2008.10.19 Sunday

僕僕先生シリーズ「薄妃の恋」 仁木 英之

前作より、確実に面白くなっています。「薄妃の恋―僕僕先生
齢(よわい)数千年の美少女仙人・僕僕と、
たよりないニート青年だった王弁との旅物語。
僕僕先生を待っている間の王弁は、帝から道士として認められ少しは一人前になったかに見えましたが、再び僕僕先生が戻ってくるとおもいっきり半人前扱いです(^^;)

今回は僕僕先生と王弁が旅でのエピソードを短編にまとめてあります。短編になったことで、前回よりも起承転結がはっきりしていて面白かった。
基本的には一話完結のエピソードなのですが、複数の話に出てくる人物もいて、話もちょっとずつリンクしています。

●新しいキャラクターたち
・薄妃
彼女は皮膚一枚しかない形状で、ある理由から僕僕一行と一緒に旅をすることに。もともと皮だけなので普段は僕僕先生に「気」を吹き込んで人の形に膨らませてもらっています。
登場した時は怖かったのに僕僕先生たちと旅を続けていると、どんどん天然っぽいキャラになってきました。(薄妃の恋)

・魏夫人
南嶽の主神でとても美しく、えらい神様らしいのですが、ものすごく荒れています(^^;)お酒をのんでは僕僕先生や司馬承禎にからんでくだをまいています。

・謎の道士
顔を隠した謎の道士。その実力は僕僕先生にすら気づかせない結界が張れるほど。陽の気をもつ子供を生贄にしようとしたり(陽児雷児)、魏夫人のところからいい声のする杜鵑を盗み出したり(奪心之歌)と、なにやら怪しげな行動をおこして僕僕一行とかかわってきます。彼の正体と目的がこれからの僕僕一行に波乱の種を落としそうな気がします。
続編が楽しみな展開になってきました。

僕僕先生シリーズ
「僕僕先生」感想→
「胡蝶の失くし物」→
「さびしい女神」→
「先生の隠し事」感想→
「鋼の魂」→

薄妃の恋―僕僕先生
薄妃の恋―僕僕先生
posted with amazlet at 08.10.18
仁木 英之 新潮社 売り上げランキング: 15741

僕僕先生
僕僕先生
posted with amazlet at 08.10.18
仁木 英之 新潮社 売り上げランキング: 24282

JUGEMテーマ:ファンタジー


2008.10.18 Saturday

『鹿男あをによし』 万城目 学

奈良を舞台にした歴史ファンタジー(だと思う)「鹿男あをによし
私はドラマ版を見てから万城目さんの原作を読んだのですが、以外にもドラマが原作にほぼ忠実につくられていたのに驚きました。キャスティングもほぼ原作のイメージ通りだったし。
これは、「鹿男あをによし」が読んでいて映像が浮かんでくるような物語だからかもしれません。

『鹿男あをによし』 あらすじ


赴任先の奈良で鹿に話しかけられるという不思議な体験をする主人公。鹿によると、「サンカク」と呼ばれる”目”を狐の使い番から受け取れというものだった。

”目”には地震を抑える力があり、鹿、狐、鼠がそれぞれ60年ごとに”目”使って儀式を行い、地震をおさえてきたのだが、鼠のいたずらにより「サンカク」の捜索が意外な方向にいってしまう。
鹿によって運び番の印をつけられ、鹿の姿にされてしまった主人公(他人からは人間に見えるが)は無事「サンカク」を取り戻し、人の姿に戻ることができるのか?

歴史を交えた天界にわくわく


春日大社や鹿島神宮、卑弥呼の故事をベースに、つぎつぎと謎がとかれていく様子は、自分がなにか発見をしたみたいにわくわくして読んでいました。(^^)

それと、印象的だったのが物語の重要な要素である「剣道」。主人公とからむマドンナや堀田イトちゃんなど、剣道をやっている女性の凛とした美しさも印象的だったし、大和杯での試合の息詰まる模様など、剣道というスポーツがいかに魅力的かが伝わってくる。

スポーツをきちんと表現できる文章の力を持つ作家さんてすごい。
当事者しかわからないような感覚を客観的、感動的に伝えられるって観察力と表現力がないとできないことだと思うので。

そして鹿。神様の眷属であるのに、ポッキーが好きだったり、鼠を毛嫌いしていたり(鼠はまんざらでもないらしいが)、人間への愚痴を主人公にこぼしたりと、神の使いらしからぬ俗っぽさ(^^)。
ま、でもこんな神様もいるらしいので、俗っぽい鹿もかわいらしくていいのではないかとおもいます。

鹿男あをによし
鹿男あをによし
posted with amazlet at 08.10.17
万城目 学 幻冬舎 売り上げランキング: 18023


「偉大なる、しゅららぼん」→
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」→
鴨川ホルモー→
ホルモー六景→
プリンセス・トヨトミ→
ザ・万歩計→
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」→
ザ・万遊記→

JUGEMテーマ:読書感想文


2008.08.03 Sunday

しゃばけシリーズ  「いっちばん」 畠中 恵

前回「ちんぷんかん」では親友栄吉が修行、兄の松之助が独立と長崎屋の近くから離れてしまい、若だんなの周りは少し寂しくなりました。
とはいえ、妖たちは相変わらずかしましいのですが。

・いっちばん


栄吉と兄の松之助の不在でさびしくなった若だんなをなぐさめるため、鳴家はお菓子、屏風のぞきは春画(^^;)、鈴彦姫たちは根付を贈ろうと計画します。
お菓子、春画、根付、スリ捜査、4つのドタバタがいつの間にかひとつにまとまって大団円。
犬や犯人達を追っての追跡劇はドタバタコメディーのようでした。


・いっぷく


近頃、鳴家のことを探し回っている輩がいると聞き、心配して超がつくほど過保護になる兄やたち。
一方、長崎屋は、近江からきた唐物屋の小乃屋と西岡屋に
「品くらべ」の勝負を挑まれることになり…
「いっぷく」では若だんなの元になつかしい顔なじみと再会します。その人の正体は最後の方までわからなかったのですが、最後の謎解きで「ああっ!」と思うような人物でした。
久々に新しい友だちができて喜ぶ若だんな。よかったねぇ。・゚・(*ノД`*)・゚・。

・天狗の使い魔


いきなり若だんな空を飛んでいるという驚きのシーンからはじまる「天狗の使い魔」。w(゚ロ゚)
若だんなは信濃山六鬼坊と名乗る天狗に拉致されてしまったでした。六鬼坊は、昔なじみの管狐を自分のもとへおきたいと狐たちに頼んだものの断られてしまい、狐の大妖・皮衣を祖母に持つ若だんなを誘拐して、自分の望みをかなえてもらおうと若だんなを誘拐したのだという。

しゃばけ」でも己の出生のせいで起こった事件のため、人の世にいられなくなりそうになった若だんなは、自分のせいで事件がひろがるのを食い止めるため、天狗に知恵の勝負を挑みます。
するとそこへ、狐に恨みをもつ狛犬があらわれて事態は若だんなの願いとはうらはらに、どんどん大きくなってしまいます…

しかし、仮にも神仏につかえる天狗や狛犬が、自分の欲をむき出しにするのはいかがなものかなぁ(^^;)。

・餡子は甘いか


個人的にはこの話が一番好きです。
修行先で苦労する栄吉。後から来た要領のいい後輩・八助に追い抜かれてしまい、つらい思いをします。もう菓子づくりを辞めてしまおうか…そんな思いにかられる栄吉。

わたしも不器用で八助みたいな要領のいい人間にいやな思いをしたことがあるので、栄吉の気持ちわかります
栄吉の泣きながらの告白に、何もいわずに聞いている若だんな。若だんなもつらいでしょうが、あえて何も言わないんですね。そこが2人の絆をあらわしている気がします。

・ひなのちよがみ


塗りかべの親戚」とまで言われた白塗り化粧のお雛ちゃんが、とうとう白塗り化粧をやめました\(^o^)/。火事で再建した店を立て直すため、自ら長崎屋に営業プランを持ち込みます。
そのアイデアはきれいな千代紙に店の商品の白粉をいれるというもので、若だんなから千代紙を扱う店を紹介してもらうのですが…

働く女の子ががんばる姿はいいですね。
それに引き換え男性陣は前半だらしがないなあ。(´Д`)=3

いっちばん
いっちばん
posted with amazlet at 10.07.10
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 3966


2007しゃばけドラマ感想→
2008しゃばけドラマ感想→
「しゃばけ読本」→
「しゃばけ」感想→
「ぬしさまへ」感想→
「おまけのこ」感想→
「うそうそ」感想→
しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
「ころころろ」感想→
「ゆんでめて」感想→
「やなりいなり」感想→
「ひなこまち」感想→
JUGEMテーマ:本の紹介

2008.07.28 Monday

しゃばけシリーズ「うそうそ」 畠中 恵

しゃばけシリーズ「うそうそ」がドラマ第2弾として放映決定だそうですね。「しゃばけ」と同じく長編なのでドラマ化しやすいのでしょう。それにしゃばけシリーズには珍しく旅のお話ですし、前作とは一味ちがった感じになるかもしれません。またドラマのしゃばけファミリーに会えるのが楽しみです。

さて、「うそうそ」のお話。
このところ江戸では地震が続いている。若だんなもなんだか妙な夢を見るようになり落ち着かない。若だんなの身を心配した両親は思い切って若だんなを箱根に湯治にやることにする。
長崎屋は廻船問屋ですので自前の船があるので、若だんなを運ぶくらいはわけないんですね。さすがセレブ。

お供として仁吉と佐助、義理の兄松之助、それと妖では鳴家が3匹、若だんなの袖に入って一緒に旅をすることに。
屏風が本体の妖、屏風のぞきや鈴彦姫はお留守番。
ドラマ版の鈴彦姫(早乙女太一)は積極的なのでついてきそうですけどね。(^^;)

船で小田原に向かう途中、仁吉と佐助の姿が見えなくなってしまった。いままでひと時も若だんなの元を離れたことがない二人が。
二人の身を案じながらも若だんなと松之助は湯治場へ向かう。
なんとか宿にたどり着いたものの、その日の夜にひとさらいにあってしまう。

誘拐したのはさる藩の武士たち。一太郎の父が育てている朝顔のタネ欲しさに一太郎をさらった。当時珍しい形の朝顔は高額で取引され、武士たちは幕府の役人への賄賂に朝顔を送るのだという。
誘拐犯だけでなく、なぜか箱根の烏天狗にも襲われてしまう若だんな。のんびりと湯治に来たというのに、若だんなは物語の最後までゆっくりとお湯につかることもできません。(^^;)

松之助兄さんが若だんなを守る姿がけなげです。
世の中でたったひとり、自分を気にかけてくれた弟、若だんなは松之助兄さんにとっての大切なよるべなのかもしれません。

今回、若だんなの印籠についていたお獅子が新たにつくもがみとして動きだしました。鳴家のよい遊び相手ができました。( ̄▽ ̄) 鳴家がお獅子にまたがったすがたが可愛らしいです。

うそうそ
うそうそ
posted with amazlet at 08.07.21
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 43649


文庫版のイラストもかわいい。
うそうそ (新潮文庫 は 37-5) (新潮文庫 は 37-5)
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 45


2007しゃばけドラマ感想→
2008しゃばけドラマ感想→
「しゃばけ読本」→
「しゃばけ」感想→
「おまけのこ」感想→
「うそうそ」感想→
「いっちばん」感想→
しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
「ころころろ」感想→
「ゆんでめて」感想→
「やなりいなり」感想→
「ひなこまち」感想→
「たぶんねこ」感想→
「すえずえ」感想→

JUGEMテーマ:本の紹介


2008.07.27 Sunday

「ハリーポッターと死の秘宝」(ネタバレあり)

ようやっと魔法の世界から帰ってきました…
ついに終わってしまいましたね。さみしい反面、もうハリーがつらい思いをしなくてすむのならばそれでもいいのかな、とも思います。
ハリー、ほんとうにおつかれさまでした。

魔法省が死喰い人に制圧され、マグル生まれの魔法使いが虐待される中、ハリー、ロン、ハーマイオニーは死喰い人から逃れながら分霊箱を捜す旅にでます。
ようやくロケットを見つけ出すものの、
分霊箱は「指輪物語」の指輪のように、持っている人間をいやな気分にさせるもののようで、ロケットを身につけたロンとハリーはいさかいを起こしてロンは2人の元から去ってしまいます。


・アンブリッジ!
相変わらずきたねぇなこの人(´Д`)=3
自分が権力を振るえればヴォルデモートだろうとなんだろうと
関係ないんですね。マグル生まれの魔法使いを弾圧している様子は、ナチスドイツのユダヤ人迫害を思い起こさせます。
物語のその後は逮捕されるらしいのでいい気味です。

・ハリー・ポッター7前夜祭の的中率
驚くべきことみんな集まれ!ハリー・ポッター7前夜祭に書かれていた予想がほとんど当たっています(((; ゚д゚)))



みんな集まれ!ハリー・ポッター7前夜祭
MUGGLENET.com 出版文化社 売り上げランキング: 46504


○その他のハリポタ記事
ハリー・ポッター前夜祭
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターとあしながおじさんの共通点→
ハリーポッター裏話→
ネタバレ内容は以下から

2008.03.30 Sunday

「僕僕先生」 仁木 英之

日本ファンタジーノベル大賞、大賞受賞作。
…と、いうことはつゆ知らず、可愛い表紙絵に魅かれて
読んでみたら大当たりグッド
挿絵は畠中恵さんの「つくもがみ貸します」も担当された三木健次さん。
貧相な馬を引く青年と、かわいらしい少女が綺麗な色の雲に乗っている絵が描かれています。

僕僕先生
僕僕先生
posted with amazlet at 10.04.23
仁木 英之 新潮社 売り上げランキング: 207189


物語は唐の時代。都から遠く離れた光州に、王弁という若者がおりました。裕福な父親のおかげで働く事もせず、ただのんびりと日々を送っている。

ま、いまでいうニート青年です。

彼の父親は元県令で、引退した今では不老長寿に憧れ、近隣の黄土山に住み着いた仙人と縁を結ぶため
王弁に供物を届けさせます。

黄土山にたどり着いた王弁を待っていたのは、仙人のイメージとはかけ離れた美少女。
彼女は「僕僕」と名乗り、自分が黄土山に住まう仙人だといいます。

やがて王弁は少女仙人・僕僕に従い、あこがれていた旅に出ることになるのですが、それが僕僕先生のやること、皇帝の宮殿やら、伝説の神・帝江のいる世界やら、いろいろなところへ連れて行かれてしまいます( ̄▽ ̄)

僕僕先生、仙人なのに温泉ではしゃいだり、王弁をからかったりするおちゃめな部分と、困っている人を助けたいという使命感をあわせもつ、とても人間的な仙人です。
そんなかわいい僕僕先生に、当然王弁はメロメロ。

彼女と少しでも彼女と一緒にいたいと思うのですが、生来の怠け者精神がなかなか抜けず、ただ僕僕先生に
ついて旅を続けてゆきます。


この物語は怠け者青年の成長物語と同時に、神や仙人に頼らず、人間が自ら問題に対処しようとする時代の
過渡期を描いています。そのため、仙人たちは人間との距離をとろうとし、人間(官僚)は、人心を惑わす仙人たちを排除しようとします。

そんな中、僕僕先生と王弁は波に流されるでもなく、逆らうわけでもなく、彼ら自身で進むべき道を決めてゆきます。これからのふたりにはどんな冒険が待っているのでしょう。

「薄妃の恋」僕僕先生→
「胡蝶の失くし物」僕僕先生→
「さびしい女神」僕僕先生→
「先生の隠し事」感想→
「鋼の魂」→

JUGEMテーマ:ファンタジー

2008.02.13 Wednesday

とりあえず西に向かって伏礼。十二国記番外編発売。

十二国記外伝発表

本日、何気なく本屋の前を通り過ぎようとしたら、ある言葉が目に入った。

「十二国記」
「番外編」
「掲載」
「2月27日」

ということは、2月27日に十二国記の新しい話が出るってこと?

十二国記が新しい話が出るってことだよねぇぇぇw( ̄Д ̄;)

まさか、こんな急に!
それも1年後とかじゃなく今月!

どうしよう、突然なんで心の準備ができてないよ(((; ゚д゚)))ブルブル

と、とりあえず掲載雑誌の予約と、前々から自分に課していた*公約通り、小野主上の住む西に向かって伏礼だ。○| ̄|_

*十二国記の新しい話がでたら、うちからは西に位置する小野先生のお住いの方向へ向かって伏礼するという誓いを勝手に立てていた。


小野不由美先生、本当に本当にありがとうございます。
1文字ずつ、味わって読みたいと思います。

2007.11.19 Monday

「つくもがみ貸します」 畠中恵

しゃばけシリーズの作者・畠中恵さんの最新作、
つくもがみ貸します」を読んだ。
深川で損料屋(今で言うレンタルショップ)を営むお紅と清二の
姉弟と、店に集まってきた「つくもがみ」たちのものがたり。
つくもがみとは、百年を経て大切にされた器物に魂が宿り
妖力をもった妖(あやかし)のこと。

同じく妖(あやかし)が登場する畠中さんのしゃばけシリーズとはまた違っていて、
こちらのつくもがみたちは、人には決して口を利かない
という特徴(?)がある。

人間とつくもがみはそれぞれ相手の存在を認識しながらも
一線を越える事はない。
つくもがみたちは仲間とのおしゃべりを2人に聞かれても
知らん顔を決め込んでいる。
お紅と清二も最初は気味悪がっていたのだが、
物を貸さなければ、小さな店では食べていけない。
つくもがみたちも、仲間と引き離されてはつまらないので
しぶしぶと貸し出される。

そんなわけで、つくもがみと人間との奇妙な共同生活が
続いてゆくのだが、つくもがみたちは貸し出された先の話
を聞き込んでは店で仲間に聞かせるため、それが時に様々な事件の糸口になってゆく。

特にお紅は「蘇芳」という銘の香炉を探していて、
どうやら「蘇芳」はお紅の過去に絡んでいるらしいのだが…

畠中さんの小説は、いつも挿絵が凝っている。
一話ごとにテーマとなる色の扉絵がついていたり
カバーイラストはつくもがみたちだけれど、
カバーをはずすと、本体にはつくもがみたちの本来の姿が
描かれている。おそらく、お紅と清二に怒られたのでしょうね。(^^)


つくもがみ貸します

2007.11.10 Saturday

「しゃばけ読本」 畠中 恵 柴田 ゆう

しばけシリーズのファンブック「しゃばけ読本」、手に入れましたよ( ̄▽ ̄)/
発売日の前日でも大手本屋には入るとの噂を聞き、
店員さんに探していただきました。

●ドラマ版「しゃばけ」情報


撮影風景や、主演の手越祐也くんと畠中恵先生の対談、特殊メイクのメイキングなどなど。
野寺坊の酒井さんは、特殊メイクなどしなくてもそのままで充分、野寺坊なのですが(^^;)。
鈴彦姫役の早乙女太一さん、色っぽいです、妖艶です。(//▽//)


●単行本、文庫にはないイラスト満載


雑誌掲載時のイラストが多数掲載されています。
おたえさま、寛朝さま、三春屋の栄吉さんなど、単行本では姿がわからなかったキャラクターたちのイラストもあり。

特にくせのある坊主、寛朝さまは小説のイメージぴったり。(ドラマ化の際は竹中直人さんあたりにやっていただきたい。)


●インタビュー、たくさん


作者・畠中恵先生へのインタビューや、バーチャル長崎屋奉公人たちの(新潮社のしゃばけ担当スタッフ)インタビュー、なんと「しゃばけ」の登場人物たちにもインタビューを敢行しています。

バーチャル長崎屋の奉公人達のお話は、実際に本を
世に出すまでの作業や、奉公人達の苦労がしのばれます。
この方達が不眠不休で働いてくださるから、
しゃばけシリーズが本になるのだなぁと涙なしでは読めません。(多分)

このしゃばけ読本でしゃばけドラマの予習をするもよし、物語の復習をするもよし、しゃばけシリーズファン必見の1冊ですよ。

しゃばけ読本
しゃばけ読本
posted with amazlet at 08.10.20
畠中 恵 柴田 ゆう 新潮社 売り上げランキング: 19926

しゃばけ (新潮文庫)
しゃばけ (新潮文庫)
posted with amazlet at 08.10.20
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 10332


2007しゃばけドラマ感想→
2008しゃばけドラマ感想→

「しゃばけ」感想→
「ぬしさまへ」感想→
「おまけのこ」感想→
「うそうそ」感想→
「いっちばん」感想→
しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
「ころころろ」感想→
「ゆんでめて」感想→
「やなりいなり」感想→
「ひなこまち」感想→
「たぶんねこ」感想→
「すえずえ」感想→
外伝「えどさがし」感想→
JUGEMテーマ:本の紹介


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2007.09.17 Monday

しゃばけシリーズ  「おまけのこ」 畠中恵

しゃばけ」シリーズの名物キャラクター・鳴家(やなり)が大好き。
この小さい鬼は顔は怖いけれど、とても愛嬌があって「きゅわきゅわ」と鳴き、いつも大勢で行動する。

例えるなら「チャーリーとチョコレート工場」のウンパルンパや、ジブリアニメのススワタリのように、それほど話の主筋に関わるわけではないけれどいるだけで場が和む、「しゃばけ」シリーズの癒し的な存在。

おまけのこは、
屏風のぞきから「おまけのこ」と言われた鳴家(やなり)が
奮闘しながら大冒険を繰り広げるお話。

長崎屋から真珠の入った袋が盗まれた。
ひょんなことから盗まれた真珠を賊の手から
取り戻してはみたものの、賊の手に弾き飛ばされてしまった
鳴家(やなり)は、
川でおぼれそうになったり、カラスにつかまってしまったりと、
長崎屋から遠くに離れてしまった。

真珠と鳴家(やなり)を探すため
鳴家(やなり)たどったらしき足跡を追う、
若だんなと仁吉、佐助の妖(あやかし)たち。

物語の最後で若だんなと再会したとき、鳴家(やなり)がどんなに若だんなに会えてうれしいかが伝わってくる。ほんとうに鳴家(やなり)は若だんなのことが大好きなのだ。

そのほか、
人をトラブルに巻き込んでしまう孤独な妖怪
「狐者異(こわい)」
幼い頃の一太郎の冒険を描いた「動く影」
若だんなの知り合いで、心の悩みから厚化粧をしてしまう
お雛さんと、屏風のぞきのヘンテコな交流「畳紙」
若だんなが吉原の娘と駆け落ち(?)をすることになる「ありんすこく」
など、事件に会うたび、若だんなの推理はますます冴えるのだが、そのたびにますます寝込んでしまうのだった。

まあ、そんなところが若だんならしいのだけど。(^^)

おまけのこ (新潮文庫)
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 168

おまけのこ
おまけのこ
posted with amazlet at 08.11.30
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 5588

2007しゃばけドラマ感想→
2008しゃばけドラマ感想→
「しゃばけ読本」→
「しゃばけ」感想→
「ぬしさまへ」感想→
「うそうそ」感想→
「いっちばん」感想→
しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
「ころころろ」感想→
「ゆんでめて」感想→
「やなりいなり」感想→
JUGEMテーマ:読書感想文



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM