫

今回の収穫は次の通り。
先週お休みだったため、その反動でいろいろと借りてみた。

うちの近所の図書館は小さいけれども頼んだ本はすぐ取り寄せてくれるし、ファンタジー、ミステリーが充実しているし、CDも借りれて非常に便利。
欲を言えばビデオ・DVDの閲覧と貸し出しもやってほしいな。

建物はでかいが、CDは借し出し不可でおまけに中央図書館でないと視聴できない、
某Y政令指定都市の図書館よ、もう少しなんとかならないのか。
N市長も、ごみ収集車の音楽に某バンドを起用するのもいいけれど、
図書館機能をもっと充実させてほしいものだ。

某バンドのゴミゼロソングすきだけどね。。

月光ゲーム―Yの悲劇’88
月光ゲーム―Yの悲劇’88
有栖川 有栖

セッション―綾辻行人対談集
セッション―綾辻行人対談集
綾辻 行人


探偵伯爵と僕
探偵伯爵と僕
森 博嗣

アレルギーの特効薬
アレルギーの特効薬
山崎まさよし, 山崎将義, 中村キタロー

2005.04.27 Wednesday

図書館へ行こう!

現在、私は勤務地と居住地の2箇所の図書館カードを持っている。
居住地近くの図書館は小さいながらもファンタジー小説、CDが充実しており、こじんまりしていて地元の老若男女問わず、本好きがゆっくり好きな本を読める憩いの場。

一方勤務地の図書館は大きな政令指定都市の分館。たしかに新しいし、バックに存在する日本有数の大都市の中央図書館の蔵書が借りれるのもありがたい。司書さんちょっと怖くてCDが借りれないのが玉にキズだが。

とにかく、このせちがらい世の中で本やCDを無料で貸してくれる奇特な場所。徹底的に利用せねば。
俺様の血と涙で稼いだ税金でつくったモンだからな!
ちなみに我が母は図書館で借りてきたビデオを真夏に何日も
ビデオデッキの中に入れておく強者である。(たのむからやめてくれ母よ。借り物なんだからさ。。)







↑これも図書館で借りました拍手
一気に上下刊読んじゃったよ。

いよいよナルの正体が明らかに!


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM