「八重の桜」と会津と白洲正子の、意外な関係

2013.02.07 Thursday

0
    関東生まれ、東京在住、おまけに判官びいきの私なので、幕末・特に旧幕側のドラマ「八重の桜」は毎週欠かさず見ています。

    ドラマ放送とともに八重の桜の主人公・新島八重の関連本も数多く出版され、その中の一冊「NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 八重の桜 (NHKシリーズ)」を何気なく手にとってみたら興味深い箇所がありました。

    その前に新島八重さんの生涯をざっくり解説すると

    ・会津の砲術師範の家系に生まれ、幼い頃から鉄砲に親しむ
    ・戊辰戦争では、男装して鉄砲をぶっ放し応戦
    ・その後は兄の山本覚馬を頼り京都へ
    ・そこで新島襄と知り合い結婚
    ・新島襄の死後、日清戦争・日露戦争で看護婦として活躍、民間女性で初めて勲章をもらう

    とまあ、波瀾万丈の人生だったわけですが、会津を遠く離れても八重さんの会津への思いは強かったようです。
    興味深かったのは晩年、君主であった松平容保侯の孫にあたる松平勢津子姫が、昭和天皇の弟君・秩父宮殿下とのご結婚が決まった時、よほど嬉しかったのか、祝賀式典のために上京したり、こんな歌も残してます。

    「いくとせか みねにかかれる むら雲の はれて嬉しき 光りをぞ見る」


    京都守護職を拝命し、朝廷と幕府を命がけで守ってきたのに「朝敵」とされてしまった会津藩。その会津の姫が皇族となられたのは、会津の方々の喜びようはひとしおだったことでしょう。まさに勢津子妃は苦労を重ねてきた会津の人々にとっての「光」であったのでしょうね。

    ところで、この婚姻、実は意外な人物が関わっています。戦後日本でGHQと対等にわたりあった・白洲次郎の奥様にしてエッセイストの白洲正子さん。実は勢津子妃と親友で、正子さんの父親・樺山愛輔氏はこの婚姻を取り持ったのだとか。しかし、樺山家は会津と戦った薩摩藩士のお家柄。けれど正子さんの時代にはもう、そんな確執はなかったのかもしれません。

    それにしても、伯爵令嬢なのに平気で「ブッコロス」とか「バカヤロウ」など言葉を吐く正子さんと勢津子妃、立場も家柄も(おそらく性格も)違うお二人が親友だったなんて、なんだか不思議ですね。

    また、白洲次郎が東北電力会長だったとき、奥只見ダムの落成式(だったかな?うろ覚え)に勢津子妃をおよびしたところ、会津の方々の大歓迎ぶりがものすごかったと「白洲次郎 占領を背負った男」に書かれていました。


    あれ?新島八重さんについて書こうとおもったら、白洲正子さんと勢津子妃のエピソードみたいになっちゃった。 まあ、結局、歴史って意外なところでつながっているんだな、ということが書きたかった、ということで。(^^;)

    NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 八重の桜 (NHKシリーズ)
    NHK出版 (2012-12-20)売り上げランキング: 58,560


    銀のボンボニエール―親王の妃として (講談社プラスアルファ文庫)
    秩父宮 勢津子 講談社 売り上げランキング: 149,199

    JUGEMテーマ:八重の桜

    本でレトロ香港を旅する『香港セピア物語』 大村 真紀

    2012.12.21 Friday

    0
      ノスタルジックな雰囲気をもつ、都市の歴史を読むのが好きです。
      特に上海・香港・大連などの中国の都市は(侵略・譲渡など悲しい歴史もあるけれど)様々な国の文化が入り混じり、異国情緒あふれる独特の都市の雰囲気は、どのようにしてうまれたのか。

      香港セピア物語」は、香港のはじまりから、成長までの歴史をまとめた本ですが、作者の大村真紀は紀行作家でもあるので、まるで、昔の香港を旅しているような、小説を読んでいるような感覚で読めました。

      香港のはじまりにはアヘンが関わっていました。アヘン戦争で譲渡された香港は岩だらけの田舎で、価値といえば優良な港だけ。そんな荒地の香港を、イギリス人商人たちがアヘンで得た富で香港を都市としてつくりあげていきます。

      イギリス人は自分たちの文化・風俗をそのまま香港に写しこみ、英国式の建物を建てアフタヌーンティーを楽しみます。大陸から流入してきた中国人を安い賃金で差別しながら…。

      また、香港には革命家たちも愛した街でした。孫文は革命の準備を香港ではじめ、高杉晋作や幕末の志士も欧州へ向かう途中に香港へ立ち寄ります。新しい思想を受け入れる土壌が香港には育っていたのでしょうね。

      そして、香港の華やかな時代が始まります。ペニンシュラホテルの開業、中国人の富裕層の誕生、女性たちは流行のチャイナドレスに身をつつみ、ホテルではダンスやパーティーが行われます。戦争の影が迫る上海を抜け出し、作家や文化人も香港へ。

      ラスト、コーション」の原作者・張愛玲も、美しい香港の町を舞台とした恋愛小説を書いています。当時、国際都市として都会的だったのは上海の方で、香港はまだ田舎のリゾート的な都市だったというのは、今ではかんがえられませんね。


      香港セピア物語
      香港セピア物語
      posted with amazlet at 13.04.10
      大村 真紀 大和書房 売り上げランキング: 1,006,213



      ジャッキー・チェンの名作アクション映画「プロジェクトA 」も香港統治時代のお話。イギリス人とジャッキー演じる水上警察が協力して敵を倒しますが、実際は中国人が香港総督に会って説得するなんてできない時代だったんだろうな…。

      プロジェクトA [Blu-ray]
      プロジェクトA [Blu-ray]
      posted with amazlet at 12.12.19
      パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-11-11)売り上げランキング: 3630


      古き良き香港の面影を写した映画「慕情」レパレス・ベイでの海水浴シーンは有名。
      慕情 [DVD]
      慕情 [DVD]
      posted with amazlet at 12.12.19
      20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-08-04)売り上げランキング: 2887


      レトロモダン関連
      「ラスト、コーション 色・戒」→
      「上海セピアモダン―メガロポリスの原画」→
      「上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海」
      「上海モダンの伝説」→
      上海租界時代の復刻ポストカード→
      「グ印亜細亜商会」→

      JUGEMテーマ:香港

      レトロポーチつき 中原淳一 JUNICHI NAKAHARA FOREVER

      2012.11.29 Thursday

      0
        付録つき雑誌のムックに中原淳一が登場しました!レトロ好きならこれは買いでしょ!(*´∀`)ノ 中原淳一 JUNICHI NAKAHARA FOREVER は、中原淳一の美しいイラストやスタイル画に、女性が美しく生きるための言葉が添えられています。そしてかわいいポーチつきなのです!

        中原淳一 JUNICHI NAKAHARA FOREVER (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
        宝島社 (2012-08-27)売り上げランキング: 16321


        中原淳一 JUNICHI NAKAHARA FOREVER (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

        付録にはひまわり柄のキルトポーチがついてきます。これがまた、レトロっぽくてかわいいの!バッグインバッグとしてコスメやハンカチを入れるのにも便利だし、このポーチだけ持っていてもおしゃれです。

        中原淳一デザイン・キルトポーチ

        また、身の回りの小物を自分の手でつくれるように、ミニバッグやぬいぐるみの作り方や型紙が掲載されています。中原淳一は、日々の暮らしを整え、心豊かに過ごすことが、美しく生きることだと説いています。
        それはなにも高価なものを揃えることではなく、ていねいに愛情深く過ごすということなのでしょうね。

        中原淳一デザイン手作りバッグ

        水原希子さんが中原淳一のスタイル画にある洋服を忠実に再現されています。水原希子さんの服の着こなしは、本当に美しくて、スタイル画から抜けだしてきたようです(*´∀`*) これほど中原淳一の世界を体現できるモデルさんは、浅丘ルリ子さん以来ではないでしょうか。

        中原淳一デザインの服を着る水原希子

        中原淳一ショップ それいゆ


        最近では中原淳一の公式ショップ「それいゆ」の通販サイトで中原淳一グッズが売られています。
        ムックを手に入れられなかった方はこちらの「それいゆ」もおすすめです。
        がま口ポーチもムックとはちがうデザインでこちらもかわいい♪

        《中原淳一×AYANOKOJI》5寸がま口コスメポーチ・あなたがもっと美しくなるために

        価格:3,456円
        (2018/4/15 22:37時点)




        かわいいデザインのタンブラーも。

        中原淳一 ステンレスタンブラー(350ml)・蝶々夫人【メール便不可】

        価格:2,106円
        (2018/4/15 22:54時点)





        ●中原淳一関連の書籍
        中原淳一ステーショナリーセット→
        『少女の友』創刊100周年記念号→
        エッセイ集「しあわせの花束」→
        レシピ集「中原淳一の幸せな食卓」→
        中原淳一の料理担当「エプロンおじさん: 日本初の男性料理研究家・牧野哲大の味」→


        レビューポータル「MONO-PORTAL」

        古代史を学ぶ。「天智と持統」 遠山 美都男

        2012.10.07 Sunday

        0
          日本の古代史が好きです。特に飛鳥・奈良時代が。
          特に好きなのが持統天皇。夫・天武天皇をささえ、天武亡き後は天皇として即位し活躍した女性です。
          彼女の諱「鸕野讚良皇女(うののさららのひめみこ)」というのも、他の皇女たちにくらべて名前の音が美しいのも好きな理由のひとつです。(ツイッターのアカウントにも使わせていただいているくらい

          古代の強い女性として描かれることの多い持統天皇ですが、その一方で、息子・草壁皇子を溺愛するがゆえライバル大津皇子を陥れる、目的のためなら手段を選ばない、強引な一面を持つ女性として伝えられています。
          それが事実だとしても、私は好きですが(*´∀`*)

          で、そんな持統天皇のことなんですが、よく考えたらこれらの漫画で得た知識だけだったので、古代史の勉強もかねて研究本を読んでみました。「天智と持統 (講談社現代新書)」は、持統天皇とその父・天智天皇について調査研究を行った本です。
          文章もわかりやすく、さらっと読めました。ただ、他の研究書を引き合いに出して否定するのには閉口しましたが…(^^;)

          天智と持統 (講談社現代新書)」では、天智天皇、鎌足、持統天皇の3人の周辺の歴史をさらい、伝説の「天智天皇像」を作り上げたのは持統天皇、ということらしいです。
          強い天智天皇像をつくることでは自分の正当性を高めようとしたのではないかと…。

          持統天皇に関しても、これまでの常識とは違った解釈がなされています。

          通説では自分の息子よりも優秀な大津皇子が邪魔で陥れたことになっていますが、そもそも草壁皇子の方が皇位継承権が上位で(天智・天武の直径で、皇后である母が生存)それは覆られなかったため、陥れる必要がなかったのだとか。古代史は正確な記述が少なく、さまざまな解釈や持論が存在するので、どれが本当に正しいかがわかりづらい。
          でも、だからこそ面白いんですよ。(*´∀`*)

          ちなみに、鸕野讚良皇女の名前の由来は育てた乳母の氏族名。古代の皇子・皇女の名前は、育てた人たちの名前や地名がつけられるのだとか。なるほど〜、だから「大田」とか「阿部」といった名前があるのね。

          天智と持統 (講談社現代新書)
          遠山 美都男 講談社 売り上げランキング: 430004


          今まで読んだ参考文献(漫画)。作家さんたちがきちんと時代考証を調べた上で描かれているので、これだけでも十分に勉強になります。

          藤原不比等の活躍を描く長岡良子さんの「眉月の誓」。ここでの持統天皇は不比等の才能を見抜き、自分のブレーンとして抜擢し、改革を推し進めていきます。

          眉月の誓 (上) (秋田文庫―古代幻想ロマンシリーズ)
          長岡 良子 秋田書店 売り上げランキング: 112288


          持統天皇の生涯を描いた里中満智子さんの代表作「天上の虹」。父・天智の強引な権力掌握で母を奪われた幼い鸕野讚良皇女は「男よりも偉くなってみせる」と誓い、成長していく一代記。

          天上の虹(1) (講談社漫画文庫)
          里中 満智子 講談社 売り上げランキング: 119886

          JUGEMテーマ:歴史


          まんまことシリーズ「こいわすれ」 畠中 恵

          2012.05.21 Monday

          0
            神田の町名主の息子、麻之助と仲間たちが江戸の町で起こる人間模様を解決してゆく「まんまこと」シリーズ「こいわすれ」。
            今まではお調子者と噂されてきた麻之助も、愛妻・お寿ずに子ができたと伝えられ、子に恥じない父になろうと、町名主の仕事に奮闘します。町名主とは、江戸時代、奉行所で裁ききれない民事事件を取り扱い、捌きを行う権限をもつ家柄。現在でいうと民間の簡易裁判所のようなものでしょうか。

            河童騒動、文化人たちの意地の張り合いが興行対決に発展したり、鬼神のお告げで富くじがあたったりと、お江戸の庶民の問題は多種多様。不思議な話と思われても、実は問題の元になるのは人間のこころの持ちようであったりします。人の幸せをやっかんだり、相手に負けじと張り合ってみたり…。今も昔も変わりません。

            麻之助はそんな人々の心の機微を、なかなかわかってきたらしく、難事件を次々に解決していきます。
            しかし、そんな麻之助に突然の不幸が襲います。子も、妻のお寿ずも相次いでなくなってしまいます。
            この時代のお産は命がけだったのですね。

            ようやっと、初恋の人・お由有への思いを断ち切り、妻のお寿ずと幸せになれると思った矢先に。
            これから麻之助はどうなってしまうんでしょう…。

            こいわすれ (文春文庫) まんまことシリーズ 3

            中古価格
            ¥1から
            (2019/3/5 21:29時点)




            まんまことシリーズ


            「かわたれどき」
            「まったなし」
            「ときぐすり」
            「こいしり」
            「こいわすれ」
            「まんまこと」

            JUGEMテーマ:時代小説

            レビューポータル「MONO-PORTAL」

            十二国記のベース、古代中国の参考書「孟嘗君と戦国時代」 宮城谷昌光

            2012.04.17 Tuesday

            0
              十二国記も近々復活するということなので、小説の世界観のベースとなった春秋・戦国時代の歴史・風俗を復習。
              宮城谷昌光先生の「孟嘗君と戦国時代 (中公新書)」を読みました。

              戦国時代といっても日本のではなく、古代中国の戦国時代。東の大国・斉の名相・孟嘗君が活躍した戦国時代を、当時の歴史的背景やエピソードを含みつつ解説されています。古代中国の人物は、同じ人物でも、いくつかのあだ名や別名があり、時に本名さえわからない場合があるので、読み進めるのにいつも苦労するのですが、宮城谷先生の、噛み砕くようにやさしく、わかりやすい解説は、春秋戦国時代を学ぶのに最適の参考書です。

              戦国時代力とは、力が弱まった盟主国(周)を中心に、諸国が覇権を争っていた時代です。その群雄割拠な様子は、日本の戦国時代にも共通します。

              本の中には歴史や逸話のほか、孔子、墨子、孫子など、諸子百家などの思想家についても触れられています。どうも、こういった学者たちを国に招いて養うのが王や宰相のステイタスだったようですね。

              さた、主役の孟嘗君という人は斉の宰相の息子で、幼い頃から聡明さを讃えられていましたが、母親の身分が低かったため、庶民の生活の実態に通じていたそうです。彼の食客(貴族が養う、才能のある人物たち)の内には、ならず者や盗賊もいたけれど、あるとき孟嘗君が秦から逃げる際に、関所・函谷関を越えるとき食客のひとりが鶏の鳴きマネをして朝を偽り、無事函谷関を通ることができた…。との逸話があります。

              それが時代を経て平安時代の日本・清少納言の和歌にもつながっているのだから、歴史って面白いな。
              夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ


              中国戦国時代の特徴まとめ
              ・英雄よりも名君が多い
              ・国の権力争いが高じて、公子(王子)や宰相が他国に亡命、そのまま他国で宰相になったり、自国と他国、両方の官吏なったりもする。


              孟嘗君と戦国時代 (中公新書)
              宮城谷 昌光 中央公論新社 売り上げランキング: 316710


              「史記の風景」
              「華栄の丘」
              「沈黙の王」
              「玉人」
              JUGEMテーマ:歴史


              韓流歴史ドラマの参考書 「知れば知るほど面白い 朝鮮王朝の歴史と人物」

              2011.12.01 Thursday

              0
                人気の韓流歴史ドラマの参考書としても役立つ「知れば知るほど面白い 朝鮮王朝の歴史と人物」は、「宮廷女官チャングムの誓い」や、「イ・サン」など、多くの韓流歴史ドラマの舞台となった朝鮮王朝時代の歴史・人物・風俗についてわかりやすく解説されています。
                朝鮮王朝では、王の言動が記録された公文書があり、ドラマはそこから大きく逸脱しない範囲で、大胆に脚色を行なっているそうです。日本の大河ドラマも歴史と違う演出があるので、そこは面白ければいいのでしょう。(実際に面白いしね。)

                日本の大河ドラマとの違いにも触れられていました。日本は戦国時代や幕末を舞台に、主人公が出世していく様子を描きますが、韓流歴史ドラマでは、朝鮮王朝時代の宮廷で起こる権力闘争をメインに、主人公の成長が描かれていくのだそうです。確かに、韓流歴史ドラマでは宮廷のシーンが数多くでてきますね。

                その他、女性たちを飾る大きな髪型はカチェといわれるかつらで、重さが数キロもあったり、華美になりすぎて禁止令がでたとか、リゾートとして名高い済州島は一番重い流刑地だったとか、興味深い朝鮮王朝の歴史を知ることができました。

                面白かったのは、韓国では老舗店というのが存在しないという事実です。(今はあるのかな?)儒教社会で高学歴が日本以上に優遇されるため、代々続く「老舗」は「子供の教育に金をかけない貧しい店」と思われるのだそうですよ。確かに韓国の受験、大変そうだもんなあ(^^;)


                JUGEMテーマ:韓流♪


                現代歌舞伎のような吉原「吉原十二月」 松井 今朝子

                2011.11.16 Wednesday

                0
                  ふたりの花魁の半生を描いた「吉原十二月
                  胡蝶と小夜衣、ふたりの異なる性格の花魁が妍を競い、蕾の禿(かむろ)時代から、華やかに大輪の花を咲かせるまでを、吉原の十二月の行事にからめて描いています。

                  いや、楽しかった。吉原の風景と花魁たちのの絢爛豪華な姿、そして最後は廓中を巻き込んだ大事件と華麗な結末。まるで歌舞伎や芝居をみているような臨場感がありました。

                  吉原十二月 (幻冬舎時代小説文庫)

                  中古価格
                  ¥112から
                  (2018/7/26 23:22時点)




                  読み進めていくうち思ったのは「小夜衣は女からみるとイラッとするタイプ」ということです。男から見ると、ミステリアスでおっとりしてて、何考えてるかわからないお嬢様タイプ。

                  実際彼女は、幼い頃から思う相手がいるにもかかわらず、仕事以外で子供をはらんでみせたり(玄人の花魁にとって、妊娠は計画的な意図がないとほぼ不可能)、時に周りをあっと言わせる行動にでます。

                  一方の胡蝶は、花魁には珍しく気持ちが手に取るようにわかる、裏表のないタイプ。
                  ちょっと子どもっぽいところが玉にキズですが、気に入らない客は振る、花魁の信条である意地と張りを持っています。

                  特に負けん気の強い胡蝶は、ことさら小夜衣と張り合うんだけれど、小夜衣の方はのらりくらりと嫉妬をかわし、時に天然だかわざとだか、わからないようなやりかたで胡蝶を炊きつけたりするし。

                  やっぱり女側からみると、どうしても胡蝶を応援してしまうのですよ。

                  けれどそんなライバル同士のふたりが、ただいがみ合っていたのかといえば、実はそうでもなく、一方が窮地におちいると、救いの手を差し伸べたり、心配しあったりする。共に苦界に育った女同士は、なんとも不思議な、強い絆で結ばれているようで、最後には男たちをあっといわせる事件を起こしてしまいます。いや、解決したのかな。

                  最後の引き際も2人らしくてかっこよかった。

                  吉原の花魁たちは、ただただ咲いているだけじゃない。そのプライドと才能をいかし、苦界を自らの足で歩んでいくのです。

                  吉原手引草 (幻冬舎文庫)

                  中古価格
                  ¥1から
                  (2018/7/26 23:23時点)




                  「円朝の女」→
                  「星と輝き花と咲き」→
                  「吉原手引草」→

                  JUGEMテーマ:時代小説

                  「円朝の女」 松井 今朝子

                  2011.10.28 Friday

                  0
                    幕末から明治に活躍した落語家・三遊亭円朝と彼にまつわる女たちを描いた「円朝の女
                    物語は、元弟子でその後五厘(寄席と芸人の交渉をする者)となり、長らく円朝のそばにいた男の口から、円朝が情を通じた女たちを語る形式で綴られていきます。

                    その語り口調が、やたら真実味をおびた感じで、まるで実際に円朝とその女たちのの色恋を伝え聞いているような心持ちになります。

                    円朝の女
                    円朝の女
                    posted with amazlet at 11.10.19
                    松井 今朝子 文藝春秋 売り上げランキング: 361646


                    三遊亭円朝という人は落語家の中でも筆頭と言われる人で、彼の手による創作落語は、歌舞伎の演目にも取り入れられています。有名な所では「牡丹灯籠」や「人情噺文七元結」(これは近年勘三郎が上演)、「芝浜の財布」も円朝作だという説も。

                    円朝は当時の芸人には珍しく、品性に優れ、自分を律することの出来る人でしたが、やはり男と女の色恋の道は別らしく、数々の女性と浮名を流します。しかし、時に色恋の道は円朝の人生に時に影を落とすことにもなり…。

                    ・幕末、贔屓の武家の娘との許されない純愛(「惜身の女」)
                    ・お職の花魁や芸者衆との恋のさや当て(「玄人の女」)
                    ・円朝と子までなした仲にも関わらず、その性格ゆえ遠ざけられ、落ちてゆく武家の娘(「すれちがう女」)
                    ・円朝を支え、活躍の場を与えた元名妓の妻(「時をつくる女」)
                    ・円朝の晩年を支えた「孝行娘」(「円朝の娘」)

                    一番好きなのは「玄人の女」です。円朝と女たちの恋の鞘当てが艶っぽくて粋な感じ。
                    しかし、読み進めていくうちにどんどん円朝の存在が薄くなっていく。最後の「円朝の娘」にいたっては円朝はほとんど出てこない。それは、彼の淋しい晩年のを暗示するかのようでした。

                    でも、最後に円朝の姿が薄くなるのはいいのだけれど、いままで色恋の艶や悲哀が描かれていたのに、いきなり戦争の悲惨さを話に練り込むのはどうなんだろうな〜。円朝が様々な女性と関わって、最後にどう亡くなったか、そのあたりをもっと描写してほしかった。

                    円朝の妻・お幸さんは、元は悲劇の名優・三代目沢村田之助の妻だったそう。どうやら彼女には「あげまん」の才があったようです。それにしても2度までも名人と呼ばれる人の女房になるのはすごい。




                    松井今朝子作品感想
                    「吉原十二月」→
                    「星と輝き花と咲き」→
                    「吉原手引草」→
                    JUGEMテーマ:歴史小説

                    JUGEMテーマ:読書感想文

                    レビューポータル「MONO-PORTAL」

                    「星と輝き花と咲き」  松井 今朝子

                    2011.10.13 Thursday

                    0
                      明治時代のアイドル、女義太夫・竹本綾之助の半生を描いた「星と輝き花と咲き

                      「子供の頃から容姿と才能に恵まれ、衝撃的なデビューを果たし、その人気の高さから若い男子学生の追っかけがつくようになる。しかし、人気絶頂で妊娠発覚、結婚を気に引退するものの、10年後に復活。」

                      こう書くと、なんだか現代のアイドルのようですが、実はこれ、明治時代の女性芸人・竹本綾之助の半生です。
                      浄瑠璃を語る女義太夫は当時人気の芸能人でした。中でも綾之助の人気は絶大で、彼女を目当てに劇場で騒いだり、人力車を追いかける学生たちは「ドウスル連」や「追掛連」と呼ばれていたそうです。
                      ドラマ「坂の上の雲」でも、書生時代の秋山真之が寄席で娘義太夫を贔屓にしているシーンがありました。

                      綾之助は、小さい頃から浄瑠璃で天賦の才能を発揮し、その才能を見込んだ世話人・近久によって女浄瑠璃の世界へ見を投じる。やがて綾之助の浄瑠璃は爆発的な人気を博し、若い書生たちからミューズのごとく崇められたり、強引なアプローチを受けるが、綾之助自身は浄瑠璃ひとすじ。しかし、ある時、贔屓の学生の友人・石井健太と出会い、恋に落ちてしまう…。

                      明治期の描写はすばらしく、臨場感があるし、明治時代のアイドルとも言うべき綾之助の人生は面白いのですが、ちょっと残念だったのは同じ松井今朝子さんの「吉原手引草」と比べると「艶」が足りない気がしました。
                      吉原の女郎と女芸人の世界を一概に比べられませんが、綾之助のは浄瑠璃の修行以外の面倒事は母親お勝と側近の近久が肩代わりしてくれたし、恋人ができてあっさり引退しようとするのも、世間知らずと言えなくもない。
                      綾之助もそうですが、恋人の石井も楽天的すぎて、読んでいてイライラしました。


                      星と輝き花と咲き (100周年書き下ろし)
                      松井 今朝子 講談社 売り上げランキング: 186127


                      「吉原十二月」→
                      「吉原手引草」→
                      「円朝の女」→

                      JUGEMテーマ:小説全般