2009.04.21 Tuesday

「チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記」 チャルカ

東欧は素朴でレトロでかわいい雑貨の宝庫。
西欧や北欧に比べ知名度は低いものの、独特の味わいのある文房具や雑貨がいまでも残っているところです。
大阪にある雑貨店「チャルカ」のお二人が東欧をめぐり雑貨を買いつけた旅の記録、「チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記」。ページを開くと、時がとまったような懐かしくかわいい雑貨があふれています。

・東ベルリン
東ドイツの雰囲気を残す街は掘り出し物でいっぱい。
がらくた市、切手、味紙(アジガミ)。
味紙とは時間がたっていい味のでてきた紙のこと。
日本ではあまり見られなくなったものが、まだ東欧には
残っているんですね。

・プラハ
チェコは60年代〜70年代のなつかしいデザイン
旧国営ボタン工場のボタンのすてきなことこといったら!
全部買い占めたくなるかわいさです。
その他、どっしりとした2穴パンチやがっしりとしたクリップなど、昔のデザインがそのまま残っています。

・ブダペスト
ハンガリーはかわいいてづくり品があふれている。
赤を基調とした刺繍、水玉模様の雑貨たち。
ハンガリーのおばちゃんたちの手仕事は
とてもやさしく、あたたかい。

チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記チャルカ

チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり マーケットで見つけたかわいい東欧のレトロ雑貨 (玄光社MOOK) チェコA to Z―+プラハ旅日記Real Czech 旅のコラージュ バルト3国の雑貨と暮らし 東欧のかわいいデザインたち by G-Tools

チャルカの旅と雑貨と喫茶のはなし
チャルカ
産業編集センター
売り上げランキング: 329404



北欧フィンランドのかわいいモノたち→
北欧のかわいいデザインたち→

2009.03.12 Thursday

「気持ちよーく チクチクチク」 高橋 恵美子

手で縫い物がしたくなる。かわいくてやさしい本です。
高橋 恵美子さんのエッセイと、糸や布がやわらかな光で写された写真。見ているだけで楽しく、手縫いでチクチク、なにか縫いたくなります。
玉どめはふつう、布の後ろに目立たなくつけるものですが、高橋 恵美子さんにかかると、かわいらしいステッチに見えてくる。
ほんとうに縫うことを愛している方なんだということが伝わってくるようです。


気持ちよーくチクチクチク
高橋 恵美子 主婦と生活社 売り上げランキング: 330142

2009.02.05 Thursday

「切りぬくBOOK―ちいさな箱やラベルがいっぱいペーパー雑貨メイキング」 我那覇 陽子 辻岡 ピギー

ああもう、切り抜くのがもったいない!(>_<)
1冊まるごと紙工作。
切り抜いて折るだけの簡単なものが多く、これなら初心者の私にもできそう。ああでもやっぱり、切り抜くのがもったいない!(>_<)

切りぬくBOOK―ちいさな箱やラベルがいっぱいペーパー雑貨メイキング

中古価格
¥320から
(2018/7/15 23:07時点)





切りぬくBOOK〈2〉―ちいさな箱いろいろ ペーパー雑貨メイキング

中古価格
¥1,000から
(2018/7/15 23:07時点)




そのまま豆本 はじめての手製本編---今すぐ切って作れる豆本用紙付き! 全17作品 (大人の趣味講座)

中古価格
¥1,000から
(2018/7/15 23:08時点)


2009.01.22 Thursday

「Paper×Paper―uiの紙工作」 中林 うい

美しい紙工作の本。「Paper×Paper―uiの紙工作」は、眺めているだけで楽しい本です。

本には型紙がついているのもあるので、実際にケント紙にはって切り抜いて使うこともできます。表紙のひつじの糸巻きや、バナナ型のメモ帳など、わくわくする紙工作がたくさん。

消しゴムハンコでつくる果物の包み紙もかわいい(^^)。薄紙やグラシン紙で大切に包まれた果物は、なんだかたべるのがもったいないくらい。小さい頃はほのかに香りが残る包み紙を、大切にとっておいたものでした。そんな果物の包み紙を自分で作って贈り物にしたら楽しいだろうな。

ただ、紙工作初心者の私にはちょとハードルが高い気も。
まずはこちらで切り抜きに慣れてから使うことにします。

Paper×Paper―uiの紙工作
Paper×Paper―uiの紙工作
posted with amazlet at 09.01.19
中林 うい 文化出版局 売り上げランキング: 74250

Journey―トキメク旅心をバッグにつめて
中林 うい 文化出版局 売り上げランキング: 211304

2009.01.08 Thursday

「クリエイターのための3行レシピ 写真撮影のアイデア」 赤荻 武

こんな本を待っていたのです…!



・私の好きなポケットサイズ!
・簡単な説明!
・かわいいサンプル写真!

写真関連の本というのはだいたいが小難しいか、難しくなくても本のサイズがおおきくて、持ち運びには不向き。だからテクニックは前もって覚えておかなきゃならない。
でも3行レシピならこんな感じのショルダーにカメラと一緒に入れておいて、すぐに持ち出せそう。



著者はカメラレシピ
などで有名な赤荻 武さん。



2008.11.13 Thursday

「スーパーマーケットでかわいい買い物」

スーパーマーケットマニア 」は海外のスーパーでしたが、
スーパーマーケットでかわいい買い物」は日本の地方スーパーで売っているごくふつうの、昔から変わらないパッケージの商品を紹介しています。
それがまたレトロでかわいいんです。( ̄▽ ̄)

たとえば重層。けっこういろんなパッケージがあるんですね。
角砂糖のパッケージもよくみると昔ながらのデザインをそのままつかっているものが多い。
身近な近所のスーパーでも、探してみると意外と「かわいいもの」が見つかるものですね。私も今度、近所のスーパーでかわいいパッケージを探してみようと思ってます。

地方のスーパーのレポートや名古屋のレトロ喫茶店の話などもあり。地方ごとにシリーズ化してほしい。

スーパーマーケットでかわいい買い物
西世古 桂子 平凡社 売り上げランキング: 178696


●平野 恵理子さんのイラストがかわいい「スーパーマーケット いらっしゃいませ」はこちら→
●スーパーマーケットマニアの作者・森井ユカさんの展覧会の様子はこちら→

2008.08.26 Tuesday

『北欧フィンランドのかわいいモノたち』 菅野 直子

フィンランドにはさまざまなかわいいものたちがあふれています。
表紙の青いカッティングシート状のもの、何だと思います?実はサウナに入るとき、お尻に敷くシートなのだそうです。

雑貨ひとつとっても、「フィンランドらしさ」がでています。この本はそんなフィンランドの雑貨の魅力がぎゅうっと詰まっています。

北欧フィンランドのかわいいモノたち
菅野 直子 インターシフト 売り上げランキング: 32160


マリメッコなど有名ブランドのものもいいのですが、ヘラジカやあざらしなど、フィンランドらしいモチーフの雑貨やマークがかわいらしい。

そして北欧と言えば郵便局!フィンランドの郵便局はムーミンの切手やオレンジと青で統一されたデザインの配送箱。どれをとってもみなかわいい!

巻末にはヘルシンキのお店情報もついており、この本1冊でフィンランドを旅する気分も味わえます。






●北欧デザイン


フィンランドのブタさん貯金箱→
北欧のかわいいデザインたち→

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2008.08.14 Thursday

「異端・放浪・夭逝の画家たち」 三田 英彬

異端・放浪・夭逝の画家たち」を読んでいます。
昔の画家たちの生き様は、ドラマ以上にドラマチックです。

この本にはわたしの好きな画家・松本竣介の生涯も紹介されているのですが、絵からただよう静けさとはうらはらに、反戦的な文章を書き、特高警察にマークされるなどかなり骨太な方だったようです。

その画家の人生を知ってから絵を見ると、また感慨深いものがありますね。

異端・放浪・夭逝の画家たち
三田 英彬 ブレーン出版 売り上げランキング: 1395861


青い絵具の匂い―松本竣介と私 (中公文庫)
中野 淳 中央公論新社 売り上げランキング: 625067




レビューポータル「MONO-PORTAL」

2008.08.12 Tuesday

「これ、誰がデザインしたの?続 」 渡部 千春

われわれの身近にあるデザインをとりあげた「これ、誰がデザインしたの? 」の続編が発売されました。ぜひ、シリーズ化してほしい。

ウーロン茶のペットボトル、輪ゴム、携帯電話にJリーグのエンブレム、郵政公社のロゴ。
今回もレトロなものから最新のものまで
さまざまな「デザイン」が登場します。
こうしてみると、身近なものが世にでるまでには様々な工夫がされているのがわかります。
それにしても、昔の携帯電話って大きいなぁ。(^^;)

個人的には赤のベースにボタンがタイルのような色づかいのauの携帯のデザインが好きです。ちょっとまえにリニューアルでまた売り出していましたね。あのデザインは定番としてずっと扱ってほしいです。

これ、誰がデザインしたの?→

これ、誰がデザインしたの? 続 (2)
渡部 千春 美術出版社 売り上げランキング: 120093


これ、誰がデザインしたの?
渡部 千春 美術出版社 売り上げランキング: 86232

2008.06.21 Saturday

「デザイナー誕生:1950年代日本のグラフィック」 印刷博物館

印刷博物館で開催されている「デザイナー誕生:1950年代日本のグラフィック」へ行ってきました。
印刷博物館はトッパンビル内にできた新しい博物館で、
天井が高く、床が木で歩くと落ち着いたよい音が響きます。

印刷博物館毎回印刷に関連した展示を行っているようで、今回の1950年代日本のグラフィックも、印刷技術と商業デザインが発展しつつある時代のグラフィックを商品パッケージや雑誌、舞台やイベントのポスターなど、様々なジャンルのデザインが集められています。

やはり私が好きなのは商品のパッケージや広告。色使いや構成に当時の特徴がでています。
ちょっと彩度の低いブルーやグレーの使い方がレトロな感じ。
高島屋の「バラの包み」は50年代から始まったらしい。
当時はちょっとバラが大きい。

展示の中で一番インパクトがあったのが三菱化成の
カレンダー
。工場内の建物や煙突を上から見上げたショットで撮影されたの白黒写真。
これがホントにかっこいいんです!
レイアウトが斬新で、今見ても全然古さを感じさせない。
ぜひ復刻版をつくって欲しいです。

印刷博物館
帰りにはミュージアムショップを散策。カタログは重かったので断念し変わりに明治美人ポスターの絵葉書を購入。
帰りはぷらぷら歩いて神楽坂へ。
和風カフェで抹茶スイーツをいただきました。
なかなか収穫の多かった1日。( ̄▽ ̄)


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • 『白銀の墟 玄の月』第二巻 感想(ネタバレ)
    日月
  • 『白銀の墟 玄の月』第二巻 感想(ネタバレ)
    苗坊
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM